勉強効率を上げる学習方法11選!勉強に適した時間帯やNGな勉強法とは?

勉強効率を上げる学習方法

勉強方法に悩みを持っている人は少なくありません。どんなに時間を掛けても暗記できなかったり、成績が上がる気配がなかったりと疑問を持つこともあるでしょう。こちらのランキングでは効率を上げる勉強方法について紹介します。限られた時間の中で、どういった勉強方法が効率が良く、そしてどういった行動が悪いのかというのことについて、ランキングでチェックしていくと良いでしょう。

CONTENTS

勉強効率を上げる学習方法ランキング!NGな勉強法とは?

勉強の効率を上げる時間の使い方・暗記の仕方などを紹介!

学習をしていても、何かしっくりこない時があります。時間ばかり掛かっていて、身についている実感がないといった時は、何か方法が間違っている場合があるのです。

学習を行う時に、時間というのは大切です。限られた時間の中で、どこまで知識を身につけられるかというのは、学習に置いて大きなテーマの一つだとも言えるでしょう。誰にでも平等に振り分けられている時間に対して、どこまでシビアにそして現実的に捉えていくかが、学習に対しては大切な考え方なのです。そういった意味合いも踏まえて、ランキングで効率が上がるとされている勉強方法を紹介していきます。

勉強の効率を上げる学習方法を使いこなす必要性とメリット

効率を上げるということは、学習に置いては計り知れないメリットをもたらします。メリットを知っておくことで、より効率よく学習をしたいと感じるはずです。

効率を上げるメリットとして言えることが、勉強をすることが楽になるということです。今まで苦労しながら学習をしていたことが、短い時間で簡単に身につくようになるからです。そして、効率を上げることで一夜漬けといった意味のない勉強方法から脱却できます。身につく学習をシッカリと覚えられるので、その場限りの暗記といった行動を取り入れる必要がなくなるのです。

そして効率を上げるという行動は、社会人になってからも役に立ちます。仕事というのは、効率を上げて生産性を向上させるという側面があるからです。品質を落とさずに生産性が向上されれば、コストも抑えられますし顧客満足度も高まるのは間違いありません。このように、学習において効率を上げる方法を取り入れれば、将来に渡って自分のメリットとして残るということも見込まれるというわけです。

ランキングで学習の効率上昇に迫る

学習効率を上げるにはどういった方法があるのか、ランキングをメインにして紹介していきます。自分が行っている学習方法と見比べて、どういった点が違うか参考にしましょう。

ランキングで紹介する方法は、一般に効率が上がると言われている方法です。そのため、個人によっては効率が上がらず効果が見込めないものもあります。場合によっては、効率が悪い状態になってしまうことも否めません。そのためランキングで紹介した方法をまずは取り入れて、その後に自分でアレンジするようにしてみましょう。そういった点を踏まえ、効率を上げる方法についてランキングをチェックしていきましょう。

勉強効率を上げる学習方法ランキング!第11位~7位

第11位:睡眠時間を削らない

効率が落ちる

夜も眠らず机に向かったり、朝方に無理矢理目を覚まして学習するなど、睡眠時間を削ってまで勉強している人もいるでしょう。実はこれは非効率的だと言われる行為です。

睡眠というのは、脳を活性化させるのに非常に効果がある行動です。安定した睡眠を取ることで、脳が疲れを癒します。それと同時に体もリフレッシュされています。そのため、考え方がクリアーになったり。脳内が整理された状態で学習に挑むことができるのです。

睡眠を削ってしまうと、眠気が襲ってきやすく、集中力を欠いてしまいます。集中力が欠けてしまうと効率は著しく低下すると言われているのです。眠いのを我慢してまで机に向かうのではなく、眠くなったら眠れるような学習方法を身につけるよに、今までの手法を見直してみると良いでしょう。

第10位:こだわらない

工夫をしない

ランキングにある要素を否定する意味合いもあるのが、こだわらないという手法です。あえて勉強法にこだわりをもたず、工夫も施さずに学習をするという方法です。

ランキングで紹介している手法もそうですが、効率を求めてしまうと、どうしても効率を高めるための行動が必要になります。すぐに学習に取り組めず、学習に取り組むための準備が必要になるのです。この時間を無駄にしないというのが、こだわらないという手法です。あれやこれや考える前に、目の前のことに取り組もうとういう考え方です。

こだわらず工夫をしないということは、フレキシブルに物事に立ち向かえるという意味合いもあります。臨機応変に状況に応じて学習法を変更できるのがメリットだと言えます。工夫をしたりこだわると、準備に対する思い入れが強すぎてしまい、それを崩したり壊したりすることに臆病になります。そういった気持ちにならないのもメリットと言えるのです。

第9位:捨てる

苦手なものは諦める

数学が苦手であったり、英語が苦手であったりする場合や、科目のある分野だけが苦手な場合などもあります。こういった場合は、思い切って捨てるという方法も良いでしょう。

苦手な部分を克服するのは大切なことです。しかしながら、苦手意識が強い場合は、克服するまでに相当な労力をかけてしまうことがあります。労力を苦手分野にかけるのであれば、得意分野をより深めていくのが効率的だと言えます。ですから、あえて苦手な分野は捨ててしまうのも、効果が見込める学習法だと言えるのです。

捨てると言っても程度はあります。試験や受験においては、最低限必要な点数というものがあります。トータル的な点数のバランスを考えて、どこまでの学習が必要なのか判断することが大切です。そして、判断ができたとすれば、必要以上の知識を求めないという、諦める心構えが大切だと言えるのです。

第8位:紐付ける

内容を理解して密着させる

勉強をしていると、今覚えていることにどういった意味があるのかと疑問に持つことがあります。意味のないことを行っているのではと、不安になる場合もあるでしょう。

受験勉強などをしていると、この勉強が将来にどう役に立つのか疑問に感じる場合があります。そういった時には、日常生活や一般的な常識に、自分が学んだことを紐付けてみると良いでしょう。英語などの語学は日常的に活用される言葉ですし、歴史や地理といった分野も、旅行などで非常に役に立つ知識なのです。

また、数学の問題も実は日常生活に密接に関わっています。それは、物事は大体のことが数字で計算できるからです。さらには漢文なども覚えておくと、歴史的建造物に訪れた際に楽しみが格段に増えるのです。勉強をしていることに意味がないという行為はありません。日常に紐づけて考えれば、全てが意味のある勉強だと言えるでしょう。

第7位:声に出す

書くより効果がある場合も

学習をする際にはノートや紙に覚えたい言葉を書いたり、問題を解くために書き出したりします。しかし、書くだけでは効率的な学習だとは言えない場合があるのです。

読書などでもそうですが、声に出して読み上げることで、その言葉の意味や感情を理解できる時があります。それと同じように、覚えたい言葉や物事を、書き出すだけではなく声に出してみるのがおすすめです。ただし声に出すだけではアプローチ的には弱い部分もありますから、書き出す学習法と並行して行うようにしましょう。

声を出す手法は、日本語だけではなく外国語の学習にも通用する手法です。発音を覚えたり単語のニュアンスを覚えるのには最適だと言えるでしょう。特に言葉のイントネーションを知る時には、想像だけでは理解できない場合があります。強弱が分かりにくく理解ができない場合は、声に出す手法によって解決することがあるのです。

勉強効率を上げる学習方法ランキング!第6位~4位

第6位:復習する

結果的に効率的

学習するにあたり、予習と復習というのは基本だとも言えます。その中でも復習は、その日の学習を思い出しながら、分からなかった部分をゆっくりと解読できるのでおすすめです。

復習するということは、教わったことを脳裏に焼き付ける行為だともいえます。覚えたばかりの物事をすぐに思い返すので、より鮮明に記憶に残りやすくなるのです。できるのであれば、その日のうちに復習をする習慣を付けましょう。習慣付けすることで、復習をすることへのハードルが下がるからです。

復習は覚えたことを繰り返して学習できます。そして、その時は何となく聞いていた事柄であっても、本当に理解していたか確かめることができるのです。もし、理解が乏しいと感じた場合は、復讐によって内容を補完することができるので、学習がより効率的になっていくという結果が生まれるのです。

第5位:着替える

制服などに着替える

休日等や朝の勉強に有効的な方法です。勉強に身が入る服といえば制服です。勉強をする時にはあえて制服に着替えて勉強をすると、自然と無駄な時間を過ごさなくなるという手法です。

学校にいるような感覚で机に向かえば、無駄な時間を使う気持ちにならないはずです。また、どこか引き締まった気持ちになり、学習に身が入るのです。場合によっては、学校と同じ1時限分を区切りとしながら勉強をするのも良いでしょう。周りに負けたくないという気持ちも自然と沸いてくる可能性もあるのです。

平日であれば、制服から着替えないというのも効率的です。着替える間を惜しむという意味合いもありますし、学校からの延長という緊張感のままで自宅の机に向かえるからです。もちろん、制服ではないくても自分が学習にスイッチが入る服装であればどれでも構いません。勝負服ならぬ勉強服というのを設けてみるのも良い手法です。

第4位:制限時間

タイムトライアル方式も良い

ダラダラと机に向かっていることが、非常に非効率的にしている場合があります。こういったダラダラを防ぐために、学習時間を制限時間制度にするというのも一つの手法です。

制限時間といっても、制限時間が来たからといってそこで勉強を止めるわけではありません。机に向かう前に、事前に自分で制限時間を設けておいて、自分が目標としていた箇所まで勉強が進んだ時に、時間内に勉強が終わっているかどうかをチェックするのです。もし制限時間内に終わっていれば、ダラダラとした勉強を逸脱したという見方ができます。

一方で、短い勉強や少ない問題を解く時には、タイムトライアルを導入しても面白いはずです。同じ勉強を繰り返したり、同じ問題数をこなす時に必ず時間を図っておいて、次回の自分の学習時間と比べるのです。時間が伸びていれば学習方法のどこかに無駄があったこととなりますし、時間が短縮されていれば前回よりも効率的に学習ができたと考えられるのです。

勉強効率を上げる学習方法ランキング!第3位:速読

読む速度を上げる

単純に読む速度を上げるだけで、学習量は2倍にも3倍にもなります。それは、読む効率が上がれば、知識を習得する効率も上がるからです。速読は勉強に非常に有用だと言えます。

読む速度が上がることで効率が上がるのは、国語などの分野だけではありません。数学などの分野においても、問題を読む速度が飛躍的に上がるため、問題を回答する時間をいつも以上に保有できることとなります。また、短い時間で何度も読み返すことができますので、時間あたりの熟読度が変わるのです。そのため、同じ物を読む回数が自然と増えていき、学習した内容が脳内に残りやすいという結果を生み出すのです。

速読を身に着けたいのであれば、通信学習やインターネットを利用すると良いでしょう。速読は練習をしないと身につきにくい特技とも言えます。しかし、一度身につけてしまえば、なかなか忘れない特技だとも言えるでしょう。速読は学習の時だけに有用だとは言えません。細かい内容がたくさん書かれている契約書を読む時にも有効的ですし、Twitterなどのインターネットサービスを読む時にも非常に役に立つのです。

勉強効率を上げる学習方法ランキング!第2位:速記

早く書けば効率が上がる

学習は文字を書くというのは基本とも言えます。書く速度が上がれば、自然と学習の効率もアップするのは当然と言えます。書く速度に比例して、知識の習得量も増えていくのです。

すでに紹介している速読と同じ意味合いがあるのが速記です。問題を解くにしても単語を覚えるにしても、ノートに文字を書くという行為が生まれます。この書くという行為自体を早くして、学習量を増やすという手法です。書く速度が上がれば、今まで机に向かっていた時間と同じ時間で、2倍にも3倍にも習得量が増えていくというわけです。速読と合わせれば、学習効率の上昇は計り知れないほどとなるはずです。

速記を行うには、早く書くだけではいけません。読めない文字で早く書いても脳みそに知識は蓄積されないからです。書く文字は読める文字というのが大切です。ですから、トレーニングのようなものが必要となります。通信学習などもありますし、YouTubeなどで速記のコツが公開されている場合もあります。練習をして速記を手に入れれば、テストで見直しする時間も増えるので、回答の正解率もアップするのです。

勉強効率を上げる学習方法ランキング!第1位:ノルマを設ける

自分の目標を立てる

ノルマを設けるという手法は、学習に置いて大幅に効果が期待できるといいます。紙などに書き出して、計画的にノルマを設けてみると良いでしょう。

ノルマを設けるということは、目標を設定するという意味合いでもあります。長期的なノルマから短期的なノルマまで、ノルマにはさまざまな手法があります。どんなノルマであったとしても、自分で設定した物事に対しては、自分で責任を持って守るという心がけが大切です。途中で諦めたり甘えたりしてしまうと、ノルマを設けた意味がなくなってしまうからです。強い意志を持ってシッカリと目標を定めましょう。

ノルマを設ける時には、最終目標から逆算する手法もおすすめです。学習を終える日程やここまでやりきるという目標を定めた後に、そこに向けての逆算をすると良いでしょう。ここで大切なのがノルマの設定方法です。自分の度量をわきまえてできる範囲でノルマの設定をするようにしましょう。こうすれば、無理のないノルマを細かく設定ができるからです。達成した喜びも、効率を高めるのには大切な要素となるのです。

勉強効率を下げる・やってはいけない悪い勉強法!

ランキングに反する勉強方法

ランキングでは効率を上げるための勉強方法について紹介しました。一方で、効率を落としかねない、効率的には悪いと言われる勉強方法というのも存在します。

いくら効率を高める勉強の手法を取り入れたとしても、その一部分で効率の悪い方法を取り入れてしまうと意味がありません。効率が良い方法だけではなく、効率が悪いとされる手法は知っておくべきでしょう。ただし、ランキングでも少し触れましたが、効率が上がるか下がるかは、個人の考え方や環境に左右される部分でもあります。一般的にという観点に基づいて、これから紹介する方法を見ていきましょう。

効率が悪い勉強法1:ながら勉強

何かをしながらは効率が悪い

最初に紹介するのは、効率の悪い勉強方法として最も有名な方法だと言えるでしょう。ながら勉強は、勉強効率を著しく落としてしまう、悪い勉強方法です。

テレビを見ながらだとかYouTubeを見ながらといった、ながら勉強は集中力を欠いている状態での勉強だと言えます。勉強に身が入っておらず、テレビやYouTubeの面白いシーンやセリフに脳みそが傾いているのです。これでは、暗記であれば覚えることができませんし、解く問題であれば良い発想も生まれません。人によってはラジオや音楽なども、ながら勉強と同等に効率が悪い勉強方法になってしまう場合もあるでしょう。

また、お菓子を食べながらの勉強もあまりおすすめしません。食べていることに神経が集中してしまう場合があるからです。どうしても、テレビが見たかったりお菓子が食べたいのであれば、勉強を一旦辞めましょう。一つのことにシッカリと集中して楽しみ、その後に勉強をすれば効率が落ちることもないはずです。時間がもったいないというのであれば、テレビやお菓子を我慢して勉強を優先するようにすると良いでしょう。

効率が悪い勉強法2:時間にこだわりすぎる

時間が来たら終わり

時間を決めるのは、効率が高まる勉強法として取り入れている人もいるでしょう。一方で、時間にこだわりすぎてしまい、時間を守ることだけに意識が行ってしまう場合があります。

集中して勉強をしていると、時間が経つのも忘れてしまうことがあります。この状態であれば、時間にこだわらないので効率の上がる勉強方法だと言えます。反対に、イヤイヤで勉強を行っている場合は、時間が経つのが気になるものです。勉強を気にするよりも、時計の方を気にしてしまうほど集中力を欠いてしまう場合もあります。時間を区切るのは良い方法ですが、時間にこだわりすぎると、集中力を失ってしまうのです。

基本的に勉強をするという行為は、時間が足らなくなるはずです。ですから、ランキングでも紹介したように、時間ではなくノルマやタイムトライアル的な感覚で勉強を行うと良いでしょう。また、時間を区切る勉強方法だと暗記をする時には時間が弊害になります。時間で区切らずノルマで区切るように考えを変えましょう。時間が足らないという感覚になれば、勉強に集中している時間が長かったという証拠となります。

効率が悪い勉強法3:目標を決めない

できるだけノルマを設ける

ランキングや効率が悪い勉強法2でも紹介した通り、何かしらの目標を決めるというのは、効率の上がる勉強方法では非常に大切な手法だと言えます。

目標を決めずに勉強を始めると、その時の気分で終わりにしてしまいます。人というのは甘い気持ちに負けることが多く、まぁ良いかという気持ちになってしまうのです。その結果として、勉強の進み具合が悪くなり、結局は効率の悪い勉強方法になってしまっているのです。目標を設けて、それに向けて勉強するよう取り組みましょう。そうすることで、効率の悪い勉強方法から抜け出すことができるのです。

目標にするのは、小さな目標で構いません。また、段階的な目標を作っても良いかもしれません。しかしながら、自分に甘すぎる目標だと意味がないので、その点は注意するようにすると良いでしょう。勉強における目標というのは達成ができなければ意味がありません。無理が生じるような目標にはせず、少し頑張れば達成できる目標にするべきだと言えます。この目標設定の繰り返しが、悪い勉強効率を改善していくのです。

効率が悪い勉強法4:手を動かしているだけ

勉強をした気になる

勉強をしたというのはどういう状態かと言えば、自分の知識になっている状態だと言えます。理解することもなく文字を書き出したり問題を解いていても、本質的な勉強にはなりません。

暗記の勉強をする時に、ただひたすらに暗記する文字を書き出しているだけでは覚えることができません。その暗記をする意味合いや、暗記をしている物事の本質まで考えると、暗記勉強の効率は飛躍的に上がるのです。また、暗記をしているんだという意志を持つことです。覚えるべき物事を闇雲に連続して書き出すのではなく、一文字一文字に暗記をしているという感覚を持って文字を書き出すようにしましょう。

問題を解く時も同じです。ひたすらに公式に当てはめて解くのではなく、問題を解いているんだということを意識すると良いでしょう。そして、量をこなせば良いという考え方も、効率が悪い勉強方法だと言えます。量をこなせば時間もかかりますし、勉強をした気分になります。しかし、本質的な意味でいうところの勉強だとは言えないのです。どんな些細な問題でも、暗記しているそして解いているという意志を持ちましょう。

勉強効率を上げるためには集中力を高めることも大切!

集中力はどんなことにも重要な要素

集中力を高めるのは、何をやるにも大切な要素だと言えます。ランキングでも何度も触れているように、集中力を高めるというのが、勉強には何よりも大切だと言えるのです。

ランキングにある方法を取り入れても、集中力が高まっているのは感じ取れるはずです。しかし、勉強の効率を上げる方法だけでは集中力が高まらない場合もあるのです。そこで、集中力を高めるためにはどういった方法があるのか、ここで簡単に紹介していきます。紹介している集中力を高める方法を参考にして、自分なりにアレンジをしてみるのも良いかもしれません。それでは、1つずつチェックしていきましょう。

集中力を高める方法1:とりあえず参考書を開く

場所を選ばず開く

勉強に集中できないとかやる気にならないとか感じているのであれば、とりあえず参考書を開くという方法を取り入れてみると良いでしょう。

参考書を開くという行為までたどり着けば、そこからは集中力を高めるだけの状態になります。また、テストが近かったり試験が近かったりすると、参考書を開くだけで「やらなきゃ」という気持ちが湧いてくるはずです。この気持を大切にしたいという方法です。やらなければという気持ちが少しでも湧いたのであれば、さらに鉛筆を手にとってみましょう。そうすれば、もうやらざるにはおえない状態になっているはずです。

また、参考書を開くのには場所を選びません。電車の中やちょっとした空き時間など、少しの合間でも参考書を開くようにしましょう。それだけで、勉強をやらなければそして勉強に集中しなければという気持ちになるはずです。また、参考書を開くと、開いた先のページの厚さに驚かされることもあります。まだまだこれだけやることがあるのかと感じてしまえば、集中するのは時間の問題だと言えるのです。

集中力を高める方法2:誘惑を視界から消す

仕舞い込む

身の回りに勉強の弊害となりそうな誘惑があるとすれば、それらの誘惑を視界から消すようにしましょう。誘惑に負けないように、誘惑を身の回りから遠ざける方法です。

勉強をしている時に、周りに誘惑があると集中力を欠いてしまいます。集中力を高めたいのであれば、あえて視界から誘惑を消しましょう。そうすることで、勉強に対する集中力も上がり、効率が高まっていくのです。身近にある漫画やDVDそしてゲームなど、ついつい手に取って遊んでしまいそうな誘惑度の高い事柄を、できるだけ視界に入らない場所に仕舞い込むようにしましょう。これだけで集中力は上がるはずです。

スマホやタブレットは、身近に置いてしまいがちなアイテムの一つです。その上、スマホやタブレットは無限の遊びを提供してくれる、誘惑の宝庫でもあるのです。ですから、勉強を始める時には、スマホやタブレットの電源を落としておくようにしましょう。電源を落としただけでは、電源をいれてしまうだけで誘惑が再開されます。そういった状態にならないために、電源を落としたらどこかへ仕舞い込むようにしましょう。

集中力を高める方法3:場所を変える

効率が上がる場合も

集中力がどうしても上がらない時は、もしかしたら環境が悪いのかもしれません。また、自分の部屋の場合は、どうしても誘惑を断ち切ることができない場合もあります。

何が原因か分からないものの、集中力が上がらなかったり、誘惑を断ち切れないという時は、場所を変えてみるというのも一つの方法です。これだけで集中力が上がり効率はグッと向上します。もちろん、変えるべき場所は遊べる施設ではないというのが条件です。そして、長時間いても支障がない場所を選ぶようにしましょう。こういった場所を選んだ上で、ランキングにあるような方法を効率よく取り入れてみましょう。

集中できる場所というのは実は個人差があります。賑やかな場所で集中できる人もいれば、物音がない場所が集中力を高めるというタイプもいるのです。賑やかな場所でも構わない場合は、ファーストフードや喫茶店などを利用すると良いでしょう。もし静かな場所を求めるのであれば、図書館などがおすすめだと言えます。どの場所にもそれぞれのルールがありますので、ルールを守って効率を高めて取り組むようにしましょう。

集中力を高める方法4:諦める

一旦勉強を止める

どうしても遊びたかったりテレビを見たいと感じたり、誘惑に対する欲求が出てしまい集中力を欠いている場合は、勉強を諦めて一旦止めると良いでしょう。

そして、誘惑の原因となっている物事について思い切り楽しむのがおすすめです。集中できないままでいるよりは、一旦誘惑に負ける方が効率も上がりやすいのです。ただし気をつけなければいけないのが、遊ぶ時間をシッカリと決めること、そして決めた時間を守ることです。もし、自分で設けた時間にルーズになっているようであれば、諦めるという方法自体を諦め、無理にでも勉強するようにするべきです。

また、勉強をしていると眠くなってしまうことも少なくありません。こういった時は、無理をするのではなく、寝てしまうというのも、集中力を高め効率を上げる方法の一つです。短い時間でも良いので、少しでも深く眠る努力をすれば、頭もスッキリすることが多いのです。これは、ランキングでも紹介した睡眠時間を削らないとリンクする部分でもあります。睡眠は効率を上げるためには必要な手法だと言えるはずです。

勉強効率を上げるおすすめグッズ・文房具!

グッズも大切

効率を上げるための手法は、ランキングで紹介した方法だけではありません。グッズなどを上手に使うことで、効率を高めることを可能にする場合もあるのです。

文具用品というのは、現在ではいろいろな物が販売されています。その中には勉強効率を高めるために有益なグッズも存在します。ランキングで紹介した方法だけではなく、こうした効率を上げるグッズを活用をするのもおすすめです。ただし、使い方を間違ってしまうと効率が上がるどころか、グッズを使うことばかりに時間がかかってしまい効率が悪い状態になります。使い方にも気をつけてグッズを取り入れると良いでしょう。

効率アップグッズ1:付箋

使い方に注意

付箋は効率を上げるグッズとしては有名です。気になったところに貼り付けたり、繰り返しみたい箇所に貼り付けたりと、付箋を上手に活用している人は多いはずです。

まず大切なのが、付箋はメモに使えるということです。その時に思いついたことをメモをすれば、ひらめきや発想を忘れることがありません。そして、間違えた箇所や覚えにくい場所をすぐにチェックできるグッズでもあります。また、集中力に欠いた状態の時に、やりたいことをメモして気を紛らすという方法もあります。どういった場合でも、効率をアップさせてくれるグッズとして活用できるのです。

付箋を上手に使うためには、使いたいという気持ちを持たせてくれる物を選ぶのが大切です。可愛かったりおしゃれだったりする付箋を選べば、付箋を使おうとする気持ちも上がるはずです。ただし、付箋はただ闇雲に貼っても意味がありません。本当に覚えられないところや、メモとして残したい重要なことに限って付箋を貼るようにしましょう。覚えたら付箋を剥がしていけば、知識が増えてきている証にもなるのです。

効率アップグッズ2:ボールペン

使い切る達成感

ボールペンは鉛筆と違い、使い終わった時に芯を変える必要があります。シャープペンシルも芯は変えますが、シャープペンシル内にストックしておくことができます。

ボールペンは芯をストックすることができず、使い終わった時にその都度分解して変える必要があります。この使い切ったという達成感が、勉強をしている喜びに変わるというわけです。ボールペンを使い終わらせる感動を味わってしまうと、次も早く終わらせようと考えてしまい、結果的に集中力を高めて効率が上がるというわけです。ボールペンであれば値段も比較的安価ですから、取り入れやすいグッズだと言えるでしょう。

また一部では青いボールペンは暗記の効率を上げるのに有効的だと言われています。ですから、黒いボールペンは普通の勉強に、青いボールペンは暗記の時に使うなど、勉強によって使い分けてみるのも良いでしょう。暗記をどのくらい頑張ったとか、掲載問題をこれだけ解いたなどといった、自分の頑張りの目安にもなるはずです。モチベーションを上げるのにも役に立つボールペンは、効率アップグッズの定番と言えます。

効率アップグッズ3:手帳

日記をつける

勉強のための日記を付けるというのもおすすめです。日記を付ける文房具として最適なのが手帳です。自分の書きやすいタイプの手帳であればどれでも良いはずです。

手帳であれば、気軽に短い文章で日記をつけることができます。また、手帳に勉強のスケジュールを書いておけば、自分の進捗がどれぐらい順調なのかひと目で分かるはずです。さらには、手帳を手元に持っていれば、気になったことを気軽にメモすることができます。勉強をする時に直接使うグッズではないものの、効率を上げるのには活躍するのが、手帳というグッズだと言えるでしょう。

毎日手帳に日記を書くのが大変だと感じているのであれば、良い時だけ記しておくというのもおすすめです。モチベーションが下がってしまった時に、過去の良い時の日記を見直せば、モチベーションを上げる要因となるはずです。自分のことは自分が一番良くわかりますので、他人のどんなアドバイスよりも効率的だと言えるでしょう。こうしたグッズと合わせて、ランキングの方法を取り入れて効率を上げてみると良いでしょう。

勉強効率を上げる食べ物!記憶力を高めて暗記もスラスラ⁈

効果が期待できる食べ物

効率よく勉強するためには、食べ物の力を借りるのも大切です。食べ物の中には、脳のエネルギーになる物や、暗記力を上げると言われている物までいろいろです。

まず、脳のエネルギーになると言われているのがブドウ糖です。お米やパンといった炭水化物を食べれば、ブドウ糖を摂取できます。ブドウ糖を摂取することで、思考能力を上昇させたり集中力を高める効果があるのです。一方で、大豆やチーズと言ったレシチンが含まれている食材は、暗記に必要な記憶力を高める効果があると言われています。効率よく暗記をしたいのであれば、納豆や豆腐などを摂取すると良いでしょう。

そして、DHAやEPAも脳を活性化する食べ物としては有名です。DHAやEPAはイワシなどの青魚に多く含まれていると言われています。ただし、DHAやEPAを摂取する時には注意が必要です。それは、どちらもとは酸化しやすいという特徴を持っているからです。そのため、酸化を防止する効果が見込まれる緑黄色野菜や柑橘類などを一緒に摂取しましょう。また、偏った食事にせずにバランスよく摂取することも大切です。

食べ方にも注意

効率を上げるためには、食べ方にも注意する必要があります。例え脳を活性化し、暗記に聞くと言われる食材を摂取したとしても、食べ方が悪いと効果が半減してしまいます。

勉強の効率を上げるためには、食べ物を効率よく分解して、血流を良くする必要があります。そのためにも、良く噛んで食べるというのは基本だと言えるでしょう。そして、朝ごはんを抜いたりせずに、リズムよく三食を摂取するようにしましょう。これだけで飛躍的に勉強の効率は高まるわけではありませんが、普段の生活を改善しなければ、効率良くなる可能性がある物事についても、効果が期待できなくなってしまうのです。

勉強のやる気が出る・励ましになる名言!

偉大な人の中には、挫けそうな時に励みになる名言を残している人もたくさんいます。例えば日本の実業家であり、今の携帯電話会社のAUにつながる京セラ生みの親でもある稲盛和夫氏は、努力こそが未来を切り開くと伝えてくれています。どんなことにも努力が必要で、努力を積み重ねた結果が未来を作っていくという名言です。挫けそうになった時に、心の支えになってくれるモチベーションを上げてくれる言葉だと言えます。

細菌学の賢威で黄熱病や梅毒の研究で有名な野口英世氏は、天才とは生まれ持った才能ではないと言い切ります。天才とは、人よりも勉強できる才能だと言っているのです。確かに、努力をするという事柄についても、才能というのは必要です。しかし、努力は環境や境遇に左右されにくいものです。自分自身の考え方が努力をするという気持ちには大きく影響を及ぼします。挫けずに続けることの大切さを教えてくれています。

勉強効率を上げる学習方法ランキング!まとめ

ランキングを参考にして効率を高めよう

ランキングで勉強効率を上げる方法について紹介しました。また、ランキング以外の効率アップの方法についても、いろいろと理解することができたでしょう。

勉強というのはただ闇雲にやっているだけでは、身につく物も身につきません。効率の良い方法を取り入れて、無駄な時間を省き悪い習慣を抑えることを意識して勉強に取り組むと良いでしょう。そして、ランキングの方法を取り入れるのも大切ですが、勉強で一番大切なのは知りたいという気持ちと勉強をする意味です。受験勉強やテスト勉強だけではなく、その先を見据えた方法を模索するのが重要だと言えるでしょう。

こちらの記事もおすすめです

PR広告

Share
  • URLをコピーしました!

PR広告

PR広告

Amazon オーディブル

  • 今なら2ヶ月間無料で体験
  • プライム会員以外は30日間無料
  • 12万冊以上が聴き放題
  • オフラインで再生可能
  • プロ声優や俳優の朗読も
  • オリジナルコンテンツ多数

PR広告

Amazon オーディブル

PR広告

CONTENTS