MENU
Amazonプライムデー先行セール 7/11~

髪がパサパサの原因は?美しい髪を手に入れる為に本気のヘアケア術を伝授!

髪がパサパサの原因は?美しい髪を手に入れる為に本気のヘアケアを伝授!
  • URLをコピーしました!

髪がパサパサになる原因やパサパサを改善したい時におすすめのケア方法についてまとめました。

髪がパサパサになったら原因を把握して改善する事が大切。

ヘアケアにぴったりなおすすめオイルを取り入れていけば、パサパサした髪からツヤのある髪へと改善する事が出来るはずです。

理想の髪質を維持する為にパサパサ髪とさようならしませんか?

目次

パサパサな髪のためのヘアケアを紹介

「髪がパサパサして潤いがない」「髪が広がってスタイリングしにくい」といった場合は早めに改善していく事が大切。パサパサ髪の状態が続いていくとダメージが進み、更に髪の状態が悪くなってしまう可能性があります。オイルなどを使ってしっかりと改善ケアをしていけばパサパサしていた髪も潤いとツヤのある状態にする事が出来るので、最適なヘアケアを取り入れていくのがおすすめ。髪がパサパサになる原因を取り除いて、憧れの髪質に近づいていきましょう。

今回は、髪がパサパサになる原因や改善する為のポイントについてまとめました。髪がパサパサしている時は、原因を知って改善ケアを行なっていきましょう。簡単なケア方法で髪のパサパサ状態も改善する事が出来るので、是非こだわってみてください。

パサパサ髪を卒業しよう!

髪がパサパサしているとまとまりがなくなり、スタイリングも上手く出来ません。ツヤのない髪は老けてみられてしまう事も。パサパサとした髪には何のメリットもないので早めに改善していく事が大切になります。ツヤのある綺麗な髪は若々しい印象与えてくれるので「いつまでも女性らしく綺麗でいたい」という場合はスキンケアだけでなく髪のケアも重要なポイント。髪は様々な事が原因となってパサパサ状態になってしまうので、パサつきを感じたら早めにケアをしていきましょう。

髪がパサパサになってしまってもケアを怠らなければ改善する事は可能。ただし、何のケアもしていないと改善する事が出来なくなってしまうので気をつけましょう。「髪、綺麗だね」とみんなから褒められるような髪質を目指してみませんか?髪がパサパサになる原因や改善する為のおすすめのケア方法についてチェックしてみてください。

パサパサ髪になる原因は?

パサパサ髪を改善する為に知っておきたいのがその原因。髪がパサパサになるのには何らかの原因があり、それを把握しておく事でケア方法が見つけやすくなります。髪は様々な原因でパサパサな状態になる為、普段の生活を見直して髪にダメージを与える原因がないかどうか確認していきましょう。髪がパサパサになるのはキューティクルが傷んでいるからです。キューティクルが正常な状態であればツヤのある綺麗な髪をキープする事が出来ますが、キューティクルが傷んでいるとパサパサして広がりやすくなるので要注意。髪のキューティクルは様々な原因で傷みやすくなります。キューティクルが傷んだ状態が続くと枝毛や切れ毛などの原因にもなる為気をつけてケアをしていくようにしましょう。キューティクルが痛む原因をチェックして、なるべくそれを防ぐようにしてみてください。

髪の毛の乾燥

髪がパサパサになる原因として挙げられるのが乾燥です。肌と同じように、髪も適切な水分量を保つ事が大切。髪の内部に水分が足りないとパサパサしやすくなってしまいます。もし、ブラシで髪を梳かした時に静電気が起きたり広がってしまう場合は髪の乾燥が酷くなっているので早めにケアをするのがおすすめ。髪の乾燥が進むとキューティクルが傷み、ツヤが失われてしまいます。水分をしっかりと含んだ髪はツヤとコシがあるので、この状態を目指してケアをしていきましょう。

髪の乾燥の原因は色々ありますが、まず挙げられるのが紫外線です。紫外線を浴びすぎると髪が乾燥しやすくなり、キューティクルへもダメージが大きくなるのが問題。肌の紫外線対策はしていても髪の紫外線対策はしていない場合があるので、日焼け止めをしっかりと使っていきましょう。また、ドライヤーの熱やヘアアイロンの熱でも髪は乾燥しやすくなります。普段からケアをして髪の潤いをキープするようにしてください。

ヘアカラー等のダメージ


ヘアカラーも髪がパサパサした状態になる原因と言われています。トレンドのヘアカラーにする為に色々なカラー剤を使う方も多いかもしれませんが、それが髪ヘアの負担となってしまうので気をつけましょう。特にブリーチをした時の髪へのダメージはかなり大きいと言われています。ブリーチをした方がヘアカラーが綺麗に入りますが、その分だけ髪がパサパサになるリスクがあるという事を覚えておくのがおすすめ。ブリーチとヘアカラーを組み合わせる時はしっかりとケアをする必要があります。
ヘアカラー以外にパーマでも髪がパサパサになるやすくなるとされているので気をつけましょう。パーマにも色々な種類がありますが、なるべくダメージが少ない方法を選ぶのがおすすめ。ヘアサロンで相談をしながら最適な方法でヘアスタイルを決めてみてください。

加齢による髪の衰え

加齢によって肌が衰えるように、髪も徐々に衰えていきます。これは、髪の内部にあるタンパク質の量や質の低下が原因。加齢によってタンパク質の量が減ったり質が下がる事によって髪はパサパサになると言われています。加齢による髪への影響を最小限に抑える為には日頃からケアに気を使う事が大切。早いうちからケアをしておけば加齢によって髪がパサパサになる、という事も最小限に抑える事が出来ます。
年齢を経てもつやつやとした髪をキープしている女性は早めにヘアケアをしているはず。若いからと気を抜いているといつの間にか髪がパサパサになっている可能性もあるので、スキンケアと同じように髪のケアも重要視してみてはいかがですか。

地肌のトラブル

地肌のトラブルが起きている場合も髪がパサパサになるとされているので要注意。地肌に合わないシャンプーを使っていたり、地肌に皮脂汚れが溜まっていたりすると健康的な髪が生えにくくなります。地肌は髪が生える土台となっているので、パサパサ状態を改善する為にはまずは地肌のケアをする事も大切なポイント。地肌が綺麗な状態を保っていれば、綺麗な髪が生えやすくなります。地肌にかゆみがあったり、フケが出やすかったりといった異変を感じている時は改善出来るようにケアしていきましょう。地肌が悪い状態だと、いくらヘアケアをしても髪のパサパサ状態は改善出来ないので気をつけてください。

ホルモンバランスの変化

ホルモンバランスの変化もパサパサ髪の原因となるとされています。ホルモンバランスが崩れると皮脂が過剰に分泌されやすくなり、肌荒れの原因に。これは頭皮も同じ事でホルモンバランスの乱れにより地肌の状態が悪くなってしまう事があります。また、出産を経験した女性はホルモンバランスの乱れと同時に赤ん坊に与える母乳で必要な栄養を取られてしまうので、髪まで栄養が届かなくなるのも原因。出産後に抜け毛やパサパサ髪が多くなるのはこうした事が原因となっているので気をつけていきましょう。

パサパサ髪を防ぐ基本事項

髪がパサパサになる原因について把握出来たら、パサパサにならない為の予防方法を見ていきましょう。髪をパサパサな状態にしない為には、それを防ぐヘアケアをしていく事が大切。もし、普段の生活の中で髪がパサパサになる原因となるような事をしていたらそれをやめて、しっかりとケアをするようにしていくのがおすすめです。日頃のヘアケアからちゃんとやっておけば髪がパサパサになる事もないので意識して髪のケアをしていきましょう。簡単に出来るパサパサ予防の方法をご紹介します。

シャンプーの前にブラッシング

髪のパサパサを防ぐ為には、シャンプー前にブラッシングをするのがおすすめ。シャンプー前にブラッシングをするのとしないのとでは髪の状態が変わってきます。全体を予めブラッシングしておく事で髪についた汚れを落とすのがポイント。また、髪のもつれを取っておけばシャンプーが行き渡りやすくなります。髪がもつれた状態でシャンプーをすると摩擦が起こってダメージが与えられるので要注意。ブラッシングをして髪をサラサラな状態にしておきます。

お湯の温度は35〜40度

熱過ぎる温度で髪を洗う事も髪への大きなダメージになります。熱いシャワーが髪への刺激になり、キューティクルが傷んでしまうので気をつけてください。髪のパサパサが改善されない、という場合はシャワーの温度が熱過ぎるのかもしれません。髪に優しくシャワーを浴びる為に、温度は35〜40度にするのがおすすめです。このくらいの温度にする事で髪のキューティクルを傷める事なくシャンプーをする事が可能に。髪は熱によるダメージに影響を受けやすいので、温度には注意しておくようにしましょう。

ドライヤーの最後は冷風

シャンプーが終わったらタオルドライをしっかりと行います。タオルドライが十分でないとドライヤーをかける時間が長くなってしまうので注意してください。タオルで髪の水分を取り除いたら、20〜30cm離した距離でドライヤーを当てていきます。ドライヤーの熱が近過ぎると髪にダメージが加えられてパサパサ状態になってしまうので気をつけてください。ドライヤーで髪の根元から乾かし、最後に毛先の部分を乾かしていきます。
そして、最後は冷風を当てるのがポイント。濡れた髪はキューティクルが開いが状態になっています。熱で乾かした後もキューティクルは開いているので、冷風を当てて引き締める事が大切。髪全体に冷風を当てて、キューティクルを引き締めていきましょう。こうするだけでも髪の仕上がりがだいぶ変わってきます。

パサパサ髪の改善方法

気をつけていたとしても、ヘアカラーやパーマ、加齢など色々な原因で髪はパサパサの状態になってしまいます。髪のパサパサ感に気づいたら早めに改善対策をしておくのがおすすめ。早めにケアをしておけばパサパサになった髪も綺麗な状態にする事が出来るようになります。髪がパサパサになった原因は何であるかを考えながら改善方法を取り入れていきましょう。普段のケアをちょっと変えるだけでもパサパサした髪を改善する事が出来るので、諦めずにヘアケアをするようにしてみてください。

シャンプーを変える

髪のパサパサ感が気になる時はシャンプーを変えてみるのがおすすめ。シャンプーが地肌に合わないと髪がパサパサになりやすくなります。洗浄力が高くても地肌に刺激が強過ぎるシャンプーだと髪が育つ土台を綺麗に保つ事が出来ません。地肌に優しく、正常な状態をキープ出来るようなシャンプーを選んでいきましょう。おすすめしたいのがアミノ酸系のシャンプー。アミノ酸系のシャンプーは地肌に優しく、汚れもちゃんと取れるので日常的に使うのに最適です。市販でもアミノ酸系シャンプーは多くあるので試してみてください。

頭皮のクレンジングをする

髪のパサパサが気になる時は頭皮クレンジングをするのもおすすめの方法です。髪がパサパサしている場合、頭皮に汚れが溜まっている可能性があるのでクレンジングで綺麗にしていきましょう。肌のクレンジングをするように、頭皮もクレンジングを行う事で健やかな状態を保ちやすくなります。
頭皮クレンジングはオイルを使うと効果的。地肌に潤いを与え、汚れも落とす事が出来るオイルを使えば髪のパサパサ感を軽減する事が出来るようになります。オイルを使った頭皮クレンジングのやり方は後ほどご紹介するので参考にしてみてください。

毛先をカットする

毛先をカットしてしまうのもパサパサを改善するのには良いと言われています。髪は毛先からパサパサとした状態になりやすく、毛先がパサつくとなかなか改善する事が出来ません。そういった時は毛先をカットして傷んだ部分を取り除くのが効果的です。傷んだ毛先を放置しておくと他の部分もパサパサになってしまう可能性が高くなるので、思い切ってカットしていきましょう。毛先だけカットをすれば良いので、ヘアスタイルを大きく変える事なく髪のパサパサ感をなくす事が出来ます。

トリートメントをする

髪がパサパサしているのは栄養や水分が不足しているのが大きな原因となっています。髪のパサパサ感を軽減する為にはトリートメントをするのも大切なポイント。ヘアカラーやパーマなどをする時はヘアサロンで一緒にトリートメントもしてもらいましょう。それ以外の時も定期的にヘアサロンでトリートメントをしてもらうと安心です。また、自宅でトリートメントを行う事も大切。洗い流すタイプのトリートメントは勿論の事、洗い流さないタイプのトリートメントも使っておくとドライヤーの熱から髪を守れます。

頭皮のオイルクレンジングのやり方

パサパサ髪とさようならする為にやっておきたいのが頭皮クレンジング。頭皮の乾燥が気になる時や、汚れが溜まっていると感じている場合は頭皮クレンジングをやっておきましょう。頭皮クレンジングをやる事で頭皮の状態を正常化し、髪が生えやすい土台を作っていきます。頭皮クレンジングはオイルを使って簡単に出来るので自宅のヘアケアとして取り入れてみてはいかがですか。普段のヘアケアにプラスするだけで、健やかでツヤのある髪を保ちやすくなります。

頭皮クレンジングをする為に必要となるのがオイル。ヘアケア効果のあるオイルを使って頭皮クレンジングを行なっていきます。自分の肌に合ったオイルを使う事でクレンジング効果も高くなるので、オイルは厳選してみてください。

髪を梳かす

頭皮クレンジングをする時は、まずは髪をブラシでとかしていきます。シャンプーをするのと同様に頭皮クレンジング前に髪に付着した汚れを取っておくのがポイント。髪に付着した汚れを取り除いて清潔な状態でクレンジングを行う事で効果を高めていきます。ブラシを使って髪全体をとかしてください。ヘアマッサージ効果のあるブラシであれば頭皮の血流を促進して綺麗な髪が生えやすい状態にする事が出来ます。こうした状態を整えたら、頭皮クレンジングを行なっていきましょう。

オイルでマッサージをする

頭皮クレンジングを行う為に、500円玉くらいの分量のオイルを手の平に取ります。手の平にオイルを馴染ませたら、頭皮にオイルをつけるようにマッサージを行なっていきましょう。頭頂部から下に向かって全体にオイルをつけながらマッサージをします。この時、爪を立てないようにするのがポイント。爪を立てると頭皮にダメージを与えてしまいます。指の腹を使い、適度な力でマッサージをしてください。
頭頂部から下へマッサージをしたら、下から頭頂部に向かって再びマッサージしていきます。オイルが全体に行き渡ったらOKです。クレンジングが終わったらぬるま湯で軽くオイルを流しておきましょう。もし、効果を更に出したい時はマッサージをしてから蒸しタオルで頭を巻いておきます。5分程巻いておく事で血流が促進され、頭皮の汚れが取れやすくなるので時間がある時は行なってみましょう。

いつも通りシャンプーをする

頭皮クレンジングが終わったら、いつも通りシャンプーをしていきます。頭皮クレンジングをした後の頭皮はデリケートな状態なので、なるべく刺激の少ないシャンプーを使うのがおすすめ。アミノ酸系のシャンプーなど低刺激のシャンプーで洗ってください。頭皮が傷つくとクレンジングをした意味がなくなってしまうので優しくシャンプーをしていきます。爪を立てず、優しくマッサージをするようにシャンプーを行いましょう。全体に泡が行き渡ったらぬるま湯で洗い流します。シャンプーが残らないようにしっかり洗い流してください。

頭皮を保湿する

シャンプーが終わったら頭皮の保湿を行なっていきましょう。頭皮クレンジングに使うオイルには保湿成分が含まれている事が多いですが、クレンジングを終わった後は乾燥しやすい状態になっています。汚れが落ちているのと同時に頭皮をバリアしていた皮脂もなくなっている状態なので、保湿をしていないと乾燥が進みパサパサ髪の原因に。そうならないように保湿を行うことが大切になります。頭皮用の保湿ローションやオイルを使って頭皮を保湿してください。保湿成分を全体に行き渡らせたら、髪を乾かして完了です。

パサパサ髪解消!おすすめのオイル

パサパサ髪を改善する為に使っておきたいのがヘアオイル。ヘアオイルは普段の髪のケアに活用する事が出来る便利なアイテムです。頭皮クレンジングや髪の保湿など、色々な用途で使う事が出来るのでお気に入りのオイルを見つけて取り入れてみませんか?オイルを効果的に使っていけば、しっとりとしたまとまりのある髪質をキープする事が出来るはずです。パサパサ髪から理想の髪質になれるように、人気を集めているオイルを使っていきましょう。

Moroccanoil/モロッカンオイルトリートメント

ヘアケアに使えると人気を集めているのがモロッカンオイルトリートメント。モロッカンオイルトリートメントの主成分はアルガンオイル。アルガンオイルは保湿効果が高いとされており、ヘアケアに使う事でパサパサ髪も滑らかな髪になると評判です。ベタつかず、さらっとした質感なのも魅力。

ロレアル/ミシックオイルリッチオイル

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

ライスブラウンオイルとアルガンオイルの2種類を含んだ保湿効果バッチリなヘアオイルです。パサパサとして広がりがちな髪もこのオイルを使えばまとまりやすくなると人気。ダメージを受けた髪の改善にも役立てる事が出来ます。

QUEEN’S BATHROOM/アメイジングシャインヘアオイル

マカダミアナッツオイルやアボカドオイルなど自然由来のオイルを配合したヘアオイルになります。さらっとした質感で髪のサラサラ度もアップ。髪に潤いを与えながら指通りの良い状態にしてくれます。こちらのオイルはスタイリングにも使えるのが嬉しいポイント。髪にツヤを出し、理想のヘアスタイルに仕上げる事が出来ます。

髪のパサパサを直して美髪になろう♡

髪を触る心理

髪がパサパサしてきたら早めに改善するようにしておくのがおすすめ。毎日使っているシャンプーを見直したり、トリートメントをしたりといった工夫でパサパサ髪を改善する事が出来ます。効果の高いオイルを使って頭皮クレンジングや保湿を行うのもおすすめの方法。自分がやりやすい方法を取り入れて、しっとりとした潤いのある美髪を目指してみませんか?髪が美しくなれば、女性としての魅力もアップするはずです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

MIKURI(ミクリ)は「厳選したおすすめ商品を紹介するWEBマガジン」です。あなたの毎日がより豊かになるよう高品質な記事ををお届けします。

目次