気が利かない人の特徴ランキング13選!対処法や改善法・気が利く人になるには?

気が利かない人

人の性質を表現するのには、気が利く人や気が利かない人というのがあります。気が利かないというのは、決して良い意味で使われることはありませんが、ちょっとした対処で改善できたりもします。この記事では気が利かない人の特徴と心理を、気が利かない人ランキングとしていくつかの例とともに検証していきます。誰しもぶつかる職場での人間関係の改善や、仕事の効率アップにも繋がります。さまざまな体験をもとにした実例もあるので、ランキングとは別に日常生活にも参考にしてください。

CONTENTS

気が利かない人ランキング【特徴】13選!

職場などで気が利かない人の特徴を心理・理由とともにご紹介

どんな仕事をしていても、よく気が付く人や少しずれているようで気が利かない人は少なからずいます。意識しているようで、そうでない心理を理由とともに見ていきましょう。

気が利かない人ランキング【特徴】13位~7位

気が利く人は仕事を一つ一つこなしていく過程で、自分の考えだけでは判断せず、聞いたことを確実に行動にできる能力があります。まずはランキング13位から見ていきましょう。

13位:何をするべきかを考えない

能力はあるけどピンとこない

気が利かない人の特徴として、状況を理解することができないため、何をしたらいいか解らないということがあります。経験が浅い人は特に指示されたことをこなすのに精一杯です。

忙しい職場では次々と指示されると、それだけで時間が過ぎていきます。仕事を与えられることが習慣になると、先の仕事を考えなくなります。その都度考えるように仕向けるという対処をしていくことで、働くことへの心理は変わってきます。

生まれ持っての才能は変わらない

自分は仕事ができるとか、賢いとか、理解力があるなど仕事内容としては大切です。自己肯定感の高い人はうぬぼれている人が多いため、気が利かない人が多いといわれています。

仕事をしていくなかで、何をするべきか理解しているのは全くもって然るべきです。大切なのはその先です。その少し先を読んで、行動できるかできないかで、評価だったり仕事内容が変わってきます。それが気が利くということです。

12位:気が利かないという自覚がない

どう思われていても気にならない

気が利かないという自覚のない人は、周囲の反応にも鈍感で、自ら改善点を見つけることもできません。職場での人間関係で、はっきりと気が利かないということを指摘する人は少ないです。

誰かに指摘されて不愉快になるのなら、気を使っているということですが、気が利くと思っている人は周りからすると厄介です。自分はやっているという心理が、変えていこうとする気持ちを阻むので周りも対処が大変です。

感覚を鈍らせているのは

職場で人からの評価や陰口を気にしない人は、気が利かないということに対しても気にしません。気にならないので周囲からしたらマイペースな人だとか、鈍感などと言われます。

細かな一日の段取りを説明して、それでも何もかもができているわけではありません。気が利くという自覚がない人への対処法として、その人への評価や職場でのランキングをつけることができると、意識は変わってくるかもしれません。

11位:無気力で無関心

集中力に欠ける

仕事に対して向上心がない、頑張ろうという気がない人が気が利くわけはありません。いくら学校の勉強ができていい大学を出ていても、状況を読んだり行動する気がなければ意味がありません。

気が利かない人の特徴として、仕事に対して無関心というのが挙げられます。無関心な人の心理は気力がないので、自分から努力したり率先して行動することはありません。面接の時点で気付くべき欠点です。採用したくないランキング1位です。

どうしても集中できない

仕事にやる気が出ない人は、とにかくオフに全力を尽くす傾向にあります。楽しみや遊ぶことももちろん大事ですが、いつの間にか遊びメインになってしまうと、仕事に支障が出ます。

気が利かない人の特徴として、その日の始まりからやる気がなく、とにかく眠そうな人がいます。集中していないため、作業効率も悪いですし、周りにも悪影響を及ぼします。周りも気を使わないので、気が利くの人にはなりえません。

10位:テンション高めでやたら騒ぐ

気を使うという言葉はない

気が利かないという以前に、空気を読むこともできず、どういう心理なのかやたらとハイテンションで騒ぐタイプの人もいます。

こういった特徴の人材は職場でのムードメーカーになるのなら、まだ改善は見込めます。その都度指摘して、持っているエネルギーを仕事に生かしていけるように仕向けたいです。負のタイプではないので対処しやすいです。一人ぐらいは職場に欲しい人ランキング1位です。

不安定な心理状態での対処法

とある職場で、とても嬉しそうに働いている女性に理由を聞くと、良いことが無さ過ぎて、楽しいフリをして精神状態を保っていたという話があります。

雰囲気の悪い職場では、モノに対してすることだけが気遣いではありません。一人が仕事をする姿勢だけでも、触発されてヤル気になったりもします。そこまでできる人は些細な気配りや、いろいろなことに気が利く人だといえます。

9位:いつもテンパっている

誰が見ても焦っている

気が利かない人の特徴の一つに、やたらと焦っている人が挙げられます。とにかく焦っているので、周囲の人からすると気を利かせてほしいというよりも、落ち着いて対処してほしくなります。

多くの人が働く職場において、どう見ても異常なくらい焦っている人が一人いると、その奇妙な動きや焦り具合は伝染したりします。まずは冷静に対処することに気を使ってもらいましょう。それが改善できたら、気が利くようにもなっていきます。

本質を改善しないといけない

気が利かない人の特徴として、何かにつけて常にテンパっている人がいます。大した仕事量を与えられていなくても、冷静な心理ではないので一つ一つ対処できません。

このようないつもテンパっている人の特徴は、身の回りを片付けられないことや落ち着いて仕事をこなすということができません。自分にいっぱいいっぱいの心理の人が、周りに気を使えるわけもないので、周囲の人が対処してあげるしかありません。いい人なんだけど残念なランキング1位です。

8位:気が付くけど行動しない

分かっているならタチが悪い

気が利かない人のなかには、気が利く行動を思いついても、まぁいいかと実行しなかったり、出しゃばるのをためらって行動できない心理の人もいます。

そういった心理が特徴の人は、周りの人たちの反応を過剰に予想して、こんな風に思われたらどうしようなどと行動できずにいます。いずれにしても行動しないという選択になって、気が利かない人になってしまいます。そういうタイプの人には、気が付いたような素振りの時にやさしく促してあげましょう。

自分に関係ないことはすべて面倒

仕事をしていて、ここでこうしてくれたらありがたいとか、自分だったらこうするのにと気付くか気付かないかで対処は大きく変わってきます。

気が付かない人には、こんな時はこうしたらいいんだよ、と教えてあげればいいですが、気付いていてやらない人は改善する余地があまりありません。むしろランキング関係なく一番足を引っ張るタイプなのかもしれません。

7位:先の予測や想像ができない

先回りした仕事ができない

先が想像できない人の特徴として、日常生活でもこのようにすればこうなるのでは、という未来の予測ができません。気が利かない人は先回りすることを学んでほしいです。

気が利かない人は周りの人たちの動線を考えて、ここにものを置いたら邪魔になるとか、何を優先すべきかなどそういったことが気が付きません。先を予測するのが苦手なので、周りの人たちは追い追い対処に追われます。先が読めない人を気が利く人にするのは、非常に労力のいることです。

人工頭脳に負けてしまう

気が利くということは、察するということでもあります。また察するというのは少し先を予測した行動であるといえます。先が分からない人は想像するのも苦手な人が多いです。

気が利く人は日常生活でも、予測や段取りをする能力に長けています。○○課はこの日は忙しいから、仕事をまわすのはやめようとか、想像するからできることもあります。しかし上司が忙しさに関係なく仕事を持ってきて、作業能率を下げるということは、よくあることです。

気が利かない人ランキング【特徴】6位~4位

仕事中に緊張感を保てない人に対して、注意をするには体力のいることです。スイッチのオン、オフは誰しもありますが、出勤してもオフの人もいます。それではランキング6位~4位です。

6位:気が利かない意味が分からない

自分はできているはずなのに

気が利かない人は、気が利かないという自分を認めたくない心理でもあります。最低限の仕事はこなしているはずなのに、機転が利かないなどと指摘されると対処できません。

それとは反対に気が利く人は、普通にこなす仕事の一歩先を見ています。なので周りの人が何か求めていることがあったり、こうしたほうがいいのではないか?ということがあるとすぐに気が付くことができます。職場でのいろいろなことを察する能力は、自然と身につくものではありません。

すでに頭の中で混乱している

気が利かない人は、一つ一つ確実に仕事をしているつもりでいると、途中で方向の違う指摘をされると混乱します。自分のことはなかなか気が付きにくいものです。

気が利かない人の特徴として、さまざまなケースに対処する経験がないこともあります。トラブルを未然に防いだり、よりスムースな仕事の流れを作るために改善していかなければいけません。まずはゆっくり話し合いをしたり、気が利くということの意味を感覚で教える必要があります。

気が利かないということにピンとこない

忙しい人がいれば、容易に想像できるのは忙しさの本体です。その忙しさを察知することができれば、何かと行動にもつながって改善することができます。

容易に想像ができるようで、分かりづらいのは気が利くという言葉です。気を付けるではなく、気を使うのでもなく、気が利くのです。目上の人に対して使う言葉ではないので、気が利かないということ自体は、部下もしくは年下ということになります。

5位:勘違いで突っ走る

自分では仕事のできる人と思っている

今働いている職場が忙しいのか、暇なのかも分からないので、しなくていいことでも突っ走ります。

こういった心理の人は指摘を受けると、感情を逆なですることにもなりかねないので、慎重に対処しましょう。気が利かない人は、自分以外の人との線引きが強い人にもよく見られます。無心でひたすら仕事をするタイプに多く、はたからしてみると冷たい人にも見られてしまいます。その都度説明の必要な人だと、周囲の人は心身ともに疲れてしまいます。

単純な閃きが特徴

気が利かない人の特徴として、気が利くと思ったままひた走るタイプの人がいます。「こうすればきっと喜んでもらえる」と想像して行動するため、一度動き出したら止まりません。

そういう人は経験が豊富で、正しいという心理でする仕事なので、改善することはなかなか難しいタイプです。しかし結果的にいつもより早く仕事が片付いたとか、作業の流れが良かった、という結果にはあまり興味がない人に多くみられます。

自分の状況も把握できていない

気が利かない人は、次々と自分の仕事が山積みになっていても、誰かからお願いされるとそっちに神経がいってしまって、きちんと理由をつけて断ることができない人もいます。

気が利かない人の心理として、視野が狭く周りを把握して判断するのが苦手です。前だけを見て駆け回るのが特徴の人は、気が利く人が細かくフォローして改善していくと、ゆとりを持って仕事ができるようになります。密集した仕事時間の中で対処していくのは気遣いが必要です。

4位:傾聴能力に問題がある

相手の心理状態を理解しようとしない

気が利かない人は、言われたことを理解する能力や、相手が何を言いたいのかを考えることが苦手です。何よりも自分の感情を優先して行動するので気分屋でもあります。

気を利かすには、周りを見なければ何かを気付くことすらできません。話しかけられても顔を向けるわけでもなく、質問されたりしてもほとんどいい加減な返事をする人に多くみられます。傾聴能力もコミュニケーションの一つとして、そういった心理からも改善していかなければいけません。

意識が散漫で集中していない

気が利かない人の特徴として、他人から言われないとできないし、基本的に鈍感であることが多いです。誰かに言われてはじめて気づくこともありますが、それでも分かってないことが多々あります。

自分から進んで仕事にかかることも少なく、ましてやその一歩先である気が利くということまでは到底できません。言われてできる人は、気を利かせないとできないことではなくて、人が当たり前にこなす仕事の範囲です。考えればできることを考えない人は、言われていること自体理解に苦しむ心理になります。

信頼できる職場の関係を築く

たくさんの人が働く職場において、コミュニケーション能力を高めることは、お互いの反応を感じて聴く技術を育てていきます。

聴くことで行動力にもつながります。十分なコミュニケーションが取れていて、お互いを理解していれば、言葉には出さなくても気を使いあえるようになります。気が利くということを敢えて意識しなくても、職場の誰もが些細なことでも気が付くようになると、とても働きやすい職場の環境になります。

気が利かない人ランキング【特徴】3位:自分の損得でしか行動しない

仕事の対価としてお金を得るのですから、報酬という考えは当然ありますが、時給計算でない仕事では損なタイプです。気を利かせて損な仕事などありません。

自分がイヤな仕事はしない

同じ時間を費やして働くなら、少しでも楽なほうがいいに決まってると考える人は、生涯気が利く人になることはありません。人よりも苦労してこそ、その仕事に価値があるのです。

自分にとって嫌な仕事とは、どういう仕事ですか?という問いに、明確な答えはありません。今日楽しかった仕事が、あくる日には苦痛になっているという心理もあります。食事などもそうですが、毎日となると話は別です。飽きは必ず来ます。

何かと見返りを求める

多くの人が働く職場では、何かをしてすぐに何かを得たり、損をしたりということはありません。少し気を利かせることで、スムーズに仕事が片付いたり、気持ちよく仕事ができたりします。

やりがいのある仕事に損得という心理はありません。何か裏を考えながら仕事をしていたのでは、やりがいは生まれません。損得勘定、時給換算の心理で動いている限り、人格や仕事内容は改善されません。そういう人からは次第に人も離れていきます。

直感的に手を差し伸べるのも才能

会社としての利益は当然のこととして考えなければいけません。ですが、働く範囲が狭くなるほど、チームワークやお互いの気遣いが役に立ちます。

働きやすい職場環境を作っていくために、日頃のコミュニケーションや一歩進んだ気遣いが必要です。やらなければやらないで済んでいってしまうのも、気が利くという一つの領域にある仕事だからこそやる価値があります。

気が利こうがとにかく動かない

正直に会社のルールを守っている人に対して、バカ正直という言葉を使い、見下したように陰口を言う会社もあります。そんな会社は協調性以前の問題です。

手伝ったり、気を利かせることを意地でもしない人もいます。目の前にある仕事でも知らんぷりしています。常に対価を求める人の心理は、自分に対する過剰な自信と、低いプライドからきています。周りからすると非常に迷惑なタイプです。

気が利かない人ランキング【特徴】2位:思いやりが一切ない

気が利かない人から気が利く人になるために、周りの人たちの身の上や心情に少しでも配慮があると、お互いの心理にも関係にも改善する方向に向かいます。

人に気を使わせても気にしない

気が利かない人の特徴として、周りが気を使っていることを当然のことのように考える人がいます。自分ほどの人間だから気を使われて当たり前という人です。

職場において人に気を使わせる人の心理は、自分は仕事ができる人だという訳の分からない自信がそうさせていると考えられます。そういった心理からは思いやりとは程遠く、気が利く人とは対極にいるタイプの人です。とにかく気を使わせられるので、一緒に働く人は非常に疲れます。

人のために行動する気がない

気が利かない人の特徴として、人のためには動かない人というのが挙げられます。一人でする仕事や自営業、自己完結の場合はそういった概念はないのかもしれません。

しかし多くの人が人と接して、気を使いながら生活しています。そんな日常のなかで、些細なことでも人のことを思いやり行動することが気が利く人への第一歩だといえます。コミュニケーションの延長で助け合うことができれば、少ししんどいのが働きやすさに変わります。

自己陶酔型は思いやりがない

仕事もプライベートでも思いやりは大切です。思いやりこそランキング1位です。つらい職場を改善していくのに、働き甲斐のある職場にしていくのに必要です。

気が利く人は自分よりも、人の気持ちを優先して考える傾向にあります。まず第一に働きやすさを考えますし、人が何を求めているのかを見つけることができる人です。気が利かない人ランキングでは、圧倒的に自分のことしか考えない人の対極に位置します。

必要とされているのは能力よりも思いやり

思いやりがない人は、人の感情なんかどうでもいいので、やたらと人に気を使わせます。気が利くわけはありません。仕事に対してうぬぼれているタイプに多くみられます。

見返りを求めないひたむきな仕事に対する姿勢は、次第に人を惹きつけていきます。思いやりが顕著に現れるのは言葉遣いです。上司にも部外者にもタメ口で話す人がいますが、人柄や職場の低レベルさを最も感じるのは横暴な態度と言葉です。

気が利かない人ランキング【特徴】1位:自己中心的にしか考えない

他人のことを指摘する人にかぎって自己中な傾向にあります。自分はきちんと気配りができて、仕事をバリバリこなすなどと自己申告する人はランキング1位で要注意です。

周りの状況を理解しようとしない

自己中心的であり、自分の気分がそもそも最重要なので、気が利かない人の特徴は他人のことは二の次です。気が利かない人は視野が狭く、周りの状況に自分を合わせることはできません。

周囲を観察することができないのも、気が利かない人の特徴です。自分のことが終われば一服して、休憩して後は帰宅するだけです。またそういう人は影響力があるため、自己中心的な行動をマネする人もいます。職場にとってマイナスな人が1人いると、早めの対処が必要です。

自分のすることしか考えてない

そもそもですが、自分のやるべき役割分担さえしていれば会社としては大丈夫です。チームとして考えると協調性に欠けます。

自分の仕事が終わると思考が停止してしまい、他の人がまだ仕事をしていても全く手伝いません。また、ある国の人は他人の仕事をするということは、その人の仕事を奪ってしまう、という考えかたもあります。自己中心的な心理では気が利く行動は生まれません。

救いようのない人ランキング1位

気が利かない人ランキング1位はナルシストです。自分にしか興味がなく、当然のことですが自分以外は全て下に見ています。気を使わせることが当たり前です。

朝出勤してきて挨拶すらまともにできない、「自分は今日は不機嫌なんです」オーラ全開でとにかく気を使わせまくる人がいます。事情や心理などどうでもよいレベルで、対処の仕方、ましてや改善など期待してはいけません。考えるだけ時間の無駄でストレスにしかなりません。

気を利かせて出勤してほしい

気が利かない人ランキングとしてお送りしていますが、当然のように休む人も自己中心的なタイプだといえます。職場によっては忙しい日に限って人がいない、というのはよく聞く話です。

よほどのことが無いかぎり、急に休む人は、同じ職場で働く人にとっては最悪な同僚です。障害者によく見られます。一度休む基準が下がると、気持ち悪い、体調不良など様々な理由で休みます。そういう人は、出勤してきても気の利いた働きをすることはありません。

自分様は偉くて当たり前

自分が大好きで、自分さえよければいいので、自己中心的なタイプはやりたい放題な人がほとんどです。車を運転していても、思考回路が自己中心的なので事故します。

気が利かない人ランキングのさまざまなタイプの人を例に挙げていますが、頻出するのは自己中な人です。常に上に立っている気分の人が、気が利くわけはありません。むしろクレーマーかというくらい、あちこちで文句ばかり言っています。しつこくてネチこいです。

気が利かない人にはどのように接したらいい?

気が利かない人の行動に対して、いちいち感謝の言葉がないとか、なんでこうしてくれないの?といった期待を持って接すると余計にストレスになります。

気が利かない人へのおすすめの対処法

優しく教えてあげる

イライラをぶつけたり、頭ごなしに怒っていてはお互いに成長することはできません。気が利かない人には気が付かない理由があるはずです。

気が利かない人にただ不満を抱いているのではなく、自分の経験などを参考にしたアドバイスをしたり、一緒にどうしたらいいのかを考えましょう。コツコツ根気よく経験を重ねて、考える習慣を身に着ければ自然と気が付くようにもなります。

他の人より自分を変えていく

気が利かない人を変えていくのは、とても労力のいることです。人それぞれの感覚を周りが変えようとするよりも、自分から何か行動するほうが近道かもしれません。

雲をつかむかのような感覚ではありますが、前向きに考えたほうが仕事にもヤル気が出てきます。

気が利かない人と付き合っていくには、自分を変えるというよりも、人それぞれに合わせていく必要があります。日常生活や職場でも因果応報で、然るべき態度と行動をしていれば、いずれ周りも変わってくると信じましょう。

心を無にして長所だけを見る

人は無になり欲を捨てたときに、また新しい自分に出会うことができるといいます。目の前で起こっていることを受け止めて、ひとつづつ解決していく心のゆとりが必要です。

都会の喧騒のように忙しい職場では、誰しも自分が一番働いていると思いたいものです。そんななか気が利かない人が、とか考える時間も惜しく感じます。不満は不満を助長させるので、長所を伸ばしていくというのも大切です。

現実的に対処していく

自分が好きで自己中心的な人たちと、仲よく働いていこうと思うと、批判したり嫌ってばかりもいられません。自分は仕事をバリバリこなすと思っているので、褒めてあげましょう。

気が利かない人は、基本的に不機嫌であることが多いです。とりあえず調子に乗りすぎない程度に持ち上げておきましょう。褒めて伸びるのであれば、効果てき面です。調子づいて気を利かせてくれるようになれば幸いです。

気が利かないのはキャリア不足の証拠

気が利かない人を、気が利くようにするにはなかなか難しいことです。自己中心的なら中心に立たせてあげて、仕切ってもらうのも一つの手です。

一度仕切るとクセになって、いつも仕切るようにはなりますが、ある程度全体を見てくれるようになります。仕切るということは、周りの人たちに動いてもらうことになるので、次第に気が利いた仕事をしてくれるようになります。

気が利かないのを改善するためにはどうすればいい?

人が話をしている途中で遮ってしまったり、違う話に持っていくなどということは言語道断です。何を伝えたいのかを考えて、理解したうえで何が求められているのかを考えます。

気が利く人になるために気をつけるべきこと

まずは耳を傾ける

傾聴力とは、身体と心を傾けて真剣に話を聴くコミュニケーション方法の一つです。言葉だけでは伝わりにくい人の心理も、全身で受け止めて向かい合うことで変わります。

気が利かない人との環境を改善していくには、傾聴力を持って互いの情報交換することも大切だといいます。そうすることで、自分は知っているけど他人は気付いていないことや、自分は気付いてないけど他人は知っていることなどが分かってきます。

先を読む能力を身につける

今すべきことなのかどうかの判断を誤ると、周りからしたら何故今そんなことをしているのか?と思われます。冷静な判断で状況や場の空気を見極めなくてはいけません。

自分自身が今だと思って行動したことが、実は自己満足で、はたからしてみるとタイミングがおかしい時もあります。気を利かしたつもりなのが一番難点です。まずは気が利く人の行動をよく見てみるか、助言に耳を傾けて行動することを心掛けたいです。

反対の立場になって考えてみる

自分のしたいこと、これからする行動だけに神経を使ってしまっていては、嫌がられていても気が付きません。相手が望んでいないことだと迷惑な可能性もあります。

人は自分の感情で行動するので、周りの人を不愉快な気分にさせたりすることも多々あります。仕事や家庭などでもどちらが上か、などといった立場的なことに縛られず、ほんの少しの気遣いが大きな結果を生むことにも繋がります。

受け捉え方で反応もそれぞれ

気を利かせて行動したつもりが、相手にとっては余計なことだったということも少なくありません。こっそりと気を利かすのも大切ですが、確認も必要な時があります。

人が気を使うのは、当然のことですが良かれと思っています。しかし中にはありがた迷惑として考える人もいます。結果的にその人にメリットになることでも、それぐらい自分でできるとか、その人の能力を過小評価することにもなりかねないので判断は難しいです。

仕事の情報は分かち合う

自分のことしか考えない人は、自己完結と言われないためにも、マメな報告やミーティングは必要です。

状況を把握したり周囲の心理状態も考慮しなくてはいけません。仕事はその都度確認しながら進めていくのが理想です。気が利かないのを改善するには、その職場にとっての良い流れを分かっていなくてはいけません。気遣いが良い方向に働いて、始めて気が利く行動になるのです。お互いが働きやすくするためにマメな交流が大切です。

「気が利く」の日本と海外の違い

察する日本と確認する海外

日本では何を求めているのかを察して、先回りした行動をすることで、気が利く人やよく気が付くという言い方をします。結果はどうであれ、それは日本の美学でもあります。

どのような行動をとったかも大切ですが、日本ではその心意気に感謝して、海外ではその行動に感謝するという傾向にあります。気を利かしたつもりが逆効果で、ありがた迷惑ということにもなります。相手の気持ちをすべて察することはできないので、どの国ででもコミュニケーションは大切だということです。

意思表示は海外のほうがハッキリ

日本に来た外国人労働者が、なんで日本人は?とか、私は外国人だから許されるの!といいます。理解し難い心理ですが、海外でもよく気が付く人はたくさんいます。

諸外国の人たちから見た日本の職場は、気を使いすぎているのかもしれません。口に出して言わない日本人の気質が合わないという人もいます。察してあげることも思いやりであり、職場では必要なことです。ソーリーが気遣いではありません。

気が利かない人ランキング【特徴】13選のまとめ

気が付いて、気をまわして行動すると気が利くというほどシンプルではありません。些細なことでもちょっとした気遣いがうれしくて、人はまた頑張ろうと思えます。

気が利かない人のランキングとして見てきましたが、「利く」というのは役に立ってこそです。プラスに働かせるためにも、どの状況でどうすることが職場や、家庭でも円滑に事が進むのかを考える必要があります。上手に気を利かせて楽しい生活環境を作りましょう。

PR広告

Share
  • URLをコピーしました!

PR広告

PR広告

Amazon オーディブル

  • 今なら2ヶ月間無料で体験
  • プライム会員以外は30日間無料
  • 12万冊以上が聴き放題
  • オフラインで再生可能
  • プロ声優や俳優の朗読も
  • オリジナルコンテンツ多数

PR広告

Amazon オーディブル

PR広告

CONTENTS