疎外感の意味とは?感じやすい人の特徴や原因・対処法を解説!職場での対処法も

疎外感を感じたことはありませんか?そもそも、「疎外感」の意味とは?疎外感とは何か、感じやすい人にはどんな特徴があるのか、気になったことがありませんか?疎外感を感じる人の心理、疎外感を感じる原因と、それらを解消する対処法を徹底解説!

PR広告

CONTENTS

疎外感を感じたことはありませんか?

自分だけが仲間の輪に入れずにぽつんと取り残されている~なんてことを感じたことはありませんか? 人と同じ空間を共有しているのに、気持ちを共有できているという実感が湧きません。距離を感じてしまって、なかなか馴染めません。

どこにいても、人に囲まれても、常に一人でいるような孤独感に苦しめられます。こう感じてしまったときは、「疎外感」を感じています。 この記事では、「疎外感」とは何か、人はどうして疎外感を感じてしまうのか、どういう人は感じやすいのか、その背景にどういう心理が働いているのかなど、疎外感の心理学を徹底的に説明していきます。

PR広告

疎外感の意味

そもそも、「疎外感」とは何でしょうか?どんな気持ちを指すのでしょうか? 疎外感とは、自分だけが仲間外れにされ、排除されているという感覚を指します。つまり、のけ者になった気分ですね。疎外感を感じるのは、ストレスにつながり、人を悲しくさせます。

現代社会ではインターネットの普及に伴って、一人でいてもSNSなどで簡単にやり取りができ、他者とのつながりが感じやすい社会になっています。しかし、それと同時に疎外感を感じる場面が増えてきているというのも事実です。

PR広告

疎外感を感じる人の特徴

疎外感は、心理学上誰にでもあるものです。しかし、人間共通の感情とはいえ、人によって感じ方は違います。疎外感を感じる頻度にも個人差があります。感じやすい人とそうではない人がいます。 本当は疎外されていないのに、性格や感じ方ゆえに排除されていると感じてしまうケースがほとんどです。

この現象には心理学でいう「認知」が大きく影響しています。認知とは、人の物事の捉え方を指します。同じ状況でも、どう捉えるかによって、感情が変わると考えられています。 それでは、疎外感を感じやすい人の性格にはどんな特徴があるのか、詳しく見ていきましょう!

自信が持てない人

自信が持てない人や自分を過小評価してしまう人は、疎外感を感じやすい傾向があります。自分をだめだと思い込んでいると、ちょっとしたことで疎外されていると感じてしまいます。 自分に自信が持てないため、人の輪に入ることを難しく感じ、周りの人はそのつもりはないのに、のけ者にされたと勘違いします。

この場合、「自分はダメだから」という思い込みがその感じ方に強く影響を与えていると考えられます。 また、自分自身に対する過小評価は、ネガティブ思考と関係しているため、疎外されていると感じやすくなります。「自分はダメだ」と思い込んでいる人は、周りの人や状況に対してもネガテイブな気持ちを抱きます。なんでも悪いほうに捉えて、ネガテイブ思考に陥ってしまいます。

周りに期待する人

周りに求めることが多い人も疎外感を感じやすいです。これはつまり、理想が高いという人のことです。理想が高いというのは他人に対してだけではなく、自分に対してもそうで、完璧主義者の傾向が強いです。 完璧主義者は、自分に対して高い理想を持っているから、常に周りに自分の良さを認めてくれることを求めています。

認めてもらえるときは、満たされて、自尊心は保てますが、期待を裏切られると落ち込んでしまい、疎外感を感じます。 周りの評価を得られる時と得られない時があるので、割り切れずに他人の評価に頼ってしまう人は疎外されていると感じやすいです。

周りを強く意識する人

何をしていても、周りの目が気になってしまう人は疎外感を感じやすいです。周りの目を気にしてしまうのは、人間関係に敏感だからであり、結果的に疎外感に対しても敏感だということになります。

周りの言動や視線を強く意識するあまり、場の空気や雰囲気の微妙な変化も敏感に感じ取り、仲間外れにされていると感じやすいです。 感じ方は繊細だから、周りの様々な細かい様子の変化にすぐ気づけるが、だからこそ、その感じ方で自分を傷つけてしまうことが多いです。

「一人」という環境に慣れていない人

一人でいることに慣れていない人は疎外感を感じやすいです。普段から誰かと一緒に行動することに慣れているので、短い間でも一人で行動することになると疎外されていると感じてしまいます。

周りの人が共通の話題で盛り上がり自分だけが知らない時や、学校や職場で普段一緒にいる人がいなかい時は、寂しさを感じ、のけ者にされたと被害意識を持ちます。

これは普段過ごしている環境が影響しているとみられ、いつも誰かと一緒に過ごすのが普通で、話題を常に共有できるような親しい人に囲まれている環境に慣れている人は、その環境を離れるとすぐ疎外感を感じてしまいます。

PR広告

疎外感を感じる原因

疎外感を感じていても、実際疎外されていないことが多く、ほとんどの場合は自分の感じ方の問題です。だからと言って、決して理由がないわけではありません。人の感情には必ず理由や、何か引き金となるような出来事があります。

疎外感のようなネガテイブな感情を引き起こす引き金は、人さまざまで、一概に言えません。人間は一人一人感じ方や性格が違うので、杓子定規ではなかなかいきません。 しかし、ほかの感情と同様に、こういう時には感じやすい、こういう状況に遭遇すると多くの人が疎外感を感じるなど、多くの人に共通する傾向があります。以下では、多くの人が疎外感を感じる原因として一般的に挙げられるものを紹介します。

環境の変化

人生には変化がつきものです。私たちの住む環境も、周りにいる人も、自分自身も常に変化しています。なのに、人間は適応力はあるものの、変化にはとても弱い生き物です。 環境の変化の一つに人生の転機とも呼ばれる「卒業」や「就職」がありますが、人間は自分の周囲の環境に何か変化があると、その変化には気持ちがついていかず疎外感を感じ、自分だけが取り残されていると錯覚します。

これは大きな変化であればあるほど強く感じる傾向がありますが、急な変化じゃなくても、ゆっくりした変化でも感じます。例えば、自分が生まれ育った場所の街並みが時間とともに少しずつ変わっていく様子も環境の変化であり、疎外感を感じるきっかけになりえます。

人間関係のトラブル

人は一人で生きることができません。どんな人生選択しをしても、人と何らかの形でかかわりながら生きていくことになります。私たちは毎日職場、学校、家庭などの場で多くの人接し、その関係性の中で生かされています。 人間関係は私たちの人生を満たし、充実したものにしてくれます。

しかし、それと同時にストレスや戸惑いの原因でもあります。人間は、他人と対立したりもめたりしたときに、ストレスを感じます。 特に、相手と気持ちの面ですれ違いが起きた時に、疎外感は感じやすいです。人間なら、誰もが相手に対して期待を抱いているものです。そして、相手も当然自分に何らかの見返りを求めています。自分と相手の期待がすれ違い、傷つけあってしまうときに人間は傷つき、疎外感を感じます。

トラウマ

人がいったん大きな失敗をしてしまうと、それをずっと気にし続け、引きずってしまう傾向があります。常に周りを気にしてばかりいると、疎外感を感じる原因にもなります。 いやな気持をずっと感じ続けていると、その気持ちがやがて疎外感に発展していきます。 周りを一切気にしないのもよくありませんが、気にしすぎていると心の健康を犠牲にしてしまいかねません。いいバランスを見つけるのが重要です。

PR広告

疎外感を感じる人の心理

人の心理というものはとても深いものです。ネガテイブな気持ちを一度抱いてしまうと、その気持ちからほかの気持ちが芽生え、どんどん悪いほうへと持って行かれてしまいます。そのせいで、ネガテイブな感情は深まり、その気持ちが鎖となり、抜け出しにくくなります。

疎外感はストレスを伴うネガテイブな気持ちの一つです。一度疎外されていると感じてしまうと、そのネガテイブ思考から脱却し、自分を自由にするのは難儀です。 疎外感を感じる人の心理にはどういう特徴があるのでしょうか?どういう風に感じ、その気持ちの裏にどんな心理が潜んでいるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

評価されるのが怖い

疎外感を感じる人の心理の一つに、「評価されるのが怖い」という特徴があります。周りの評価を常に気にしているから、人が話したり笑ったりしているのを見ると、悪口を言われていないか、笑われていないかを気にしてしまい、疎外されていると感じます。 この「他人の評価が怖い」という心理の裏には、「不安」や「自信のなさ」があると考えられます。

自分には自信が持てないから、周りの一つ一つの言動を気にしてしまいます。これは、他人からポジテイブな評価が得られないと、自分は大丈夫だと安心できないからです。 自己イメージが他人の評価に頼っているから、常にどういう評価を受けるかが不安で、他人の言動をますます気にしてしまいます。自分を精神的に追い込んでしまう悪循環です。

不信感

他人に対して不信感を抱いている場合が多いです。これも不安や自分に対する過小評価からくる気持ちです。 他人の言葉を素直に受け入れられず、いつも裏があると思ってしまいます。人のさりげない行為にも何か下心があると疑ってしまい、心から信用できません。

自分に対して自信が持てなかったり、不安が強かったするから、他人を疑ってしまうケースが多いです。あるいは、人間不信になるような体験をし、そのトラウマをずっと克服せずに引きずっている場合もあります。

ネガテイブ思考

疎外感を感じる人の心理は、ネガテイブ思考の傾向が強いです。なんでも悪いほうに捉えてしまいがちなので、疎外されていなくても、自分のネガテイブな感情に左右され、疎外されていると錯覚してしまう人がいます。

ネガテイブ思考は、「一般化しすぎ」という一つ悪いことが起きると「いつもこうだ!」と必要以上に状況をネガテイブに捉え悲観してしまうものや、「極端なレッテル貼り」という「自分はダメな人間だ」というふうにあえて自分に悪いイメージを与えてしまうなどの思考パターンが特徴的です。

いったんネガテイブ思考に陥ってしまうと、いいことやポジテイブな感情はあってもそれらから目をそらし、悪い出来事やネガテイブな感情ばかりに注目してしまう傾向があるので、改めにくいです。

「自分だけが違う」という錯覚

周りの人は皆同じように感じていて、同じ考えなのに、自分だけが違うと錯覚しているため、疎外感を感じる人もいます。 この心理は気持ち的なものが原因の時と、物理的な違いがあるから気持ちの面でも自分だけが違うと疎外感を感じる時があります。

例えば、自分だけ違う町で育ったから今住んでいる町に馴染めない、溶け込めないと感じる場合です。 自分だけが違うと思い込んでいると、なかなか周りに合わせられずますます気持ち的に浮いてしまう時が多いです。これは自分で「自分だけが違うから、仕方がない」というふうに馴染めないことを正当化しているからです。

「ひとり」は恥ずかしいという思い込み

皆は友達と一緒にいるのに、自分は一人でいると恥ずかしいという心理を持っている人もいます。一人でいることが「悪」だという思い込みから、一人でいると恥ずかしさを感じます。 この特徴は特に女性には多く見られます。これは女性は集団で行動することが多いから一人でいると、自分は何か悪いことをしているように感じ、恥ずかしくなります。

若い人は特に一人でいることを恥ずかしいと感じることが多いです。思春期の頃は特に周りに合わせようとする傾向が強く、同調できない場合は強い不安を感じます。一人でいると周りに合わせられていないと解釈し、疎外感を感じ、自己嫌悪に陥ってしまうことがあります。

PR広告

疎外感を克服する方法

疎外感は、人間なら人生で、誰もが一度ぐらい感じるものです。でも、感じても、その嫌な感情を克服し、有効な対処法を身に着けている人もたくさんいます。 気持ちに負けてしまい落ち込むと、誰もが辛くて苦しいです。でも、大丈夫です!疎外感で悩んでいるあなたも、疎外感を感じるときにどう対処すればいいかさえ覚えとけば、乗り越えられます。 以下では、疎外感の克服法をいくつか簡単に紹介します。ぜひ覚えて実践してみましょう!

心の居場所を作る

人の基本的な欲求には「愛情・所属感」というものがあります。つまり、誰もが周りに認められたい、愛されたいと願っています。そして、誰もが「心が安らぐ場所」を必要としています。 自分には居場所なんてないと思っている人でも、自分で作ることができます。物理的な場所じゃなくてもいいです。自分が伸び伸びとくつろぎ、安らぎを感じられる空間を作ればいいのです。

自分の居場所は人でもいいし、場所でもいいし、趣味でもいいです。 居場所の形にはこだわらなくてもいいです。自分が癒しを感じ、落ち着ける空間を確保するのがポイントです。こういう空間があると、たとえ何かいやなことはあっても、心の中でその場所に立ち返って癒しを得ることができます。よりどころになってくれるのです。

自分は自分、他人は他人だと割り切る

他人の評価を気にしたり、求めたりしていると落ち着くことはありません。常に焦燥感と不安な気持ちに襲われます。だから、自分で自分の評価をすると決断し、割り切るのです。 たとえ周りが自分に対しどんな評価をしたとしても、それは自分の問題ではないと考えます。

自分が自分の生き方に納得できていれば、それで満足すると決断します。 そうすると、周りを全く意識しなくなることはなくても、他者の言動をいちいち気にしなくなるし、疎外感を感じる頻度も減るでしょう。周りの評価を求めていないと、社会の中で人と過ごす時間も気分が楽になり、過ごしやすくなるはずです。

自信をつける

自信をつけると周りの評価に頼らなくなるだけではなく、「過小評価」や「ネガティブ思考」もコントロールできるようになります。でも、自信をつけることは難しくて、簡単にできることではないと思う人が多いです。 これは、自信の意味を正しく理解していないからです。自信は、文字通り「自分を信じること」です。どの場面においても、自分の知らないことでも堂々としている人がいます。

偉い態度をとっている人がいると、その人は自信があると判断する人もいます。ところが、偉そうにするのは自信ではありません。 自信をつけるために一番効果的な方法は、「自分はできる!」、「自分は大丈夫!」とポジティブな気持ちで過ごして、人生に取り組むことです。自分に対してポジティブな気持ちを抱きながら、前向きに生きていればいいです。

考えすぎをやめる

考えすぎは人間の大敵です。相手の根のないさりげない言動でも、私たちの考え方次第で恐ろしいものに思えたり、見えたりします。そして、疑心暗鬼で、一つのことを深読みし疑いを持ってしまうと、人間はすぐネガティブ思考の虜になってしまいます。 考えすぎをやめる方法の一つに悟りがあります。

ここでいう「悟り」には宗教的な意味は含まれていません。他人の言動や態度ではなく、自分の考えが自分を苦しめていると悟ることです。 自分を苦しめているものは外的なものではなく、自分の考えや信念(内的なもの)だと自覚すれば、ネガティブ思考に陥る前に自分を止めることができるようになります。

PR広告

職場で疎外感を感じた時の対処法

疎外感を感じる場所の1つとして職場があります。職場での疎外感は相当なストレスとなってしまいます。もし、日々働く場所で疎外感を感じた時どうすれば良いのでしょうか。 ここでは、そんな時の対処法を紹介します!

好かれようと気張りすぎない

好かれたい、愛されたいと思うのは自然で、誰にもある欲求です。ただ、万人から好かれようと気張っても無駄です。人には相性というものがあり、気が合う人もいれば、気が合わない人も必ずいます。 万人に好かれようとするとストレスが生じます。

特に気が合わない人に好かれようとするといつもとは違う行動をしたり、特別に気を張ったりするので、疲れます。そして、好きになってもらえない場合、敗北感を感じ、ストレスが増幅します。 この問題の解決は簡単です。最初から万人から好かれることを求めません。諦めます。皆に好かれる必要はありません。一緒に仕事ができていれば、それで十分です。苦手でも焦らなくてもいいです。

無理して合わせようとしない

特に新しい職場だと、ある程度気張って合わせようとするのは普通でしょう。でも、合わせようとしすぎると、ストレスが溜まってしまい、仕事になりません。

周りに合わせようとする人は周りの目を気にしたり、周りの人にどう思われているか過剰に意識する傾向があります。迷惑をかけたくないから、心配されたくないからという思いから合わせようとする場合もあります。

しかし、合わせようとしなくてもいいです。職場のルールさえ守れば、無理して合わせようとする必要はありません。特に、職場の付き合いに合わせようとしすぎると、辛くなります。必要なところだけは合わせて、あとは自分のペースで楽にいきましょう。

期待しすぎない

自分に自信がない人や承認欲求の強い人は、相手に期待しすぎる傾向があります。ところが、相手には自分の期待があり、自分の優先順位があります。期待に応えてもらえない時も多いです。 対処法として、最初から相手に期待しすぎず、自分でできることを自分でやることが一番です。相手に期待しなくなると、がっかりしたり裏切られた気分になったりして、疎外感を感じることも減るでしょう。

PR広告

疎外感を乗り越えて自分らしさを大切に!

これまで疎外感の意味、疎外感を感じる人の主な特徴、疎外感を感じる人の心理、疎外感の克服法を紹介してきましたが、いかがでしたか? 繰り返しになりますが、疎外感は誰もが感じる感情であり、珍しいものではありません。

ただ、様々なネガテイブな気持ちにつながるので、必要以上感じたくないものでもあります。 疎外感を感じないためには「居場所を作る」や「周りを気にしすぎない」など、いろんな対処法があります。どの対処法が自分に合うのか、ぜひ試して、疎外感を感じるときに思い出して実践してみてください。そうすれば、きっと楽になります。

PR広告

Share
  • URLをコピーしました!

PR広告

PR広告

Amazon オーディブル

  • 今なら2ヶ月間無料で体験
  • プライム会員以外は30日間無料
  • 12万冊以上が聴き放題
  • オフラインで再生可能
  • プロ声優や俳優の朗読も
  • オリジナルコンテンツ多数

PR広告

Amazon オーディブル

PR広告

CONTENTS