人気商品が日替わりで登場!お得なタイムセールAmazon

「問題ありません」の敬語・例文・言い換え表現・ビジネスでの使い方

この記事の目次

「問題ありません」という言葉の敬語って何?

ビジネスの場では取引先や上司との言葉のやりとりで、「問題ありません」という言葉を使う事があります。自分が担当している案件について、確認を取ったり、相手に了承を得る際に使う言葉です。

ビジネスマンが「問題ありません」という言葉を敬語で使う場合は、「問題ございません」や「承知致しました」、「ご心配には及びません」と言葉自体を言い換えたり、「ありません」という言葉を丁寧語に換える必要があります。

「問題ありません」という言葉の例文

「問題ありません」という言葉もシーン別に言い換える事があります。自分でそのまま問題ありませんと述べる事も出来ますが、相手に問題がないのかを問う場合に「問題ありません」という言い方を換える必要があるからです。

敬語ばかり使う事を気にして、不自然な言葉にならない事が必要になってくるでしょう。自分が今している仕事について問題があるかどうかを相手に問う場合は、分かりやすい言葉で聞く事が大切になってきます。

問題ありませんでしょうかと使う場合

そのまま「問題ございませんか」と伝えても構いませんし、「特に支障がございませんか」と伝えても良いでしょう。問題ありませんでしょうかと聞く場合は相手の了承を得ようとしています。

自分のしている仕事の案件等について、相手に問い合わせる場合等は、「私がこのように進めさせて頂いておりますが、ここまでのことは問題ありませんでしょうか?」などと相手に言うようにしましょう。相手の答えを聞いてから、「よろしくお願いします」や仕事について提案があればこちらで聞く必要があります。

問題ありませんでしたらと使う場合

そのまま「問題ありません」と使う場合と違い、問題ありませんでしたらと相手に問う場合は、これまでの話を聞かせて、相手に判断してもらう場合です。

ビジネスマンが使う場合は、「この予算で問題ありませんでしたら、このまま進めさせて頂きます。」などと使う事が多く、問題ありませんでしたらと相手に問う場合は自分で提案した事が相手に理解しやすいように説明しておく必要があります。

この場合は「問題ありません」という言葉を元に表現している言葉なので、「差し支えなければ」という言葉でも言い換えることはできます。

大丈夫ですという言葉を使う場合

ビジネスマンが大丈夫ですという言葉を使う場合は、「問題ありません。大丈夫です。」等と使う場合が多く、ある程度信頼関係にある人物同士で使う事が多いでしょう。

「問題ありません」という言葉を使うときは、相手の了承を得る場合や、業務上の確認のために聞く事が多いので、ビジネスシーンでの「問題ありません」という言葉はプライベートで使う場合の「問題ありません」とは重みや重要性が違ってきます。

「問題ありません」の言い換えの言葉や類語って何?

ビジネスマンが「問題ありません」という言葉を言い換えたり、類語を使う場合は、「特に支障がございません」「差し支えございません」「問題ございません」「ご心配には及びません」などという言葉が「問題ありません」の類語や言い換えの言葉になります。

相手や場面を考えて、類語を選ぶようにしましょう。言葉は力があるので、良いイメージも悪いイメージも言葉を使う人次第でどうにでもなってしまうので、適切な類語を使いましょう。

場面に合わせた最適な類語を選ぼう

「問題ありません」という言葉でも他の言葉でも類語はたくさん存在します。場面や相手に合わせた言葉を選ぶ事をしないと、決まる商談も決まらなくなるでしょう。

ビジネスマンが使う言葉自体は、その場に最適な類語を使うようにする事と、相手の目を見ながら笑顔で話して話自体に説得力を持たせないと、最適な類語を選んでも相手に良いイメージを与えられません。

敬語に敏感になりながら話す事でも相手には誠意が伝わる事があるので、正直な気持ちから出てくる言葉を使うようにするべきです。

「問題ありません」という言葉をビジネスで使う場合

ビジネスマンが「問題ありません」という言葉を使う場合は、そのまま「問題ありません」と使っても良いですし、問題ございませんという言葉や類語等を使っても構いません。場面に沿う言葉を使っていれば、それほど場違いなことにはならないでしょう。

問題がないことを相手に問う場合は、多少自分でも仕事に自信のないときが多いので、もしものときの為のプラン等も提示しておく余裕を見せておきましょう。

ビジネスの場面では使う人とそうでない人がいる

ビジネスマンでも親しい仲の場合、「問題ありません」と使わない事もあります。本人がそのまま「大丈夫です」と伝えたり、問題がない事は何なのかを説明する事もあるので、常に問題がない事を証明したり、確認する場合でも、必ず「問題ありません」と使うとは限らないでしょう。

取引先との取引を担当していない場合や、仕事の種類では「問題ありません」と使う事もないので、「問題ありません」の類語を使う事もあれば、まったく違う言葉が合言葉になっていることもあるので、仕事の種類等でも掛け合う言葉が違ってきます。

問題ありませんと問題ございませんの違いって何?

ビジネスシーンでもプライベートの時でも「問題ありません」や「問題ございません」という言葉の違いはほとんどありません。ビジネスマンがこれらの言葉を使う場合は、敬語として捉える人が多いので、目上の人には「問題ございません」という言葉を使い、同僚には「問題ありません」という言葉を使い分けてもよいでしょう。

「問題ありません」と「問題ございません」という言葉自体はそれほど大きな差がないので、どのような相手に言うかで選ぶ方が無難になります。

問題ありませんという言葉を使わない仕事を心がける

相手に了承を得る際も、確認を得る場合も、これまでの経緯を話した際に使う場合にも「問題ありません」と言う言葉や類語等が使われます。相手に不安を持たれない仕事をするのはもちろん、信頼を得て仕事を続けるためにも、なるべく「問題ありません」という言葉がない仕事をするべきでしょう。

そのためには、仕事の知識や普段から得られる経験等から、仕事をしていく必要があると言えます。

問題があるのかないのか問われないような仕事をする

普段から仕事で失敗ばかりしている人は、「問題ありません」という言葉がつきまといます。そうならないためにも、仕事の知識を高めておき、上司や同僚、顧客に不安を感じさせない仕事をしていくことが重要になります。

自分で「問題ありません」と念を押す場合は、それなりに理由を述べられるようにしておき、なぜ大丈夫と思うのか、その理由や根拠なども明確にする事でするべきことが見えてくるでしょう。

普段から仕事で周囲に迷惑の掛からない段取りをする

「問題ありません」という言葉をなるべく使わない仕事をするには、仕事の段取りを手際よくする必要があります。自分で時間に見合った仕事の内容を提示するようにして、「問題ありません」という言葉をなるべく使わないような仕事を進める必要があります。

自分で周囲の仕事の邪魔をしないような仕事をする事はもちろん、心配されるような仕事は避けるようにして、仕事を一人でしているという気持ちを失くす為にも仕事に責任感を持ちましょう。

仕事で使う言葉の重さを知ろう

プライベートで使う言葉とビジネスシーンで使う言葉はかなり重みが違います。仕事では会社の命運がかかっていることもあり、言葉一つで状況が変わる事もあるので、言葉の選び方は慎重になりましょう。

本人が敬語を理解する事はもちろん、類語等も最適な言葉を選ぶ事は重要になるので、言葉に説得力を持たせるには、態度や身だしなみや体から感じられるものなども必要になります。言葉負けしないような態度や、身だしなみを心がけるとともに、言葉の言霊の力を見抜くことも必要となってくるでしょう。

問題のない仕事をしていこう!

そもそも仕事自体に問題がなければ、「問題ありません」という言葉を使う事もないでしょう。上司や同僚に問題があるかどうか、問われるような仕事をしないことも必要になります。

本人が「問題ありません」という言葉を使わない仕事をすることも重要ですが、相手に仕事のことで確認する事があっても、一方的に責めることを避けてチームワークを常に考えていきましょう。

よかったらシェアしてね!
この記事の目次