人気商品が日替わりで登場!お得なタイムセールAmazon

「嬉しいです」の敬語・ビジネスでの伝え方・例文・類語・書き言葉

この記事の目次

正しく覚えておきたい!「嬉しいです」の使い方

ビジネスシーンや公の場では、かしこまった表現やかたい表現が好まれる傾向にあります。しかし、ビジネスや公の場でのやり取りでも、感情表現をしっかりすることは、大切だと言えるでしょう。特に、喜びの感情や感謝の気持ちをしっかり表現することは、相手へのマナーであるという見解も存在します。

今回は、喜びの感情を表現する「嬉しいです」という言葉をテーマにして、ビジネスでの使い方や敬語への言い換え表現、言われた時の返し方などについて、考察・ご紹介していきます。

「嬉しいです」の敬語表現

まず始めに、「嬉しいです」の敬語表現について考察していきます。

ビジネスでのコミュニケーションでは、敬語や丁寧な言葉遣いが必須と言われています。そのため、「嬉しいです」と感情表現をする場合も、敬語や丁寧な表現へと言い換える必要があると考えられます。

敬語ではない

「嬉しいです」という表現は、一見すると丁寧な表現のため、敬語だと思っている方も多いと考えられます。しかし、実際には、「嬉しいです」という表現は、敬語ではないと言われています。

「嬉しいです」という表現は、「嬉しい」という感情表現の言葉に、丁寧な言葉である「です」が付いた言葉です。そのため、丁寧な表現ではあっても、相手へ敬意を示すニュアンスなどは、特に含まれていません。ですから、「嬉しいです」は敬語とは言えないと考えられます。

「嬉しいです」の敬語への言い換え

「嬉しいです」は、敬語ではないと、上記でご紹介しました。続いては、「嬉しいです」を敬語へ言い換えたい場合、どのように言い換えることができるのか、考察していきます。

「嬉しい」という言葉の敬語表現は、特に存在していません。そのため、「です」の部分を敬語へと言い換えるのが、最もメジャーな敬語への言い換え方法だと考えられます。

上記のような背景を踏まえて、敬語への言い換えの一例としては、「嬉しく存じます」や「嬉しい限りでございます」といった言い回しが挙げられます。

「嬉しいです」のビジネスでの伝え方

続いては、ビジネスシーンにおける会話や文章で、嬉しい気持ちを表現したり相手へ伝えたりしたい場合、「嬉しいです」という言葉やその類語を、どのように使用していけば良いのか、考察していきます。

嬉しく思います

敬語ではないものの、「嬉しいです」よりもビジネスシーンにおいて適切な表現だと言われるのが、「嬉しく思います」という表現です。

「嬉しく思います」は、ビジネスシーンでも、特に会話で使用されるケースが多いと考えられます。上記でもご紹介したように、「嬉しく存じます」「嬉し限りでございます」といった言い回しは、大変丁寧なものですが、会話では回りくどい印象を聞き手に与えたり、聞き手が聞き取りづらかったりする可能性もあります。

上記のような背景から、相手との間柄や状況によっては、ビジネスにおける会話では、「嬉しいです」を「嬉しく思います」と表現するケースもあると考えられます。

嬉しい限りです

「嬉しい限りです」という言い回しもまた、ビジネスシーンで嬉しい気持ちを表現する際に、よく使われる言葉の1つです。

「嬉しいです」という表現は、日常の会話などでもよく使われるものですが、厳密に言えば文法や使い方として、誤っているという意見もあります、また、丁寧な表現ではあるものの、敬語ではない上にやや砕けた表現だと感じる方もいるため、目上の人に対して使用する言葉としては、最適とは言えないと考える方もいらっしゃいます。

上記のような背景もあることから、「嬉しいです」をもう少し丁寧に表現した言葉として、「嬉しい限りです」と表現する方もいらっしゃると考えられます。

「嬉しいです」の例文

続いては、「嬉しいです」を使用した例文をご紹介していきます。

「嬉しいです」というフレーズの、より実践的な使い方や言い回しのバリエーションを学びたいという方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

ありがとうございます

「嬉しいです」という言い回しは、喜びの感情だけでなく、感謝の気持ちを表現する際も、よく使われます。そのため、「ありがとうございます」などの、感謝の気持ちを表現する言葉や挨拶とともに使用されるケースも多いと言われてます。

「ありがとうございます」とともに使用する言い回しとしては、以下の例文のような言い回しがあると考えられます。

・この度は、ご協力いただきありがとうございます。とても嬉しいです。
・今回はご一緒させて頂けて嬉しいです。ありがとうございます。
・本日はありがとうございました。嬉しかったです。

幸いです

ビジネスシーンでは、「幸いです」という言い回しもよく使用されます。そこで続いては、ビジネスでのやり取りでよく使われる「幸いです」とともに、「嬉しいです」も使用した言い回しについて、例文を通して見ていきましょう。

・本日はお時間を頂けて、とても嬉しかったです。契約の件、ご検討頂けますと幸いです。
・期日までにご回答頂けますと嬉しいです。なるべくお早めにご連絡頂けますと幸いです。

「嬉しいです」の類語・言い換え表現

続いては、「嬉しいです」の類語や言い換え表現をご紹介していきます。「嬉しいです」と似た意味の言葉にどのような言葉があるのか学ぶことで、「嬉しいです」という言葉への理解が深まる可能性があります。

・幸いです
・有り難い限りです
・幸甚に存じます
・嬉しく存じます
・光栄に思います

「嬉しいです」の書き言葉

続いては、「嬉しいです」を、手紙などの文章で使用する際、書き言葉へと言い換えるにはどのように言い換えれば良いのか、考察していきます。

上記でもご紹介したとおり、「嬉しいです」は丁寧な表現ではあるものの、目上の人に対する言葉としては、丁寧さの度合いは低いと考えられます。そのため、書き言葉でより丁寧な表現へと言い換えたい場合の一例としては、「喜ばしい限りです」などの表現への言い換えが挙げられます。

また、「幸いです」「幸甚の至りです」といった言い回しも、手紙などで喜びを表現する際に使用できる表現だと考えられます。

「嬉しいです」と言われたときの返し方

ここまで、自分が「嬉しいです」という言い回しを使用する場合について、さまざまな目線で意味や使い方を、考察・ご紹介してきました。続いては、会話などをしていて、相手から「嬉しいです」と言われた場合、どのように返せば良いのか、考察していきます。

相手から「嬉しいです」と言われた場合、どのような返事をすれば良いのかは、相手との関係性によっても変わります。相手が自分より目下の人物で、自分の方が立場が上の場合は、「どういたしまして」など、相手の言葉を素直に受け止めても、問題ないでしょう。

目上の相手への「嬉しいです」への返し方

上記では、「嬉しいです」と相手に言われた場合、どう返すかは、相手と自分の関係性によっても変わるとご紹介しました。続いては、目上の立場の人に「嬉しいです」と言われた場合の返し方について、考察していきます。

目上の人に言われた場合、相手の言葉を否定することは失礼にあたりますが、全てをそのまま受け取ってしまうことも、失礼な印象を与える危険性があります。ですから、「お役に立てたようでしたら嬉しい限りです」「こちらこそ、大変勉強になりました」といったように、謙遜した形で相手のお礼を受け取るのが、無難であると考えられます。

「嬉しいです」はさまざまな言葉へ言い換えて使える

いかがでしたでしょうか。今回は、「嬉しいです」という言葉をテーマにして、敬語への言い換えやビジネスでの伝え方、「嬉しいです」を使用した例文や類語・言い換え表現、書き言葉や相手から言われた時の返事などについて、考察・ご紹介しました。

「嬉しいです」という言葉は、丁寧ではあるものの、敬意などの度合いは低い言葉だと言われています。しかし、さまざまな言葉へと言い換えて表現することができ、活用できる範囲が大変幅広い言葉でもあります。

ですから、この機会にぜひ、「嬉しいです」の使い方や言い換え方法などを覚えておき、会話や文章で積極的に使用してみることをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
この記事の目次