MENU
Amazonプライムデー先行セール 7/11~

「感謝いたします」の意味と使い方・例文敬語・類語|ビジネス

  • URLをコピーしました!

目次

覚えておきたい!「感謝いたします」の意味・使い方

人は助け合って生きています。お互いに協力しあったり、力を貸し合ったりすることで、人の社会が成り立っています。

しかし、助け合うことは当然のことというわけではありません。相手の好意や親切によって助けてもらえたり、力を貸してもらえたりするのです。そのため、人に親切にしてもらったり、優しくしてもらったりしたら、相手に感謝の気持ちをしっかり伝えることが大切です。

上記のような背景は、ビジネスシーンであっても変わりません。むしろ、ビジネスシーンで目上の人や上司などに何かしてもらった場合こそ、しっかり感謝の気持ちを伝えることが大切だと言えるでしょう。

今回は、ビジネスシーンでよく使われる感謝の言葉の1つである、「感謝いたします」という言葉をテーマにして、意味や使い方、敬語や例文、類語などを考察・ご紹介していきます。

「感謝いたします」の意味・使い方

早速、「感謝いたします」という言葉の意味や使い方について、考えていきます。

「感謝いたします」という言い回しは、ビジネスシーンを中心に、さまざまな場面で使用される、比較的馴染み深い言い回しだと考えられます。ですから、「何となく知っている」「周りの人が使っているから、自分も使っている」といった、曖昧な理解のまま、納得してしまっている方も、少なくないと考えられます。

この機会にぜひ、「感謝いたします」の意味や使い方について、見直してみて下さい。

「感謝いたします」の意味

まずは、「感謝いたします」の意味について、考えていきます。

「感謝いたします」の意味について、「weblio辞書」では、以下の引用のように解説しています。引用の内容では、「感謝いたします」とは、相手に対して感謝していることを伝える言葉だとされています。「いたします」という言葉が謙譲語か丁寧語であることから、丁寧に感謝の気持ちを伝える言葉の1つであることが読み取れます。

相手に対してありがたいと感じていること、感謝していることを表明する際の言い方。「致します」は「する」の謙譲もしくは丁寧表現。

「感謝いたします」の使い方

上記で考察した、「感謝いたします」という言葉の意味をもとにして、「感謝いたします」の文章や会話での使い方について、考察していきます。

上記でもご紹介したとおり「感謝いたします」は、感謝の気持ちを表明する言葉だとされています。「いたします」という表現は、謙譲語とされており、謙った表現をすることで、相手へ敬意を払う言葉となっています。ですから、「感謝いたします」という表現は、相手に敬意を払った感謝の言葉や、大変丁寧な感謝の言葉であると言えるでしょう。

上記のような見解から、「感謝いたします」は、目上の相手や敬意を払うべき相手にお礼を言ったり、感謝の気持ちを伝えたりしたい場合に、使用される言い回しだと考えられます。

ビジネスにおける使い方

上記では、基本的な「感謝いたします」の使い方について考察しました。続いては、ビジネスに特化した使い方について、考えていきます。

「感謝いたします」という表現は、大変丁寧な感謝の気持ちを伝える言葉の1つです。ですから、ビジネスでは目上の人に対して、感謝の気持ちを伝えたりお礼を言ったりしたい場合に、使用されることが多い言葉だと考えられます。

「感謝いたします」の例文

続いては、「感謝いたします」というフレーズを使用した例文をご紹介していきます。

例文を通して、「感謝いたします」がどのように使用されているのか確認してみることで、「感謝いたします」の実践的な使い方や言い回しのバリエーションについて、新たな気付きを得られる可能性もあります。ぜひ、例文を確認してみて下さい。

お心遣い

「感謝いたします」という言葉は、丁寧なお礼の言葉ですが、より丁寧かつ詳細に表現したい場合は、「お心遣い」などの言葉とともに使用するケースもあります。

「お心遣い」という言葉とともに使用した場合の「感謝いたします」の使い方や言い回しとしては、以下の例文のような使い方ができると考えられます。

  • 大変あたたかなお心遣いに感謝いたします。
  • お心遣い感謝いたします。
  • 細やかなお心遣い、感謝いたします。

とともに

「感謝いたします」という言葉は、何らかの言葉と繋げて、「~とともに」といった言葉と一緒に使用するケースもあります。そこで続いては、「~とともに」という言葉と一緒に「感謝いたします」という言葉を使用した例文を確認していきましょう。

  • 母子ともに感謝いたしております。
  • 感謝いたしますとともに、今後ともよろしくお願い申し上げます。

ありがとう

感謝の気持ちを表現する言葉と聞いて、「ありがとう」という言葉を連想する方は、大変多いと考えられます。そこで続いては、「ありがとう」という言葉とともに、「感謝いたします」という言葉を使用する方法について、例文を通して考えていきます。

  • 先日はありがとうございました。あたたかいご対応に感謝いたします。
  • 本日はありがとうございました。ご一緒させて頂きましたこと、感謝いたします。
  • お気遣いありがとうございます。感謝いたしております。

「感謝いたします」の敬語

続いては、「感謝いたします」という言葉を、ビジネスシーンなどで目上の人にも使用できる、敬語へ言い換えるには、どうすれば良いのか考察していきます。

敬語でのやり取りは、社会人のマナーとも言われています。ですから、この機会にぜひ、「感謝いたします」の敬語表現への言い換え方法や使い方についても、確認しておきましょう。

「感謝いたします」も敬語

先述で、「感謝いたします」の意味について考察する際にも触れましたが、「いたします」という言葉は謙譲語、もしくは丁寧語に当てはまると言われています。

謙譲語は、自分の行為を謙って表現することで、相手への敬意を表現するタイプの敬語です。「いたします」は「する」などの敬語となっているため、「感謝いたします」という言い回しは、敬語であると考えられます。

より丁寧な言い方への言い換え方法

上記では、「感謝いたします」は敬語の1種である可能性が高いと考察しました。しかし、会話や文章においては、「感謝いたします」という言い回しは、文章の流れや内容によっては、不躾な印象や唐突なイメージを相手に与える危険性もあります。そのため、より丁寧な表現へ言い換えた方が良いケースもあると予想できます。

「感謝いたします」をより丁寧に言い換えたい場合は、「感謝申し上げます」「厚く御礼申し上げます」といった言い回しが考えられます。しかし、状況や文章の内容によっては、あまりにも丁寧な表現にしすぎると、今度は回りくどい印象になってしまうケースもあります。

ですから、「感謝いたします」やより丁寧な言葉は、状況や文章の流れなどに合わせて、使い分けられるようにしておくと、何かと便利です。

「感謝いたします」の類語

続いて、「感謝いたします」と似ている意味を持つ、類語をご紹介していきます。類語を覚えることで、文章の内容によって、「感謝いたします」からより適切な表現へと言い換えて使用できるケースもあります。ですから、この機会に「感謝いたします」の類語もチェックしておきましょう。

御礼申し上げます

上記でも触れましたが、「感謝いたします」と同じように感謝の気持ちを表現する言葉の1つとして、「御礼申し上げます」が挙げられます。「御礼申し上げます」は、「感謝いたします」よりもさらに丁寧な表現とする見解も存在するため、より丁寧なお礼の言葉を使いたい場合に、言い換えて使用することができるでしょう。

「申し上げます」という言葉は、「話す」などの謙譲語とされているため、「御礼申し上げます」という言い回しも、敬語の1種であると言えそうです。

お礼を申し上げます

感謝の気持ちというよりも、お礼の言葉の1種になりますが、「お礼を申し上げます」もまた、「感謝いたします」の類語・同義語の1つと言えそうです。

上記でご紹介したように、「申し上げます」という言葉は、謙譲語の1種だと考えられます。ですから、「お礼を申し上げます」という表現も、目上の人などにも使うことができる、丁寧な言い回しの1つだと言えるでしょう。

「感謝いたします」はビジネスでも使えるお礼の言葉

いかがでしたでしょうか。今回は、「感謝いたします」という言葉をテーマにして、意味や使い方、例文や敬語への言い換え方法、類語などについて、考察・ご紹介しました。

「感謝いたします」という言い回しは、敬語の1種と考えられ、上司や目上の人に対しても使用できる、感謝の気持ちやお礼を伝える言葉の1つです。そのため、ビジネスシーンや公の場でも使うことができる言葉だと考えられます。

この機会にぜひ、「感謝いたします」という言葉の意味や使い方をマスターして、自由に使えるようにしておきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

MIKURI(ミクリ)は「厳選したおすすめ商品を紹介するWEBマガジン」です。あなたの毎日がより豊かになるよう高品質な記事ををお届けします。

目次