人気商品が日替わりで登場!お得なタイムセールAmazon

繊細な人の特徴・繊細な人が上手に生きるには

自分のことを、繊細な人だと思っていませんか?繊細なことは決して悪いことではありませんが、その性格によって生きづらさを感じてしまうこともあります。

今回は、

  • 繊細な人の特徴
  • 繊細だからゆえのメリット
  • 繊細な人が上手に生きていくための方法

などについてご紹介します!

この記事の目次

繊細な人の特徴

繊細な人には、いったいどのような特徴があるのでしょうか。優柔不断で物事をすぐに決断できない、ネガティブな思考を持っている、打たれ弱い、といった特徴が挙げられます。それぞれ、詳しく見ていきましょう。

優柔不断

繊細な人は、優柔不断な傾向があります。何事も慎重になりすぎる向きがありますし、考えすぎてしまうのです。普通ならすぐに決断できそうなことであっても、心がデリケートな人だとそれができません。

もし、自分の判断が誤っていたら、失敗してしまったら、という恐怖心を抱えていることが多いです。そのため、即座に判断しなくてはいけないシーンでも、考えこんでしまいます。

ネガティブな思考を持っている

繊細な人は、基本的なネガティブ思考であることが多いです。物事を悪い方向に考えてしまいますし、なぜかネガティブな方向に考えを寄せてしまうのです。それが優柔不断さに拍車をかけているのも事実でしょう。

繊細な心を持っているゆえに、いろいろと考えすぎてしまいます。物事の表面だけではなく、その裏側まで覗こうとしてしまうため、時にネガティブな思考に陥ることがあります。

打たれ弱すぎる

心が繊細だと、打たれ弱いです。例えば、職場でミスをしてしまい、上司から叱られただけで酷く落ち込んでしまうことがあります。すぐに気持ちを切り替えられればいいのですが、一度落ち込んでしまうとなかなか浮上できません。

「そんなことで落ち込むの?」と思ってしまうようなことでも、繊細な人は落ち込んでしまうのです。そのため、叱られる、怒られることが怖くて堪りません。

親切で気遣い上手

ちょっとしたことでもすぐに気づくため、気遣いが上手です。「ここはこうしたほうがいいのではないか」「こうしなくてはいけないのではないか」と常に考えているからです。

気遣いができるため、職場の上司からは好かれていることが多いですね。職場の飲み会でも、同僚や上司、部下などに料理を取り分けたり、足らないドリンクを注文したりと気配りができます。

どうでも良い細かいことが気になる

普通はあまり気にならないような、小さなことでも気になってしまいます。周りの人からすると「どうしてそんなことが気になるの?」と思えるようなことでも、繊細な人は気になるのです。

本人としても、どうしてそんな小さなことが気になるのかよくわかりません。しかし、気になるものは仕方ありませんし、気になることを追求したくなってしまいます。

プレッシャーに弱い

プレッシャーに弱いため、大きな仕事を任されたりすると夜も眠れなくなることがあります。自分のせいで失敗してしまったら、損害を与えてしまったら、と悪いことばかり考えてしまい、気が気ではありません。

プレッシャーのせいで、心身に大きな影響を与えることもあります。吐き気や頭痛をもよおす、気持ちの浮き沈みが激しい、といったことも起こりえます。

無理に直す必要はない!繊細だからこそのメリットも

繊細な自分の性格を、何とかして直したい、と考えている方もいるでしょう。しかし、繊細であることは決して悪いことではありませんし、無理に直す必要はありません。繊細だからこそのメリットがあることを、知っておきましょう。

場の空気を読むのが得意

繊細な人は、常に周りをよく見ています。ちょっとしたことでも気がつきますし、周りが自分をどう見ているか、といったことも気になっているのです。そのため、場の空気を読むのが上手で、雰囲気を壊す言動もしません。

楽しそうな場では自分もそれなりに楽しそうにしますし、厳粛な場ではそれに合わせた雰囲気を纏うことができます。

優しいので敵が少ない

繊細な人は基本的に優しい性格をしています。誰かに対して攻撃的になることもありませんし、感情を露わにすることもほとんどありません。こうした性格のため、敵も少なく、悪い印象を持たれることも少ないと言えます。

優しい人だということを周りも理解しているので、仕事で困っているときにも助けてもらえます。困ったときに手を差し伸べてくれる人が現れるのは、メリットと言えるでしょう。

悪口を言われたくないので悪口を言わない

打たれ弱いため、人から悪口を言われたくないと思っています。悪口を言われていると知ってしまうと、それだけで落ち込んでしまいます。自分がされて嫌なことは人にもしたくありませんし、悪口を言うこともありません。

周りの人が、特定の人に対して悪口や陰口を言っているときも、それに流されるようなことも皆無です。流されることなく、しれっとその場を立ち去ります。

繊細でミスの少ない仕事ができる

繊細な性格のため、仕事でもとても慎重です。どんな仕事でも丁寧にこなそうとしますし、確実性の高い仕事ができるのです。トータルでのミスも少ないため、上司や同僚からも大きな信頼を寄せられることが多いでしょう。

仕事のスピード自体は、そこまで早くありません。どちらかというと遅いかもしれませんが、その分正確で間違いのない仕事ができるのです。

生き方がとても丁寧

繊細な人は、失敗をしたくない、間違いを起こしたくないと常々考えています。そのため、生き方がとても丁寧ですし、スムーズな人生を歩めることが多いと考えられます。まじめに働き、まじめに恋愛をし、スムーズに幸せな人生を掴める可能性が高いのです。

繊細な人が生きやすくなるためには

繊細な性格ゆえに、生きづらさを感じている方もいるでしょう。では、繊細な人が生きやすくなるには、いったいどうすればいいのでしょうか。

グループ行動を避ける、自分の短所を長所と捉える、といったことが挙げられます。詳しく見ていきましょう。

グループ行動は避ける

繊細な人は、常に周りに目を向けています。ちょっとしたことにも気づいてしまいますし、それゆえに細やかな気遣いもできるのです。いつもこれだと、しんどくなってしまいますし、生きにくいと感じることもあるでしょう。

これを回避するには、グループ行動を避けることです。せいぜい2~3人、もしくは単独での行動にし、多人数での行動を避けることでこうした事態も回避可能です。

自分の短所を長所と捉える

自分の短所に対して、悲観的な気持ちを抱いてしまうことがあります。ネガティブな思考を持っていることが多いですし、自分の短所を強く呪ってしまう方も少なくありません。

考え方を変えてみましょう。あなたにとっては短所でも、ほかの人から見ると長所かもしれません。また、自分で短所と思っているだけで、それは長所である可能性もあります。まずは自分の短所を好きになってみましょう。

疲れたときの逃げ場所を用意しておく

本当に疲れたとき、逃げ場所がありますか?家庭や恋人、親友など、本当に疲れたときの逃げ場所があれば、苦しいときにも救われます。どこにも逃げ場がないとなると、辛いことや悲しいこともすべて自分の中に溜め込んでしまいます。

別に家族や恋人である必要はありませんが、いざというときの逃げ場は確保しておきましょう。ツライときは、逃げ場所に避難することです。

少しだけ鈍感になってみる

繊細な人は、あらゆることに対して敏感です。過敏に反応しすぎるところがありますし、それが生きにくさを感じる原因にもなっています。少しだけ鈍感になることで、少しは生きやすいと思えるようになるかもしれません。

いきなり鈍感になろうと思っても、なかなか難しい話です。まずは、自分は鈍感だと言い聞かし、ちょっとしたことは見て見ぬふりすることから始めてみましょう。

まとめ

繊細な人の特徴やメリットについてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか。繊細な性格だと、生きにくいと感じてしまうことが多々あるかもしれません。しかし、繊細だからゆえのメリットがあることも、ここで理解してほしいですね。生きやすくなる方法についてもいくつかご紹介したので、ぜひ今後に役立てていただきたいです。

よかったらシェアしてね!
この記事の目次