【年齢別】総合/専門商社の年収と推移|年収が高い理由を解説|転職するには?

総合/専門商社の年収

PR広告

CONTENTS

商社の年収はどのように決まってくるのか?

一言に商社といっても大小の規模、歴史、役職、推移などさまざまな要因によって支払われる年収は変化します。商社とは、輸出入貿易や国内における物資の販売を業務といった商業を営む業態の会社です。 幅広い商品・サービスを取り扱う総合商社と特定の分野に特化した専門商社にがあります。 ここではそういった主な要因に着目して説明していきたいと思います。

PR広告

大規模商社と中小規模商社の年収の違い

商社といえばいわずと知れた5大商社、三菱商事は資源も生活分野もバランスも良好です。三井物産は資源が中心、住友商事はメディアや不動産、伊藤忠商事は繊維など非資源分野が中心、丸紅は電力と食糧など特徴があります。ここでは5大商社の年収をまずは比較してみようと思います。

PR広告

総合商社とは

日本では総合商社は7社(三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、住友商事、丸紅、双日、豊田通商)蚤となります。まずは総合商社の特徴と強み・弱みについてご説明します。

総合商社3つの強みとは

  • ビジネスの自由度が大きい
  • ビジネスの規模が大きい
  • 広く、浅い

商品を右から左に流す卸売り以外にも、コンビニ経営・資源ビジネス投資・不動産投資などなど…総合商社のビジネスに制約はありませn、利益があるのであればどんなことにでも取り組みます、ですからどんなことにも取り込めることが総合商社のメリットといえます。

総合商社3つの弱み

  • こまごまとした商品、ニッチ商品の販売が苦手
  • でかい商売ばかり追い求めて小回りが利かない
  • 細やかな顧客メンテナンス(訪問、接待)ができない

規模の大きいビジネスは得意ですが、手広くやり過ぎていて小回りが利かない上に、こまごまとした商売には向いていないというところがあります。

PR広告

総合商社有数5

三菱商事(商社年収)

平均年収 1445万円
平均勤続年数 18.5年
平均年齢 42.6歳
従業員数 6290人

日本初の株式会社といわれています。九十九商会の系統で老舗中の老舗、国内と海外90か国に200以上の拠店を持ちます、そして最大の総合商社です。三菱商事は「組織の三菱」と言われています。総合商社の有数。資源分野、非資源分野に強固な収益基盤を持ち、資源では石炭とLNGが主力です。 非資源は生活産業と機械が強く、生活産業は三菱食品、ローソン、ライフコーポレーション等を有し機械ではいすゞ自動車、三菱自動車とパートナーシップを組み海外自動車事業を展開。部品調達、組み立て、ディーラー事業、販売金融までを総合的に行っています。

三井物産(商社年収)

平均年収 1363万円
平均勤続年数 18.9年
平均年齢 42.4歳
従業員数 6006人

三井物産は、三井グループの商社であり、日本で最初の総合商社です。強みは大きな生産量を誇る原油、鉄鉱石の生産権益量にあります。インフラにも強いといわれています。また個性的な学生を好み、個性が光る学生を多く採用する傾向があります。「人の三井」とも呼ばれています。鉄鉱石、原油・ガス、LNGが強く、原油・ガスの生産量は商社有数です。資源分野に注目を集めていますが非資源分野にも積極投資を行っています。海外IPP事業、ブラジル農業事業、ダウ・ケミカルとの合弁事業やASEAN最大の病院チェーンIHHなど海外にの今後は楽しみです。

丸紅(商社年収)

平均年収 1226万円
平均勤続年数 16.7年
平均年齢 41.4歳
従業員数 4437人

芙蓉(ふよう)グループの総合商社が丸紅です。紙パルプが強く、穀物取扱高では国内有数です。またプラントや電力なども得意分野です。「和」を大切にする企業で、社員は体育会系でなく、調和を大切にしたバランスのとれた人が多い傾向があります。また、穏やかでな社風とも言われます。じつは伊藤忠商事と同一の起源を持ちます。非資源・資源などバランスに優れています。資源分野はチリの銅鉱山、米国のシェールオイル・ガスの権益獲得に力を入れているようです。非資源分野は紙パルプ、食糧、電力・インフラ等が強く、食糧はガビロンの買収したことにより世界で有数クラスになりました。

伊藤忠商事(商社年収)

平均年収 1382万円
平均勤続年数 16.7年
平均年齢 16.7年 
従業員数 4279人

みずほグループ(旧第一勧銀グループ)の総合商社は伊藤忠商事です。強い分野は中国ビジネスとアパレル(衣類)事業です。繊維はブランドを中心として展開しており、アパレルで培ったブランド・ビジネスはライフスタイル事業全般にも拡大しています。アメリカでの高級食料品店「DEAN & DELUCA(ディーン&デルーカ)」なども手がけています。近年は資源分野も伸ばしています。食糧事業は日本アクセス、伊藤忠食品を抱え三菱商事に並ぶ規模です。川下もファミリーマートを持ちバリューチェーンを展開しており、ドールのアジアでの青果事業及びグローバルでの加工品事業を買収し益々強みを伸ばしています。

住友商事(商社年収)

平均年収 1255万円
平均勤続年数 18.5年
平均年齢 42.9歳
従業員数 5204人

住友商事株式会社(すみともしょうじ、英: Sumitomo Corporation)は、住友グループの大手総合商社である。三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、丸紅と並び日本を代表する総合商社であり、1945年に商事部門に進出。バランスのとれた事業ポートフォリオを構築している。資源分野は非鉄金属に強み。非資源分野はケーブルテレビのジュピターテレコム、モンゴルで最大の携帯会社のモビコム、IT大手のSCSK、スーパーのサミットストア、ドラッグストアのトモズなどを傘下に持ち安定的な収益を上げている。

総合商社の平均年収

総合商社の初任給は、どの企業も実は高い水準の初任給ではありませn。一流商社・大手商社でも同様です。 総合商社の給与と言えば高いイメージがありますが、総合商社では、初任給は400万中ごろ程度、しかし毎年100万~150万程度の昇給があり、7年目で1000万を超えるところもざらのようです。平均年収は1300万円といったところです。

PR広告

専門商社とは

専門商社の特徴はある分野に特化しているということです。それはエネルギーに特化している伊藤忠エネクス・、FE商事、化学品分野に特化している長瀬産業・稲畑産業というようなことです。もちろん食品分野に特化している専門商社、アパレル業界に特化している専門商社さまざまな分野があります。

専門商社3つの強み

  • 特定分野における人脈の豊富さ。サプライヤーと顧客の両面
  • 特定分野の業界に精通している
  • 細やかな顧客メンテナンスが可能

総合商社とは逆に専門商社は特定分野に特化しているいます。その分野でのビジネスには人脈も豊富で深く顧客やサプライヤーに深く入り込んでいます。専門商社は特定分野における人脈の豊富さが強みです。

総合商社よりも小回りの利く専門商社を起用したほうが、メーカーも顧客も仕事が楽になります。それは総合商社よりも小回りが利き、細かな顧客メンテナンスをしてくれるからなのです。

専門商社3つの弱み

狭く深く」やることのデメリットもあります。弱みは以下の3つです。

  • その特定分野の需要の落ち込みや市場縮小などの影響を受ける
  • 規模メリットを出しにくい
  • 得意分野以外のことには手を出せない

PR広告

専門商社有数5

中小の専門商社の中でも年収のいい会社ももちろんあります、ここではそういった会社の有数5をご紹介いたします。

伊藤忠エネクス(商社年収)

平均年収 883万円
平均勤続年数 15.1年
平均年齢 41.1歳
従業員数 494人

伊藤忠商事グループのエネルギー商社といえば伊藤忠エネクス株式会社(いとうちゅうエネクス、Itochu Enex Co., Ltd.)です。石油製品・LPガスの卸売・販売を中核事業としており、自動車関連事業(カーライフ)や生活関連事業(ホームライフ)にも力を入れています。最近は電力事業へ参入し、再生可能エネルギーを含む自社発電設備を保有しており電力の製造・販売もしています。カーライフ事業では、主にガソリンスタンド向けに石油製品を販売しており、ガソリンスタンドを運営しておりブランド:「カーエネクス (carenex)」・JX日鉱日石エネルギー・昭和シェル石油・コスモ石油・エクソンモービル他などががあります。経営理念は「社会とくらしのパートナー~エネルギーと共に・車と共に・家庭と共に~」です。

ミツウロコグループHD(商社年収)

平均年収 886万円
平均年齢 39.0歳
平均勤続年数 6.7年
従業員数 11人

株式会社ミツウロコグループホールディングスは、東京都中央区に本社を置く石油製品・LPガス・固形燃料の販売などを行う商社です。2011年にに株式会社ミツウロコから商号変更しました。会社の設立に3社の運送店が元になっており「三社」の「三」と、魚介類の運送を主に扱っていたことから「鱗」とし、三鱗社→ミツウロコという名称になりました。

大正期から豆炭や練炭を商業ベースで販売開始した老舗であります。また燃料関係のほか、近年は電力や、ミネラルウォーター事業など生活インフラに関わる分野に力を入れています。。2011年4月より『ちびまる子ちゃん』のスポンサーを務めています。

三洋貿易(商社年収)

年収 875万円
平均年齢 40.5歳
平均勤続年数 11.7年
従業員数 164人

三洋貿易は、1947年の創業し、「堅実」と「進取」の起業精神としています。、各種原材料や機械機器類などの輸入販売を中心として、約70年の歴史があります。ゴム、化学品、機械・環境、産業資材、科学機器の5事業部門で高い評価を受けており、長期的且つ安定的な事業拡大を計画している。主要な戦略として新規事業の開拓、グローバル展開の加速、M&Aなどの資本提携を予定しているようです。

稲畑産業(商社年収)

年収:874万円
平均年齢 40.9歳
平均勤続年数 13.6年
従業員数 486人

稲畑産業株式会社(いなばたさんぎょう)は、住化グループの専門商社です。主に電子材料・住宅設備関連・化学品・合成樹脂等を中心としています。1890年、京都府派遣留学生としてフランスのリヨンで染色技術を学んだ稲畑勝太郎が帰国後、京都に稲畑染料店を開業したのが稲畑産業の起源です。

その後、1893年に社名を稲畑商店と改め、翌年には東京にも進出しました。1897年には、本店を京都から大阪へと移転、同年大阪に稲畑染工場を設立し、最新技術を用いた染色加工業にも進出し、日本の近代化を目指し欧州の先進的な商品や技術を導入すべく、染料・染織機械・薬品・香料・医薬品などを輸入する一方で、染色技術の実地指導にも力をすすぎました。

稲畑商店は主に日本染料の製品販売を目指し、ブラッセル、奉天・天津・上海・バタビア・ソウル・青島・ハノイ・大連・済南・ジョクジャカルタに拠点を開設し海外進出しました。 1918年には稲畑商店を株式会社化、さらに第二次世界大戦により商業活動の規制が強まる1943年、社名を稲畑産業株式会社しました。

戦後は、日本の高度成長とともに稲畑産業の事業規模も拡大。1961年の大阪証券取引所、翌1962年の東京証券取引所第二部上場を経て、1973年8月には両取引所の第一部に上場しました。1976年には戦後の海外拠点第1号となったイナバタ・シンガポールを設立しました。

その後世界各地にネットワークを拡大し、海外約50カ所で、情報電子・化学品・合成樹脂・住環境・食品の5分野で事業を行っています。創業以来親しまれてきた稲畑産業のロゴマーク「IK」。マークは創業者勝太郎のイニシャルであると同時に「愛・敬」という意味があります。。

長瀬産業(商社年収)

年収 870万円
平均年齢 39.7歳
平均勤続年数 13.7年
従業員数 973人

長瀬産業株式会社(ながせさんぎょう、英称:NAGASE & CO., LTD.)は、大阪本社(本店)を大阪府大阪市西区に、東京本社を東京都中央区においています。主に化成品・医薬品事業を中心とした複合商社です。創業者の長瀬伝兵衛が1832年(天保3年)6月18日に京都・西陣で、染料・澱粉などの取り扱いをおこなう「鱗形屋」(うろこがたや、源流企業)を創業しました。

その後1898年(明治31年)、大阪に本社を移すと、以後は化成品卸業を専業に事業を展開しました。現在でも医薬品や写真材料などの卸売事業を中心としており、自社内に研究所(ナガセR&Dセンター)があります。2011年8月3日には同年に経営破綻した林原グループの再建スポンサーになり、2012年2月3日付けで株式会社林原に対して100%増資を行って完全子会社しました。

中小商社の平均年収

上記の会社が専門商社での高収入の会社になります。20台の中間値が350万程度、30台の中間値が450万程度、40台以降が550万程度です。単純な比較が難しいのですが40台の平均がおおよそ500万程度ですのでこれを中小企業の値とします。

PR広告

商社の年収の推移

商社の年収は商社の上位10位の平均年収は1,137万円となっています。生涯推定年収は5億円近く、業績のいい会社はそれ以上の数字となるでしょう。業界全体の平均年収も1000万円以上ですので、その年収の高さから、業界としても人気があります。商社が年収1000万円以上稼ぐことができる理由としては

  • グローバルな展開をしているために、取引が国内、国外への輸出・輸入など世界を舞台にできることによる安定性と収益。
  • メーカーと小売・流通業をつなぐ中間的な役割をしている為のマージン。
  • 経営規模が極めて大きい為のスケールメリットを生かした効率化、1人あたりの取引額の大きさ。

総合商社の給与の高さの原因には色々ありますが大きくは上記のようなものになります。

年齢別年収

毎年100万ずつ給与が上がるとも言われる業界ですがそれを裏付けるような給与の上昇です。しかも定年後の給与でも1000万円付近にあり、他の業界からは考えられないようなコウ待遇です。

年齢20~24歳

年収648.1万円   
月額給与40.5万円
月額給与 ボーナス162.0万円

年齢25~29歳

年収807.3万円 
月額給与50.5万円
月額給与 ボーナス201.8万円

年齢30~34歳

年収886.9万円
月額給与55.4万円
月額給与221.7万円

年齢35~39歳

年収1,011.9万円
月額給与63.2万円
月額給与253.0万円

年齢40~44歳

年収1,137.0万円
月額給与71.1万円
月額給与284.3万円

年齢45~49歳

年収1,273.4万円
月額給与79.6万円
月額給与318.4万円

年齢50~54歳

年収1,364.4万円
月額給与85.3万円
月額給与341.1万円

年齢55~59歳

年収1,353.0万円
月額給与84.6万円
月額給与338.3万円

年齢60~65歳

年収921.0万円
月額給与57.6万円
月額給与230.2万円

役職別年収

役職が上がると給与が上がるのは当然ですが、課長職まで上昇率が大きいようです。およそ役職が1つ上がるごとに400万円程度上がっています。

役職 主任
年収975.5万円
月額給与61.0万円
ボーナス243.9万円

役職 係長
年収1,214.3万円
月額給与75.9万円
ボーナス303.6万円

役職 課長
年収1,604.5万円
月額給与100.3万円
ボーナス401.1万円

役職 部長
年収1,773.7万円
月額給与110.9万円
ボーナス443.4万円

商社の総合職・一般職・技術職の年収・給与・ボーナス

総合職と一般職の給与の差が500万円程度あります、やはり総合職が優遇されているのは間違いありません。最近では出世してもメリットが無いので総合職に就きたくないという話も聞きますが総合商社は別のようです。

職種 総合職
年収1,591.8万円
月額給与99.5万円
ボーナス398.0万円

職種 技術職
年収1,114.3万円
月額給与69.6万円
ボーナス278.6万円

職種 一般職
年収1,137.0万円
月額給与71.1万円
ボーナス284.3万円

最終学歴別年収

50歳代での給与が大卒者と高卒者との間で600万円程度あります。大きな差ですが逆に高卒のかたで1000万円を越えているところには逆に驚きを感じます。ちなみに世間での高卒者の平均年収は458万、大卒者は648万ですからその差は大きいですね。

最終学歴 年収(50~54歳)
大卒 1,705.5万円
短大卒 1,282.5万円
高卒 1,091.5万円

PR広告

なぜ商社の年収は高いのか?

年収の多い仕事どんな仕事でしょうか? 医師や弁護士といった士業のほかにも、高年収なのが総合商社に勤める「商社マン」です。日本の大手総合商社に勤務する商社マンの年収は、日本のサラリーマンの平均が400万円と言われる中で、約3倍の1,200万円にもなります。ここでは総合商社の商社マンはなぜ年収が高いのかを考えていきます。

「総合商社」の「商社マン」は最初から高給なのかどうかというところが気になります。 まずは商社の初任給を考えて見ましょう。「総合商社」でも5総合商社と言われる「三菱商事」、「丸紅」、「三井物産」、「伊藤忠商事」、「住友商事」の初任給の平均は約20万円程度です。他業種の初任給が約19万~20万円前後ですから、「商社」の初任給がそれほど高待遇ということではないようです。

しかし、業績によっては1年目でもボーナスが150万円ぐらい支給されるような驚きの待遇があり、また昇給の段階で急に月収がアップしたりすることがありますので、段差を飛ばして上っていくようにに年収が上がっていきます。こんな形でうなぎのぼりに給与が上がっていくので30代で平均年収1,000万円ということが起こることになり人気の職業になります。

ですがもちろ「商社」でも昇給やボーナスはその年の業績に左右されます。「商社」という業態にも高給である理由があります。
商社は基本的に、在庫を持たないようにします。「仕入れたものを欲しい人に売る」のが商社の基本姿勢としているからです。そのためかかるコストとリスクが少なくなり、利益を人件費に回しやすくなるということが考えられます。。
また、商社と言えば「海外赴任」が一般的です。海外赴任者に対する手当は高額です。特に新興国への海外赴任手当はかなり手厚く、手当だけでも初任給並みの金額がつくのが当然です。特に最近はテロに巻き込まれる危険もあります。治安に不安の多い国に赴任する際の手当はさらに高額になります。

商社の仕事は、上述したような商品のトレードに限られません。国内には、大手総合商社のほかにも総合商社や専門商社が数多く存在しいますので規模や社員数、扱う商材なども様々なのです。商社は、生活のさまざまな分野で活動しているのです。
事業利益の見込める国内外の企業に出資して経営に関与し、その配当金などで収益を目指すといったこともしています。こういったように大きな額のお金を動かすことは、やりがいとともに当然大きな責任を背負い込むことになります。繁忙期には残業なども多く、商社マンは心身ともハードに日々仕事に取り込まなくてはなりません。商社マンが高収入なのはこのような仕事のハードさ精神的負担なども含まれています。

PR広告

商社に転職するには

ここでは商社に転職したい人に必要な条件を述べたいと思います。

絶対に達成したい夢を持っている

総合商社で中途・新卒構わず最も人事上重要視されるのは「自分のやりたいこと」を持っており、それを語れるかどうかが大切です。それは総合商社では有数から案件が降ってくるのではなく、下から案件を推進していくBottom Up形式の案件形成されるのでその根源である「自分のやりたいこと」は重要なのです。

前職での経験で成功例として語れるものがある

総合商社では何より結果が重要視されます。入社後の結果を採用時に把握は出来ませんが、その前の実績なら面接で把握出来ます。そのことを見るために、前職での経験・成功談は重要視されるのです。

前職でリーダーシップを取って達成したプロジェクト経験がある

商社は新規事業を始める際にプロジェクトマネージャーとして活動することがほとんどです。自社内の調整から、ビジネスパートナーとの調整を問題なく行うことが要求されます。

前職で専門的な職種に付いていた

現在総合商社の課題は、専門性を持っていないという点ですので専門的な知識やバックグラウンドを中途採用者に求める傾向にあります。目先の売上ではなく、会社全体の収益を考慮した業績目標を意識していた総合商社での基本として、全体感を意識することが常に重要視されます。

他言語の利用に絶対的な自身がある

総合商社は今でも更にグローバルな展開を目指しております。英語だけでなく、その他言語を操れる人材は非常に重宝されます。

前職の業界について100%語れる

中途採用される方は新規で案件を発掘していく必要があります。ですから前職での専門としていた業界について、そこの人脈も含めて100%語れることは重要です。

PR広告

チャンスを掴める商社

いかがでしょうか?
今回は、商社の年収をメインにお話をしていきました。大きいことを成し遂げたい人は、ぜひ商社を狙ってみるのも良いかもしれませんね。

PR広告

Share
  • URLをコピーしました!

PR広告

PR広告

Amazon オーディブル

  • 今なら2ヶ月間無料で体験
  • プライム会員以外は30日間無料
  • 12万冊以上が聴き放題
  • オフラインで再生可能
  • プロ声優や俳優の朗読も
  • オリジナルコンテンツ多数

PR広告

Amazon オーディブル

PR広告

CONTENTS