MENU
Amazonプライムデー先行セール 7/11~

鼻で笑う人の2つの心理【無意識な癖を治す方法も伝授!】

  • URLをコピーしました!

人間さまざまなクセを持ちますが、多くの人は無意識にやっている動作なので自分がどんなクセを持っているか知りません。

そんな癖のひとつが1つが「鼻で笑う」です。

しかし鼻で笑う行為は相手の気分を害することが多く、可能な限り早めに治しておきたい癖でもあります。

この記事では鼻で笑う人はそもそもどんな心理状態にあるのかについて解説します。

無意識に身についてしまった癖を治す方法についてもご紹介します。

自分を振り返るきっかけにどうぞご覧下さい。

目次

鼻で笑う行為の心理について

鼻で笑う行為の裏側には、どのような心理が隠れているのでしょうか?

一緒に見てみましょう。

軽蔑の気持ちの現われであることが多い

鼻で笑う行為の裏側には、軽蔑の気持ちが隠されていることが多くあります。

他の人のことを自分よりも格下にあると思って見下したり、侮っている時に出てきやすい行為であると言えます。

また会話などを聞いて、その会話の内容がレベルが低すぎると感じていたり、話す価値も無いと感じていたりする時に、無意識的にそのような行為が出てきてしまうこともあり得ます。

幼少の頃のトラウマが原因である場合

どんな人も、今やっている行動は学習して獲得したものであると言えます。

それが適切な行動として学習されたのか、不適切な行動として学習されたのか、という差はあったとしてもです。

鼻で笑う人の場合、幼少期に自分のプライドが傷つけられ、鼻で笑う行動をすることで自分が優位になった気持ちを経験していることがあります。

自分の中の否定的な気持ちを感じずに済む行動として、また自分自身の対人関係における位置づけを確認する行動として、鼻で笑う行動が獲得された場合があります。

鼻で笑う癖がある人の特徴

鼻で笑う癖がある人はどのような性格・特徴があるのでしょうか?

プライドの高い人によく見られる

鼻で笑う行動は人を見下したり、侮ったりしていることを意味する行動で、自分の方が相手よりも優位にあることを示すものであります。

そのため鼻で笑う人は、自分に対して高いプライドを持っているということができます。

一見内気なように見える人であっても、自分に対して高いプライドを持っているということはありうることです。

自分の方が相手よりも格上だと意識的・無意識的に思っているので、行動として心の中のありようが出てしまうのです。

学歴や収入が高い、高い地位についている人にもよく見られる

一般的に士業と言われている弁護士、会計士の他医師や大学の教授などインテリ層の人は、学生時代から人よりも自分が優れているという自覚を持ちやすかったことが言えます。

また仕事についてからも、人に崇められることも多くなるでしょう。

そのため、自分自身の社会的な地位の高さや収入の多さなどから強い自尊心を持ち、他人を見下し侮る人も、多くなりがちであると考えられます。

鼻で笑う人は実は寂しがり屋?

鼻で笑う人は、寂しがり屋であることの表れであるとも言われます。

一体どういうことなのでしょうか?

クールでプライドの高い印象の裏側

鼻で笑う人はプライドが高く、自分が相手よりも優位であることを感じたいがために、意識的・無意識的に行っている行動であると言えます。

そのため、心の中では自分と同じ釣り合いの仲間というものを持つことができず、クールな一匹狼のような心持でいることになるでしょう。

また実際に、鼻で笑う人が周りに与える印象はあまり良いものとは映らず、人が離れていってしまうこともあるでしょう。

そのためクールな孤高として映りやすい鼻で笑う人も、その実一匹狼のような状況を孤独で寂しいものと感じていることがあります。

鼻で笑うのは自信の現れでもある

鼻で笑う行動は、自分に自信があるがための行動とも言えます。

一緒に見てみましょう。

特別な存在であると自負している

鼻で笑う人はプライドが高く、自分が他人に比べて秀でているものがあったり、自分の高い能力や実績に自信を持っていると言えます。

自分は特別な存在で、他人は自分のことを高く評価するべきだという心性を持っているのです。

けれどもそのプライドの高さには、必ずしも社会的な裏付けや根拠のようなものの必要は無く、自分を過大に評価しているだけということもありえます。

鼻で笑われた側もその点を含んで理解し、必要以上に気にしないように心がけましょう。

笑い方で判る深層心理

笑い方には、その人の心の奥深くにあるものが表れてきやすいと言われます。

様々な笑い方に見る深層心理についてご紹介します。

大声を出して笑う人

他の人から見て一番すっきりと気持ちの良い笑い方をするのが、大声を出して笑う人なのではないでしょうか?

大声を出して笑う人は正直者で、素直な人が多いと言われています。

また細かいことは気にせず、あまりクヨクヨとはしない性格の人です。

裏表がさほどない人であると言えるでしょう。

控えめな声で笑う人

小さく口元に手を当てて笑うなど、控えめな声で笑う人は、男性よりも女性に多いのではないでしょうか。

このタイプの人は、周囲の人のことをよく観察しています。

周囲のことをよく分析し、相手と話しながらも色々なことに頭を忙しく回転させながら、話を聞いています。

顔をそむけながら笑う人

絶対数としては多くは無いですが、人から顔を背けるようにして笑う人もいるでしょう。

このような人は、向上心が高い人であると言えます。

人に笑い顔を見られるのが苦手でシャイな一面もあるかもしれませんが、うちに秘める理想は高く、理想に向かって努力できる人です。

鼻息を小さく吐く笑い方について

鼻で笑うのにも、いくつかパターンがあるでしょう。

鼻息を小さく吐く笑い方をする人は、どのような深層心理を持っているのでしょうか?

小さい鼻息だけで声を出さない場合

鼻で笑うのには「フフン」のように気取った笑い方や、「フン」と小さく声を出さない場合があります。

気取った笑い方の場合には、自分の優位性をアピールしたい気持ちが強く押し出されていると言えます。

一方で、小さく声を出さない笑い方の場合、合理的なものの考え方をする傾向の高さを示していると言えます。

合理的な性格をしている傾向が強い

声を出さず小さい鼻息だけで笑う人は、無駄なエネルギーの消費を嫌い、最低限のエネルギー効率で物事を行おうとします。

自分が関心を持つ価値が無いとみなすと、それに対して割くエネルギーが勿体なく感じ、最低限の反応で済ませるのです。

このタイプの人は、ケチな気質の人とは違います。

ケチな気質の人は、自分が大きなエネルギーを投入してでも、金銭的なもの等自分に残るものを多くしようとします。

効率が悪いと感じても、自分の価値基準にあるものを重視するでしょう。

効率的であるかどうかが重要で、非効率的なことには一切エネルギーを使いたくないというのが、小さく鼻で笑うタイプの人の考え方であると言えます。

悪意は無いのに無意識的に鼻で笑ってる人

自分では全く鼻で笑っていることに気が付かない人も、いることでしょう。

このような人はどのような性格を持っているのでしょうか?

内向的で消極的な人は要注意

内向的な性格の人の場合、自分の気持ちを相手に十分に伝えることができずに、誤解を与えてしまうことも多いでしょう。

言葉が至らなかったり、行動で表現することができなかったりして、相手の人は自分が思っているのとは違うくみ取り方をしてしまっていることがあります。

特に内向的な上に無意識で鼻で笑ってしまう癖がある人の場合、他人はあなたの振舞いからあなた自身を理解しており、あなたが他人に対して侮蔑的な感情を持っているものと、理解している可能性は高いでしょう。

あなたが悪意や軽蔑する気持ちを持っていないのに鼻で笑う仕草をしてしまう場合、あなたは周囲の人に対してもっと自分自身をアピールしていく必要があります。

具体的には侮蔑的な気持ちが無いことや、周囲の人に対して面白くて笑っているのだということを言葉で明確に伝えたり、笑い方を変えていく努力をすることです。

歯を見せて笑うだけで、相手からの印象はガラリと変わります。

プライドの高い人が鼻で笑う癖を治すためにはどうすればよいか

プライドが高くて鼻で笑う癖がある人が、その癖を治したいと思うこともあるでしょう。

鼻で笑う癖を無くすためにはどういった方法があるのでしょうか?

自分の価値観だけで他人を判断するのをやめる

鼻で笑う癖を持っている人は、自覚があるか無いかに関わらず、自分を特別な存在であるとみなす心性を持っていることが多いと言えます。

どんな人でも多かれ少なかれは価値観として重視しているものがありますが、自分を特別な存在であると考えがちな人は、特にその傾向が高いと言えます。

このような人は、学歴や収入面など自分の中で重視している価値観にあまりに重きを置くので、そこに当てはまらない人を軽視する傾向があります。

けれども、人を測る物差しは決して1つではありません。

あなた自身が重きを置いていないことでも、他の人にとってはとても大切にしていることがあるでしょう。

鼻で笑う癖を治す第一は自分で癖に気が付くことですが、癖に気が付いても自分の中に他人を見下す気持ちがある限りは、中々治らないでしょう。

自分の価値観だけで他人を判断するのを止めることが、鼻で笑う癖を無くすのにはとても大事なことになってきます。

自身の劣っているところを認めていく

鼻で笑う癖を持っている人は、他の人から称賛されたいという気持ちを持っていることがほとんどです。

またこのような人は、他人よりも優秀な一面だけを自分自身だと思い込みがちです。

自分にも他人よりも劣った一面があることについては、意識が向きにくいと言えます。

自分にも他人よりも劣った一面があることを認め、優秀な部分だけを表に出そうとしないことが、鼻で笑う癖を治すのには大切になってきます。

鼻で笑う癖を未然に防ぐための方法について

鼻で笑う癖があることに気が付き、その癖を未然に防ぎたい人もいることでしょう。

どのようにしたら、鼻で笑う癖を未然に防ぎやすくなるのでしょうか?

指摘してくれる人は少ない

大人になると、自分の悪いところを指摘してくれる人は少なくなるでしょう。

何故なら指摘することによって、自分と相手との関係性が悪くなる可能性があるからです。

わざわざ指摘しなくても自分が我慢すれば良いだけだと思って、人は他人を注意しなくなるのです。

だからこそ指摘してくれる人がいたら、真摯に耳を傾けられると良いのかもしれません。

鼻で笑う癖を、自分で気が付くのは中々難しいことです。

またさらに、鼻で笑う癖を持っている人は元々プライドが高く、他人の指摘を受け入れられない傾向を持っています。

けれどもプライドが高い人が他人からの指摘を受け入れたとしたら、それは人間力としても器の大きさが広がったことを意味します。

指摘してくれる人がいたら人間性を深めるチャンスとして、受け入れられる度量を持てると良いでしょう。

予め出来る予防措置

自分の癖に気が付いたら、出来るだけ癖を出さないように気を付けた行動をすることが大事です。

けれども予め出来る予防措置があるのなら、事前に策を講じた方が防ぎやすくなると言えます。

例えば鼻で笑う癖がある人の中には、言葉にすることが苦手だったり、他人との会話によるやりとりに面倒くささを感じている場合があります。

このような場合には、行動として癖が出てきやすくなると言えます。

出来るだけ自分の気持ちや考えなどは言葉にして相手に伝えることを意識すると良いでしょう。

またさらには表情が明るくなるだけで、他人が受ける印象は変わります。

人と話をするときには明るい表情や目をみてしっかり話すようにすると、鼻で笑う癖が出ても和らいだ印象で受け取って貰いやすくなります。

人は声を出して笑う人に対しては表裏の無さを感じ、信頼を寄せやすいものです。

出来る限り笑う時には声を出して笑うよう心掛けるようにしましょう。

鼻で笑う以外の自分の評判を落とす笑い方

自分の評判を落とす笑い方は、鼻で笑う以外にもいくつかあります。

どのような笑い方だと自分の評判を落とすことに繋がってしまいやすいのでしょうか。

損をする笑い方について

笑い方によっては、周囲の人に悪い印象を与えるものもあります。

例えば、せせら笑いや引き笑い、「はははー」と乾いた笑いである投げ笑い等を、挙げることができます。

どれも他人から見ると鼻につく笑い方で、快く思わない人も多いでしょう。

また、声を出さずに笑う含み笑いも、人によっては良い印象を持たれないことがあります。

基本的には大きな声を出して笑う人に対し、人は好感を持ちやすいものです。

笑う時には出来るだけ、声を出して表情一杯に形を作って笑うようにしましょう。

治しておいたほうがよい他人を不快にさせる癖

他人を不快にさせる癖は、鼻で笑うことやせせら笑いだけに留まりません。

どのような癖は他人から見ると不快なものとして映りやすいのでしょうか?

含み笑いや、笑い方以外の不快な仕草について

あなたは椅子に座ったとたん、カタカタと貧乏ゆすりをしてしまうことはありませんか?

貧乏ゆすりは静かな場だと意外と遠くまで響き渡りやすく、人の神経に触りやすいものです。

同様に机を叩いたりペンをカチカチと鳴らすこと、指の関節をポキポキと鳴らすこと、髪の毛を必要以上に触ること、手持無沙汰になるとついペン回しをしてしまうこと、

パソコンのタイピングの音が必要以上に大きかったり、ある指のタイピングだけ特別に大きかったりすると、耳につきやすくなります。

音は出てなくても視界に入ると気になってしまうこともあるため、公共の場所などでは目立たないように、周囲の人に不快感を与えないように気を配る必要があります。

鼻で笑う癖は職場でモラルハラスメントになってしまう?

鼻で笑う癖が、仕事の場でも出てしまうこともあるでしょう。

鼻で笑う癖が出ることは、職場の人たちからどのように受け取られてしまいがちなのでしょうか?

精神的な暴力や嫌がらせはモラルハラスメントになる

他人の尊厳を侮辱する行為などのことをモラルハラスメントと言い、このモラルハラスメントは近年注意したいハラスメントの1つに挙げられています。

具体的には執拗な言葉を投げかけ続けることや暴力、精神的なダメージを与える嫌がらせが、これに当てはまります。

鼻で笑う行為は人を侮辱し、相手に対して礼儀に欠く行為であるとみなされます。

そのため、鼻で笑うことは精神的な嫌がらせと捉えられ、あまりにもそれが続くと訴えられてしまう可能性もあります。

鼻で笑う以外に気をつけておくべき行動

会話の後に溜め息をつかれたりすると、自分が何か失礼なことを言ってしまったのではないか?と気にかかることも多いのではないでしょうか。

けれども度々溜め息をつかれると、溜め息をつかれた側はストレスを感じ、精神的に追い詰められてしまうこともあります。

同様に話の上げ足を取られたり、話し合いを求めても何度もはぐらかされたりすると、相手はそれを嫌がらせとして受け取るようになるでしょう。

仕事上の立場に関係なく、どんな人でもモラハラの加害者や被害者になる可能性はあります。

自分を守る手段を講じたり、予防のための対策を取っておくことはとても大事なことになります。

鼻で笑う癖は注意したほうが良いのか?

自分ではなく他人の鼻で笑う癖に気が付き、気にかかって仕方が無い人もいることでしょう。

鼻で笑う癖は注意した方が良いのでしょうか?

癖は当人だけでは自覚しにくい

他人の癖を見つけてしまった時にまず考えなければならないことは、その癖を持っている本人が、全く自覚無しにやっている可能性があるということです。

自分自身で気が付かないままにやっているとしたら、その人にとっても損なことでありましょうし、改善して貰う見込みも薄くなるでしょう。

その場合ダイレクトに指摘してしまうのではなく、それとなくサラッと指摘してあげると本人も気が付いて改善する可能性もありますし、その後お互いが気持ちよくコミュニケーションできる可能性があります。

もしぼやかした伝え方で理解できなかったようであれば、あまり深追いせず今はそういう時期では無かったのかもしれないと、気持ちを切り替えて接していく必要が出てくるでしょう。

いずれにしても、可能であれば本人に伝えてみるというのは、1つの方法であると言えます。

もし指摘されたら真摯に受け止め改善する

自分では全く癖に気が付かず、指摘されて初めて気が付いたというパターンもあるでしょう。

相手からの伝えられ方によっては伝えてきた相手に対して嫌な気持ちを持つこともあるかもしれませんが、相手もあなたとの関係性が壊れるかもしれないことを覚悟の上で伝えてきています。

この先より良い関係にできるチャンスと捉えて、少しでも改善していこうとする姿勢を見せることが、大切になってきます。

誰でも出来る笑い方の練習方法

自分が他人に対し不快感を与えない笑い方ができているか、気になっている人もいるのではないでしょうか。

ここでは誰でもできる笑い方の練習方法について、ご紹介します。

心の状態を把握して整える

歪んだ気持ちから発生する笑いは、笑顔にもどことなく歪みを生じているものです。

日頃からスッキリとした状態に心を整え、悩み事があれば早い段階で解決する癖をつけておけると良いでしょう。

自然な笑いには心の余裕が必要です。

いつもゆったりとした気持ちで過ごすことを、心がけるようにしましょう。

笑い方を真似する

どんな人から見ても、好感度が高い笑い方ができる人がいます。

また、あなたにとって好みの笑い方ができる人も周りを見渡すと何人か発見できるのではないでしょうか?

もしもあなたにとって好感度が高い笑い方をしている人がいたら、まずはその人の笑い方をじっくりと観察することをおすすめします。

真似をして自分の笑顔との比較を繰り返して行くことで、あなた自身の笑い方も確実に好感を持つ人の笑い方に近づいていきます。

意識して顔を上げる

顔が下がっている状態では人は、気持ちもどことなく暗くなりますし、綺麗な笑顔を作ることも難しくなるでしょう。

中にはどうしても辛いことがあって綺麗な笑顔を作れないこともあるかもしれませんが、少なくともできるだけ顔を上げるように意識することで、笑顔を作りやすくなることが言えます。

鼻で笑う事に関するQ&A

鼻で笑う事に関して、疑問に思うことがある人もいるのではないでしょうか?

ここでは鼻で笑うことに関するあなたからの質問に対し、答えします。

鼻で笑う人は下品に思われるのか

下品とは読んで字のごとく、品が無いということです。

鼻で笑う人は一般的にプライドが高く、自分の能力的な側面や社会的なステイタスなどに自信を持っていることが往々にしてあります。

周囲の人は能力や社会的なステイタスが高い人が傲慢なふるまいをしていると、「この人は能力は高いけど人間性はイマイチだ」と思ったり、

「やはり人間は平等で、どこか特出したところがある人はある部分が欠落している。能力も人間性も両方兼ね備えている人というのは、ほとんどいないものだ」と、陰で噂をするものです。

このことから鼻で笑う人は能力は高いけど、人間性としてはそこまで追いついたものは持っていないと、周囲の人からは見なされていると言えます。

能力に期待されるだけの品性が身についていないと捉えられ、品が無いと思われているのと同意であると言えます。

鼻で笑う男は女性から嫌われやすいのか

鼻で笑う男は、女性からするとプライドの高さが否応無しに感じられるものです。

もしこの人と付き合ったら・・という想像をした時に、良いお付き合いができるイメージを持てる人は少ないでしょう。

中には鼻で笑う男性を好みのタイプと挙げる女性もいるかもしれませんが、いても少数派であることは間違いないでしょう。

鼻で笑う男性は、女性からの好感度が低い、と言わざるを得ません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

MIKURI(ミクリ)は「厳選したおすすめ商品を紹介するWEBマガジン」です。あなたの毎日がより豊かになるよう高品質な記事ををお届けします。

目次