「嫌なことから逃げる…」逃げ癖がある人の特徴&7つの改善法

逃げ癖がある人
CONTENTS

嫌なことから逃げる癖が抜けない…

面倒な仕事があると会社を休んでしまう、部屋の片付けをつい後回しにしてしまうなど、「嫌なことがあるとすぐに逃げ出してしまう……」と悩んでいませんか。

誰でも嫌なことや困ったことからは逃げたくなるものです。しかし、向き合う前からできないと判断して目を背けてしまうのは、「逃げ癖」がついてしまっているかもしれません。

逃げ癖がついていると、周囲の人からの信用を失ってしまう恐れがあります。特に仕事においては、大変な仕事をすぐに他の人に任せたり、会社を休んだりすれば、たくさんの人に迷惑がかかります。逃げ癖のせいで、仕事が長続きせず職を転々としてしまう人もいるでしょう。

それでも、逃げたくて逃げているわけではない、本当は逃げずに立ち向かいたいと思っている人が多いのではないでしょうか。本記事では、逃げ癖を直したい人のために、逃げ癖がある人の特徴から逃げ癖の改善方法まで詳しくお伝えします。ぜひ参考にしてみてくださいね。

嫌なことから逃げるのは、悪いことではない!

逃げ癖があるのは決して悪いことではありません。

人は何らかのストレスを感じたり、困難や危機に直面したりすると、無意識に防衛反応が働き、それを避けようとします。自分にとって危険だと認識すれば、逃げようとするのは当たり前のことです。

また、無理をしてつらいことに向き合い続けるよりも、楽しいことや自分がやりたいことに時間を割いたほうが人生を豊かにできる場合もあります。逃げることで自分を守れたり、逃げた先で新たな道が拓けたりすることもあるでしょう。

嫌なことに耐え続けて心や体を壊してしまっては元も子もありません。結果的に「逃げてよかった」と思えることもあります。だから、逃げ癖があるからといって自分を否定したり、必要以上に落ち込んだりはしないでくださいね。

嫌なことから逃げる人の特徴・共通点とは?

逃げ癖があるのは悪いことではないとはいえ、できれば克服したいと考える人が多いのではないでしょうか。逃げ癖があるせいで成長の機会や有益な情報を逃してしまえば、後悔することにもなりかねません。過去に逃げてしまったことを後悔した経験から、逃げ癖を直したいと思っている人もいるのではないでしょうか。

逃げ癖を直すための第一歩として、まずは逃げ癖がある人はどんな人なのかを見ていきましょう。ここからは逃げ癖がある人の特徴や共通点を詳しく紹介します。もし自分にあてはまるものがあれば、逃げ癖がついてしまっている可能性があります。普段の自分の行動や考え方と照らし合わせながら、チェックしてみてください。

1.自分を甘やかしてしまう

逃げ癖がある人は、自分を甘やかしてしまう傾向があります。

壁を乗り越えることで得られる達成感や充実感にはあまり興味がなく、楽で簡単な道を選びがちです。練習の厳しい部活や難関校の受験など、高い目標に向かって努力を続けることが苦手で無理をしてまで挑戦はしないでしょう。

大変な思いをするよりも、自分の手が届く範囲でストレスなくできることを大切にします。我慢することも苦手で、少しでも大変そうだと思うと逃げてしまいがちです。

2.人に対しても優しい・甘い

自分を甘やかしてしまう人は、他人にも甘く、優しくできる人が多いです。自分自身が努力や苦労を好まないため、他人にも強要はしません。また、繊細で傷つきやすいところがあり、人の痛みにも敏感で周囲の人に優しく接することができます。

「逃げることは悪」「嫌なことを我慢してこそ成長できる」といった意識を持たず、他人が逃げても怒ったり、否定したりしないのも特徴です。

3.飽き性

飽き性で継続力がないのも逃げ癖がある人の特徴です。

何かを新しく始めても、うまくいかないとすぐに嫌になりやめてしまいます。他のことに興味が移り、途中で投げ出してしまうこともあります。

途中で飽きてやめてしまうことが当たり前になっていると、何かを成し遂げて達成感を味わうことができません。そのため、努力を継続して壁を乗り越えようという気持ちが生まれず、嫌になれば途中でやめてもいいと思ってしまいます。

4.諦め癖がある

何か困ったことがあるとすぐに投げ出してしまう。最初から「自分にはできない」と諦め、挑戦すること自体をやめてしまう。このように、諦め癖が逃げ癖につながっていることもあります。

失敗への恐怖や自信のなさから意欲や向上心が持てず、諦めることが習慣になってしまうのです。過去に大きな失敗をした経験や、がんばったのに評価されなかった経験が諦め癖につながっていることもあります。

また、自分の中の理想が高すぎるため「どうせできるはずがない」と考え、行動に移せないことも考えられます。

5.一つのことを長期継続できない

逃げ癖がある人は飽きっぽく、一つのことを長く続けられない傾向があります。

少し努力すれば乗り越えられそうなことでも、向き合うのが嫌で投げ出してしまったり、途中で他のことが気になったりして長続きしません。

仕事においても職場に嫌な上司がいたり、大変な仕事を任されたりするとすぐに辞めてしまい転職をくり返す傾向があります。人間関係でも同様に、特定の人と深い関係を築くのが苦手です。また、その飽きっぽさからすぐに別の人に気持ちが移ってしまい、恋愛や友情が長く続かないことも多いでしょう。

6.自己肯定感が低い

自信のなさが逃げ癖につながっていることもあります。逃げ癖がある人は、「自分にできるはずがない」「他の人のほうが向いているはずだ」と何事もネガティブにとらえてしまいがちです。その結果、困難に立ち向かうことや、新しいことに挑戦するのが怖くなり逃げ出してしまいます。

逃げるのが癖になるとますます自分に自信がなくなり、さらに自己肯定感が下がるという悪循環に陥ってしまうこともあります。

7.失敗を認めることが苦手

逃げ癖がついている人は、自分の失敗や間違いを素直に認めることが苦手です。失敗を認めると、嫌なことや困難に向き合わなければいけなくなります。面倒なことが増えるくらいなら、逃げたほうがいいと思ってしまうのです。

自分の非を認めず、他人や環境のせいにしたり、言い訳をしたりすることで問題をうやむやにしようとします。プライドが高く、自分が失敗した事実を受け止めたくない、自分の弱みを見せたくないという気持ちも関係しているのでしょう。

8.その場しのぎがうまい

逃げ癖がある人は、要領がよくその場しのぎがうまい人も多いです。自分が失敗しても言い訳をしたり誰かのせいにしたりして、とりあえず場を収めようとします。

過去にその場しのぎをして嫌なことからうまく逃れた経験があると、「今回もその場しのぎをしてやり過ごそう」と考え、同じことをくり返してしまいます。その場しのぎをくり返すことで困ったときの立ちまわり方を覚え、逃げることばかりがうまくなってしまうのです。

なぜ、いつも逃げてしまうのだろう?嫌なことから逃げる原因

嫌なことから逃げずに立ち向かいたい気持ちはあるのに、なぜいつも逃げてしまうのでしょうか。逃げ癖の原因を考えてみましょう。嫌なことから逃げるのが癖になってしまった背景には、育ってきた環境やこれまでの経験など、何か理由があるはずです。

ここからは逃げ癖の原因を6つ紹介します。今までの自分の行動や過ごしてきた環境を振り返り、逃げ癖がついてしまった原因を見つけてみてください。

1.幼少期の教育環境・両親が過保護だった

逃げ癖には幼少期の教育環境が大きく影響します。幼い頃から両親に愛され、わがままを許されてきた環境で育つと、嫌なことや大変なことへの耐性がないまま大人になってしまいます。

嫌なことから逃げ出しても怒られず、いつも代わりに誰かがやってくれていたのかもしれません。もしかすると代わりに誰かがやってくれていた事実にすら、気づいていない可能性もあります。「嫌なことはやらなくてもいい」という認識が強くなってしまっているでしょう。

2.職場環境が優しい

逃げ出しても怒る人がいない優しい職場環境にいると、逃げ癖がつきやすくなります。

失敗をしても怒らず、代わりに解決してくれる上司や、面倒な仕事を引き受けてくれる後輩など、優しい人に囲まれて仕事をするのは快適です。ストレスもなく穏やかな気持ちで過ごせるでしょう。しかし、「面倒なことや大変な仕事はしなくてもいい」という認識が強くなり、嫌なことから逃げる癖がついてしまいます。困難を乗り越える力が育たず、成長する機会も失われているのかもしれません。

3.恋人や友人に甘えてきた

優しい恋人や友人が甘えさせてくれる環境にいることも、逃げ癖がついてしまう原因です。

失敗しても恋人がかばってくれたり、友人が助けてくれたりすると、「失敗しても誰かがなんとかしてくれる」という甘えが生まれてしまいます。問題解決や困難を乗り越えるための方法を考える前に、誰かを頼る癖がついてしまっているかもしれません。そのような癖がつくと、周りに頼る人が誰もいない状況になれば、逃げるしかなくなってしまいます。

4.失敗することに強い恐怖心がある

失敗に対して強い恐怖心を抱いていると、逃げることを選んでしまいがちです。

過去に失敗して恥ずかしい思いをしたり、他人の失敗を見て「あんなふうになりたくない」と思ったりした経験から、失敗への恐怖心が強くなっているのです。

「絶対に失敗したくない」という気持ちが強いため、少しでも失敗するリスクがある選択肢は避けるようになります。困難な問題や新しい挑戦には向き合おうとせず、逃げるのが癖になってしまうのです。

5.承認欲求が強い

「誰かに認められたい」「自分の価値を知ってほしい」という承認欲求の強さが、逃げ癖につながることもあります。

承認欲求が強い人は、自尊心を高め他者から認められるために、能力を磨き努力できる人です。しかし、頑張っても一向に報われない状況が続くと「努力しても意味がない」と感じ、逃げ出してしまうことも。強すぎる承認欲求が無力感や自信喪失につながり、逃げ癖を招くことがあるのです。

6.完璧主義である

完璧主義の人は常に完璧を追い求め、ミスや失敗を恐れます。そのため、少しでも「完璧にできそうにない」「失敗しそう」と感じれば、逃げ出してしまう傾向があるのです。

責任感が強く、途中で投げ出すのが苦手なため、最初から向き合おうとしないこともあります。それは「失敗して恥をかくくらいなら最初からやらないほうがマシだ」と考えてしまうからです。

完璧主義であればあるほど、早い段階で「自分にはできない」と見限り、逃げる癖がついてしまっているかもしれません。

逃げ癖を直して、継続する楽しさを学ぼう!

嫌なことから逃げると、一時的には楽になれるかもしれません。しかし、一度は問題を回避できたとしても、いずれは向き合わなければいけないときが来てしまうでしょう。どうせいつかはやらなければいけないのなら、嫌々向き合うよりも少しでも前向きな気持ちで向き合いたいですよね。

まずは、すぐ楽なほうに逃げたくなる気持ちを少しだけ我慢して、「やってみる」意識を持ってみてください。そのときに「がんばらなければ」「やらなければ」という義務感を持つのではなく、「やってみよう」「楽しもう」とポジティブに考えるのがおすすめです。楽しむことを意識すれば、嫌なことに対するネガティブな気持ちが少しは軽くなります。そして逃げずに向き合うことができたら、そんな自分を褒めてあげましょう。

小さなことでも「できた」という実感があると達成感が生まれ、次第に続けるのが苦ではなくなってきます。継続する楽しさを知ることができれば、少しずつステップアップしていけるはずですよ。

嫌なことから逃げる癖を改善する7つの方法

一度逃げ癖がついてしまうと、すぐに逃げ出してしまう自分に自信がなくなり、ますます困難に立ち向かえなくなる恐れがあります。もともと問題を解決する力は持っているのに、逃げ癖があるせいで本来の能力を発揮できていないだけかもしれません。

逃げ癖から抜け出すためには、早めに改善策に取り組むことが大切です。ここからは逃げ癖を改善するための具体的な方法を7つ紹介します。ぜひできそうなところから実践してみてください。

1.面倒な状況に直面したら、自分の中で状況を整理する

面倒な状況や嫌なことに直面したら、一度自分の中で状況を整理しましょう。すぐにできないと判断して逃げ出すのではなく、まずは冷静になって向き合ってみてください。

「なんだか大変そう」「やったことがないから不安」と思っても、できないと決めつけるのはまだ早いです。一見難しそうに見えても、落ち着いてよく確認してみると思っていたより難しくない問題もあります。状況を整理して、簡単なタスクから順番に取り組めば解決できるはずです。

2.粘る期間を決めて、それまでは頑張ってみる

すぐに逃げることが習慣になってしまっている場合は、粘る時間を決めるのも効果的です。

「まずは1時間、机に向かって勉強しよう」「苦手な筋トレを1日10分だけ続けてみよう」といったように、粘る時間を決めてその間はがんばってみてください。粘る時間が決まっていることで先の見えない不安が解消され、「決まった時間まではがんばろう」とポジティブな感情が生まれます。

「すぐに逃げる」から、「まずは少ない時間でもやってみる」を続けることが大切です。「ちりも積もれば山となる」という言葉があるように、小さなことをコツコツ続けて習慣にすれば逃げ癖を直せるはずです。継続できるようになったら、粘る時間を少しずつ伸ばしてステップアップしていきましょう。

3.自分の非を認めて謝る努力をする

自分に非がある場合でも、非を認めることが苦手ですぐに言い訳を考えてしまう人もいるでしょう。しかし、自分の不注意やミスで問題が起こってしまった場合には、素直に非を認めることが大切です。

自分の非を認めるのは、少し勇気のいることかもしれません。それでも、自分の非を認めなければ、また同じ過ちをくり返したり、周囲の人からの信用を失ったりする可能性があります。

勇気を出し自分の非を認めて謝れば、意外とすっきりすることもあるものです。直面している問題にしっかり向き合うことができれば、スムーズな解決につながるかもしれません。

4.後回しにする癖をなおす・期限を決める

面倒なことを後回しにしても、問題が消えてなくなるわけではありません。「面倒だな」「失敗したら嫌だな」など、あれこれ考えているとさらに面倒になってしまいます。考える前にまずはやってみることも大切です。やってみると意外と簡単な問題だったり、新しい道が拓けたりすることもあるでしょう。

また、つい先延ばしにしてしまう場合は、期限を決めて取り組むのもおすすめです。自分で締め切りを設定し、その日までに必ずやり切るように意識してみましょう。期限から逆算して今何をすべきかが見えてくるので、後回しにしづらくなります。

5.自分が面倒に感じない仕事に切り替える

面倒だと感じてしまう仕事にはやる気が出ず、つい後回しにしてしまいがちです。タスクを細分化して、面倒な仕事をもう少し楽にする方法はないか考えてみましょう。面倒だと思っている仕事でも細分化することで、簡単に片付けられるタスクが出てくるかもしれません。

どうしても向いていない仕事や、やりたくない仕事ばかりを任されている場合は、上司に交渉してやりたい仕事を伝えることも必要です。無理に続ければ心や体を壊してしまうことにもなりかねません。それでも状況が変わらなければ、転職を考えるのもひとつの手段です。合わない環境でがんばり続けるよりも、自分に合った道を見つけるほうが、能力を発揮して生き生きと働けることもあります。

6.高い目標を低くする

すぐに逃げ出したくなるのは、目標を高く設定しすぎているからかもしれません。明らかに自分の能力に見合わない高い目標を設定しても、達成できず逃げたくなってしまいます。

まずは目標を低めに設定し、それを達成することで、小さな成功体験を積み重ねていきましょう。「1日5分運動した」「今日も会社に行った」など他の人から見るとささいなことでもよいのです。小さくても成功体験を重ねれば、「自分にもできた」という自信につながります。自分に自信がつくことで少しずつ逃げ癖も直せるでしょう。

無理のない目標設定の目安として、比較的取得難易度が低い資格の勉強もおすすめします。スマート資格では、最短1週間で取得できる資格を多数紹介しています。以下のリンクから、興味が持てそうな資格を探してみましょう。

7.逃げたい気持ちはため込まない・友人などに吐き出す

逃げたい気持ちはため込まないようにしましょう。逃げ出したい、嫌だと思う気持ちをため込んだままでいると、「それでもやらなければいけない」というプレッシャーとの狭間で、自分の気持ちを処理しきれなくなってしまいます。どうしようもなくなり、逃げるしかなくなってしまうのです。

そうなる前に、なぜ嫌なのか、何がつらいのかを信頼できる友人や家族に吐き出すことも必要です。違う視点から見たアドバイスがもらえたり、逃げないためにサポートしてもらったりできるかもしれません。

嫌なことから逃げる癖を直す時に気をつけたい4つのこと

ここまで逃げ癖を改善するための方法を紹介してきました。しかし、紹介した方法を実践しても、すぐに逃げ癖がなくなることは少ないかもしれません。子どものころからの習慣で逃げ癖が身についてしまっていれば、直すのに時間がかかるからです。

それでも、逃げ癖を直したいと思っているあなたは、自分を変えたくて前に進もうとしているはず。まずはそんな自分を認めてあげてください。逃げ癖とじっくり向き合い、焦らず少しずつ改善を目指していきましょう。

そして逃げ癖を直したいと思って行動する時には、気をつけてほしいことがあります。詳しく紹介するのでぜひ心に留めておいてください。

1.自分を追い込みすぎない

「逃げ癖を今すぐ直さなければいけない」「逃げ癖がある自分はダメな人間だ」と考え、自分を否定して追い込みすぎないようにしてください。自分を追い込みすぎると、焦りや恐怖心などネガティブな感情に支配されて、ますますつらくなってしまいます。心や体を壊してしまうことにもなりかねません。

嫌なことから逃げたい気持ちは誰にでもあります。まずは逃げたい気持ちを受け入れ、自分と向き合うことから始めましょう。

2.心や時間に余裕を持つ

逃げ癖の改善を目指して行動するときには、心や時間に余裕を持つようにしましょう。やるべきことが山積みで心や時間に余裕がなくなると、逃げ出したい気持ちが強くなってしまいます。焦りから自分を追い込んでしまうこともあるでしょう。

不安やストレスを抱えているときほど、心に余裕がなくなります。一人で抱えすぎている問題を手伝ってくれる人はいないか、心配事を誰かに相談できないかなど、まずは余裕がなくなっている原因を解消してください。少し余裕ができてから逃げ癖の改善を目指しましょう。

3.周囲の意見に惑わされない・流されない

周囲の人から逃げることを責められたり、「逃げるな」と叱られたりすることがあるかもしれません。逃げ癖を直そうと努力している最中にも、「どうせまた逃げるんだろう」と横やりを入れてくる人がいるでしょう。しかし、あなたが自分で逃げ癖を直したいと思っているなら、必要以上に周囲の意見に耳を傾ける必要はありません。

逃げ癖は自分のペースでゆっくり直していけばよいのです。さまざまな意見を聞くと自分に自信がなくなり、また逃げ出したくなってしまうかもしれません。周囲の意見に惑わされたり、流されたりせず、自分の信じる道を進みましょう。

もし周囲の人と比べて落ち込んでしまっている場合は、自分自身と向き合うことを意識しましょう。過去の自分と比べれば、少しずつ前に進んでいることを実感できるはずですよ。

4.「逃げ場がない」「居場所がない」と自分をがんじがらめにしない

逃げ癖を克服するためには、自分を縛り付けないことも大切です。「逃げ場がない」「居場所がない」と自分をがんじがらめにしてしまうと、自分を追い込むことになり、行動できなくなってしまいます。

逃げ癖を直すために行動するときにも、「たまには逃げてしまっても大丈夫」「次こそは逃げないようにやってみよう」と、心にゆとりを持つことが大切です。自分をがんじがらめにするよりも、心にゆとりを持ち、柔軟に対応していくことで少しずつ前に進めるはずです。

簡単な資格を取得して、成功体験を得てみよう

今回は嫌なことから逃げる人の特徴や、逃げ癖を改善する方法などをご紹介しました。物事から逃げる癖がついている人は、人生における成功体験が少ない傾向にあります。失敗を恐れてばかりでは、自分の可能性からも逃げてばかりになってしまうでしょう。

そこでおすすめしたいのが、簡単な資格の取得を通した成功体験の獲得です。以下にご紹介するスマート資格では、最短1週間でスマートフォンのみで取得できる資格が展開されています。

小さな努力をコツコツ積み重ねる習慣を取り入れ、自己価値を高めることが大切です。努力が報われるサイクルを重ねていくことで自信をつけて、嫌なことから逃げてしまう自分から卒業していきましょう。

PR広告

Share
  • URLをコピーしました!

PR広告

PR広告

Amazon オーディブル

  • 今なら2ヶ月間無料で体験
  • プライム会員以外は30日間無料
  • 12万冊以上が聴き放題
  • オフラインで再生可能
  • プロ声優や俳優の朗読も
  • オリジナルコンテンツ多数

PR広告

Amazon オーディブル

PR広告

CONTENTS