「現実から逃げだしたい…」逃げたいときに試してほしい7つのこと

現実から逃げだしたい

PR広告

CONTENTS

人生がつらい…現実から抜けだしたい…

毎日さまざまなストレスを感じていると「現実から逃げだしたい、抜けだしたい」と思うことがあるのではないでしょうか。仕事や人間関係、将来の不安や悩みをすべて放りだせたら、今とは比べものにならないほど心が楽になりそうですよね。

しかし実際は、ストレスの原因からはなかなか抜けだせません。「考えなくてはいけないこと」「やらなくてはいけないこと」に追われ、自分を追いつめる毎日を送っている人もいるでしょう。

今回は、人生がつらい原因や「現実から抜けだしたい」と思ったときの対処法などをご紹介します。身近な幸福を見つけながら、少しずつ心を楽な方向へ向けてあげましょう。

PR広告

逃げたいと感じる原因は?まずは原因を見つけよう

人生がつらい、現実から逃げたいと思うに至るまでには、人それぞれの理由があります。人間関係でストレスを感じている場合もあれば、昇進や仕事のプレッシャーで心が疲れてしまっている場合もあるでしょう。

ここでは、つらい・逃げたいと思う原因として挙げられるものを5つご紹介します。まずは自分が感じているつらさの原因を知り「解決のために何ができるか」を一緒に考えていきましょう。原因を理解することで、より有効な対処法がわかります。

1.仕事がうまくいかない・心に余裕がない

仕事がうまくいかないと精神的に余裕がなくなり、逃げだしたいと感じやすいでしょう。人は生きている時間のほとんどを仕事と共に過ごします。人生の大部分を占める仕事が不調なときは、生活やプライベートもネガティブになるものです。

残業が続いてプライベートの時間が削られたり、同期や後輩の出世を見て焦ったり。相性の悪い上司との関係性もストレスの原因になります。仕事は達成感や自信を与えてくれますが、ストレスの大きな原因にもなりがちです。

2.職場・学校でいじめを受けている

職場や学校でいじめを受けている場合には、逃げだしたいと思うでしょう。根も葉もない噂を立てられたり、上下関係を利用されて嫌がらせやハラスメントを受けたり。いじめは少しずつ精神をすり減らし、自信を喪失させていきます。

職場や学校は生活と密接に関わるコミュニティのため「行きたくないから行かない」と簡単に決断できないものです。ときには「自分が耐えれば丸く収まる」とさらに自分を追い込み、逃げだしたい気持ちに蓋をしてしまいます。

3.介護・育児がつらい

介護や育児は、人によっては仕事や学業よりも簡単に切りはなせないものでしょう。自分が逃げだせば他人の命に関わるため、つらくても投げだすことができません。また、つらさを共有する味方がいない人もいるでしょう。

家族が協力的であれば乗りこえる力になりますが、孤独を感じながら介護・育児に日々向きあっている人は心が壊れてしまう可能性も。逃げだすためには周囲の協力や金銭的問題の解決が必須であることからも、自分を追いつめやすい悩みです。

4.恋人・パートナーとの関係がうまくいかない

恋人やパートナーとの関係がうまくいかないときも「逃げだしたい」と感じます。恋人・パートナーは、家族と同様に「自分のことを最も理解してもらいたい相手」です。そのため、相手から否定をされると大きなショックを受けてしまいます。

特に友達が少ない人や、恋人・パートナーが「親友」としての役割も担っている場合は、関係性の悪化はさらに心を病ませます。同棲・同居をしている人は家に帰ることも憂鬱になり、癒しの場所がなくなってしまう感覚になるでしょう。

5.特に理由はないが、虚無感を覚える

特に理由がなくても虚無感を覚えている人は、漠然と「逃げだしたい」と感じていることも。目的がなく生きていると「何のために仕事をしているのか」がわからなくなってしまいます。また目的があったとしても、知らず知らずのうちに心身が疲れている可能性があります。

人生の意味がわからずに、ただ漠然と「虚しい」と感じながら生きるのはつらいものです。目的意識を持って人生に取りくんでいる人を羨ましいと感じることもあります。キラキラと輝いている人を見るほどに、まるで空っぽのような自分の人生の虚しさを感じて落ち込みがちです。

PR広告

全てから逃げ出したいとき、どうしたらいい?

現実から逃げだしたい!と思っても、すべての事柄から逃げることは困難です。特にストレスの原因によっては、自分が投げだすことで多大な迷惑をかけてしまう場合もあるでしょう。

もちろん、最も優先するべきは「自分の健康」です。他人や環境に気を遣うあまり、自らの心身の健康や安全が疎かになっては本末転倒です。しかし、0か100のような決断をする前に「少しの工夫で実現可能なリフレッシュ方法」もあるかもしれません。

まずは深呼吸をして一度冷静になり、ストレスの原因を整理してみましょう。考え方を少し変えれば見える世界も変わります。大きな決断をすると失うものも多いものです。まずは、できる範囲で構いませんので「考え方の変化」を取り入れてみてはいかがでしょうか。

PR広告

現実から逃げたいときに試してほしい7つのこと

心に余裕がなくなっているときは、悪い考えばかりが頭を支配しがちです。自分に否定的になり、ネガティブな思考パターンになってしまいます。精神的に限界になってしまう前に「新しい考え方や習慣」を取り入れましょう。

ここでは、現実から逃げたいときに試したい方法を7つご紹介します。ライフスタイルは人によってさまざまであるため、すべての習慣を無理して取り入れる必要はありません。生活を大きく変えずにできる内容から試してみてくださいね。

1.デジタルデトックスを行う

現実から逃げだしたいときには、デジタルデトックスを試してみましょう。デジタルデトックスとは、SNSやブログなどインターネットの使用を控える行為です。スマートフォンやパソコンに触れない日を作り、心をゆっくりと休めてみてはいかがでしょうか。

SNSは孤独を忘れさせてくれますが、情報を受けとりすぎると頭も心も疲れてしまいます。また自分と他人を比べてしまい、余計に落ち込んでしまう場合も。読書や料理など、現実だけで完結する時間の過ごし方をしてみましょう。

2.ゆっくり眠る

規則正しい生活は心身を整えるために重要な習慣ですが、ときにはアラームをかけずに「思いっきり寝てみる」のも大切です。特に残業続きでまともな休息が取れていない人は、ゆっくりと眠り美味しい食事を食べるだけで心が落ちついてくる可能性があります。

できれば単日ではなく、2日以上の休日を設けましょう。単日の休みだと「休日が寝ただけで終わってしまった」とネガティブに捉えてしまう可能性があるためです。1日目はたっぷり寝て2日目は好きなことをして過ごす、という時間の使い方をおすすめします。

3.自然と触れあいに行く

職場や学校、家族との人間関係がストレスの原因になっている人は、自然と触れあう時間を設けてみてはいかがでしょうか。草木や花などの自然は見返りを求めてきません。ただそこにいるだけで存在を認められている自然に触れると、俗世から離れられる感覚になり、心がリセットされます。

遠出が難しい人は、近所の公園に行ってベンチでのんびりするのもよいでしょう。缶コーヒーを飲みながら目をつむり、木々のせせらぎや鳥のさえずりに耳を傾けてみてください。ベランダやリビングで簡単なガーデニングを楽しむのもおすすめです。

4.不安や悩みを紙に書きだす

「現実から逃げたい」と思うに至った理由を、紙に書きだして整理してみましょう。できればパソコンやスマートフォンのメモ帳などではなく、後からいつでも見返せるためにノートとペンで書きだすほうがおすすめです。

自分の手を使って不安を書きだすうちに、悩みに隠された「感情」が浮かびあがります。ストレスの原因をより明確に理解することで、表面的な解決方法ではなく「自分にとってベストな解決方法」を理解しやすくなります。

5.起きてないことまで考えない

ネガティブな精神状態では、まだ起きていない未来のことまで想像して落ち込んでしまう傾向です。一度悪い方向に考えはじめると止まらず、起こりうる最悪のパターンを想像してつらい気持ちになってしまいます。

「他人と過去」は変えられませんが「自分と未来」は変えられます。起きていないことを考えはじめたら思考を止める癖を付けるよう心がけてください。今ある問題を解決するために必要なものは、不確定な未来を想像することではなく、過去からの経験です。

6.思考停止してお笑いやバラエティ番組などを見て笑う

「笑い」には科学的な力があるといわれています。私たちの脳内では、笑うとエンドルフィンというホルモンが分泌されます。エンドルフィンは幸福感をもたらす物質で、体の痛みすらも軽減させるといわれています。

ときには考えることを止め、お笑いやバラエティ番組で素直に笑う時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。頭を真っ白にして楽しい気持ちを感じることで、現実の苦しみから一旦離れられます。問題解決のために必要な視野を手に入れられるでしょう。

7.モチベーションが上がる本を読む

現実から逃げだしたいほど精神的に疲れているときは、ポジティブな言葉が多く書かれている本を読んでみてはいかがでしょうか。自己啓発本や成功者のエッセイなど、人生や生活へのモチベーションが上がる本がおすすめです。

読書で時間を過ごすことでデジタルデトックスも両立できます。現在抱えている問題を解決するためには、自分の価値観だけでは 限界があるかもしれません。ときには読書から他者の視点を取り入れ、心に新しい風を吹かせましょう。

PR広告

現実から逃げたいときにしてはいけない5つのNG行動

強いストレスを感じているときは視野が狭くなり、よかれと思って取った行動が逆効果になってしまうことも。ネガティブな状態では大きな決断を避け、上手にストレスを逃がしてあげるように努めましょう。

ここでは、現実から逃げたいときにしてはいけない行動を5つご紹介します。頭の中がいっぱいになっても、最低限の冷静さは保てるように自分を客観視してあげてくださいね。冷静さと視野の確保は、未来の自分のことも救ってくれます。

1.夜遅くまで起きてしまう

満足感や達成感を得られない日々を過ごしていると、寝る前に夜更かしをしがちです。しかし、生活リズムの乱れは精神的に悪い影響を与える傾向があります。

現実から逃げたいと思うほど追いつめられているときこそ、十分な睡眠が必要です。正しい生活リズムと栄養のある食事、そして適度な運動は健康の基本です。健全な精神状態で問題解決に挑むためにも、睡眠時間はしっかりと確保してください。

2.自分が悪いと自分を責めてしまう

現実から逃げたいと思っているときには、自分を責めないように心がけましょう。心に余裕がないと物事の捉え方が悲観的になり、自分を過小評価したり自己価値を下げたりしてしまいがちです。

自己否定をするとどんどん自己肯定感が下がり、自分を客観的に見ることが困難になります。褒められた言葉は素直に受けとり、これまで頑張ってきた自分自身をしっかり褒めてあげましょう。自分に適度にご褒美をあげるのも大切です。

3.悪いことを考えないように無理矢理忙しくする

多忙は悩みや不安を「忙しくしている間」だけは忘れさせてくれます。無理矢理忙しくすることで心の傷を乗りこえられる人もいますが、問題を放置したまま他のスケジュールを忙しくしたところで、不安の根本的解決にはなりません。

ふと思いだすと余計に苦しくなってしまったり、無意識下でストレスが大きくなったりしてしまう場合もあります。常に問題に真摯に向きあう必要はありませんが、現実逃避のような多忙なスケジュールをずっと続けないように心がけてください。

4.ネガティブなことばかり考える・発言する

普段から思考パターンが偏っていると、常にマイナスな考え方が自分の頭を支配してしまいます。現実から逃げだしたいと思っている人こそ、できるだけポジティブな考え方を身に付けてください。また、マイナスな言葉を発言しないように気を付けましょう。

自分が発言したマイナスな言葉を、一番近くで聞いているのは他でもない自分自身です。考え方を別人のようにする必要はありませんが、ネガティブなことを考えたら同じ数だけポジティブなことも考えるように習慣づけてくださいね。

5.自分だけで解決しようと頑張りすぎてしまう

「逃げだしたい」と思ったとき、自分だけで何とかする必要はありません。心が限界を迎えて取りかえしの付かない事態になる前に、周囲の人に相談することを忘れないでください。自分以外の人の意見を聞くことで、驚くほどあっさりと解決できる問題もあるかもしれません。

周囲のサポートを得ることで、ストレスの原因から無理なく離れられる可能性もあります。また、息抜きのための時間づくりを手伝ってくれるかもしれません。心が追いつめられているときほど周りが見えなくなるものです。「手を差しだせば助けてくれる人がいるかもしれない」ということを忘れないでくださいね。

PR広告

逃げたい気持ちは我慢しなくていい

逃げたい気持ちを抑えつけていると、いつしか心は限界を迎えて壊れてしまうでしょう。一度壊れた心はなかなか元には戻らず、専門の治療を必要とする場合もあります。逃げたい気持ちは我慢せずに、他人に吐きだすようにしましょう。

ときには周りに協力をしてもらい、ストレスから解放された時間を過ごせるよう心がけてください。一人で抱え込まずに、苦しみを周りにシェアすることが大切です。

必要であれば、早い段階から専門医の協力を仰ぐのもよいでしょう。カウンセラーに相談をしたり話を聞いてもらったりすることで、つらい気持ちが軽くなるかもしれません。心の苦しみは「心のプロ」にお任せするのも、冷静な選択のひとつです。

PR広告

自分の責任感に押しつぶされないようにしよう

今回は、現実から逃げだしたい理由や対処法などをご紹介しました。

現実から逃げだしたいほどにストレスやプレッシャーを感じてしまう人は、真面目で責任感が強いタイプが多いでしょう。また、完璧主義者で向上心が強く、努力家の人も多い傾向があります。

あなたの性格や性質は、人のお手本になるような素晴らしい個性です。しかし、ときには真面目な性格が自分を追いつめてしまうこともあります。息抜きの方法を学んで上手にストレスを逃がし、自分の責任感に押しつぶされないようにセルフマネジメントをしていきましょう。

PR広告

睡眠の質を改善して、毎日を楽しく過ごせる心身を手に入れよう

睡眠の質が下がっていると朝から気分が落ち込みやすく、マイナスな思考に陥ってしまいがちです。現実と向かい合うことがつらいときは、まずは睡眠の質の改善から始めてみましょう。

特に十分に睡眠時間をとっているのに疲れがとれない人や、考え事をしてなかなか寝付けない人は、睡眠サプリメントの導入をおすすめします。睡眠サプリメントは処方箋の睡眠薬と比べて依存性がほぼなく、翌日にも眠気が残りにくいことが特徴です。

以下の記事では、心が疲れている人におすすめの睡眠サプリメントや、自分に合ったサプリメントを選ぶコツなどを紹介しています。ぜひ今回の記事と併せて参考にしながら、毎日を明るい気持ちで過ごすためのヒントにしてくださいね。

PR広告

Share
  • URLをコピーしました!

PR広告

PR広告

Amazon オーディブル

  • 今なら2ヶ月間無料で体験
  • プライム会員以外は30日間無料
  • 12万冊以上が聴き放題
  • オフラインで再生可能
  • プロ声優や俳優の朗読も
  • オリジナルコンテンツ多数

PR広告

Amazon オーディブル

PR広告

CONTENTS