人間力とは?人間力を高める方法|尊敬される人間力を身につけよう!

人間力とは
CONTENTS

心に余裕を持てる人格者になりたい

毎日の忙しさやストレスの中で「心に余裕がない……」と悩んでいる人は少なくありません。心に余裕がなくなるとイライラしやすくなり、心配をしてくれた相手につい強く当たってしまうこともあるでしょう。

物事に悲観的になり、自己嫌悪を感じてさらに心に余裕がなくなるという悪循環にはまりがちです。心の余裕がなくならない、もしくは余裕がなくなっても上手に対応ができる「人格者」になりたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

そして「人格者」になるためには「人間力」を鍛える必要があります。今回は、人間力の意味や特徴、人間力を高める方法などをご紹介します。人間力を磨いて自律やコミュニケーション力を学び、周囲から尊敬されるような「余裕のある人」を目指しましょう。

人間力とは?

人間力の意味は、平成15年4月10日に内閣府が発表した「人間力戦略研究会報告書」に詳しく記載されています。人間力戦略研究会報告書の内容によると、人間力とは「社会を構成し運営するとともに、自立した一人の人間として力強く生きていくための総合的な力」を指しています。

つまり経済的にも精神的にも他者に依存をせずに、一人の人間として自立できているかどうかが「人間力」といえるでしょう。人間力がある人は自分だけではなく周囲を幸福にする力があり、確固とした意志を持って社会で生きぬくことができます。

「人間力を鍛える」ということは、あらゆる意味で自立をした暮らしのための努力をする、という意味でもあります。また他者に依存せず生活をするだけではなく「社会を構成し運営すること」も重要な要素であるため、労働や社会活動を通して社会貢献をしていることが必要です。

人格者の定義・人間力を構成する要素

人間力を高めるためには、人格を磨くことが必要です。とはいえ人間力も人格も目に見えるものではないため、どのように向上させるべきかイメージが付きづらい人も多いのではないでしょうか。

ここでは、人格者の定義である3つの要素をご紹介します。どの要素も人間力を構成するために必要であるため、自分と照らしあわせながら振りかえってみましょう。以下の要素を自覚して見つめなおすことで、人間力の上げ方のヒントになります。

1.社会・対人関係スキル要素

社会・対人関係スキル的要素は、以下の5つにより構成されています。

  1. コミュニケーション力(自分とは違う世代や文化の相手とも理解しあえる)
  2. リーダーシップ(チームを率いて目標達成に導く)
  3. 公共心(社会の利益を考えて行動ができる)
  4. 規範意識(規律を守り行動ができる)
  5. 相互啓発力(他人を尊重し、共に支え刺激しあいながらお互いを高めあえる)

ただ「人と仲良くできる」だけではなく、切磋琢磨をしあえる関係性を築けたり、周囲に流されずモラルやルールを守れたり、リーダーに依存せずに自らが集団を導けたりする力が必要です。

2.知的能力要素

知的能力要素は、以下の4つにより構成されています。

  1. 基礎学力
  2. 専門的な知識
  3. 論理的思考力(情報を集めて論理的に分析して表現をする力)
  4. 創造力(新しい価値や行動・様式を生みだす力)

複数の知的能力要素を組みあわせることで独自性の高いアイデアを創造し、社会に新しい発展をもたらせる力です。学習や経験を過去の出来事だけで終わらせずに、未来へとつなげていくために必要な力といえるでしょう。

3.自己制御的要素

自己制御的要素は、以下の3つにより構成されています。

  1. 意欲(学習・就業・目標・社会参加におけるモチベーション)
  2. 忍耐力(強い信念を持ち、何事にも根気づよく取りくむ)
  3. 自己受容・自己実現力(自分らしい生き方や成功の形を設定し、実際に追求する)

自己制御と聞くと「自分の欲求を抑え込む」のようなイメージを持つかもしれませんが、実際は違います。夢や目標の実現のために社会生活におけるモチベーションを持ち、忍耐を持って取りくむエネルギーそのものなのです。

周囲の人に尊敬されるような人間力を身に付けよう!

人間力が高い人は「人として深みがある人」でもあります。対話においても軽薄さを感じさせず、常に相手を尊重する思いやりがある人物として映ります。そのため周囲の人たちからは尊敬されやすく、相談役になる機会も多いでしょう。

心に余裕があり視野が広いため、基本的に情緒が安定しています。そのため「一緒にいると安心できる」と思われる機会が多い傾向にあります。また規範意識の高さから、良識やモラルをしっかりと守り、正義から外れた行いはしません。発言と行動の一貫性も、人を引きよせる魅力となっているのです。

人間力を身に付けることは、対人関係を良好にして味方や仲間が増えるなどのメリットがあります。周囲の人たちにポジティブな気持ちを与えられるような人物を目指し、お互いに幸福を感じあえる関係性を作りましょう。

仕事・人間関係に活かせる!人間力を高める5つの方法

「人間力を高めよう!」といわれても、何から手を付ければいいかわからない人も多いのではないでしょうか。人間力は数字で計測できる力ではありません。日々の意識の変化の中で、自己肯定感と共に少しずつ積みあがっていくものなのです。

ここでは、人間力を高める方法を5つご紹介します。生活の中での意識を少し変えるだけで、人間力が高まるきっかけになります。一度にすべての考えを取り入れることが難しい人は、無理のないものから自分のペースで始めてくださいね。

1.自分の人生に主体性を持つ

人間力を高めるためには、自分の人生に主体性を持つことが大切です。人間力が高い人の人生は他人に依存しません。進路も仕事も友達付き合いも、他人の意見に左右されずに「自分がこうしたいと思うから」と強い意志で選択ができます。

他人の意見や世間からの目線に怯えて臆病になってしまう人は、人間力が高いとはいえません。独立心を強く持ち自立した人生を歩むためにも、まずは主体性を持ち「自分はどうしたいのか」を優先的に考えるようにしましょう。

2.自分の弱さ・脆さも認める

周囲に認められるような人間力の高い人は、自分の弱さや脆さを認めて受けいれています。得意なことや長所ばかりを相手に見せたがる人よりも、弱点や短所を素直に認め、改善のために努力をしている人のほうが人間力が高いといえるでしょう。

また弱さや脆さを他人と共有することで、相手からの信頼感を得られることも。「この世には完璧な人間はいない」という事実を理解し、自分のことも発展途中の存在だと認識した上で、克服をしていきます。

3.周囲の人のいいところを探す・相手に寄りそう

周囲の人のいいところを意識的に探すことは、人間力の向上につながります。どんなに仕事ができる人や裕福な人でも、他人の悪口や陰口をいってばかりでは人間力が高いとはいえません。他人の長所を見つけて上手に褒められる人は、周囲からも尊敬されます。

コミュニケーション力を高め、相手の気持ちを想像して寄りそうことが大切です。会話を盛りあげることだけがコミュニケーション力ではありません。「一緒にいると幸せな気持ちになれる」と思ってもらえるような人物を目指しましょう。

4.心に余裕を持つために、時間に余裕を持つ

人間力を高めるためには、心に余裕を持つことが大切です。精神的に余裕があるからこそ、個人だけではなくチーム全体のことを考えられます。また目先の利益だけにとらわれず、社会や未来に目線を向けることもできるでしょう。

心に余裕を持つためには、時間に余裕を持つ必要があります。毎日スケジュールに追われて心身が疲れている状態では、視野が狭まり冷静さを失いがちです。周りに目を向けられるようになるためにも、ゆとりのある毎日を作りましょう。

5.意欲・行動力をつけるため、まずはできることからやってみる

人間力が高い人は、モチベーションと行動力も高い傾向にあります。物事を始めるときに慎重であることは大切ですが、始める前に悩むよりもまずは行動を起こすように心がけてください。

実際に行動を起こすと、想像していたよりも怖くない場合も多いものです。最初から大きな目標だけに進む必要はありませんので、まずは小さな目標を立てて少しずつ進んでいきましょう。小さな成功体験は自分に自信を付け、人間力を高めるためのサポートになります。

仕事力・人間力、どちらも高めて自己肯定感を上げよう

人間力は学歴のみで左右されるものではありません。学力や学歴を社会や個人・周囲の幸福のために活用できる力です。自分を律しながら社会や他人と関わり、相互作用的に高めていく力を指します。

つまり人間力とは、さまざまな要素が複合した「総合力」なのです。そして人間力を高めることで「経験やアイデアを活用する能力」が上がり、結果的にビジネスシーンに役立つ「仕事力」も高まることが期待されます。

仕事力と人間力、どちらも高めて自己肯定感を上げていきましょう。自己肯定感が高まることで自分に自信が付き、より大胆で勇気のある選択ができるようになります。

自分が好きになれる自分になろう

今回は、人間力の意味や高め方などをご紹介しました。

人間力は、一朝一夕で育めるものではありません。日々の生活の中で新しい考え方を取り入れ実践し、反復することで少しずつ高まっていくものです。そのためには、日頃からの勉強や他人から学ぶ姿勢も大切です。

人間力を高め「自分が好きになれる自分」を目指しましょう。生活や精神、金銭、社会などのあらゆる面で他人に依存せず、一人の人間として胸を張って生きていけるようになったとき、世界は今よりも輝いて見えるはずです。

PR広告

Share
  • URLをコピーしました!

PR広告

PR広告

Amazon オーディブル

  • 今なら2ヶ月間無料で体験
  • プライム会員以外は30日間無料
  • 12万冊以上が聴き放題
  • オフラインで再生可能
  • プロ声優や俳優の朗読も
  • オリジナルコンテンツ多数

PR広告

Amazon オーディブル

PR広告

CONTENTS