人と話すのが苦手…コミュニケーション嫌いを克服する5つの方法

人と話すのが苦手
CONTENTS

人と話すのが苦手…

私たちは他人と関わりながら生活しています。学校や会社での人間関係はもちろん、SNSにしても買い物にしても他人と全く関わらない日はほとんどありません。そのため、対人コミュニケーションは生活を送るための必須事項であり、苦手であっても「しなくてはならないこと」です。

しかし、だれでも円滑にコミュニケーションをとれるわけではありません。言いたいことを上手く伝えられなかったり、緊張してどもってしまったり、人と会話すること自体が苦手な人もいるでしょう。

今回は、人と話すのが苦手になる原因、克服する方法を紹介します。なぜ会話が苦手なのか原因と向き合い、少しずつコミュニケーションスキルを磨いていきましょう。性格だからと諦めず、できそうなことから無理せずはじめてみませんか。

人と話すことが苦手な原因とは?

なぜ話すのが苦手なのかは人それぞれです。元々恥ずかしがり屋もいれば、過去の対人関係がトラウマとなり、話すのが苦手になった人もいるでしょう。苦手の原因を客観的に分析できれば、自分に合った改善方法も見つけやすくなります。

ここからは、人と話すのが苦手な理由を6つ紹介します。自分との共通点がないかチェックしてみましょう。性格だと思い込んでいる人も、記憶の奥にしまい込んでいたトラウマを発見できるかもしれませんよ。

1.元々人見知りな性格

元々シャイで人見知りな性格は、人と話すのが苦手なタイプが多いでしょう。クラスになじめなかったり、相手から話しかけてもらうのを待っていたりします。そのため、友達づくりに苦労した人もいるでしょう。

大人になったからといって、人見知りが社交的になるわけではありません。学校でも会社でも、コミュニケーションは苦労がつきもの。性格を変えることは難しく、理想の自分とのギャップに焦ってしまう人もいるでしょう。

2.相手の気持ちを気にしすぎてしまう

自分の言動で相手がどう思うのかを気にしすぎるタイプは、人と話すのが苦手なことも少なくありません。確かに、会話を重ねるほど相手を傷つける可能性は高くなります。そのため、会話そのものを控える傾向にあります。一方、相手の気持ちを考えすぎるタイプは、思いやりがあり、心の優しい人なのです。

相手の気持ちを優先し、想像力も豊かです。優しいのは素晴らしい個性ですが、同時に臆病にもなりやすく、相手の反応によっては傷つくことも。相手を嫌な気持ちにさせないよう、顔色をうかがうような会話になりがちです。

3.自分を否定されるのが怖い

自分に自信がなく、人から否定されるのが怖いタイプは、会話を避けようとします。自己肯定感が低く、相手の言動に敏感です。冗談を真に受けたり、必要以上に謙遜したりするでしょう。

そのため、気が強くはっきりものを言うタイプの相手と話していると、逃げ腰になって会話ができなくなってしあまうことも。少しでも攻撃された、見下されたと思うとつらくなり、相手がそのつもりではなくても長期間にわたって落ち込んでしまいます。

4.陰口・悪口を言われたことがある

対人関係で過去にトラウマがあると、話すのが苦手になります。特に、陰口や悪口を言われた過去を持つ人は、疑り深くなってしまうでしょう。また、悪口を言われたくない気持ちが強いので、当たり障りの無い会話になりがちです。

傷ついた出来事を覚え、無意識のうちに同じ目に遭わないように行動するからです。1度背負ったトラウマは、簡単には消去できません。トラウマで相手を信じられない人は、会話のたびにつらい思いを抱えているのです。

5.話している時の自分の顔が嫌い

自分の顔にコンプレックスを感じていると、人と話すことを避ける傾向にあります。特に口元が気になる人は会話の問題ではなく、「口を動かしたくない」「口元を見られたくない」と感じています。

出っ歯や八重歯などコンプレックスがある人に多い傾向です。また、口を動かすと顔のシワが気になる、焦ると目が泳ぐから嫌など、人によってコンプレックスはさまざまです。

6.小さい頃から人と接する機会がなかった

コミュニケーションの得意・不得意は生まれながらの性格も関係していますが、ちょっとした訓練で変われます。たとえば、たくさんの人と話す機会を設ければ得意になるでしょう。しかし、子どもの頃から人と接する機会が少ないと、大人になっても苦手なままの可能性が高いです。

一人っ子で親も共働きで家にあまりいなかった、学校でもある特定の人としか話さなかった、塾や習い事など学校と家族以外のコミュニケーションがなかった、などの条件が重なれば人と話すのが苦手なまま大人になってしまいます。

相手を傷つけないコミュニケーションは意外と難しい…

人の数だけ感性はあるので、傷つく言葉も千差万別です。自分は楽しくコミュニケーションをとっているつもりでも、相手はストレスを感じていることもあります。さらに、嫌なことは嫌だとはっきり伝えてくれるわけではないのが、対人関係の難しいところです。

悪気がなくても相手を深く傷つけてしまい、どのように話せばいいのかわからなくなってしまった人も少なくないでしょう。また、悪意のない一言に傷ついた人も。コミュニケーションは相手の心を読む「想像力」が必要です。

人との会話に正解はないものの、常に相手を傷つけないような回答を選ばなくてはいけません。呼吸をするように難なくできる人もいれば、会話ひとつのために想像力を必死に働かせて、どっと疲れてしまう人もいます。

コミュニケーション嫌い・苦手意識を克服する5つの方法

コミュニケーションが嫌いな人、苦手意識を持っている人が克服する方法を5つ紹介します。ただし、克服の最中でストレスを溜めすぎると、ますます苦手意識が高まるでしょう。自分ができそうな方法を少しずつ取り入れるのがおすすめです。

会話を上達させるたいなら訓練が必要です。勉強やスポーツと同じように、努力を積み重ねましょう。苦手なことが悪いわけではありません。改善したい気持ちがあれば、今からでもコミュニケーション能力を上達させられます。

1.まずは共通の趣味を持っている人と話してみる

コミュニケーション嫌いを克服したいからといって、いきなり知らない人だらけのコミュニティに飛び込む必要はありません。まずは共通の趣味を持っている・持っていそうな知人との会話にチャレンジしてみましょう。

すぐに近しい仲になろうと意気込まなくても大丈夫。今よりほんの少し距離が近づくくらいで十分です。「そういえば、〇〇さんから△△が好きって聞いたんだけれと本当?私も好きなんだ」のように、自然に話題を振ってみましょう。

2.LINEなどのオンラインチャットから会話を始める

直接顔を合わせて話すのが苦手な人は、LINEやTwitterなどのオンラインでのコミュニケーションから始めるのがおすすめ。テキストでの会話も心の距離は近づけるからです。あがり症ならオンラインのほうが焦らず会話できるでしょう。

頻繁にオンラインで会話をしていると、直接会っても初対面の気がしないので、会話も弾みやすくなります。直接だと緊張して上手く喋れない人はぜひ活用しましょう。

3.自分が話していて楽な人を見つける

同じグループにいる人、同僚が「楽に話せる相手」とは限りません。また、意識せずに自然体で話せる相手は自分から待っていてもなかなか出会えません。だからこそ、自分から探してみるのが大切です。

そのためには、あまりなじみのないコミュニティに参加したり、接点のなかった人に話しかけたりする必要があるでしょう。しかし、会話をする人の数が増えれば、自然と「楽に話せる相手に出会える可能性」も増えていきます。

4.苦手になった原因・トラウマを克服する

もし、対人関係や会話でのトラブルにトラウマを抱えいているなら、原因の分析、克服を試みましょう。たとえば、年上の男性に怒鳴られことがあるなら「優しい年上の男性の友人を作る」のがおすすめです。

対人関係での恐怖心を取り除くには、自ら行動することが大切です。ひとつのつらい過去にとらわれず、未来の可能性を探しにいきましょう。トラウマに直接向き合うのはエネルギーが必要なので、精神的に余裕があるときに試してくださいね。

5.笑顔で頷く・相槌を打つところから始める

会話が苦手なのに、いきなり深いコミュニケーションを取ろうとすると失敗する可能性が高くなります。まずは踏み込んだ話をせず、聞き役になり相槌を打つところから始めましょう。

笑顔で相槌を打っているだけで相手は気分が良くなりますし、自分も「相手がどんな話をしたいのか」「どんな相槌を打ってほしいのか」を冷静に分析できます。相手の話し方や表情から、会話のルールを学び生かしましょう。

人と話すことを、心から楽しいと思えるようになろう!

今回は、人と話すのが苦手な人の原因や対処法を紹介しました。

人と話すのが苦手なタイプからすると、コミュニケーション能力が高い人は輝いていて、遠い存在に思えるかもしれません。しかし、その人もあなたのように会話が苦手だった可能性もあるのです。

苦手は訓練によって克服できます。自分の可能性を諦めず、勇気を持って行動してみましょう。最初から理想を高く持つ必要はありません。まずは、自分が楽に話せる相手やシチュエーションを探してみてくださいね。

PR広告

Share
  • URLをコピーしました!

PR広告

PR広告

Amazon オーディブル

  • 今なら2ヶ月間無料で体験
  • プライム会員以外は30日間無料
  • 12万冊以上が聴き放題
  • オフラインで再生可能
  • プロ声優や俳優の朗読も
  • オリジナルコンテンツ多数

PR広告

Amazon オーディブル

PR広告

CONTENTS