失恋して辛い時…どうすれば元気になれる?失恋した時の対処法

no-image
CONTENTS

失恋が辛すぎる…どうすれば立ち直れる?

失恋は、小説やドラマなどさまざまな創作物に用いられる普遍的なテーマです。フィクションの中では悲しくも美しく描かれることが多いものですが、実際に自分が体験すると言いようもないほどの苦しみを感じてしまいますよね。

フィクションのようにすぐに新しい恋愛を始められるわけでもなければ、恋人と必ずよりを戻せるわけでもありません。人によっては、学校や職場に行くこともできなくなるほど大きなショックを受けてしまうでしょう。

今回は、失恋に辛さを感じる原因や苦しみを乗り越える方法をご紹介します。失恋の傷はすぐに癒えることはなくても、時間をかけてゆっくりと受け入れることでだんだんと苦しみが遠のいていきます。心のペースを尊重しながら、一歩ずつ前に進んでいきましょう。

心が壊れそう…失恋が辛い4つの原因

失恋する理由は人によってさまざまです。けんか別れや浮気、気持ちのすれ違い、自然消滅……どの理由にも特有の辛さがあり、比べるものではありません。大切なのは、今辛いと感じている自分を癒してあげることです。

ここでは、失恋が辛い原因として挙げられるものをご紹介します。恋人と付き合う理由が人それぞれならば、別れの理由も千差万別です。今自分が心を痛めている理由を正しく認識することで、心を癒すための方法につなげていきましょう。

1.自分の価値を否定されたと感じる

失恋とは、恋人から「これから先の人生で、あなたが隣にいる必要はない」と言い渡される行為です。今まで自分のことを世界で最も愛してくれていた存在が離れてしまうと、自己価値がわからなくなってしまいます。自分の価値を否定されたと感じて悲観的になってしまうでしょう。

自己価値を高めるためには、人から愛されることが有効です。「自分にはこれだけ愛してくれる人がいる」「必要としてくれる人がいる」という事実が自己肯定感を高め、自分に価値を感じさせてくれます。失恋によって愛してくれる人を失うと、自分にどれほどの価値があるのかを見失ってしまうのです。

2.強い喪失感に苛まれる

失恋すると、強い喪失感に苛まれます。今まで何をするのにも一緒だった人がいなくなってしまうと、まるで自分が自分ではなくなったような感覚になることもあるでしょう。今までの思い出や二人で過ごした時間がすべて否定されたように感じ、心にぽっかりと大きな穴があいたような喪失感に苦しみます。

失恋によって失うのは、ドキドキさせてくれる存在としての恋人だけではありません。自分を愛してくれる存在や自信を与えてくれる存在、落ち込んだときに慰めてくれる存在、一緒にいるだけで安心できる存在……。恋人は、生活においてさまざまな役割を担ってくれます。失恋することで心の居場所がなくなったように感じ、他のものでは埋められないほどの喪失感に苛まれてしまうのです。

3.今までのライフスタイルが失われる

失恋することで今までのライフスタイルが失われます。恋人と過ごしていた時間や連絡を取っていた時間がすべて失われるため、生活の中に空白の時間が生まれてしまいます。とくに恋人と同棲していた人は、大きな生活の変化に戸惑いを感じるでしょう。

別れた後は友達として会うことはあっても、今までのようにデートしたり連絡を取りあったりなどはなくなります。すべての人が、失恋をした後にすぐに元の生活に戻れるわけではありません。恋人がいなくなった状態でどのように生活すればいいのかわからなくなり、言いようのない孤独感に苦しんでしまいます。

4.過去の行いを後悔する

自分が恋人を不快にさせる言動をした自覚がある場合、過去の行いを後悔することによって苦しみます。例えば恋人が心配してくれていたのに反抗的な態度を取ってしまったり、愛情を確認したくて振り回してしまったり、恋人が嫌がっているのに異性の友人と遊んだり……。

「自分のわがままを受け止めてほしい」と恋人に期待を押し付けた結果、恋人の気持ちが自分から離れてしまったことを悔いています。「もっとああしておけばよかった」と思っても、別れを言い渡された今では後の祭りです。悔やんでも恋人は戻ってこないという現実を思い出す度に、さらに深く落ち込んでしまいます。

年齢による失恋の辛さの違い

失恋は誰しも辛いものですが、シチュエーションによって辛さの種類が変わります。好きな人の気持ちが離れてしまった辛さは共通していますが、「恋人との別れ」という事実が持つ意味合いが変化するのです。

ここでは、年齢による失恋の辛さの違いについてご紹介します。ただし、年齢ごとの辛さの違いは比べ合うものではありません。自分の苦しみを過小評価せずに、自己理解の上で心を癒すためのヒントにしてくださいね。

1.10代の失恋の特徴

10代は感受性が高く、恋多き人も多いのではないのでしょうか。将来を見越したお付き合いをしている割合が少なく、「好き」という気持ちだけで相手と一緒にいる人が多い傾向にあります。そのため別れる理由も、性格の不一致や他に好きな人ができたからであることが多いでしょう。

自分の「好き」という気持ちを傷つけられたかのように感じられ、高い感受性も伴って大きなショックを受けてしまいます。社会的なメリットや将来設計などを深く考えず、感情を優先して付き合える年代だからこその悲しみです。

2.20代の失恋の特徴

20代で恋人を作る場合は、将来を見据えたお付き合いをしている人も多いでしょう。学生から社会人への移り変わりをともに過ごした関係性は絆を深めやすく、お互いが大人になる過程を見ている分、愛情も深まります。

だからこそ20代の失恋では心の傷が深く、描いていた将来のプランも白紙に戻ることで精神的ショックも大きい傾向にあります。とくに20代は同年代で結婚や出産の報告が増えてくる時期であるため、失恋は悲しみと同時に焦燥感を抱く原因にもなるでしょう。

3.30代の失恋の特徴

30代の失恋は20代よりもショックを受けやすく、心の傷が回復するまでに時間を要します。結婚や出産はもちろん、家の購入や転職など人生のターニングポイントが多い年代です。精神面だけではなく、生活面もお互いに支え合えるパートナーとの別れは大きなショックをもたらしてしまいます。

とくに「結婚や出産は30歳頃にしよう」と思っていた人にとっては、人生プランが振り出しに戻ってしまったかのような感覚になります。恋愛市場で20代と戦うことは難しいと感じる人も多く、焦って出会いを見つけようとすることも。ショックで立ち直れない気持ちと「早く相手を見つけなければ」と焦る気持ちが合わさり、精神的に落ち込んでしまいがちです。

失恋の辛さは本気で相手を好きになった証拠

失恋の苦しみに苛まれていると「こんなに辛いなら恋愛なんてしなければよかった」と思ってしまうこともあるでしょう。しかし失恋の辛さは、自分が本気で人を愛した証拠です。しっかり感情と向き合い、自分なりに愛情を注いだからこそ辛さを感じてしまうのです。

適当な気持ちで恋愛をしている人や、誰でもいいような相手と付き合っていた人にとっては、失恋の辛さはすぐに終わるもの。心の傷が深いほど、あなたが本気で恋愛に取り組んだ証なのです。

大人になるにつれて、何かに本気になる機会は失われていきます。生活と仕事で手一杯になり、本気になるという感覚を忘れてしまいがちです。そのような中で本気で恋愛と向き合い、本気で相手を愛し、本気で傷ついている自分を誇りに思ってあげましょう。

あなたが今感じている苦しみは、本気で恋愛に取り組んだ人にしか味わえない財産です。すべての結果を前向きに捉えるためにはまだ時間がかかるかもしれませんが、少しずつ自分の中に新しい価値観を取り入れながら、心の傷を癒していきましょう。

失恋が辛いときに試したい6つの方法

ここでは、失恋が辛いときに試したい方法をご紹介します。これらの方法を試しても傷が癒えない場合も、落ち込む必要はありません。試行錯誤している間にも時間は流れ、辛い思い出をゆっくりと過去のものにしてくれています。「一人でじっと落ち込んでいるよりはいいだろう」という程度の気持ちでも構いませんので、ぜひ試してみてくださいね。

1.信頼できる相手に失恋したことを話す

失恋で辛さを抱えているときは、感情を一人で抱え込まずに誰かとシェアすることが大切です。今苦しんでいる理由や自分の状況などを、信頼できる相手に話しましょう。相手に伝わるような言葉を考える過程で、感情や思考が整理整頓されます。

失恋による苦しみの原因はひとつではありません。さまざまな要素が複合的に重なり、結果として辛い気持ちを感じてしまいます。人に話すことは苦しみの原因を明確にする行為でもあるため、自分が今向き合うべき感情に改めて気付けるきっかけにもなるでしょう。

2.仕事に没頭して暇な時間をなくす

失恋で辛いときは、一人で退屈な時間を過ごしていると昔の思い出がよみがえってしまいがちです。辛い状況を改善するためには、仕事に没頭して暇な時間をなくすことをおすすめします。仕事はストレスの原因にもなるものですが、時にはストレスを忘れさせてくれる味方にもなるのです。

仕事に集中して多忙な日々を過ごしていると、辛い記憶がよみがえる瞬間が減ります。ふいに思い出してしまったとしても、仕事で体力的に疲れていると思い出を深堀りする余裕もないため、考え込みづらいものです。とはいえ仕事で疲れて倒れてしまっては本末転倒であるため、バランスを取りながら仕事をがんばる期間に充ててみましょう。

3.クリエイティブな方法で苦しみをアウトプットする

失恋で抱えた辛い気持ちを発散するためには、クリエイティブな方法で苦しみをアウトプットする方法をおすすめします。クリエイティブと聞くと、絵画や小説、作曲などを連想する人も多いでしょう。もちろんそれらもクリエイティブな方法です。しかしそれ以外にも、日記やブログに気持ちを書くことも立派なクリエイティブです。

日記は自分しか見ないため、本音を赤裸々に書けるという利点があります。ブログは人から見られる文章を意識するため、気持ちを言葉にする過程で思考の整理整頓になります。どちらもそれぞれメリットがあるため、自分に合う方法を選びストレスを外に逃がしましょう。

4.現実を忘れられる場所に出かける

人に相談するのが苦手な人は、失恋の苦しみを一人で抱え込んでしまう傾向にあります。部屋の中でじっとしていても、傷は深まっていくばかりです。まとまった休みを取り、現実を忘れられる場所に出かけましょう。温泉や動物園、カラオケ、ライブなど、自分が楽しめる場所であればどこでも構いません。

失恋を乗り越えるにあたって、現実と向き合うことは大切です。しかし悲観的な思考のときには、変えられない過去のことで悩んでばかりになってしまいがちです。前向きな考え方を手に入れるためにも、時には現実を手放して思い切り羽を広げてみてはいかがでしょうか。

5.相手の姿や名前が目に入らない環境を作る

失恋の傷を癒すためには、なるべく悲しい記憶を思い出さないようにする努力が必要です。別れた相手の姿や名前を見ずに済む環境を作るために、小さな工夫を重ねていきましょう。例えば、相手のSNSやメールアドレスをブロック・消去するのもひとつの方法です。

関係上ブロックするのが難しい場合は、アカウントをミュートしたり連絡先から消したりなどの方法で対応しましょう。相手から連絡がこない限り、自分からは名前を目にすることがない状況を作ることが大切です。

6.規則正しい生活と適切な休息で体を労わる

心と体は密接に関連しています。どんなに「気持ちを切り替えよう」と思っても、体の疲れが取れないままではすぐに元気がなくなってしまうでしょう。心を癒すためには、まず体を癒すことが大切です。規則正しい生活と適切な休息を取り、ポジティブな気持ちになりやすい体のコンディションを作りましょう。

すぐに立ち直れなくても大丈夫。辛い気持ちを受け入れよう

失恋を乗り越えるためには、今抱えている苦しみを素直に受け入れる必要があります。感情は自分の中から自然発生的に湧き上がるものであり、感情を否定することは自分自身をも否定することになります。

ただでさえ辛い体験をしている中で、これ以上自分を追い詰める必要はありません。心の傷を癒し、次の恋愛に進む準備をするためにも、まずはネガティブな感情を受け入れて自分を肯定してあげましょう。

失恋において抱えるネガティブな感情の種類はさまざまです。悔しさや寂しさ、悲しさ、嫉妬、憎しみ……。すべての感情と、すぐに正面から向き合う必要はありません。ただ否定せずに、肯定して受け入れてあげるだけで十分です。

失恋した時にやってはいけないNG行動

ここでは、失恋したときにやってはいけない行動をご紹介します。心に大きな傷がついているときは精神的に余裕がないため、視野が狭くなりがちに。感情的な行動を取って後から後悔しないように、最低限の冷静さは忘れないように心がけましょう。

1.別れた相手にしつこく連絡する

失恋の傷を癒したい場合も、恋人と復縁したい場合も、別れた相手にしつこく連絡するのはNGです。少なくとも現段階では、相手にとってのあなたはしばらく距離を置きたい存在です。あなたと一緒にいることに限界を感じたからこそ別れを告げたという事実を忘れないようにしましょう。

友達関係に戻りたい場合は、その旨だけを記載した内容を一通だけ送り、連投はしないように心がけてください。相手が話を広げてくれる場合は応じても構いませんが、できる限りこちらから連絡することは避けます。しつこい連絡は、別れを告げられたとき以上にあなたの評価を落としてしまうでしょう。

2.大量のお酒を飲んで現実を忘れようとする

失恋で辛いときには、アルコールを摂取して現実を忘れようとする人も多いものです。しかし気持ちが落ち込んでいるときの深酒は、自己嫌悪を感じやすくなるだけではなくアルコール依存症を発症する原因にもなりかねません。少量のお酒は、人によっては気分転換やストレス発散になります。しかし泥酔するほどに大量のお酒を飲むことは控えましょう。

3.別れた相手のSNSをチェックする

失恋してしまった相手のSNSをチェックしても、メリットはほぼないと考えてください。相手が楽しそうにしている姿を見ると「私はこんなに辛いのに……」とネガティブな感情を抱きやすく、異性が一緒に映っている写真を見ると嫉妬で苦しんでしまいます。

SNSで相手の情報をチェックする度に、相手のことを忘れられなくなります。相手のアカウントはブロックかミュートをして、情報が入ってこないように努めましょう。

4.辛い気持ちを否定する

失恋は誰にとっても辛いものです。この世界に、好きな人から別れを告げられて喜ぶ人は存在しません。「辛い」という気持ちは、ごまかさずに「辛い」のまま肯定してあげてよいのです。

失恋を乗り越えるためには、本心を受け入れてあげることが大切です。辛いと感じている気持ちを否定すると、誰にも本音を出せなくなってしまいます。自分を一番理解してあげられる人物は自分自身です。せめて自分だけは、感情をしっかりと受け止めてあげてくださいね。

5.無理に新しい恋愛をしようとする

失恋で苦しんでいると「新しい恋愛を始めれば心を癒せるかもしれない」と思い、焦って恋人探しを始める人もいるでしょう。しかし、失恋の苦しみを引きずったまま新しい恋愛を始めると、余計に辛さが募ってしまう場合があります。

今の恋人を別れた恋人と比べてしまったり、恋人らしい行為をする度に別れた恋人の姿が脳裏に浮かんだり。自分が苦しいだけではなく、相手にとっても辛い結果になってしまいます。完全に心の傷が癒えるのを必ずしも待ち続ける必要はありませんが、ある程度でも自分の心が落ち着いてから新しい恋愛を始めましょう。

失恋の辛さはいつまで続く?

失恋の辛い時期が長引くと「この苦しみはいつまで続くのだろう」と思ってしまいますよね。失恋の辛さがいつまで続くのかは、性格やライフスタイルによって個人差があります。また付き合ってきた期間や恋人との関係性も影響します。

数日ですぐに気持ちを切り替えて新しい恋を探せる人もいれば、数ヵ月経過しても気持ちが晴れずにふさぎ込んでしまう人もいるでしょう。普段は明るくポジティブな人でも、失恋の傷によって長期間苦しんでしまう場合もあります。

失恋で落ち込む期間を短くするためのコツは、苦しみを受け入れた上でなるべく新しい情報を取り入れることです。未知の出来事に触れたり新しい人間関係を構築したりすることで情報がどんどん上書きされ、可能な限り短い期間で過去を遠いものにできるでしょう。

苦しみを否定せずに認めてあげることから始めよう

今回は、失恋が辛い原因や対処法などをご紹介しました。

さまざまな方法をご紹介しましたが、最も大切なことはあなた自身が自分の力で失恋の苦しみを乗り越えることです。失恋で喪失感を抱いている今だからこそ、本来の自分は何が好きなのかを考えたり、辛いときに慰めてくれる存在を大切にしたりなどを心がけましょう。

以下の記事では、一人で寂しい気持ちを抱えたときの対処法をご紹介しています。失恋の苦しみが長期間続いている人や、孤独感に苛まれている人はぜひ参考にしてくださいね。

PR広告

Share
  • URLをコピーしました!

PR広告

PR広告

Amazon オーディブル

  • 今なら2ヶ月間無料で体験
  • プライム会員以外は30日間無料
  • 12万冊以上が聴き放題
  • オフラインで再生可能
  • プロ声優や俳優の朗読も
  • オリジナルコンテンツ多数

PR広告

Amazon オーディブル

PR広告

CONTENTS