自分がわからない時の心理とは?自分自身を理解する11の方法

自分がわからない時の心理とは?自分自身を理解する11の方法
CONTENTS

自分のことがわからない…

「この先自分はどうしたいのだろう」「自分なんかが目標を達成できるのだろうか」など日々の生活の中で、自分を見失い、どうしたらいいのかわからなくなることも時にはありますよね。

また、人間関係のトラブルから過剰なほど人に合わせるようになったり、仕事での失敗をきっかけに行動を起こせなくなったりする人もいます。相手に合わせすぎる、失敗を恐れて自分のしたいことを行動に移せない生活を過ごすうちに、本当の自分がわからなくなる場面もあるでしょう。

ありのままの自分を受け入れることに不安や怖さを感じたり、他者を優先する生活を送ったりするうちに「自分ってなんなんだろう」と考えこんでしまう人も少なくありません。

この記事では、自分がわからないときの心理状態と原因を説明します。また、自分への理解を深めるためにできる11の方法も紹介するので、自分を見失いそうになったらぜひ参考にしてみてくださいね。

周りを気にしすぎて、自分を見失うことも…

周りの意見を気にしてばかりいると、自分の意見や自分自身のことがわからなくなることがあります。自分がわからないと感じやすい人は、周囲の人へ過剰に配慮してしまうことが多いです。過剰に配慮する生活を続けると、自分の意見や考えを周りの人へ言えなくなってしまいます。自分の考えや意見を言わなかったり、周りを気にしすぎたりすることで、自分のことがわからない状態になっているのです。

また幼少期から自分の考えを我慢する場面が多いと、自己主張に苦手意識を持ちやすくなります。親の顔色を伺う生活、自己主張をしても否定された経験は、自分の本音や自分を見失うことにつながるのです。

自分がわからない時の心理とは

自分がわからないと感じる瞬間は人それぞれあります。誰もが「自分ってなんなんだろう」と見失うことはあります。自分のことがわからなくなったら、自分を見つめ直す時間を意識的に作ることが必要です。「これから先どうしたいのか」考える時間は、自己理解につながるでしょう。

しかし、本当にしたいことがわからないまま自分と向き合う時間を過ごしても、心のもやもやは解消されません。まずは、自分がわからない時の心理について一緒に見ていきましょう。

1.本来の自分を受け入れるのが不安

自分のことがわからないときは、ありのままの自分や本来の自分を受け入れることに怖さや不安を感じていることがあります。心理学辞典では「自己受容」と呼ばれています。自己受容は、自己のありようをそのまま受け入れることであり、自分の良い部分だけを受け入れるわけではありません。

自分のありのままを受け入れることへの不安感から「自分のことがわからない」状態になっていると考えられます。

2.自分の感情を受け止めるのが怖い

感情には、ポジティブ感情とネガティブ感情があります。うれしいとき、楽しいときのポジティブな感情は素直に受け止められる人が多いでしょう。しかし、怒りや悲しみ、不安などのネガティブな感情は、受け止めるのも簡単ではありません。

心理学では、自分はこうあるべきと思い描くことを「理想自己」、現実のあるがままの自分を「現実自己」と呼びます。理想自己と現実自己のギャップによってネガティブ感情が生まれます。また、現実の姿や自分の感情を受け入れられていないことも、自分がわからない理由になっていることも。

一方、自分の信念を大切にしていれば、ネガティブな感情も生まれるものです。自分の信念を尊重しながら、ありのままの感情も受け止めることが、自分がわからないと感じる時間を減らすことにつながるでしょう。

3.何をしても楽しくない

何をしても楽しくないと感じる心理背景には自分の感情を受け入れず、感情にふたをしていることが原因として挙げられます。自分の感情を受け入れるのを避けるうちに、喜びや楽しいという感情も抱きにくくなるのです。

また仕事、家事育児などで、時間にも心にも余裕がなくなることも「自分がわからない」状態の心理的要因になり得ます。心に余裕のない状態が続くと、何をしても楽しくないと感じることも。感情を見失うことは自分のことがわからなくなる状態につながるのです。

大切なのは生活の中に、時間や心の余白を作ることです。心の余白を作る方法として「自分の感情を吐き出す時間を作る」が挙げられます。何をしても楽しくない、自分のことがわからなくてつらく感じたら、積極的に心の余白を意識してみましょう。

自分のことがわからない原因とは

自分のことは自分が一番わかっていたい。それなのに、自分のことがわからなくなってしまうことは誰しも起こり得ます。自分がわからない原因は4つ考えられます。

ここでは、自分がわからない状態の原因を紹介していきます。本当にしたいことを見失ったまま、自分と向き合うことはつらく苦しい時間ですよね。日常生活を振り返りながら、原因を見つけていきましょう。

1.人に流されやすい

周囲に合わせすぎると、自分がわからなくなる原因になります。他人に合わせることは協調性があることで、人間関係での衝突も防げます。

一方、自分の意見を相手に伝えられない状態ともいえます。人の意見に従い行動すれば、自分の意思で物事を決定する機会が減ります。物事を決断する場面が減ることは、一見ストレスを感じないように思えるでしょう。しかし、自分の意見を言わずにいることは気付かぬうちにストレスの蓄積につながるのです。

相手の意見を聞いて、自分の考えや意見を伝えることは、良好な人間関係の構築に必要なものです。人に流され自分の考えを見失うことは「自分のことがわからない」と感じる原因になります。自分の考えを尊重することは、自分への理解、心理的負担を軽減するうえも必要でしょう。

2.恋人や友人に依存してしまう

恋人や友人に依存するタイプは、自分がわからないと感じることも少なくありません。恋人や友人に依存してしまうタイプには、自分の欲求を恋人や友人で満たそうとしている場合もあります。

依存のきっかけは人それぞれですが、「安心感」が大きく影響していることも。日々の生活の中で感じたつらい出来事やストレスを恋人や友人と過ごすことで発散することもあるでしょう。

つらいときに身近な人に頼ることで安心感を得たりストレスを解消したりすると、いつの間にか相手にあらゆる選択権を委ねるようになることもあるのです。恋人や友人に依存すると自分で意思を決定できなくなり、自分がわからない状態になります。

3.夢中になれるものがない

自分のことがわからない原因として、夢中になって何かに取り組む時間が少ないことが挙げられます。時間的、金銭的な余裕がないこと、飽き性で、ひとつのことに夢中になれない人は「自分には何もない」「自分ってなんなんだろう」と思い込みがちです。

自分がやってみたいことを、とりあえずやってみるのがおすすめ。行動してみると自分の趣味になったり、苦手なことに気づけたりします。

趣味や自分の好きなことをする時間を通じて、自己理解を深めていきます。行動することが夢中になれることの発見や、心の充足感にもつながるでしょう。

4.過保護に育てられた

幼少期の家庭環境が、今自分のことがわからない状態を作り出していることがあります。親からの干渉が過度であることで自分の意志を持って自己決定ができなくなっているケースがあるのです。

過保護に育てられた方は、幼い頃から親の決定で物事の判断してきたため、自己決定ができずに周囲の意見に流されやすくなります。自分で決断する場面が少ないことは、自分のことがわからなくなるだけでなく、自分のことを自分で決めることができない状態にも影響を与えます。

決断する時に親の顔がよぎることも時にはあるかと思います。その時には、「自分はどうしたい?」という視点を持つことを意識的に取り入れてみましょう。自分の意思で決める経験を増やしていき、自分の考えを見つめる時間を作ることが大切です。

自分を理解することが、自分を好きになる一つの方法

ここまで、自分がわからない人の心理と原因を紹介してきました。自分を見失い自分の意志を周囲の人へ表現できないことは、心の負担にもなります。自分のことがわからない心理と原因への理解を深め、自分と向き合う時間を積極的に作ることが自己理解への大きな一歩になるのです。

自分と向き合う時間を作ると、自分のことがわからない状態から抜け出す大きなきっかけになるでしょう。そうすると、好みや考えの傾向も把握しやすくなります。そして自分が見えてくることで、「ありのままの私」を受け入れやすくなります。

自分自身が一番の理解者であり、近くにいる味方です。自分の好きなことや本当にしたいこと、大切にしたい信念を認め、ありのままの自分を好きでいられるように過ごしましょう。

自分を見つける・自分自身を理解する11の方法

ここからは、自分自身を理解するためにできる11の方法を紹介します。自分自身への理解が深まることは「自分がわからない」悩みを少しずつ和らげていきます。

自分がわからなくなっている人は、まず自分自身を理解することから取り組んでみましょう。日常に取り入れやすいものから実践してみてくださいね。

1.自分がわからなくなった原因を突き止める

自分がわからない場合、まずは自分がわからなくなった原因を見つけることが大切です。自分のことがわからなくなると、これから自分がどうしたいのか不安になることもあるでしょう。

自分がわからない状態になるきっかけは人によって異なります。自分自身の過去の経験を思い出して、原因を見つけることが大切です。具体例として2つあります。1つめは人間関係でのつらい経験や、幼少期の家庭環境が原因で自分の意見を言うことに抵抗を感じ周囲に合わせているケース。2つめは、大きな失敗や挫折をした経験から自分に自信をなくしていることがあります。

自分がわからない状態がいつからなのか突き止め、本来の自分の気持ちや当時は言えなかった意見、信念を洗い出します。自分の考えや感情を尊重することは「自分とは何なのか」という疑問解消へつながるのです。

2.日々の生活にしっかり目を向ける

現実から目を背けず、今の自分や暮らしに目を向けることが自己理解には大切です。誰にでもある心理作用に「自我防衛機制」があります。人は不安や罪悪感などの不快な感情体験が発生すると、自身の心理的安定を保つために不快な体験を避ける行動をするといわれています。この防衛機制の中の一つの行動に「逃避」があるのです。

逃避とは、自分が嫌な環境にさらされないように働く作用のことです。逃避行動の例として、目の前の課題を先延ばしすることが挙げられます。目の前の不快な感情から逃げ、自己防衛することも大切です。

しかし、過度な自己防衛は自分の喜びや楽しみなどのポジティブ感情をわかりづらくさせてしまいます。自分の心を守るための行動を適度に取り入れながら、今の暮らしや自分の課題に目を向けることで本質的な課題解決にも近づけるでしょう。

理想だけを追うのではなく、今の自分自身を見つめる時間を大切にしてみてくださいね。

3.自分にとっての幸せを考えてみる

自分のことがわからない、ありままの自分を受け止めることが怖いと感じる人は、何をしているときが幸せなのかを考えることも有効です。寝る前に1日を振り返るのもおすすめです。

一日の中でどんなことに幸せを感じられたのか思い出すうちに、自分が幸せに感じるポイントを見つけられるでしょう。自分はこれをしたら幸せ、自分はこの人と話してる時間に心が満たされるなど、自分にとっての幸せを見つけることが自分がわからないという悩みから抜け出すきっかけとなります。

4.考えすぎずに行動してみる

自分がわからないと感じる人の中には、行動する前にいろいろ考え込んでしまい、行動できなくなる人も少なくありません。自分らしい行動をしなくてはならない、他者からの期待に添えるような行動をしなければならないといった「ねばならない」の考えを持っている背景があるでしょう。

まずは、とりあえず行動してみると自分にとって最適な方法や、手段を見つられるでしょう。行動したからこそ自分を知るきっかけが生まれることもあるのです。自分を見つけるために行動することも、自己理解を深めていくきっかけとなります。

5.依存対象と離れる努力をする

自分がわからない状態の心理的背景として恋人や友人への依存があります。恋人や友人を頼ることも大切ですが、意思決定を他者に依存しすぎることは避けましょう。

他者への依存が原因で「自分がわからない」場合には、依存対象と心理的距離をとることも必要です。自分がどうしたいのか意見や考えをまとめてから相談したり、自分だけでも楽しめる趣味を見つけて没頭したりすることが挙げられます。

親しい間柄だからこそ、依存しない関係性を構築していくことが自分を見つけるための前進になるのです。

6.周囲の視線や意見を気にしすぎない

自分のことがわからなくなっているときは周囲を気にしすぎていることも。自分のことをより理解するためには、周囲の視線や意見を気にしすぎないことも重要です。

周囲の視線を気にして、自分の考えや意見を飲み込だり、相手へ伝えなかったりするのは「自分の本音」を見て見ぬふりをしているともいえます。自分の本音を尊重することも、自分の考えと向き合うことにつながり、自分がわからないという悩みの解消法になるのです。

7.自分にとって悪影響なものから離れる

自分の思いや行動を否定する人、本音を打ち明けられないような人、環境からは離れることも必要です。自分の意思で物事を決定できるような環境づくりを意識しましょう。

幼少期から親の過干渉により、自己決定力が不足している人は特に試してほしい方法です。親元から離れ、身の回りの小さなことから「自分で決める経験」を積み重ねていきましょう。自己決定の経験を積み重ねることが、自分を知るきっかけになるのです。

8.ネガティブな感情は夜のうちに捨てる

ネガティブな感情を吐き出す場所をあらかじめ用意しておくのもおすすめです。日中に感じたネガティブ感情を考えていると眠れなくなることもありますよね。心と体の健康には睡眠が不可欠です。

厚生労働省の調査によると、睡眠不足の解消は、日中の生産性の向上にもつながるとされています。

良質な睡眠時間を確保するために、思考の棚卸しを就寝前に実践してみてください。例えば、頭の中にある言葉を全て書き出す「エクスプレッシングライティング」という手段があります。心理学では筆記開示法とも呼びます。

寝る前に感情を紙に書くのを取り入れてみましょう。まずは5分間だけ集中して取り組んでみます。慣れてきたら20分程度が理想です。

紙に自分の思考を書き出すことでネガティブ感情を客観的に把握できます。自分の思考を客観的に把握することが自己理解につながるのです。

9.自分の好きなことを突き詰めてみる

自分の趣味や特技、好きなことを追求する時間も自分を見つけるきっかけになり得ます。自分が好きなことをとことん突き詰めると心を満たす時間になるのです。

自分の好きなことやワクワクすることを見つけたら、好きなことを楽しむ時間を確保しましょう。好きなことを突き詰めていくうちに、新たな自分の一面を発見できることでしょう。

10.性格診断をしてみる

性格診断を利用し、自分自身を「見える化」するのも方法として挙げられます。自己理解を深めたいなら、診断結果をもとに自己を把握することも有効です。

アメリカのギャラップ社が開発した「ストレングスファインダー」は、ドン・クリフトン氏の「人は自分の弱みを改善するよりも、自分の強みに意識を向けそれを活かすことで最大の能力を発揮する」との考えに基づき開発された自身の強みを見つけるツールです。

診断結果から自分の強みを知り、資質をどう生かすか考えることが自己理解を深めることにつながるのです。

11.自分にとって大切なものを書き出す

思考をアウトプットすると、自分自身への理解を深められます。紙にぜひ書き出してみてください。思考の棚卸しの方法として、マインドマップの作成があります。

マインドマップとは、頭の中に描いている情報を図式する方法です。私たちは常に、ひとつの出来事からあらゆる連想をしているといわれています。思い描いている連想を紙に書き出すことで、自分にとって大切なものを見つけるきっかけになるでしょう。

例えば、紙の中心に「自分のこと」と書きます。自分のことで連想したキーワードを周りへどんどん書き出していきましょう。自分の「したいこと」「仕事」「気になること」「欲しいもの」など、自分のことに関連するキーワードを思いつくまま紙に書き出します。書き出した「自分のこと」関連するキーワードをさらに細分化させ展開していきます。

最近はビジネスシーンでも、ブレーンストーミング内に用いられています。ブレーンストーミングとは、職場のチームや部署などの集団でアイディアを自由にシェアする方法です。

自由な発想でアイディアを生み出せるよう、ブレーンストーミングには4つのルールがあります。「発言時には否定しない」「思いついた言葉を自由に発言する」「アイディアをできるだけ多く出すことに注力する」「一つひとつのアイディアを連想してつなげていく」です。ブレーンストーミングで自由に出されたキーワードを整理していく際に、マインドマップを活用できるのです。

自分のことがわからないときにマインドマップを利用すれば、今の自分の頭の中を視覚化できます。仕事の場面に限らず、自分の思考傾向の把握のため、また自分にとって大切なものを見つけるために活用しましょう。

自分がわからない状態から解放されて、自分らしい人生を!

この事では、自分がわからないと感じる心理と原因、そして自分のことがわからないという悩みから脱却するためにできる11の方法を紹介しました。自分が本当にしたいこと、本当に伝えたい思いをないがしろにする生活は、心にストレスを与えます。

自分がわからずに悩む日々はつらいですよね。自分自身を理解するためにできる11の方法を取り入れ、「自分がわからない」状態から自分自身を解放しましょう。

過去の経験や体験が自分を見失うきっかけとなり、誰しも起こり得ます。今の自分だからできていること、誰かの役に立てていることもあるでしょう。今すぐにありのままの自分を認めてあげられなくとも、少しずつ自己理解を深める時間を増やし、自分の本心に素直になれる生活を送りたいですよね。

自分がこれから先どうしていきたいのか、自分の本音や感情を受け入れ、自分らしい人生を送れることを願っています。

PR広告

Share
  • URLをコピーしました!

PR広告

PR広告

Amazon オーディブル

  • 今なら2ヶ月間無料で体験
  • プライム会員以外は30日間無料
  • 12万冊以上が聴き放題
  • オフラインで再生可能
  • プロ声優や俳優の朗読も
  • オリジナルコンテンツ多数

PR広告

Amazon オーディブル

PR広告

CONTENTS