「気にしすぎる性格に疲れた…」人間関係で疲れないための9つの方法

PR広告

CONTENTS

自分の気にしすぎる性格に疲れた…

なにごとに対しても、「つい気にしてしまう」「考えすぎてしまう」という方は多くいるのではないでしょうか。慎重な性格といえば聞こえはよいかもしれませんが、あまりにも気にしすぎてしまうと自分自身が疲れてしまいます。

最近ではHSP(Highly Sensitive Person)という言葉もよく聞くようになりました。これは生まれ持った気質で、感受性が強く神経質な人のことです。とても繊細で、まわりの人からみると、「気にしすぎでは」と思えることでも気になってしまい、気疲れしてしまうことも多いのではないでしょうか。

PR広告

人間関係で気にしすぎる人の特徴

人の悩みのほとんどは人間関係にあるといえるでしょう。人はひとりでは生きていけません。ひとりが好きという人でも、生活するうえで、なにかしら他人との接点があるものです。

しかし、気にしすぎる性格の人は、とくに人間関係で気になってしまうことがあります。相手はまったく気にしていないことでも、些細な振る舞いや言動で考えすぎてしまい、気になってしまいます。

1.人を傷つけたくない優しい心を持っている

そもそも、気にしすぎる人は繊細な心をもっています。とくに人に優しい人が多いです。
人を傷つけたくないと思う気持ちが強く、自分の言動で相手に不快な思いをさせていないか、相手を傷つけてしまったのではないかと考えすぎてしまいます。

人に優しいことはとても素晴らしいことですが、自分自身が苦しくなってしまわないように自分自身にも優しくしてください。

2.人から嫌われるのが怖い

誰しも人から嫌われたくないという気持ちは少なからずあるでしょう。気にしすぎる人はとくに嫌われたくない気持ちが強い傾向にあります。自分の言動で相手に嫌われてしまうのではないかと、相手の顔色をうかがってしまうことも。

自分の気持ちを抑えてでも、相手に嫌われたくないと思ってしまうと、自分自身の感情を抑え込むことになりストレスを抱えることになりがちです。意外と人はまわりの人をそれほど気にしていないものです。

過度に嫌われてしまうのではと考えすぎて自分自身の気持ちを抑えることが無いようにしましょう。

3.争いが嫌い・苦手

気にしすぎる人は優しい人が多く、人と争うことを嫌います。人と争うくらいなら自分が我慢してその場をやり過ごす方がよいと考えます。しかし、その場はなんとかやり過ごしても、自分の気持ちを抑えてしまうとモヤモヤした気持ちを引きずってしまうことも。

苦手だからといって、いつも争いをさけてしまうのではなく、自分の気持ちを相手に伝えつつお互いが譲歩できる関係性を築けるように意識するとよいでしょう。

4.自分の意見を言うことが苦手

気にしすぎる人は自分の意見を積極的に発言することが苦手です。それは自分の意見が他人に受け入れられなかったり、他人を傷つけてしまったりするのではないかと不安になるからです。

自分が我慢すれば、それで丸く収まると考えがちです。しかしそこには自己犠牲を伴ってしまいます。結局は自分自身の心に負担をかけてしまうのです。小さな我慢も積み重なると大きなストレスになり、心が病んでしまう原因になります。普段から自分の気持ちを抑えてしまわずに、建設的な意見を言えるようになりましょう。

5.自分のことを話すことが苦手

気にしすぎる人は自己主張が苦手です。あまり積極的に自分自身をアピールすることはしません。自己主張すると相手に不快感をあたえるかもしれない。もしかしたら自分のことを否定されてしまうかもしれない。

「かもしれない」ことを想像し、自分のことを話すことに抵抗感があります。しかし相手に自分のことを伝えないと本当の意味で信頼関係を築くことは難しいものです。少しずつでも相手に自分のことを伝えることを意識しましょう。

6.人に裏切られた・いじめられた過去がある

気にしすぎる人は、もともと気質的に繊細な部分を持っていることもありますが、過去の経験から人間関係に臆病になっていることもあります。過去に仲が良かった友人に裏切られたり、仲間のなかでいじめの対象になってしまったり。

過去に嫌な思いをした経験がその人を臆病にし、常に周りの人を気にしてしまうことにつながることもあるでしょう。しかし、過去にとらわれていてもなにも変わりません。少しでも勇気をだして一歩踏みだしてみましょう。

PR広告

気にしすぎる性格がネガティブ思考に繋がる!?

気にしすぎる人は、常に周りの人の目が気になってしまい、些細なこともネガティブに捉えてしまう傾向があります。自分の発言に対して相手の反応が薄かったときに、なにか不快感を与えてしまったのではないか、嫌われているのではないかなど、事実かどうかわからないことに対して深読みしすぎてしまい、ネガティブに捉えてしまいます。

実際には相手がなにを考えているのかわからないので、過度にネガティブに受けとることは自分自身のメンタルを健康に保つ意味ではなるべく避けることをおすすめします。

PR広告

人間関係で疲れた人におすすめのリフレッシュ方法

日々の生活で、人とのコミュニケーションは避けて通れないものです。時には苦手な人とのやりとりや、初対面の人とコミュニケーションをとらなければならないこともあるでしょう。毎日の人間関係に疲れてしまうこともよくあります。そんな時には自分を元気にするために、いくつかのリフレッシュ方法を試してみてはいかがでしょうか。

1.一人でゆっくり休む時間を作る

人間関係に疲れたときには、一度まわりの人から離れて自分一人で過ごす時間をつくることから始めましょう。一人は寂しいと思うこともあるでしょうが、たまには自分一人でゆっくり休む時間を作ることは、自分自身のストレスケアにはとても有効です。

その際に注意したいのは、スマートフォンなど通信機器も一旦遠ざけて、ゆっくりと自分だけの時間をくつろげるように工夫するとよいでしょう。

2.一人旅に出てみる

普段の生活の中で人間関係に行き詰ってしまったときには、思い切って一人旅に出てみるのはいかがでしょうか。旅行は非日常の体験をすることができます。一人旅であればなおさらです。

見知らぬ土地を一人で訪れてまわりには全く知らない人ばかりの環境に身をおくことで、今まで悩んでいた人間関係を俯瞰して冷静に見ることができるでしょう。

3.環境を変えてみる

今の人間関係に疲れてしまったら。思い切って環境そのものを変えることもひとつの方法です。環境を変えるというとかなり大変なことですが、どうしてもうまく行かない人間関係の中で常にストレスを感じる環境に居続けるのであれば、その場から離れるという選択も考えるべきでしょう。

とくにパワハラやモラハラなど自分自身では解決できない環境にいる場合にはその環境から抜け出すことを積極的に考えてみてください。自分自身を守るために必要な選択です。

4.人と過ごす時間をできるだけ減らす

人間関係に疲れてしまった時にはまず、物理的に人と過ごす時間を減らしましょう。気にしすぎる人は無意識のうちに、周りの人に気を使っています。本人は無理していないつもりでも、知らず知らずのうちに自分の気持ちを抑えて我慢していることが多いのではないでしょうか。

「少し疲れたな」と感じたら、まずは人と過ごす時間を減らしてみましょう。

PR広告

無理に性格を直さなくてもいい

気にしすぎる性格で疲弊してしまい、性格を変えたいと思う人もいるでしょう。しかし性格はそんなに簡単に変えられるものではありません。また、無理に直す必要もありません。

気にしすぎる性格の人は繊細な感性を持ち他の人に気をつかう優しいこころを持っています。それは素晴らしいことです。しかし自分に無理をしてストレスとして抱え込んでしまうと自分自身が疲弊してしまうので、対策は必要です。

気にしすぎる性格を直すのではなく、自分自身が疲弊してしまわないための対策をしっかりと持ちましょう。

PR広告

事前対策しよう!人間関係で疲れないための9つの方法

気にしすぎる性格でも自分なりに事前対策をすることで、人間関係で疲れないための工夫ができます。ストレスは日々少しずつ蓄積して、知らず知らずのうちに自分のこころに負担をかけていきます。

ある日突然限界を超えてしまうと「うつ状態」になってしまうこともありますので、日々コツコツと対策することが大切です。日々の生活のなかで細かい対策を積み重ねていくことで、ここの負担を軽減しましょう。

1.一定の距離を保って人と関わる

人間関係で重要なことは、「相手との距離感」です。近くても遠くても上手くいきません。非常に難しいことですが自分にとって心地よい距離感を掴みましょう。

距離が近い人からは少し離れて、距離が遠い人には少し近づく。相手との信頼関係にもよりますが、ある程度相手との信頼関係が築けるまでは、距離をとって様子をみてもよいでしょう。

2.苦手な相手とは表面上の付き合いにしてみる

生活するうえで、どうしても苦手な人とコミュニケーションをとらなければならない場面もあるでしょう。苦手な人とも上手くコミュニケーションしていくためには、必要最低限の関りにするとよいです。

職場であれば仕事以外でのコミュニケーションを無理にとる必要はありません。相手のためにという考えはやめましょう。自分自身が困らない必要最低限の付き合いで十分です。

3.自分のことに集中する

気にしすぎる性格の人はどうしても、周りの人に気をつかってしまいます。ついつい周りの目を気にして、なかなか自分のことに集中することができません。一日のなかで、少しでも良いので自分のことに集中する時間を作りましょう。

趣味のことや好きな音楽、映画など没頭できるものに集中する時間を持つことで、人間関係に疲れた気持ちをリフレッシュできます。

4.人の意見を受け入れすぎない・聞きすぎない

気にしすぎる性格の人は、どうしても人の意見を気にして受け入れてしまいがちです。自分の気持ちを優先するよりも、人の意見に合わせた方が、その場では円滑なコミュニケーションがとれるので良さそうに思えます。

しかし自分の気持ちを後回しにしているので、後からモヤモヤしたり、後悔したりすることも。人の意見を聞くことは良いですが参考にする程度で、あくまでも自分の意志で行動していきましょう。

5.気が合わない人とは距離を置く

人間関係ではどうしても気が合わない、波長が合わないということがあります。これは誰かが悪いということでは無く、相性というものです。気にしすぎる性格の人は、周りに気をつかうので、気が合わない人ともなんとか円滑なコミュニケーションをとろうと努力します。

しかしそれは自分の気持ちを抑えて相手に合わせることになり、疲れてしまいます。人間関係で重要な距離感ですが、あまり気が合わない人や苦手な人とは距離をとるようにしてください。とくに仕事上の付き合いという程度であれば無理に相手に合わせる必要はありません。仕事を進めるうえで困らない最低限のコミュニケーションで十分です。

6.相手を変えることはできない

「交流分析」という、人格と個人の成長と変化における体系的な心理療法の理論を提唱したカナダの精神科医で心理学者だった、エリック・バーンの言葉に、「他人と過去は変えられないが自分と未来は変えられる」というものがあります。人間関係で疲れてしまう人が変えられるのは他人では無く自分自身なのです。

相手を変えようと考えてもさらに疲弊してしまいます。まずは自分自身の捉え方を変える気持ちを持ちましょう。

7.職場での人間関係は、周囲の人に相談する

社会人であれば、職場での人間関係で悩むことが多いでしょう。1日8時間労働するとして1日の3分の1は仕事をしています。もちろん自分一人で進める仕事もあるでしょう。しかし仕事の多くは他の人とのコミュニケーションなしでは進めることができません。
コミュニケーションがあるところには、なにかしらの人間関係で悩むこともあるでしょう。気にしすぎる性格の人は人間関係で悩んだときに自分で抱え込んでしまうことがあります。自分が我慢すればいいと思ってしまうのです。

しかし、我慢が積み重なることで抱えきれなくなることも容易に想像できます。職場での人間関係で悩んだときには上司や同僚もしくは、職場以外でも信頼できる人に相談するとよいです。相談することで案外あっさりと解決してしまうことも多いのではないでしょうか。

8.無理に話そうとしすぎない

気にしすぎる性格の人は、周りの人に気をつかってしまうので自分が話したくない場面でも多少無理をしてでも話をしなければならないと考えてしまいます。しかし無理に自分から話をしなくても良いのです。無理をして自分から積極的に話をしなくても相手の話に相槌をうってよく聞くことで相手は気持ちよく話をすることができるでしょう。

口下手な人が無理に話をしようとして、疲れてしまうよりも聞き手に徹することも対策のひとつとして有効です。

9.定期的に一人の時間を作る

気にしすぎる性格の人は周りの人への気配りで疲れてしまうので、少しの時間でも一人になれる時間を作ることも疲れないための手段になります。仕事の合間に小休憩をとる際には一人でゆっくり過ごすのもよいでしょう。

PR広告

気にしすぎる自分も愛せるようになろう

気にしすぎる性格の人は、とても繊細な感性をもっています。周りの人に気をつかうことができて優しい性格の人が多いのではないでしょうか。一方で、自分自身の気持ちを抑えてすぎると、疲れてしまう原因になります。なにごともバランスが大切です。自分の気にしすぎる性格を理解した上で変わろうと思う必要はありません。

日々の生活のなかで疲れないための対策をコツコツと積み上げて、自分の心が疲れてしまわないようにしてください。「気にしすぎる性格が自分らしさ」だと、ありのまま受け入れて自分を愛して自分らしく生きていきましょう。

PR広告

Share
  • URLをコピーしました!

PR広告

PR広告

Amazon オーディブル

  • 今なら2ヶ月間無料で体験
  • プライム会員以外は30日間無料
  • 12万冊以上が聴き放題
  • オフラインで再生可能
  • プロ声優や俳優の朗読も
  • オリジナルコンテンツ多数

PR広告

Amazon オーディブル

PR広告

CONTENTS