自己肯定感が高い人の特徴&低い人の特徴|両者の決定的な違いとは⁉︎

no-image
CONTENTS

あなたは自己肯定感が高い?低い?

いつも迷わずに選択したり、周りを気にせずにどんどん人生を進んでいく人を見たりすると、うらやましく感じることは誰にでもありますよね。そんなときは、自己肯定感について考えてみませんか。

自己肯定感とは、ありのままの自分をかけがえのない存在として肯定的、好意的に受け止められる感覚のことです。自己肯定力があると、日々の生活で直面する困りごとを前向きに捉えられるでしょう。

この記事では、自己肯定感が高い人と低い人の違いや、それぞれの特徴を紹介します。自分の考え方のクセと向き合えるきっかけになれば幸いです。

自己肯定感が高い人と低い人の違いとは?

自己肯定感の高い人と低い人にはどのような違いがあるのでしょうか。

自己肯定感が高い人は、ありのままの自分を肯定できるので、自信をもって次々と前へ進み、失敗しても乗り越えることができます。

もし自己肯定感が低いと、いつまでも自分に自信が持てません。自分で決めた選択も「これで大丈夫かな」「もっとよい方法があるのでは」といつまでも前進できないのです。次第にマイナスの面ばかりを気になり、失敗を恐れるようになることも。

自分の在り方を決める自己肯定感について、それぞれ5つの特徴にわけて見ていきましょう。

自己肯定感が低い人5つの特徴

自己肯定感は、日常生活の人間関係や職場でのパートナーシップはもちろん、自己実現をよい方向に進めるうえでも大切な感覚です。

もし、気持ちが落ち込んで自己肯定感が下がってしまうと、日常のいろいろなことに影響が及ぶかもしれません。

まず、自己肯定感が低い人には、どのような特徴があるのでしょうか。

1.ネガティブな発言が多い

ネガティブな発言はマイナス思考から生まれてきます。

ネガティブ発言が多い人は、物事に対して否定から入ってしまう傾向がありませんか。否定的な考えの人が周りにいると、それだけで雰囲気が暗くなりますよね。マイナスな言葉を聞き続けるのがつらくなり、距離を置かれてしまいます。

もしあなた自身ネガティブな発言が多いなら、否定的な姿勢によって、よい出会いや貴重なチャンスを失っているかもしれません。

2.何事も無理だと決めつけてしまう

物事にはできること・できないことがあるものです。

新しいことを目の前にしたとき、すぐに「できない」と考えてしまうのは、自分自身への信頼感が落ちているのかもしれません。

確かに、物事のネガティブなところばかり注目すると、誰でも新しいことに挑戦するのが怖くなってしまいます。自分の考えや価値観を否定し続けると、自分の選択に自信が持てなくなってしまうのです。

3.人に流されやすい

相手に強く言われると自分の意見を伝えられなくなり、相手を優先してしまう経験はありませんか。もし思い当たるなら、自己肯定感が下がっているかもしれません。

流されやすいのは、その場の空気を感じて行動できる観察力があり、協調性が高いからこそともいえます。

しかし、自分の意見や選択に自信が持てないからといって相手の意見ばかりを尊重してしまうと、自分自身を否定することにつながります。また本当の思いを口に出せないことで、ストレスを溜めこんでしまうでしょう。

4.他人と比較してしまいやすい

自己肯定感が低くなると、誰かと比べて落ち込んだり、うまくできなくて悲しくなったりします。

本来ならば、誰でもそれぞれのペースがあります。もし自分のやり方が否定される出来事があったとしても、それは相手の価値観によるもの。自己肯定力があれば、周りの反応に影響されずにマイペースで物事を進められます。

しかし自分の中に信頼できる軸がなく、肯定感のない状態だと、自分の条件を他の人と比べることで自信を持とうとしてしまいます。

5.人やモノに依存しやすい

自己肯定感が低い人は、自信が持てないので、自分以外の何かに依存してしまうことがあります。

例えば、クラスの人気者と仲良くなりたい、あの有名人が身につけているものがほしい、と思ったことはありませんか。自分を信頼できないと、何を選択しても自信が持てず、自分以外の何かに価値を求めてしまうのです。

危険なのは、常に何かと比べて自分を否定し続けることです。誰かから褒められたり、羨ましがられることでしか、自分を認められなくなります。

自己肯定感が高い人5つの特徴

自己肯定感が低い人の特徴に当てはまっていても、心配はいりません。そんな自分を責めてしまったら、さらに自己肯定感を下げてしまいます。自分への評価は常に変わるものです。まずは自己肯定感を低くしてしまう特徴を自覚し、認めてあげましょう。うまくいかないことや落ち込んでしまうことは、もしかすると自己肯定感が低いためにわき起こっていた感情かもしれないのです。

それでは、自己肯定感が高い人にはどのような特徴がみられるのでしょうか。

1.ポジティブな発言が多い

気持ちが満たされていると、自然とポジティブな言葉を選んでいるものです。自己肯定感が高い人は、前向きでポジティブな言葉をよく使います。

一方、自己肯定感が低い人は、ネガティブなことに目が向きがちです。そのため、選ぶ言葉もネガティブでマイナスになる傾向があるのです。

また、ネガティブなことも前向きに変えられるのが、自己肯定力の持つ強さです。自己肯定力が低くても、マイナスな気持ちをポジティブに置き換えられれば「できるかもしれない」と思えるでしょう。

2.無理難題でもトライしてみる

「できるかな」と思ってもとりあえず挑戦してみる。自己肯定感の高い人は、前向きに挑戦ができます。

自分を信頼しているため、周りの否定な意見もアドバイスの一つと捉え、流されずに自分の判断で進むことができます。

また、責任を持った言動は、失敗してしまっても結果を受け入れるのが早く、さらによい選択肢を求めて次のステップへ臨機応変に移れるのです。

3.芯が強く流されない

自分軸がある人は、周りに影響されずに自分の道を進むことができます。

決断に迫られて、答えに迷ってしまうことはありませんか。また、考え抜いた答えが本当に正しいのかわからなくなることもあります。

自己肯定力が高いと、どんな時も自分自身で考えるので、たどり着いた答えに自信を持つことができます。

答えに自信があるので、ほかの人に何かを言われても「そういう考え方もありますね」と、自分の考え方と上手に一線を引けるのです。

4.他人ではなく過去の自分と比較する

周りと比べて落ち込むことは誰にでもありますよね。

自己肯定感が高い人は、他人軸ではなく自分軸で物事と向き合います。そのため、向き合うべきライバルも他人ではなく過去の自分なのです。

人はそれぞれの人生を送っています。同じ目標を持っていても、歩んできた道もこれから歩む道も同じではありません。それにもかかわらず、別の道を歩く人と比べてしまうと、自分を苦しめてしまいます。

向き合うのは、いつでも自分自身なのだということを忘れないでください。

5.ストレスを感じづらい

ストレスに強い人には3つの特徴があるといわれています。

まず「自分は自分、他人は他人」と、相手とは別の人間なのだと上手に線引きができる人は、ストレスに強いです。

次に、結果を重視せず、過程を楽しむことができます。

最後に、1人でも楽しく時間を過ごせる人は上手に気持ちをリセットできるので、ストレスを感じにくくなります。

今からでも遅くない!自己肯定力は自分であげられる

ここまで自己肯定感の高い人と低い人の特徴をみてきました。

どちらの特徴も思い当たる人もいるでしょう。人は自分を肯定してみたり、否定してみたりを繰り返しながら生きています。

体力が落ちていたり、気持ちが落ち込んだりするときは、否定的な意見に傾くのも自然なことかもしれません。大切なのは、自分を肯定してみよう、という気持ちです。

自己肯定力が低いと、つい自分をダメ出ししてしまうもの。そんなストレスフルの状態は早く卒業したいですよね。

価値観や捉え方から変えてみよう!

気にしていることを言われたとき、困ったことが起きたときにどう捉えるかで状況は変わってきます。

価値観や捉え方は自分の中に深く根付いているので、急に変えるのは難しいかもしれません。しかし、受け止め方一つで、自己肯定感をあげられるなら、少しずつでも試してみませんか。

もし自己否定をしそうになったら、その気持ちを紙に書き出してみましょう。客観的になることで、できないと思い込んでいただけだったと気づけます。自己肯定感を高めることで、あたらしい世界との出会いがあるかもしれません。

ネガティブな感情に引きずられずに、ポジティブな感情を選択する習慣を身につけましょう。

PR広告

Share
  • URLをコピーしました!

PR広告

PR広告

Amazon オーディブル

  • 今なら2ヶ月間無料で体験
  • プライム会員以外は30日間無料
  • 12万冊以上が聴き放題
  • オフラインで再生可能
  • プロ声優や俳優の朗読も
  • オリジナルコンテンツ多数

PR広告

Amazon オーディブル

PR広告

CONTENTS