職場いじめの対処法9選|社内で嫌がらせを受けてしまう原因&理由とは

no-image
CONTENTS

職場でのいじめ、どうやって逃れたらいい?

職場いじめは昔から多くの人を悩ませてきました。また、職場いじめをきっかけに人が亡くなった事件もあり、現在では職場いじめは大きな社会問題となっています。

影ながら嫌がらせを受けたり、嫌な噂を流されたり……。最近は、自分だけお菓子を貰えない「お菓子はずし」といういじめもあるほど。時代が変わっても、いじめは根強く残っています。社会人になってもいじめに悩まされている人は多いでしょう。

今回は、職場でいじめや嫌がらせを受けてしまう原因や対処法をご紹介します。初めにお伝えしておきたいことは、いじめは常に「する方が悪い」のが大前提であること。いじめられる側は決して悪くはありません。

毎日職場でストレスを抱えている方や職場いじめが気になる方は、ぜひこの記事を参考にして環境改善を試みましょう。

職場で嫌がらせを受けてしまう原因

いつの時代でもいじめは、いじめる方が悪いもの。しかし、いじめられてしまう人には「いじめのターゲットに値する理由・原因」を持っているケースが多いです。

職場での嫌がらせにもターゲットにされる原因があります。まずは、これらの原因を作り出していないかをチェックしてみましょう。

1.何しても怒らなそうに見られている

何をしても怒らなかったり、断らなかったりするイエスマンタイプはいじめの対象になりやすいといえます。受動的な態度を取っている人は、自分の意見を持っていなさそうに見えるからです。いじめる側からすると「例えいじめられたとしても上司に報告もしなさそう」と高を括られがちです。

いじめる側は自分が優位に立っていたい、見下していたいという気持ちがあります。そのため、すぐに反抗しそうな人は最初からいじめのターゲットにはしません。

自分が支配していられるような、大人しくいじめられてくれそうな人を意図的に選んでいます。

2.異性社員から好感が高い

異性からの人気が高いと嫉妬の対象になりやすく、職場いじめのターゲットにされる可能性が高いといえます。見た目が綺麗・かわいいというだけでもいじめの対象になってしまう事実もあり、いじめは理不尽なものです。本人が実際に異性に媚びているか否かは、あまり関係がありません。

いじめる人たちから見て「媚びているように見える」「異性の注目を浴びている」だけで、いじめターゲットとして認定される条件は充分。異性社員から好感度が高い人を追い出すことにより、少しでも自分がちやほやされたいというケースもあります。

3.仕事が出来すぎる

仕事ができすぎることが原因で嫉妬をされ、いじめられるケースもあります。有能な人は周りから尊敬されたり羨望の眼を向けられたりするのと同時に、仕事があまりできない人のコンプレックスを刺激します。

また、出世欲や承認欲求が強い人にとっても、自分から注目を奪っていく存在は邪魔になります。そのため、仕事ができる人を排除して、自分への注目を集めようとするのです。出世欲が無い場合でも「ちやほやされてる人が嫌い」というだけでいじめられてしまうこともあります。

4.笑顔が少ない

子供同士の世界では「暗いから」という理由だけでいじめに発展する場合がありますが、このケースは大人の世界でも同様に起こり得ます。上記でも解説したように、笑顔が少ない=大人しそう、従順そうという印象を与えるからです。

特別に大人しい性格ではなくても、笑顔が少ない人は「ツンツンしている」「感じが悪い」などの悪い印象を与えがちです。そんなネガティブなイメージがいじめの火種となるのも、おかしな話ではありません。

職場で嫌がらせを受けやすい人の特徴

職場いじめを受ける原因をご紹介しましたが、これらの原因に当てはまらないのにいじめられているという方もいるでしょう。

その場合は、いじめの根本的な原因以上に、いじめられる側の性格の特徴が問題となっている場合もあります。いじめられる側の性格が、いじめを誘発している可能性があるということです。

もちろん何度も説明するように、いじめは「する方が悪い」です。しかし同時に、当人がいじめられやすい特徴を持っていないかも客観的に確認してみましょう。

1.断れなさそうな性格をしている

いじめる側の人が自分の力を誇示したいときには、歯向かってきそうな人間よりも、ノーと言えなさそうな人間を選択します。自分の力を気持ちよく振るえる相手に最適なのは、何をしても断れなさそうな、いわゆる「お人よし」な性格です。

そのため、性格的に優しくて思いやりがある人が職場いじめのターゲットになるのは珍しいことではありません。嫌なことを嫌だと言えないタイプの人は、いじめを受けても立ち向かうのが困難です。

そして、いじめる側もこれを見越しています。いじめは常にいじめる相手を意図的に選んで行われるのです。

2.ルックスがいい

ビジュアルが良い人は嫉妬をされやすいので、いじめの的にされがちです。特に、イケメンの男性よりも美女の方がいじめられやすく、美しい人が小ぎれいにしているだけで「男を誘っている」「職場なのに色気を出して……」と悪く言われるケースが目立ちます。

承認欲求が強い女性や、何事に対してもマウントを取りたい女性にとって、自分以外に美しい女性がいる事実はそれだけでいじめに値します。自分以外に見た目を褒められる存在がいることが許せないのです。

もちろん、ビジュアルが優れない女性から見たときに「自分が持っていないものを持っている」というコンプレックスからいじめに発展するケースもあります。

3.社内に心許せる人が少ない

いじめる人は「孤立している人」や「歯向かえる環境が無さそうな人」を選んでいます。そのため、社内に友達がいない人はいじめにあいやすいといえます。いじめる側からすると「いじめに対抗するために徒労を組んでこなさそう」と思われているからです。

反対に、相談をする相手がいる人は、いじめる側としては分が悪くなるのでターゲットにしません。自分の方が悪者だと社内に知れ渡る可能性があるからです。しかし、いじめられる側の交友関係が狭ければ、その心配も少ないといえるでしょう。

4.我が強い

自分を強く持っている人は、その強さの分だけ目立ちます。目立つことは羨望の対象にもなりますが、裏を返せばいじめのターゲットにもされやすいということになります。また性根の悪いいじめる人は「心が強い人を折るのが楽しい」とすら考えている場合もあります。

また、我が強い人の中でも自分の意見を他人に押しつけがちなタイプは、周囲とのトラブルを招きがちです。周りの不満が積もった結果、いじめという形で発散されるケースもあります。

まずは上司に相談してみよう!

職場いじめの対策として、まずおすすめしたい方法は「上司への相談」です。いじめは犯罪であり、良識的にも社会的にも許されません。いじめられている人がストレスで潰れてしまう前に、会社としてもいじめを行う不穏分子は排除しておきたいのが道理です。

上司に相談をすると、いじめる人を異動させてくれる可能性があります。場合によっては懲戒免職になることも……。相談の際は、いじめの証拠品を事前に準備しておくことが重要です。「考えすぎ」の一言で流されてしまわないように、しっかりと備えておきましょう。

職場での嫌がらせを我慢し続けると、どうなる?

「そのうち収まるだろうから……」と職場いじめを我慢し続けるのは、やってはいけないことの1つです。なぜなら、職場いじめを我慢することは、それだけで知らず知らずのうちにあなたの健康な体と心を蝕んでいくからです。

職場いじめが長引くと、段々と抑うつ状態になっていき不眠や胃腸への影響なども増え、ボーッとしたりなど心身の不調が現れます。心にトラウマを抱えると、たとえ転職をしても抑うつが改善されなかったり、辛いいじめの出来事を何度も思い出したりして苦しむなどの症状も起こります。

社内・職場、上司からのいじめ対処法4選

職場いじめは、いじめてくる相手によって対処方法が異なります。相手の立場によって対策方法を変え、現在の環境改善により効果的な方法を考えましょう。もうこれ以上、いじめられる側が苦しむ必要は無いのです。

まだいじめに対抗できる力があるうちに、できることからコツコツと始めることが大切。被害者がいじめと闘う姿勢があることをアピールするだけで、身を引く加害者も多いものです。まずは、相手が上司のパターンからご紹介します。

1.上司の上司に相談する

会社内に上下関係がある以上、上司からのいじめは告発しづらいものです。しかし、その上司も社長でない限りは「誰かの部下」である事実に変わりありません。上司からのいじめで悩んでいるのなら、さらに上の上司に相談してみましょう。

いじめてくる上司は、何かしらの能力を買われて人をまとめる立場にいると考えられます。もしも他にもいじめられている人がいるのなら、味方に引き込んで告発するとより効果的です。人数が増えると信憑性も上がり、会社も対処せざるを得なくなります。

2.された嫌がらせを記録しておく

上司からのいじめの際に絶対に用意しておきたいのが、いじめの証拠品。これは相手が上司でなくても同じです。しかし、立場が下の人間が上を告発するにおいては特に準備しておくべきです。

上司は、その立場の分だけ社会的責任と役割があります。したがって、会社はそのポジションに穴を空けたくはありません。このデメリットを塗り替えるほどの確固たる「逃げられない事実」を用意しておくのは、職場いじめを告発するための協力な武器になるのです。

3.言われたことを録音しておく

証拠集めに効果的な方法の1つが「録音」です。今はスマホで簡単に録音ができますが、必要であれば数千円程度でボイスレコーダーも準備できます。また、ボールペン型のレコーダーなども個人で購入可能です。ボールペン型を使う際には、普段からポケットに挿しておけばすぐに怪しまれずに録音開始できます。

いじめの内容を日記のように記録して残すのも大事です。それ以上に、肉声は言い訳できない証拠になるので強力です。声のデータをコピーしておけば、相手が怒ってボイスレコーダーを壊しても残しておけるので心強いでしょう。

4.泣いたり暗い顔をしない

社会的責任のある人がわざわざ部下をいじめるのは、自分の力を誇示したい・悦に浸りたい心理が働いている可能性が高いです。この場合、泣いたり暗い顔をしていると相手をもっと喜ばせてしまいます。

喜ばせないために、また相手をひるませるためにも、できる限り堂々とした対応を心がけましょう。「こいつをいじめても楽しくない」と思わせることが大切です。いじめのターゲットが離れた隙に、粛々と告発の準備を進めてもよいでしょう。

社内・職場、同僚からのいじめ対処法5選

同僚からの職場いじめの対応策は、上司の場合とは変わります。相手が同僚である以上、こちらがどのような対応を取ったとしても社内評価にはほぼ関係がありません。この点では、上司相手と比べると少なからず気が楽です。

社内、ひいては部署内という狭いコミュニティのいじめでは、人間同士のパワーバランスが如実に表れます。いじめる側は強者の地位にいつまでも安住していたいので、このパワーバランスが崩れることを嫌います。なので相手に「自分がいじめている人物が今のパワーバランスを崩す存在になりそうだ」と思わせることが大切です。

いじめへの牽制は「私はあなたにとって厄介な存在になる可能性があります」という意思表示になります。面と向かって戦う姿勢を押し出さなくても、さまざまな方法で牽制のニュアンスを伝えることは可能です。

1.無視する

いじめの根本的対処法として挙げられるのは「無視」です。古今東西、いじめに対してはまずは無視が鉄則です。理由は、いじめは「相手の反応を見て楽しむ」ことが目的になっていることも多いからです。もちろん職場いじめもこの可能性に当てはまります。

なので、被害者が何をされても無視に徹すると「こいつはいじめてもつまらない」と相手に思わせられます。相手の興味の対象から外れるための特効薬こそが、無反応なのです。

2.嫌なことは言い返す・反発する

いじめは「歯向かってこなさそうな相手」に対して行われることが多いです。安心していじめていられると思っている相手が、突然毅然とした態度で「やめてください」と言ってきたら、加害者はとても驚きます。

アピールしたいのは「自分はいざとなれば反抗できる人間である」という意志です。いじめが反社会的な行為であることは、相手も承知の上で行っています。だからこそ、論理的に相手の不当さ・卑怯さを指摘すると正統性が増し、より強い意志をアピールできます。

3.上司に相談する

子ども学校でいじめられたら先生に相談する理由は、先生という存在がそのコミュニティを統括する立場だからです。ならば職場でのいじめを相談するべきは、必然的に上司になります。いじめの被害にあっている事実を正しく伝えられれば、いじめている側がすぐに異動になることもあります。

1人で抱え込んで悩み続けるよりは、権力を持つ相手に情報を共有するべきでしょう。もちろん、その場合も証拠品を充分に準備してから告発すれば、説得力が上がります。

4.常に笑顔で対応する

いじめは、いじめられた側の困ったり悲しんだりしている反応があるほど、激しくなっていきます。なので「いじめが効いていないアピール」は有効です。そこで役立つのが笑顔です。何をされてもニコニコ、何を言われてもニコニコ……。そんな相手をいじめても楽しくありません。

この方法は自分へのターゲットが外れるだけで、職場の中に蔓延するいじめ行為そのものが無くなる可能性は低いです。しかし、まずは自分の体と心を守るのが最優先。安全を保持した上で対策を立てるのは、むしろ建設的だと言えるでしょう。

5.相手の言ってくることを気にしない

結局、いじめは「対象を嫌な気持ちにさせる」ことが目的です。いじめる側が何を理由にしていたとしても、その発言内容の正当性はほぼ皆無です。被害者を不快にさせることが目的の人の言葉を、いちいち真摯に受け止めて考え込む必要は全くありません。

もしも「言われたことを無視できる心の強さ」があるのなら、ぜひ実行してみましょう。習慣的に続けていけば、相手もいじめるのが馬鹿馬鹿しく感じて身を引いてくれる可能性が高いです。

社内・職場の嫌がらせが加速するNG行動とは?

ここまで職場いじめの対策法をお伝えしてきましたが、反対に「これをやると職場いじめが悪化するNG行動」も存在します。良かれと思って行動したのにも関わらず、いじめがより加速してしまうのは悲しいですよね。

今からご紹介するNG行動を事前に把握して、環境改善の作戦を立てていきます。自分だったら助けてあげたくなる行動が、見る人によっては苛立ちの原因になるかもしれない可能性を、常に想像しましょう。

1.異性の社員に相談する

いじめを異性の社員に相談することは、同性の反感をより一層買う可能性があります。また同性同士でいじめが行われている場合、異性からのアドバイスは残念ながら見当違いとなる可能性も高いです。

職場いじめの理由が異性問題に関連している場合は、特に逆効果になります。異性への相談がきっかけで、さらなるいじめに発展する危惧もあります。相談をする場合は、年齢に関係なく同性を選びましょう。

2.目の前で泣いてしまう

いじめられていて辛いのに涙を見せると逆効果になるのは、当人にとっては辛いでしょう。しかし残念ながら、涙は誤解を生む原因になります。本人にとっては大問題であるのにも関わらず、悪い意味で「大げさ」と言われやすいです。

また大前提として「職場」なので、社会の一員として働く場で感情的に涙を流すこと自体が、周囲からの信用を落とす一因となりがちです。被害の辛さを正しく伝えるためにも、感情的になっていると判断されかねないので、できる限り涙を流さないように我慢しましょう。

3.口が軽い社員に相談してしまう

相談相手のミスは誰にでも起こりがちなので、意識的に気を付けたいNG行動です。口が軽い社員に相談すると「自分がいじめを受けている事実が広まれば、相手もいじめづらくなるかも」と思うかもしれません。見方によっては、それも確かに正解です。

しかし、噂には尾ひれが付くものです。いじめられている側に非が無くても、噂が回る最中で被害者にも原因があるような広まり方をしてしまう可能性があります。その結果は、被害者の心をさらに傷つけてしまいます。相談相手は慎重に選びましょう。

職場いじめが解消されないときは、退職を検討しよう

今回は、職場いじめが起きる原因やいじめられる人の特徴、そして職場いじめへの対処方法をご紹介しました。

再三お伝えしておりますが、どんな状況であったとしても「いじめはいじめる方が悪い」のです。被害者の心がこれ以上傷ついてしまわないためにも、できる限り早急に対策を整えるべきでしょう。

まずは、ほんの少し行動の変化を起こすことが大切です。その積み重ねが周囲の環境も少しずつ変化させます。

もしも、行動を起こしてもいじめが解決しない場合は、最後の手段として転職・退職も残されています。どうか心を守るために、最善の選択を行ってくださいね。

PR広告

Share
  • URLをコピーしました!

PR広告

PR広告

Amazon オーディブル

  • 今なら2ヶ月間無料で体験
  • プライム会員以外は30日間無料
  • 12万冊以上が聴き放題
  • オフラインで再生可能
  • プロ声優や俳優の朗読も
  • オリジナルコンテンツ多数

PR広告

Amazon オーディブル

PR広告

CONTENTS