よく寝る人の特徴とは?寝すぎるときの対策も解説

no-image
CONTENTS

よく寝る人は、普通の人とどう違う?

よく寝る人は、人よりも睡眠時間を長時間確保しないと日中の生活に支障をきたしてしまいます。しかし、寝すぎることは必ずしも病気が原因とは限りません。

よく寝る人には特徴があり、ストレスを抱えている状態だったり体質的に神経伝達物質が分泌されにくかったりする場合があります。これらの原因によって、人よりもよく寝る人は睡眠時間が長くなりやすいのです。また、人によって適切な睡眠時間は異なるため、自分にとって適切な睡眠時間を知ることが重要です。

この記事では、よく寝る人の特徴や寝過ぎてしまうときの対策について解説していきます。自分の寝すぎることに悩みがある方は、心かげていくべきポイントを参考にしてみてください。

これって寝すぎ?人間の最適な睡眠時間とは

人間の最適な睡眠時間は、人によって異なるため10時間以上必要な場合もあれば、5時間程度で十分な睡眠をとれる人もいます。

よく寝る人の中には、自分の最適な睡眠時間を知りたいと考える人も少なくないです。十分な睡眠を確保できているときの特徴として下記の3つが挙げられます。

  • 日中に眠気を感じない
  • 朝まで寝続けられる
  • 熟睡感がある

よく寝る人の3つの特徴

ここからは、よく寝る人の特徴を3つご紹介します。

  • 心身にストレスをため込みやすい
  • 体質的に一部の神経伝達物質が分泌しにくい
  • 生まれつき必要な睡眠時間が長い

自分は寝すぎかもしれない……。と悩んでいる方は、まずよく寝る人の特徴に当てはまっていないかチェックすることから始めましょう。

1.心身にストレスをため込みやすい

よく寝る人は、心身にストレスをため込みやすいという特徴が挙げられます。人がストレスを感じると、自律神経のうち、体を活発にさせる働きを持つ交感神経が優位になります。

本来、睡眠時には体をリラックス状態にする副交感神経が優位になりますが、ストレスを溜め込むことで、交感神経が睡眠時にも優位になり、睡眠の質が下がったり寝付きが悪くなたりします。

睡眠の質の低下によって、寝る時間を長時間確保しているとも考えられるでしょう。

2.体質的に一部の神経伝達物質が分泌しにくい

よく寝る人の特徴2つ目には、体質的に睡眠に関わる神経伝達物質の分泌がしにくいことが挙げられます。人が眠気を感じるときは、ドーパミンやセロトニンが分泌されます。

ドーパミンとは、喜びや快楽など快く感じる原因となる脳内報酬系の活性化において中心的な役割を担っている神経伝達物質です。快感や多幸感、意欲を感じるために必要な物質といわれています。セロトニンとは、喜びや快楽、恐怖や驚きといった感情の情報をコントロールし、精神を安定させる働きを持つ神経伝達物質です。

ドーパミンやセロトニンの分泌量が少ないと、眠気を感じにくかったり眠りが浅くなったりするため、睡眠の質が低下してしまうのです。睡眠の質の低下によって、睡眠時間が長くなっているケースも少なくありません。

3.生まれつき必要な睡眠時間が長い

よく寝る人の特徴3つ目は、生まれつき必要な睡眠時間が長いことが挙げられます。これは、遺伝的な要因だけでなく生まれ育った生活スタイルからの影響ともいわれています。睡眠時間の長さには遺伝的な要因が絡んでいる可能性があるとして、研究が進められています。

よく寝る人の中には、寝すぎることを病気と感じる方もいるでしょう。しかし、ロングスリーパーは病気ではなく、人よりも体質的に必要とする睡眠時間が長いだけです。

長時間寝ないと、熟睡感が得られなかったり疲労が残りやすかったりすることもあります。

12時間睡眠をとらないと眠い…病気の可能性はある?

人よりもよく寝る人は寝すぎであるため、病気が原因ではないかと不安を感じることもあるでしょう。前述したロングスリーパーは過眠症ではなく、長時間睡眠を確保できれば日中に眠気を感じることはありません。

一方で睡眠障害のひとつである過眠症は、十分な睡眠をとっていても日中に強い眠気を感じ、生活や仕事に支障をきたしてしまうことも少なくないです。

しかし、睡眠に対して病気かどうかを自己判断するのは避けるべきです。睡眠に関する不安や改善されない点がある場合には、まずは専門医へ相談してみることをおすすめします。

寝すぎるときに心がけたいポイント

ここまでよく寝る人の特徴と寝過ぎでしまうことは病気の可能性があるかについて解説してきました。最近寝すぎることが増えたと悩んでいる場合には、これから紹介するポイントを意識しながら生活してみましょう。

寝すぎるときに心がけたいポイントは下記の通りです。

  • ストレスの原因を根本からケアする
  • 周りに合わせず、自分にとって最適な睡眠時間を認識する
  • 日中の活動に影響を与える場合は、専門機関に相談する

1.ストレスの原因を根本からケアする

心身に疲労を抱えたままでは、質の高い睡眠をとることはできません。まずは、ストレスの原因を根本からケアすることが大切です。例えば、ストレスの対処法のひとつにコーピングが挙げられます。コーピングは下記の3つに分類されます。

  • 情動焦点コーピング
  • 問題焦点コーピング
  • ストレス解消型コーピング

ストレスの原因を根本からケアする方法としては、「情動焦点コーピング」「問題焦点コーピング」が有効な手段です。ストレス要因に対しての捉え方を変えてみたり、原因となる環境から離れてみたりするなど試してみてください。

2.周りに合わせず、自分にとって最適な睡眠時間を認識する

睡眠時間は人それぞれで、よく寝る人のように長時間の睡眠が必要な人もいれば、短時間でも十分な睡眠を確保できる人もいます。

周囲の睡眠時間に合わせるのではなく、日中に眠気を感じて困らないように睡眠時間を確保していくことが大切です。

3.日中の活動に影響を与える場合は、専門機関に相談する

寝すぎる人の中には、睡眠時間を長時間確保しても日中に強い眠気を感じるケースも少なくありません。睡眠時間の改善を図っても日中の眠気が強いときは迷わずに専門医へ相談することをおすすめします。

日中の眠気によって、生活や仕事、車の運転に支障をきたす場合もあるため注意が必要です。

良質な睡眠をとるためには、睡眠サプリを活用しよう

今回は、よく寝る人の特徴と寝過ぎてしまうときの対策についてご紹介しました。睡眠時間は、人によって最適な長さは異なるものです。睡眠時間だけではなく睡眠の質を向上させることを心がけていきましょう。

良質な睡眠を得るには、寝室の環境や寝る前の過ごし方などの改善が必要です。他にも、睡眠サプリで内側から睡眠の質を高めていくのもおすすめです。

睡眠の悩みは放置せず、取り入れやすい方法で少しずつ改善していきましょう。睡眠の悩みが長期間改善されていない場合には、自己判断せずに専門医への受診も検討してみてください。

PR広告

Share
  • URLをコピーしました!

PR広告

PR広告

Amazon オーディブル

  • 今なら2ヶ月間無料で体験
  • プライム会員以外は30日間無料
  • 12万冊以上が聴き放題
  • オフラインで再生可能
  • プロ声優や俳優の朗読も
  • オリジナルコンテンツ多数

PR広告

Amazon オーディブル

PR広告

CONTENTS