精神的に疲れてる人にかける言葉とは?ラインでも使える励しの言葉7選

no-image
CONTENTS

大切な人が落ち込んでいる…精神的に疲れてる人にかける言葉は?

大切な人が落ち込んでいると、なんとかして励ましてあげたくなりますよね。しかし相手の性格や関係性によっては、よかれと思ってかけた言葉がプレッシャーを与えてしまうかもしれません。

自分が「言われて嬉しい」と感じる言葉でも、相手にとっては不快感を抱かせてしまう可能性があります。とはいえ、「なんて言われたら嬉しい?」と直接本人に聞くわけにもいきません。できれば、相手が望んでいる言葉を自分からかけてあげたいものです。

今回は、精神的に落ち込んでいる人にかける言葉をご紹介します。どんな声をかければいいかわからない人はもちろん、励ましの言葉の引き出しを広げたい人もぜひ参考にしてくださいね。

精神的に落ち込んでいる人にかける言葉4選

落ち込んでいる人に声をかけるときには、なぜ相手がネガティブな状態になっているのかを考える必要があります。やみくもにポジティブな言葉を投げかけても、相手にとっては「中身が伴っていない」と感じてしまう場合もあるでしょう。

ここでは、精神的に落ち込んでいる人にかける言葉として、おすすめのものを4つご紹介します。言葉選びはTPOが大切であるため、記載するすべての言葉が正解とは限りません。自分で言葉を選ぶためのヒントに活用してくださいね。

1.〇〇がいつもがんばっているのは知ってるよ

精神的に疲れてしまう理由の一つに、自分のキャパシティ以上にがんばりすぎてしまうことが挙げられます。がんばり屋さんの人は自分に厳しく、少しのミスや失敗でも心を病んでしまうもの。常に高みを目指している向上心の高い人です。

そんなストイックな人には、「あなたがいつもがんばっているのは知ってるよ」と声をかけてあげましょう。努力が周りに認識されている、認められていると思えるだけで、今までのがんばりが報われたような気持ちになれます。

2.落ち込んでいても体は大切にしてね

心が落ち込んでいると、体にも不調が現れやすい傾向にあります。また「健全な精神は健全な肉体に宿る」という言葉はまさにその通りで、体が健康な状態でなければメンタルもネガティブになってしまうものです。心と体はお互いに影響し合う関係であり、どちらかだけがよければいいというわけではありません。

メンタルの不調時は体調不良をないがしろにしやすいため、「体は大切にしてね」と声かけをしてあげましょう。「あなたのことを大切に思っているから、心だけではなく身体も心配している」という意志を伝えることが大切です。

3.いつも周りに気を使ってくれるから疲れてしまうんだよね

自分よりも周りに気を使い、コミュニティの空気を守ってくれる人は精神的に疲れやすいタイプです。常に周りを見て気を張っているため、自分のメンタルコントロールが後回しになってしまいがちに。

当人が落ち込んでいるときは「いつも周りに気を使ってくれているよね」「優しいし真面目だから疲れてしまうよね」と声をかけてあげましょう。気が利く人はストレスを一人で抱え込みやすいため、誰かが見てくれているとわかるだけで気が楽になるものです。

4.一人じゃないよ。みんな(私)が付いているよ

落ち込んでいる相手が悩みを抱えていそうなら、「〇〇は一人じゃないよ」「私(たち)やみんながついているよ」と優しい言葉をかけてあげましょう。普段は「自分には家族や友達などの味方がいる」と思える心の余裕がある人も、精神的に追い詰められているときには「自分には誰も味方がいない」と思い込んでしまいがちです。

周りが改めて言葉にして伝えることで、一人ではないことを思い出せます。真っすぐな言葉は口にするのに少し気恥ずかしさを感じるかもしれませんが、飾らない言葉であるほど真っすぐに相手の心に届いてくれるでしょう。

ラインで使いやすいカジュアルな励ます言葉

ここでは、ラインやSNSで使いやすいカジュアルな励ます言葉をご紹介します。相手との距離感が近いツールだからこそ、重いニュアンスを含ませずに伝えられるのが魅力です。ラインであれば、会話の最中に電話に切り替えやすいのもメリットといえます。

1.今日、〇〇してくれて助かったよ

「落ち込んでいる人に声をかけたいけれど、何を言えばいいのかわからない」という人は、相手への感謝を伝えることから始めましょう。「今日〇〇を手伝ってくれて助かったよ、ありがとう!」のように、相手の価値を肯定的に認める言葉をかけることで、ポジティブな印象を与えます。

ありがとうの言葉は、どれだけ言っても言いすぎることはありません。励ましの言葉選びに迷ってタイミングを逃してしまうよりも、感謝の気持ちを素直に伝えましょう。

2.元気なさそうだったけれど、大丈夫?

元気がなさそうな人を見たものの「勘違いだったらどうしよう……」と不安に感じている人もいるかもしれませんね。結論から言うと、勘違いでも心配する意義はあるものです。勘違いかどうかは元気がなさそうに見えた相手にしかわからないことであり、もしも本当に落ち込んでいた場合にはあなたの一言が大きな喜びになる可能性があります。

ただし最初から「元気出して!」と言ってしまうと、元気がないと決め付けている印象に。まずは「今日、元気なさそうだったけれど大丈夫?」と様子を伺ってみましょう。大丈夫だと言われたら「ならよかった!何かあったら話聞くね」で十分です。「自分のことを気にかけてくれている人がいる」と思えるだけで、肯定感が高まりメンタルによい影響を与えます。

3.ごはん食べに行かない?

ラインならではのカジュアルな声掛けとして、ごはんのお誘いがあります。相談や悩みなどのネガティブなワードを出さなくても、「駅前の新しくできたお店、一人じゃ入りづらいから一緒に行こう!」や「あそこのパスタのお店、水曜のランチ美味しいから今度一緒に行かない?」のように、ポジティブな雰囲気で誘うだけでも心がつながるものです。

実際に会ったときも、わざわざ悩みを引きだす必要はありません。話しやすい雰囲気づくりには気を配りつつも、相手が話さなければ無理に聞かなくてもいいのです。「話さない」という選択肢を選んだ相手にとっても、楽しく食事をしてくれるあなたの存在は癒しになるでしょう。

落ち込んでいる人に使わないほうがいい励ます言葉

ここでは、落ち込んでいる人に使わないほうがいい言葉をご紹介します。どれも一見すると誰かを励ます言葉に聞こえるものの、悩んでいる人にとっては追い詰められるものばかりです。無自覚に相手を傷つけてしまわないように、NGワードを心に留めておきましょう。

1.苦しいのはみんな一緒

声を掛ける人にとっては「あなただけじゃなくてみんな苦しい。みんなもがんばっているのだから、あなただってがんばれるはず」という気持ちかもしれません。しかし言われた側からすると「みんなががんばれているのに、どうしてあなたはがんばれないの?」と責められているニュアンスに聞こえる場合があります。

苦しんでいる本人が「みんなもがんばっているんだから、自分もやろう!」と自らを奮い立たせる分には使えますが、他人から言われるとストレスがたまってしまいます。目の前の人が抱えている苦しみに注目し、相手の悩みを雑に扱わないように注意しましょう。

2.時間が解決してくれるよ

どんな悩みや苦しみでも、時間が解決してくれる部分は大きいものです。「時間が何とかしてくれるよ」や「いつか忘れて楽になるよ」という言葉は、正しい励ましの言葉のように思えますよね。

しかし、本人にとっては「将来的に楽になるかどうかではなく、今の苦しみを何とかしたいと思っているのに……」という気持ちになるかもしれません。今目の前で苦しんでいる相手の心に寄り添えるような言動を心がけましょう。

3.小さなことで落ち込んでちゃ駄目だよ

本人が悩んでいる内容は、周りの人にとっては小さいことに見える場合もあります。しかし価値観は人によって違うものです。あなたにとっては気にも留めないような悩みでも、本人は夜も眠れぬほど心を痛めている可能性があります。

「小さなことで落ち込んでちゃ駄目だよ」は、相手が悩んでいる気持ちそのものを否定する残酷な言葉になってしまいます。自分の物差しで判断せずに、相手がどれだけ苦しんでいるのかに注目して寄り添いましょう。

相手や関係性によって言葉を使い分けることが大切

人を励ますためには、言葉選びが大切です。同じ人が相手でも、悩んでいる内容や心情によってはかける言葉が変わってきます。

陥りやすいミスとしては、「Aさんに喜ばれた言葉をBさんに言ったら、もっと落ち込んでしまった」というパターン。性格は人それぞれであるように、感受性や言葉の受け取り方も違うものです。

目の前の人はどのような性格で、何に悩んでいて、どんな言葉をかけてほしいのかを見極める冷静さが必要になります。「自分だったらこう言われたら嬉しい」と主観で判断するのではなく、相手の立場にたった言葉選びを心がけてくださいね。

落ち込んでいる人にかける言葉を知って、周りを元気づけよう

今回は、落ち込んでいる人にかけたい励ましの言葉をご紹介しました。

言葉には力があり、人を元気づけることも傷つけることも可能です。優しい言葉を選んだからといって、相手の心を追い詰めないとも限りません。相手がどのような言葉を求めているのか考えながら、心に寄り添う言葉選びをしてくださいね。

ある人には使いづらい言葉も、違う人が落ち込んでいる場合には使えるケースも。励ましの言葉のボキャブラリーを増やしておくことで、さまざまなタイプの人を元気づけることができるでしょう。

PR広告

Share
  • URLをコピーしました!

PR広告

PR広告

Amazon オーディブル

  • 今なら2ヶ月間無料で体験
  • プライム会員以外は30日間無料
  • 12万冊以上が聴き放題
  • オフラインで再生可能
  • プロ声優や俳優の朗読も
  • オリジナルコンテンツ多数

PR広告

Amazon オーディブル

PR広告

CONTENTS