「やりたいことがない…やりたい仕事がない…」生きがいを見つける方法

no-image
CONTENTS

やりたいことがない…生きがいを見つけたい…

自分のやりたいことに素直になり、真っすぐに夢を追いかけている人はキラキラと輝いて見えますよね。「自分もやりたいことを見つけよう」とは思うものの、夢や生きがいは簡単に見つかるものではありません。

楽しいと思えることを見つけてもモチベーションが長続きしなかったり、経済的な理由で諦めてしまったり。欲求に素直に生きている人を見ると羨ましさを感じ、「自分の人生には何の目標もない」と落ち込んでしまうこともあるでしょう。

今回は、人生におけるやりたいこと・生きがいの見つけ方をご紹介します。今は生きがいを見つけられていない人でも焦る必要はありません。夢への情熱を持つのは何歳からでも遅くはないのです。

社会人になったけれど仕事にやりがいを感じられない…

社会人になるまでは「会社に入ったら一生懸命仕事をして成果を出そう」と思っていた人も多いのではないでしょうか。しかし実際に入社してみると、身を粉にしてがんばって働いても報われないことが多いものです。

社会人になったからこそ「自分の人生は本当にこれでいいのだろうか?」「自分がまだ気付いていないだけで、やりたいことや夢があるのでは?」と悩んでしまうこともあります。仕事にやりがいを感じられないと、人生を後悔しないか不安になってしまいます。

もちろん、仕事で結果を出すことや出世を生きがいにしている人も少なくありません。しかし、自分が仕事を生きがいにできないからといって落ち込む必要はないのです。仕事にやりがいを感じられなければ、仕事以外のことに目を向けてみましょう。

やりたいことがない人に共通する5つの特徴

ここでは、やりたいことがない人に共通する特徴を5つご紹介します。やりたいことがない人と言うと怠惰なイメージがあるかもしれませんが、決してそうとは限りません。自分自身の人生と向き合った結果、「今はやりたいことがない」と思っているだけなのです。

1.現実を見ている

やりたいことがない人は、人生に夢を見ずに現実をしっかりと見ています。「ロマンがない」と思うかもしれませんが、夢ばかり追いかけていると人生が安定しないのも事実です。経済的にも社会的にもしっかりと基盤を作り、安定した人生を歩みたいと望んでいます。

「やりたいことのために今のライフスタイルや仕事を犠牲にすることは割に合わない」と考えており、あくまで今の生活を崩さない範疇でできることを探しています。また現実を生きることだけで必死で、やりたいことに構っている余裕がない人もいるでしょう。

2.好奇心が弱い

やりたいことや夢を持つためには好奇心が必要です。まだ見ぬ未来や知らない分野に飛び込んでいける好奇心を持っている人こそが、今とは違う自分を手に入れられるのです。そのため、好奇心が弱い人は自分の可能性を自ら狭めてしまっているといえるでしょう。

とはいえ好奇心が弱いこと自体は性格の問題であるため、悪いことではありません。ただし「やりたいことが欲しいのに見つからない」と思っている人は、自らの好奇心が足りているかを見直し、感受性を高めていく必要があるでしょう。

3.リスクを恐れている

人生においてリスクを恐れている人は、やりたいことがなかなか見つかりません。今の生活を変え、本当にやりたいことを始めるためにはリスクが必要になります。場合によっては、今の仕事を辞めて経済的に不安定な状態にもなってしまうでしょう。

将来的な不安と安定を天秤にかけたときに、安定を選びたいと思っています。今の生活を変えないままでやりたいことを探そうとすると、できることは限られてきます。その中から心の琴線に触れるものを見つけられずに「やりたいことがない」と思っているタイプです。

4.過去に挫折を経験している

過去にやりたいことに挑戦した結果、失敗や挫折を経験した人もいるでしょう。失敗がトラウマとなり、新しいことに挑戦する勇気が足りない状態です。「昔のように悲しい思いをするのなら、最初から何も挑戦したくない」と思っています。

やりたいことを見つけてしまうと、挑戦できない自分に自己嫌悪を感じてしまいます。自分を嫌いになるのは誰でもつらいものです。心を守るためにあえてやりたいことを探さずに、挑戦や挫折自体から距離を置いています。

5プライドが高く失敗が怖い

プライドが高く失敗が怖いと感じている人は、やりたいことを最初から持たないという選択肢を選びがちです。成功するためには挑戦をしなくてはいけませんが、挑戦には失敗が付きものです。失敗によって自分のプライドに大きな傷が付いてしまうのではないか、と行動を起こす前から恐れています。

自分自身が傷付くことも怖いですが、周りから「あの人は失敗した」と後ろ指を指されることにも強い恐怖心を覚えています。失敗をした人という烙印を押されることにプライドが耐えられません。失敗をして笑われるくらいなら、最初からやりたいことを持たないほうが心の平穏につながるのです。

やりたいことがないことで生じるデメリット

ここでは、やりたいことがないことにより生じるデメリットをご紹介します。やりたいことがないこと自体は責められるべきではありませんが、目的意識のない人生ではもったいない時間の過ごし方をしてしまうかもしれません。

1.限られた時間を無駄に過ごしてしまう

やりたいことを持っていないと、人生で与えられた限られた時間を無駄に過ごしてしまう可能性があります。とはいえ、やりがいがない状態で働いていてもお給料はもらえてスキルも伸びます。厳密には、人生には「完全に無駄だ」といえる瞬間はありません。

ここでいう無駄とは、自分らしくない人生を送ってしまうという意味です。自分がやりたい仕事をやっているわけでもなく、将来に向けた貯金をしているわけでもない状態は、納得感のある自分らしい人生とはいえません。時間は有限であるため、漠然と目的を持たずに過ごしてしまっても取り返すことはできません。

2.劣等感を抱きやすくなる

やりたいことがない状態で生きていると、やりたいことをやっている人に劣等感を感じやすくなります。人は誰しも、自分が持っていないものを持っている人を羨ましく思うものです。ましてや、夢や生きがいといった人生の幸福に関わるものであればなおさらです。

夢に向かってポジティブにがんばっている人にネガティブな感情を向けるのは苦しいもの。素直に応援したい自分と応援できない自分の間に挟まれて、自己嫌悪に陥ってしまうでしょう。生きがいを持てないせいで感じるコンプレックスは、生きがいを持つことでしか解消されません。

3.スキルアップや昇給が遅れる

やりたいことがない状態では、仕事や学業へのモチベーションが上がりません。自分と同じ程度のステータスで向上心を持っている人と比べると、成長速度に差が付くのは当然だといえます。

「自分がやりたいことではないのに」という気持ちで仕事をしていても、なかなか自己成長にはつながりません。気持ちを割り切って「仕事は仕事だ」と思えればいいのですが、「お給料がもらえれば何でもいい」という気持ちで漫然と働いていると、スキルアップや昇給が遅れてしまいます。

夢を持っていない人は、今から夢を持てる人でもある

自分と同年代を比べると、目的意識を持っている人とそうでない人で人生に違いがあるように見えます。実際に、生きがいや夢をしっかり持っている人は時間の過ごし方に無駄がありません。やりたいことがない身からすると、置いていかれてしまうような感覚になり焦ることもあるでしょう。

しかし、やりたいことを見つけるタイミングに個人差があるのは当然のことです。私たちはみんな生まれた場所も性格も違い、育った環境や親からの教育も違えば、習い事や学校の環境も違います。一人ひとりがまったく違う人生を送ってきたのですから、みんなが同じタイミングでそれぞれのやりたいことを見つけられるわけがないのです。

子どもの頃からやりたいことを明確に持っている人もいれば、定年退職をした後に夢を持つ人もいます。今やりたいことがわからない人も焦る必要はありません。夢を持っていない人は、言い方を変えれば今から夢を持てる人なのです。

やりたいことを見つけるために取り入れたい4つの価値観

やりたいことを見つけるためには、今とは違う価値観を取り入れることが大切です。今までの自分のやり方に疑問を持つのは勇気がいりますが、過去の自分を否定する必要はありません。新しい考え方もプラスしていく意識で取り組んでみましょう。

ここでは、やりたいことを見つけるためのヒントになる価値観をご紹介します。ポイントは自分の心や感性に正直になることです。先入観や苦手意識を取り払い周囲に目を向け、自分自身と今一度向き合ってみましょう。

1.フットワークを軽くしよう

やりたいことを見つけるためには、フットワークを軽くすることが大切です。周囲からの誘いは前向きに考え、さまざまなことに興味を持ちましょう。もしも興味がない分野の誘いを受けてもすぐには断らず、「新しい価値観に出会えるかもしれない」とポジティブに受け取ってください。

フットワークを軽くすることで、さまざまな人生や知識と出会え、見識を深めることができます。知らないことを知るほどに人生の選択肢が広がり、自分が何をしたいのかを考えるための力になります。知識を応用してアイデアを出すためにも、元となる経験の数が必要です。

2.ペースは人それぞれだと認識しよう

やりたいことを見つけるタイミングは人それぞれです。生きがいを見つけるために必要なことは、自分のペースを見失わないこと。焦れば焦るほど視野が狭くなり、小さなきっかけを見逃してしまいます。

とくに、最初から大きな物事を成し遂げようとすることはやめましょう。焦っているときほどすぐに結果が欲しくなるものですが、どんな目標を達成するためにも努力をコツコツ積み重ねる過程が必要です。自分には自分、他人には他人の人生があることを忘れないでくださいね。

3.心の声や欲求に忠実になろう

やりたいことを見つけるために最も大きな手助けとなってくれるのは自分自身です。社会で生きる年数が増えるほど失いたくないものや守りたいものが増え、大きな選択に臆病になってしまいます。今一度、心の声に耳を傾けてやりたいことを探してみましょう。

「どうせ無理だ」「今の年齢では始めるのには遅すぎる」と、やる前から諦めてしまっていることはないでしょうか。自分の可能性を決めるのは自分しかいません。時間を戻すことはできませんが、これから先の未来はいくらでも作ることができます。欲求に従い、まずは行動を起こしてみましょう。

4.他人を妬まずに学びを得よう

他人の夢や生きがいを自分と比較する必要はありませんが、やりたいことを見つける過程でどうしても比べてしまう瞬間は訪れます。しかし、比べる理由は嫉妬や悔しさなどのネガティブなものではなく、目標や憧れなどのポジティブな内容にしましょう。

自分だけの知識や価値観では、目標を達成するまでに時間がかかります。先駆者のアイデアや失敗を学び自分の知識として活かすことで、より効率よく学びに変えることができます。どのようにしてやりたいことを見つけたのかをさまざまな分野の人たちに尋ねてみてはいかがでしょうか。

何もしたいことがない人が適職を探す方法

ここでは、何もしたいことがない人が適職を探すための方法をご紹介します。やりたいことや生きがいがなくても、衣食住のためにお金は稼がないといけません。少しでも自分の人生の肥やしになるように、将来を見据えた仕事選びをしていきましょう。

1.人より得意なことを仕事にする

やりたいことはなくても、人よりも得意なことがあれば仕事に活かしてみてはいかがでしょうか。周囲の人よりも自分のほうが優秀なスキルを持っているだけで大きなアドバンテージです。

能力に対して正当な評価をしてもらえる会社に入ることで、利益を出す人材として重宝されます。昇給や昇格のチャンスが訪れる可能性も上がり、自己肯定感も上がるでしょう。収入が上がることで、いつかやりたいことができたときのための軍資金にもなります。

2.隙間時間を作りやすい仕事を探す

隙間時間を作りやすい仕事を探すことで、空いた時間に勉強やイベントへの参加、調べものなどができます。朝から晩まで長時間労働をするスタイルだと自由時間が退社後か休日しかありませんが、自分で業務時間をコントロールできる働き方ならフットワークを軽く保てるでしょう。

例えば完全出来高制の仕事の場合、評価や報酬のために必要な最低限の結果を出せば、残りの勤務時間を自由に使える場合があります。フレックス制を導入している会社であれば勤務時間そのものを調整でき、勤務日でも自分らしい時間の使い方ができます。

3.多種多様な人と触れ合える仕事を選ぶ

さまざまな年齢や職業の人たちと触れ合える仕事を選ぶことで、視野が広がり人生の選択肢が増えていくでしょう。例えば営業職や販売業、サービス業などが当てはまります。多種多様な人生に触れることで、自分にとっての幸福とは何かを考えるきっかけになります。

4.今、好きなことを仕事にする

将来的にずっと好きでいられるかはわからなくても、今マイブームになっている物事はないでしょうか。一過性の情熱だったとしても、まずは目の前の好きなことを仕事にしてみるのもよいでしょう。

好きという気持ちは最高のモチベーションです。スキルアップのために勉強をしたり挫折を乗り越えたりするためにも、「好き」がなくては始まりません。一生涯に渡る生きがいを見つけるために、今この時期にしか感じられない生きがいを積み重ねるのもひとつの手段なのです。

5.アルバイトやボランティアでさまざまな仕事に触れる

やりたいことを見つけるためには経験が大切。とはいえ、「飽きたりつまらなくなったりしたら転職しよう」というわけにはなかなかいきません。職歴が増えるほど面接で悪いイメージを持たれやすく、短期間での退職は相手にも迷惑がかかるものです。

やりたいことが見つかるまでは、アルバイトやボランティアの形でさまざまな仕事に触れるのもよいでしょう。正社員よりも背負う責任が少ない状態だからこそフットワークが軽くなり、自己発見に役立ちます。

人生のペースは人それぞれ。やりたいことがなくても焦らないでいい

今回は、やりたいことを見つけるメリットや、やりたいことを見つけるために取り入れたい考え方などをご紹介しました。

生きがいを持っていると人生はより豊かになりますが、持っていないことを恥ずかしく思う必要はありません。持っていないことよりも、焦って周りが見えなくなることのほうが危険です。自分のペースを守って常に冷静でいるように努めましょう。

なかなかやりたいことが見つからないときは、知らないことを学んだり未経験の分野に挑戦したりすることをおすすめします。自分を諦めずに、どんどん可能性を広げていきましょう。

PR広告

Share
  • URLをコピーしました!

PR広告

PR広告

Amazon オーディブル

  • 今なら2ヶ月間無料で体験
  • プライム会員以外は30日間無料
  • 12万冊以上が聴き放題
  • オフラインで再生可能
  • プロ声優や俳優の朗読も
  • オリジナルコンテンツ多数

PR広告

Amazon オーディブル

PR広告

CONTENTS