芸能人が住む街!?都立大学駅の住みやすさ~治安の良さが魅力


今回は都立大学駅の住みやすさについて検証していきます。

都立大学駅は「これ!」という何かがあるわけではなく、電車も各停しか停まらず、駅前もそんなに栄えているわけではないですが、なぜか格上に思わせてくれる街です。

一言でいうと、特に何もないけど、住むには最適、セレブな街という表現が、ピッタリです。

PR広告

CONTENTS

アクセス◎東京都心へも横浜へも


都立大学駅は、東急東横線上に位置する駅です。
渋谷までは乗り換えなしで12分。
その途中に位置する、オシャレスポットである代官山や中目黒にも10分ほどで行くことが可能です。

中目黒では、日比谷線に乗り換えることができます。
(ホームで乗り換えができるので超楽チン!)
日比谷線で、恵比寿・六本木・銀座などにもアクセス可能です。

東横線は渋谷が始発/終着なのですが、
渋谷からは副都心線に自動的に路線が切り替わります。
なので、副都心線上に位置する、新宿や池袋にも実質一本で行くことができます。

とにかくアクセス抜群です。

ただし、都立大学は各停しか停まりません。
お急ぎの場合には、隣に位置する自由が丘駅や学芸大学駅で、
特急もしくは急行に乗り換えることをオススメします。

PR広告

治安も安心!閑静な住宅街

都立大学は東京都目黒区に位置しています。
東京23区の中でも、目黒区のブランド力は高く、「憧れの街」として特に女性から支持を得ています。
かくいう私も、代官山や自由が丘に憧れ、東横線沿いに移り住もうと計画したことのあるほど、住むとなんだか「自分のレベルが上がったような気がする区」です。

都立大学は、この目黒区の中でも閑静な住宅街が広がり、高級住宅街としても有名なエリアです。

都立大学駅の東側の「碑文谷」、北側の「柿の木坂」、西側にある「八雲」など、低層階の高級マンションや豪華な一戸建てが立ち並び、散歩コースとしても楽しめます。

政治家や芸能が多く住んでいることでも有名で、駅から奥に入っていけばいくほど、門衛付きの家があったりと、もはや一般庶民にはわからない世界になっていきます。

高級住宅街が立ち並ぶおかげか、警察がこまめに巡回しているのも印象的です。
パトカーや自転車での巡回を、部屋探し中でも確認することができました。

実際に治安面も安定しており、警視庁が提供している犯罪情報マップでは、犯罪件数は少なめで、女性の一人暮らしにもおすすめのエリアと言えます。

そんな閑静な住宅街が広がる都立大学駅のデメリットは、坂が多いことです。

柿の木坂の坂道

事前にしっかりとグーグルマップのストリートビューで確認し、道のりを認識することをオススメします。

賃貸物件の家賃相場は?

芸能人が多く住むような高級住宅街・・・、そう聞くと「家賃相場もお高いんでしょ?」と思ってしまいます。
都立大学駅の一人暮らし用の賃貸物件家賃相場は、

ワンルーム:8.83万円
1K:8.84万円
1DK:12.02万円
1LDK:14.34万円

HOME’S

とお高め設定です。期待を裏切らない値段設定です。

お隣の駅である学芸大学駅と自由が丘駅と比べてみると、

駅名ワンルームの家賃相場1Kの家賃相場
学芸大学駅9.24万円8.98万円
都立大学駅8.83万円8.84万円
自由が丘駅9.26万円8.91万円

となっています。データからだと、都立大学が他の駅に比べて若干安いのかな・・?という印象を受けます。

【都立大学駅・学芸大学駅・自由が丘駅の違いは?】


実際に部屋探しをした経験からは、家賃相場は学芸大学が一番高いように思えました。自由が丘はおしゃれな人が集う賑わった街、都立大学は住環境メインの住みやすい街といったイメージです。

<学芸大学駅の特徴>

学芸大学駅の商店街の様子

急行が停まり、さらに都心である渋谷方面にも一番近い影響からか、肌感で感じた家賃相場は学芸大学駅が一番高いです。

さらに学芸大学駅は、スーパーやコンビニ、カフェなども非常に充実しているため、日常生活にも全く困りません。

そのため、この3駅の中では物件探しにおいて、一番人気が高いエリアではないかと推測できます。

<自由が丘駅の特徴>

自由が丘駅の緑道

自由が丘駅は、3駅の中では一番有名なおしゃれスポットです。

カフェやブランドショップが立ち並び、休日にはたくさんの若者や20〜30代のカップルで賑わいます。

賑わうと言っても渋谷などのミーハー的なノリではなく、おしゃれさんが集う街です。

一見、最も賃貸物件の家賃相場が高そうに見えますが、賑わっているのはエリア内の一部であり、少し駅から離れれば多くの賃貸物件を探すことができます。

街のイメージに合わせて、おしゃれな物件も多い印象ですが、木造物件が多くお部屋探しを諦めた過去があります。

<都立大学駅の特徴>


他の2駅に比べ、最も地味なのが都立大学です。

でもその分、駅周辺であっても静かで落ち着いた街並みが広がっているたため、静かに暮らしたい方にはおすすめです。

PR広告

駅前は栄えてなくても、一人暮らし/主婦の味方のスーパーが充実

都立大学の駅前には、スーパー、コンビニ(ファミリマート)、カフェ、ラーメン屋、ファミレス、ドラッグストア、病院などがあり、日常に必要な店舗は揃っているため普段の生活には困ることはないと言えるでしょう。

<スーパー>

駅前には、肉のハナマサ東急ストアがあります。

肉のハナマサは一人暮らしにはとても嬉しい、24時間営業のお店です。
どんなに遅い時間でも、朝早くても、生鮮食品や調味料などを買うことができるのは心強いです。

しかもこの肉のハナマサ、業務用スーパーなのです。業務用スーパーとは、「プロ(飲食店など)が食品を仕入れる店」のことです。その特徴は、家庭用の一般スーパーにはない大容量の食品が売られており、お値段も安いことです。

一気にまとめ買いし、冷凍保存などをしておくと、食費の節約も狙えるかもしれません。

東急ストアは10時〜翌1時まで営業している、こちらも帰りが遅い人には嬉しいスーパーです。
東急ストアの商品は、肉のハナマサに比べれば割高です。

ただし、東急ストアのお惣菜は抜群に美味しく、しかもここお店の品揃えは大変豊富です。

夜になると、お惣菜は割引になりますので、狙っていけばかなりお得な買い物になることは間違いなしです。

まさしく、一人暮らしに最適といって良いのではないでしょうか。

<カフェ>


一見、駅周りにはサンマルクとエクセルシオールカフェしかないように思われがちですが、
実は探せばオシャレカフェも存在するのが都立大学。自分だけの隠れ家探しにも最適な街です。

<公園>

駅からは少し遠いですが、
30分ほど北西に歩いたところに、駒沢オリンピック公園があります。

サイクリングコースやジョギングコースがあるなど、設備面も◎。

自転車があればすぐに行ける距離ですので、通勤前や休日に体を動かしたい方にはオススメです。

PR広告

ココカラファインの聖地

皆さんは、ココカラファインはご存知でしょうか?全国1300店舗を展開する、ドラッグストアです。

都立大学駅周辺には、とにかくココカラファインが多いです。駅徒歩3分圏内で、私がざっと見ただけでも3件は存在。

おそらく都立大学駅に住んだならば、普段使いのドラッグストアはココカラファインになる可能性が大です。

もしすでに都立大学駅に住むと決めている方は、今からココカラファインのポイントカードを作り、ポイントを貯め始めることをオススメします。

PR広告

大学はないのでご安心を!

「都立大学駅」という名前から、大学がある駅だと思われがちですが、都立大学駅に大学は存在しません

以前はあったのですが、大学が移転した後は、閑静な住宅街としての成長を遂げた街です。

大学が存在すると、住民にも学生が多く、賑やかな街として栄えますが、現在は周囲に高級住宅街も広がっていることにより、落ち着いた街となっています。

静かに暮らしたいという方も、安心して住んでいただける街かと思います。

都立大学駅は、駅周りにスーパーも揃っていますし、駅から離れれば閑静な住宅街が広がり、都会の中でも静かな暮らしが実現できます。まさに住みやすさは◎。

是非お引っ越しの参考にしてみてください。

PR広告

転職キャリアジャンルで参加中です

Share
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
CONTENTS