仕事でイライラするときの対処法!職場でできるストレス解消法とは?

no-image

仕事でイライラするときは誰にでもあるものです。しかしそのイライラを上手く抑えることができない人もいます。そういった人のために職場でも簡単にできる対処法をまとめました。仕事でイライラしがちな人は参考にして、上手くイライラを抑えるようにしてください。

CONTENTS

仕事中にイライラするときの対処法

仕事中にイライラしてしまって集中できない、仕事の効率が悪くなる。そのような経験は誰にでもあるでしょう。しかし仕事中のイライラはきちんと対処すればコントロールできるものです。そこで仕事中のイライラを解消するための方法についてまとめました。イライラを上手く解消して、仕事の効率を上げましょう。

仕事でイライラする原因は?

仕事中にイライラしてしまう原因は沢山あります。しかし根本的な仕事中のイライラの原因は、まさに仕事中だからこそちょっとしたことでイライラしてしまうことにあります。ほとんどの場合仕事をするということは多少なりストレスを伴うものです。例えば電話対応一つとってみても、仕事の電話が鳴ることはストレスのもとになります。

仕事の電話がいつも満足した顧客からのお礼の言葉ならいいですが、ほとんどの場合仕事中の電話というのは仕事が増える原因です。電話一本でも仕事中はストレスになる環境にいるのに、その他の膨大な業務で感じるストレスはその比ではありません。だからこそ仕事中のちょっとした出来事は普段より大きなイライラのもとになりやすいのです。

仕事中のイライラ、原因は大抵人間関係

それでも仕事中のイライラの原因が仕事そのものにあるのなら多少は納得できるでしょう。しかし実際に仕事をしていると、仕事中にイライラする原因は大抵職場の人間関係であることが多いのです。仕事だけでもストレスが溜まるのに加えて、職場の人間関係でまでイライラするものだと余計に仕事が嫌になってしまいます。

しかし仕事というのは1人でできるものではない以上、仕事先の人間関係によるイライラやストレスが無くなることはないでしょう。高圧的な上司や横柄な態度の部下、仕事のできない同僚等々、仕事の人間関係におけるイライラの原因には事欠かないのが職場というものでもあります。そのため人間関係のイライラにどう抑えるかは重要なポイントです。

仕事の量が多すぎる!イライラが溜まる

また仕事の量が多すぎてイライラすることも当然あるでしょう。毎日決まったルーティーンの仕事だけやっているという人はほとんどいません。仕事の量や内容というのはほとんど日替わりで新しい仕事が入ったり、やらなくていいはずの仕事がトラブルのせいで突然舞いこんだりすることも多くあります。そして場合によっては明らかにこなせない量の仕事になることもあります。

こういった突発的に仕事の量が増えることでイライラすることも、誰にも経験のあることだと思います。当然仕事が突然増えたからといって、その場で断ったりキャンセルしたりすることはできません。場合によっては残業してでも仕事は片付けなければならなくなるでしょう。こういった突発的な仕事のイライラにも対処できるような準備もしておきましょう。

イライラする出来事とは突発的に起こるものです。しかし一方でいずれ必ず起こることでもあります。そのためイライラを抑えるための準備は行っておいて損になることはありません。むしろそういったイライラを抑える準備をきちんとしていることで、仕事が順調に運ぶことも多くあります。

仕事が上手くいかないときはイライラする

仕事が順調にいっているときはよいですが、上手くいかないことも多いものです。仕事で上手くいかないことや失敗が続いたりするとどうしてもイライラしてしまいます。上手くいっていないときだからこそ、本来はイライラを抑えて仕事に集中しなければなりませんが、対処法を知っていないとなかなか上手くイライラに対処できないものです。

仕事をしているうえでこういったイライラする状況を避けることはできません。だからこそイライラしたときに、仕事中でも手軽にストレスが解消できる方法というものはいくつも用意しておく必要があります。ここでは仕事中に簡単にイライラやストレスを減らす方法も紹介していますので参考にしてください。

プライベートが原因で仕事中もイライラする

仕事中のイライラは必ずしも仕事が原因とは限りません。仕事とは無関係のプライベートが原因で仕事中にイライラしてしまうこともあります。例えば友達や恋人、家族などの身近な人とケンカした後などはどうしても仕事中にもそのイライラを引きずってしまいがちです。仕事だけでも常にストレスが溜まっているのに加えて、プライベートでイライラすることが起きると大変です。

仕事中にプライベートの出来事でイライラしてしまうことは誰にでもありうることですが、いくら仕事中にイライラしていてもその原因を解決することはできません。仕事を放り出してプライベートの問題に対処することは多くの場合は不可能なことです。そのため仕事中のプライベートのイライラもその場限りでもいいので簡単な方法で対処するしかありません。

イライラしたまま仕事を続けるとどうなる?

このように仕事中にイライラすることやストレスが溜まる原因は沢山あります。そもそも仕事自体がストレスのたまる行為なのに加えて、人間関係や仕事のトラブル、失敗、プライベートのイライラまで加わってくると仕事どころではなくなってしまいます。そしてそのイライラしたまま仕事続けることは当然危険です。

まず仕事でイライラしすぎると間違いなく仕事そのものが嫌になってしまいます。仕事が嫌になればまたそれが原因でストレスも溜まってしまうことになります。それに仕事中にイライラすることは仕事の効率を下げる原因にもなります。またそのイライラが態度にでると仕事の人間関係までもっと悪くなってしまうでしょう。

さらに仕事中にイライラすることでストレスが溜まりすぎると、ストレスが原因で体調を崩したり、病気になってしまう可能性だってあります。仕事をやる上でストレスが溜まる状況というものは決して避けることはできません。しかし常にストレスを軽減したり解消することを心がけていないと、自分の体を壊してしまうもとにもなりかねないのです。

仕事中のイライラはコントロールできる

一方で仕事中のイライラはコントロールできるということも事実です。もちろん完全にイライラしたりストレスが無くなる状況というものはありません。しかし仕事の経験が豊富で、仕事中のストレスの対処方法を知っている人ほど上手く仕事中のイライラを解消できます。仕事でイライラすることが減れば、それだけでも仕事の効率は上がりますし、人間関係も良好なものになります。

仕事中にイライラしてしまうのは本人の気質や性格の問題ではありません。ストレスの原因のほとんどは自分の外部にその理由があるものです。しかし同時にストレスになる外部要因をストレスとして感じるのは自分の気持ちの問題でもあります。ストレスの外部要因を完全に取り除くことはできませんが、自分の気持ちをコントロールすることで軽減させることは可能です。

仕事でのイライラをコントロールして上手く抑えるためには事前の予測と準備が不可欠です。そしてなにより仕事のストレスやイライラをコントロールして抑えるという気持ちを持つことが重要です。仕事でイライラしがちな人はまずはそれをコントロールするという意識を持つことから始めてみましょう。

仕事中にイライラしたときは原因分析から

基本的な仕事中のストレスやイライラの対処法はまずイライラする原因を特定することです。もちろん複数の要因が重なってイライラしてしまうこともあるでしょう。しかしそのような場合でも一端冷静になって、自分が何に対してイライラしているのかを考えることが大切です。そうやって冷静に原因を考えるだけでもイライラは軽減できます。

そしてイライラする原因が特定できたら、その原因に応じた対処方法をとることが必要です。例えば人間関係が原因でイライラするのであれば、そのイライラする相手との関係性そのものを見直す必要があります。仕事が多すぎたり、上手くいかなくてイライラする状況であれば仕事のやり方を工夫するしかありません。そういった原因ごとの対処を行えるようにしましょう。

イライラを抑えるには体調管理も大切

また仕事のイライラを抑えるためには日々の体調管理も大切です。体調がよいときは気分もよいので、ちょっとしたことでイライラすることは無くなります。逆に体調が悪いときというのは普段ならイライラしないようなことでもイライラしてしまうものです。ストレスやイライラを軽減するにはそれが起こったときに対処するだけでなく、普段から準備しておく必要もあります。

例えばわかりやすい例としては、前日に寝不足だったり徹夜だったりした場合、普段より仕事でイライラすることは増えるはずです。また体調を崩していて調子が悪いときも同様です。体の不調によって気持ちが不安定になる経験は誰にでもあるはずです。そのため仕事のストレスに対応するために体の健康を維持することも重要な対処方法になります。

仕事中のイライラはただの時間の無駄になっている

仕事中にイライラしていてもそれで状況が良くなることはまずありません。ほぼ確実に仕事中にイライラすることは時間の無駄になっているだけです。この点を意識していれば仕事中にイライラしてもどうしようもないことがわかるでしょう。単にイライラするのではなく、何とかそれに対処してイライラを抑えるように努力する必要があります。

特にイライラの原因は他人のせいだと考える傾向がある人は注意が必要です。確かに原因は他人にあることが多いでしょうが、それを責めていても仕事は進みません。それにイライラを態度に出すことでより人間関係が悪くなって、もっとイライラすることが増えるだけです。どんな原因でも時間の無駄と割り切って、仕事に取り組む姿勢も大切です。

イライラのもとは増やさない!デスクは常に整理しよう

仕事でイライラしたりストレスが溜まることが避けられない以上、できるだけ不要なイライラの原因は増やさないようにしましょう。自分の仕事で使うデスクや仕事の道具などを常に整理整頓しておくこともイライラを抑えるコツです。何かイライラする事態があったときに、デスクが整理できていないとさらにイライラが増すことになります。

仕事で上手くいかないことがあった場合も同じです。突発的なトラブルですぐに対応しなければならないのに、必要なものがすぐ手元に出てこないという状況は誰にとってもイライラしてしまう原因になります。そうした事態が起こりうることは常に予測して、それが起こったときにすぐ対応できる準備をしておくことがイライラに対処する基本的な方法です。

パソコンの調子が悪いのも仕事でイライラのもとになる

最近ではパソコンを使わない仕事はほとんどなくなってきているので、仕事で使うパソコンの不調もイライラの原因になります。普段から使っているパソコンだとちょっとくらい調子が悪くなってもつい放っておいてしまいがちです。しかしそのちょっとした調子の悪さが仕事のトラブルのときにはイライラのもとになる場合もあります。

社内でのインターネットトラブルもよくあります。突然ネットが使えなくなって必要な情報にアクセスできなくなったり、急いでいるのに接続が遅かったりすると本当にイライラすることになります。こういった事態をあらかじめ避けるためにも、仕事で使うパソコンのメンテナンスやネット環境の整備などは常に意識して行っておきましょう。

イライラする仕事の人間関係は正面から付き合わない

仕事でイライラする原因の多くは職場の人間関係が原因になります。イライラする特定の相手というものは必ずいるものです。それが上司や同僚の態度だったりすることも多いでしょう。そうしたイライラする相手とは正面から付き合わないようにすることが大前提です。仕事の上司や同僚は友達ではないという意識を持ちましょう。

仕事上の人間関係はあくまで仕事だけのものです。仲良くなる必要はありません。それに職場というものはどうしても仕事上の利害関係や立場が異なってくるものです。上司と部下という関係になればそれぞれの仕事の目的も違います。前提として立場の違いがあることを認識して、そういうものだと割り切って考えることがイライラを増やさないコツになります。

能力の違いが仕事のイライラの原因になっている

また仕事をする上ではどうしても個々の能力の違いも出てきます。例え態度が悪くなくても仕事ができない相手にイライラしてしまうことはどうしてもあるでしょう。また何度注意しても同じミスを繰り返す人もいます。そういった人は注意すると一見反省した態度は示しますが、結局また同じミスを繰り返していたりします。

それによって自分がカバーしなくてはいけなくなったり、自分の仕事が増えたりすることはどうしてもイライラする原因になってしまいます。しかしそういった状況でもただイライラしているだけでは意味はありません。能力がそれぞれ違うことの認識して、その違いがある以上仕方がないと思っていたほうが自分にとってもストレスは溜まらないものです。

イライラしたときは仕事の基準が自分になっている

仕事ができない人に対してイライラする人は、仕事の能力の基準が自分になっている場合も多くあります。この仕事なら自分これくらいでできるから、同じようなものだろうと考えてしまうのです。仕事の成果についても自分が上げる成果を基準に他人の成果を判断してしまいがちです。そういったタイプの人は他人がその基準より劣っているとイライラしてしまうことになります。

しかし本来仕事の能力の違いが認識できていれば、そのようなことでイライラすることはないはずです。実際に仕事ができないのにイライラする人は、自分で意識していなくても他人の能力を自分の基準で測っている場合もあります。仕事ができない人に対してはあらかじめ期待をしすぎないということもイライラを抑えるためには有効な方法です。

完璧主義だと仕事のイライラは無くならない

また完璧主義の人は仕事でイライラすることも多い傾向にあります。完璧主義の人はまず自分の仕事に対しても完璧に終わらせようとします。そのためちょっとしたミスがあったり、不完全なできだったりすることでイライラしてしまうのです。こういったタイプの人は仕事を自分で抱え込んでしまい、完璧に仕上がるまで上司などに見せようとしない傾向もあります。

それで仕事が上手くいっている間はいいですが、少しでもミスがあったり、完璧に仕上げようとしすぎて納期に間に合わないなどの事態になった場合は、その仕事のやり方自体がイライラする原因になってしまいます。自分が完璧主義だという自覚のある人は、適当なところで気を抜くことも必要です。「これくらいでいっか」と思ってみるだけでもかなり違います。

仕事ができない上司にイライラするときの対処法

仕事ができない上司というものは本当にイライラする原因になります。おまけに上司だから態度も横柄だったり、高圧的な態度をとる人もいるでしょう。そのうえ自分のミスには反省した態度は示しません。上司としてのプライドも当然関係してくるでしょうが、そのような態度を取られるとイライラして当然と思うかもしれません。

仕事のできない上司というのは職場でも最もイライラする原因になりますが、それは上司だから仕事ができるはずという前提や思い込みがあるからイライラすることになるのです。その前提を疑ってみましょう。大げさに言うと仕事のできる上司なんていない、と考えることも大切です。

これは何も適当なことをいって気持ちを誤魔化すことではありません。実際仕事ができる上司はいないともいえるのです。立場にもよりますが上司が会社の管理職についている場合であれば、そもそも自分とはやっている仕事の内容が違うと考えた方が適切です。管理職の仕事は現場の仕事を自分で処理することではありません。

むしろ管理職というのは自分が手を出さないで、いかに部下を使って仕事を効率的に行わせるかが仕事になります。そのため管理職になって長い人ほど現場の仕事の経験から遠ざかってしまって、たまにやってみると部下より仕事ができないという事態になりがちなのです。上司が仕事ができないと感じたときは、上司だから仕事ができなくて当たり前と考えてみましょう。

性格が合わない同僚にイライラするときの対処法

上司だけでなく性格の合わない同僚もイライラする原因になります。性格だけでなく仕事のやり方や考え方が違っていたり、自分のやっていることにいちいち口をはさんでくるような同僚ならなおさらです。そういった場合は基本的には距離を置いて、まともに相手にしないことが一番の解決方法になります。もともと仕事の人間関係はそういうものだと割り切りましょう。

自分が距離をおこうとしても相手から寄ってきて、わざわざ仕事のことに口を出していく場合もあるでしょう。そういったケースでは単に相手に舐められている場合もあります。そのようなケースでは仕事についての自分の考えや意見をはっきりと伝えましょう。そしてそもそも考え方が違うということも明確に伝えておく必要があります。

中途半端に距離を置いてもどうにもならない場合は、多少関係がギスギスしたものになったとしても自分の考えをはっきりと話すしかないでしょう。相手に対して毅然とした対応をとることができれば、無理にそれ以上近寄ってこようとはしなくなるものです。

めんどうな仕事から片付けるとイライラは減る

仕事の量が多すぎるときはどうしてもイライラしてしまいます。そういったときは面倒な仕事から片付けるほうがイライラは減ります。例えば一日のスケジュールの中で、簡単な仕事先に片付けて、後から面倒な仕事に取り組もうとすると仕事で疲れが出てきたときに面倒な仕事をやることになってしまいます。そうなると疲れと併せてよりイライラすることになります。

人にもよりますが一般的に仕事の能率が一番いいのは午前中だといわれています。その時間帯にもっとも面倒な仕事片付けることが仕事の効率を上げるコツです。午後になって昼食をとった後などは誰でも眠くなってきたり、夕方になると疲れてきたりするものです。そのため面倒な仕事から朝一番に片付けるというのは有効な方法です。

イライラするときはマスクをつけて仕事しよう

ちょっとした工夫で人間関係のイライラを遠ざけることもできます。例えば風邪をひいたフリをしてマスクをつけたまま仕事をすることもその方法です。そうすれば不要に話す必要はなくなりますし、あまり喋らなくても相手は不審には思わないでしょう。またわざわざ風邪をひいている人に積極的に話しかけてくる人はあまりいません。

仕事の人間関係のイライラはコミュニケーションをとることによって生まれます。むしろコミュニケーションをとればとるほどイライラが増してくるものです。それなら余計なことは一切話さないようにするのも一つの方法です。どうしてもイライラする相手がいる場合にはマスクを試してみるのがよいでしょう。

深呼吸は仕事のイライラにも効果的

イライラしたときやストレスが溜まっているときに深呼吸をすることは、どんなときにも効果があります。当然仕事のときにも深呼吸をすることはイライラに効果的です。イライラすることがあったら一端その場を離れて、外にでるなどして深呼吸をしてから対応するようにすれば随分気持ちが違ってきます。

それに深呼吸をすることで一端冷静になって考える時間もとれます。イライラしている最中にはどうしても自分の態度も冷たいものや厳しいものになりがちです。そのような態度で相手に接していてもさらに関係が悪化するだけで何も解決することはありません。特に怒りっぽい人はイライラしたら常に深呼吸をして冷静になる習慣をつけておくことが大切です。

ビタミン剤で仕事のイライラを抑える

ビタミンCにはイライラした気持ちを抑える効果があるといわれています。人はストレスを感じてイライラするとそれを抑えるためのホルモンを生成します。そしてその生成を促す働きを持っているのがビタミンCです。そのためビタミンCが不足するとストレスが解消できにくくなり、イライラが増すことになってしまいます。

本来は日々の食事などでビタミンCが不足しないように気を付けることが望ましいでしょう。他にもカルシウムとビタミンB1を組み合わせて取ることで、ストレスやイライラを抑えることができるのは知られています。しかし仕事中に簡単にイライラを抑えるためにはあまり多くの手間はかけることができません。

そこで仕事でイライラすることがあったときは、ビタミン剤を準備しておいてそれを飲むことにしておくことが有効です。実際にどの程度ビタミンCがイライラを抑えることができるかどうかはともかく、イライラしたときにその場を離れて何かをやることには大きな意味があります。ビタミン剤を飲むこともイライラを抑える儀式のようなものと考えてみればよいでしょう。

音楽は仕事のイライラを解消するのに最適

自分の好きな音楽を聴くことはストレスやイライラを抑えるのに有効な方法です。実際仕事中に音楽をかけておくだけでリラックス効果があることはよく知られています。ただしあまり大音量でテンポの速い曲をかけることはおすすめできません。そのような音楽は逆にストレスのもとになる場合もあります。それでも基本は自分の好きな音楽ならストレス解消になります。

しかし問題は職場で音楽を流せる環境はそうはないということでしょう。飲食店などでは音楽を流していることが一般的ですが、あれは客のためであって従業員のためではありません。通常の事務所などで音楽を流しながら仕事をする例はほとんどないでしょう。

そのためイライラしたら音楽を聴くという方法は仕事の休憩時間などの合間にしか使えない方法でもあります。最近はスマホでもイヤホンがあれば音楽を聴くことができるので、イライラすることがあったら休憩にいくなどして音楽を聴いて気持ちを落ち着かせることならできるでしょう。そのための音楽も事前に準備しておきましょう。

一人になって仕事のイライラを流すことも大切

仕事中にどうしてもイライラしてしまい、それが態度に出てしまう場合には多少無理にでも一人になることも大切です。イライラしている態度のままで職場の上司や同僚とコミュニケーションをとることにはメリットが何もありません。そのためなんの対処法を準備していなかったとしても、せめて一人になってイライラした態度を見せないようにしましょう。

イライラする内容を紙に書くことで解消する方法も

ある程度時間が取れるならイライラする内容を紙に書き出してみることもかなり効果があります。パソコンで打っても構いません。そうやってイライラすることについて書き出してアウトプットすることで、イライラの程度はかなり抑えることができます。もちろんアウトプットには声に出すという方法もありますが、仕事中に大声をだすわけにはいかないでしょう。

紙やパソコンに書き出す方がまだ仕事中であれば手軽に行える方法です。それなら一見仕事をしているようにも見えるので、特になにもいわれないでしょう。書き出す際にその内容に関する自分の気持ちや考えも一緒に書き出すともっと効果は高くなります。書き終わった後には不思議なくらい落ち着いているものです。

イライラすることに拘らず他のことを考える

イライラを抑えることに慣れてくれば、単に考えや気持ち一つでも対処できるようになります。イライラしていることに対して、いつまでもそれを頭の中で考えていたらイライラを抑えるどころか、余計にイライラがますだけです。イライラした態度も同様で、いくら態度に出してもイライラは解消されません。

しかし単に気持ちを切り替えて、他のことを考えるようにするだけでもイライラを抑えることはできます。特に仕事だけでなくプライベートでイライラすることがあった場合には、仕事中は気持ちを切り替えて仕事のことだけ考えるようにするしか方法がありません。気持ちの切り替えが上手くできるようになってくると、イライラはかなり抑えることができるようになります。

仕事の達成後をイメージするとイライラは減る

仕事でイライラするときは仕事の達成後のイメージを持つとイライラが解消される場合もあります。いまのストレスが溜まる仕事が終わった後のことを想像するだけで、手軽に実行することができます。仕事が終わったら飲みに行くとか自分の趣味などの好きなことをするなどの楽しい想像をするとよいでしょう。

忙しくてイライラ、でももっと仕事がある人もいる

仕事が忙しいとどうしてもイライラしてしまいます。そういう時は忙しいのは自分だけではないと思うようにしましょう。仕事をしている以上暇な時期もあれば忙しい時期もあるのは当然です。それに職種によっては本当に24時間仕事をしている人もいます。24時間仕事をすることがよいとはいいませんが、そういう人もいると思えば自分も頑張ろうという気持ちになります。

イライラする行動をされたら裏を読むことも大切

最後に人間関係でイライラする行動や態度をされた場合には、その裏を読んでみることも効果的です。例えば高圧的な態度の上司などはよくいるものです。そういった上司の態度にイライラすることも多いでしょう。しかし上司が高圧的な態度で接してくる理由の裏を自分なりに読んでみることです。人の行動には大抵表面的意味と裏の意味があるものです。

高圧的な態度の上司というのは表面的には怖い上司として振舞って、部下に仕事に取り組ませることが目的かもしれません。しかし実はその上司が自分に自信がなくてそういう態度をとっていたり、もっと部下から頼られたくてそういった態度になっている場合もあります。そういった裏を読むことで相手に対する留飲を下げるという方法もあります。

仕事のイライラを上手く解消する方法

仕事をしていれば当然、そして職場で上司や同僚と付き合っていれば必ずイライラすることは起こります。それを上手く抑えるためにはイライラの原因を冷静に考えて、イライラしたときの対処法をいくつも準備しておくことです。そして仕事のイライラを自分でコントロールする意識を持ってください。そうすれば仕事のイライラはかなり抑えることができるはずです。

PR広告

Share
  • URLをコピーしました!

PR広告

PR広告

Amazon オーディブル

  • 今なら2ヶ月間無料で体験
  • プライム会員以外は30日間無料
  • 12万冊以上が聴き放題
  • オフラインで再生可能
  • プロ声優や俳優の朗読も
  • オリジナルコンテンツ多数

PR広告

Amazon オーディブル

PR広告

CONTENTS