協調性がない人の特徴や原因・対処法を解説!自己診断や改善方法も!


協調性がない人は自分のやりたいようにやったり、周りに困っている人がいてもその人に協力しようとしません。あなたの周りにも協調性がなく自己中心的な人はいませんか?

この記事ではそうした人の特徴・性格・協調性がない人の対処法などを紹介します。

PR広告

CONTENTS

協調性がない人ってどんな人?

協調性がない人は空気を読んで周りの意見に合わせたり、チームに困っている人がいてもフォローに入らず自分のやるべきことにだけ意識を向けている人のことを言います。 あなたの周りにも、周りのことを考えず自分のやりたいように行動する協調性がない人がいませんか?

この記事ではそんな協調性がない人の行動や心理的特徴、協調性がある人とない人の違い、協調性がない人との関わり方、協調性がある人になる方法や協調性がない人の長所について紹介していきます。

PR広告

協調性がない人の性格の特徴

まずは、協調性がない人の性格の特徴を紹介していきます。 協調性がない人の性格を理解することはその人の本質を理解して、受け入れてあげられるようになることに繋がりますので、この見出しの内容をしっかりと確認しておきましょう。

自己中心的

協調性がない人の1つ目の性格の特徴は、「自己中心的」なことです。 協調性がない人の性格の1番の特徴といえるものです。

公私共に周りの人の意見を受け入れず、全て自分の思い通りに行くように場をコントロールしようとしたり、思い通りに行かなければ怒ったり露骨に気分を悪くします。

その結果、協調性がない人の周りにいる人も気分が悪くなり、「どうしてもっと周りの人に気を使えないんだろう?」「一緒にいるとイライラする」という感情を持たれてしまいます。

他人の目を気にしない

協調性がない人の2つ目の性格の特徴は、「他人の目を気にしない」ことです。 協調性がない人は自分が取った行動によって周りの人にどう思われるかということを気にしておらず、自分のやりたいことをやる・自分を表現するということを大切にしていることもあります。

そのため、協調性のある人から考えれば「なんでそんなことをするの?」と理解に苦しむことも平気でやり、周りの人をびっくりさせてしまうこともあるので、協調性がない人と思われてしまいます。

頑固で融通が利かない

協調性がない人の3つ目の性格の特徴は、「頑固で融通が利かない」ことです。 協調性がない人は周りの人と協力することを考えていなかったり、自分の欠点を指摘されてもそれを受け入れずに我を通すことも多いです。

協調性がない人は周囲に困っている人がいても、「その人が自分でなんとかした方が良い」と考えていたり、自分が信じている方法や考え方を頑なに信じていて、周りの人からもっと効率的に物事を進められる方法を教えてもらってもそれに従わなかったりします。

プライドが高い

協調性がない人の4つ目の性格の特徴は、「プライドが高い」ことです。 協調性がない人はプライドが高いことも多く、人から自分のことを非難されたり、自分の自尊心を傷つけられることや実力を否定されることがあると怒ったり、不機嫌になったりします。

協調性がない人は周りの人からは「扱いづらい人」と思われていて、普通の人なら言われても何も感じないことや「冗談」と捉えて気にせずにいられることでも、協調性がない人の場合はそのように受け流すことができずに真に受けてしまい、ズルズルと言われたことを引きずってしまいます。

PR広告

協調性がない人の行動の特徴

次は協調性がない人の行動の特徴を見てみましょう。 協調性がない人の行動は前の見出しで紹介したような性格からくるものです。

1人でいることを好む・協力する意識がない・マイペースといった行動が目立ちます。その他にもあるのでそれぞれ詳しく見てみましょう。

単独行動を好む

協調性がない人の1つ目の行動の特徴は、「単独行動を好む」ことです。 協調性がない人は自己中心的で周りの人の目を気にしないので、自分のやりたいようにやれる状況や環境を好みます。そうした状況になれるのは単独行動をしている時で、誰にも邪魔されずに完全に自分の好きなように行動することができます。

協調性がない人はチームで行動すべき場面でも、与えられた仕事ややるべきことができていれば必要以上にチームメイトの世話をしたり空気を読む必要はないと考えていて、自由に行動してやるべきことだけやればいいと考えています。

気遣いや空気を読むことができない

協調性がない人の2つ目の行動の特徴は、「気遣いや空気を読むことができない」ことです。 協調性がない人は自分中心に物事を考えて行動するため、人のために行動する・周りの人が考えていることに気を配ってフォローにはいるなどの行動ができません。

これは協調性がない人は「自立心が強い」とも考えられます。自分自身が1人ですべてをこなそうとする代わりに周りにいる人にも自立して全てを自分一人でこなせるようになることを求めていることから取る行動です。

興味のないことに対しては全く関心を示さない

協調性がない人の3つ目の行動の特徴は、「興味のないことに対しては全く関心を示さない」ことです。 協調性がない人は自分のやりたいようにやります。

自分が好きなことであれば積極的にその仕事に取り組んだりやるべきことをこなしてくれますが、一方で興味のわかないことについては一切興味を示しません。

そのため、協調性がない人は任された仕事が自分の興味の持てないものの場合には著しくやる気が無くなったり、それまでできていた仕事についても急激に仕事の質が悪くなったりしてしまいます。

良くも悪くもマイペース

協調性がない人の4つ目の行動の特徴は、「良くも悪くもマイペース」ことです。 協調性がない人は周囲の状況や環境に左右されず、自分のやりたいこと・やるべきことに集中して物事に取り組んでいます。

そのため、協調性がない人は今置かれている状況やチーム全体の空気が良い時には、その雰囲気に乗ってくれず周囲の人がイライラしてしまいます。その一方でチーム全体の空気や置かれている状況が悪い時にも自分のペースを乱さないので、安定した成果を出してくれます。

人と仲良くなることを好まない

協調性がない人の5つ目の行動の特徴は、「人と仲良くなることを好まない」ことです。 協調性がない人は、人と仲良くすることや馴れ合うことを好まなかったり、場合によっては必要ないと考えています。

これは仕事においてもプライベートにおいても当てはまることで、極力人とかかわらないようにしています。

その結果、協調性がない人はチームの輪を平気で乱すような行動をとったり、空気を読まずに自分の意志を貫くことを考えてしまいます。

人から頼まれごとをしても応じない

協調性がない人の6つ目の行動の特徴は、「人から頼まれごとをしても応じない」ことです。

協調性がない人は人と協力することを考えておらず、自分から周りの人の手伝いをしたりすることがないのに加えて、人から頼まれごとをしても極力引き受けないようにしています。

これは協調性がない自分の仕事に集中したい・それぞれが与えられた役割をこなせばいいと考えていることが原因で、自己中心的に物事を考えていたり、頑固になっていることから生まれる行動特徴と言えます。

PR広告

どうして協調性がないのか?その理由

ここまでは協調性がない人の性格や行動の特徴を見てきました。 次の見出しではどうして協調性がない人がここまでに紹介したような性格になったり、行動をとってしまうのかということについて、その理由を明確にしていきます。

協力経験がないことによるスキル不足

協調性がないことの1つ目の理由は、「協力経験がないことによるスキル不足」なことです。 協調性がない人はそれまでに人と協力して何かをやるという経験がなく、どうすれば人と協力して物事をこなせるかや、人と協力する時に必要な考え方などを学んできておらず、協力することのスキル不足であることが考えられます。

幼い頃に家族で一緒に何かをしたり、団体スポーツをしてチームで活動するという経験がなかった場合には、人と協力する時にどんなことを考えるべきかやチームで活動する時にどう振る舞えば良いのかということが分からず、大人になってからも協調性が無くなってしまいます。

そもそも協調の意識がない

協調性がないことの2つ目の理由は、「そもそも協調の意識がない」ことです。 1つ目の理由は幼少期からの協力の経験不足が原因というものでしたが、この原因はそもそも協調すつことの必要性を感じていなかったり、協力することの意味を分かっていないというものです。

人と協力して物事に取り組むことで、一人で仕事をするよりもより大きな成果を生み出せるようになることや、人と協力することで同じ仕事から得られる達成感がより大きくなったり、仲間と達成を分かち合える喜びということを協調性のない人が理解できていないということです。

コミュニケーション能力が低い

協調性がないことの3つ目の理由は、「コミュニケーション能力が低い」ことです。 協調性がない人の中には心の中では人と協力しようと思って、自分なりに考えていたり行動をしているつもりでも、コミュニケーション能力が低いことでその行動が周りの人に認識されていないことも考えられます。

つまりこの原因で協調性がないと考えられているのは、周囲の人にも原因があるという考え方で、本人はチームに協力しているつもりでもそれをアピールするコミュニケーション能力がなく、周りの人もそれを認識していないという、協調性がない人と周囲の人双方に原因があるということです。

仕事にやりがいを感じていない

協調性がないことの4つ目の理由は、「仕事にやりがいを感じていない」ことです。 人は自分の好きな仕事ができていない時や仕事にやりがいを感じていない時には、やる気が出ずに仕事の質が下がってしまうことに加えて、周りの人に協力する意味もわからなくなってしまいます。

協調性のない人の場合、仕事で大きな成果を出す意味がわからなくなってしまい、チーム全体で大きな目標に向かって行動していてもそれを達成する意味がわからなかったり、達成することのメリットを感じていないので、協調性が無くなってしまいます。

PR広告

協調性がある人と協調性がない人の違い

ここまでは協調性がない人についてその性格・行動特徴・原因を見てきましたが、ここで協調性がある人とない人の違いを見てみましょう。 ここでは3つのポイントに沿って両者の違いを確認していきます。

周りへの配慮や気配り

協調性がある人と協調性がない人の1つ目の違いは、「周りへの配慮や気配り」です。 これは両者の1番の違いといえます。

協調性がある人はチーム全体で目標に向かって取り組むことを考えているので、チームの空気感を察してその改善のために動いたり、成果が上がらない人がいればその人のフォローに入ってチームで達成することを考えます。

一方で協調性がない人はチームの空気や協力することは考えておらず、ただ淡々と自分がやるべき仕事に集中しています。

コミュニケーション能力

協調性がある人と協調性がない人の2つ目の違いは、「コミュニケーション能力」です。 協調性がある人は、チームメンバーや周りにいる人とコミュニケーションを取りながら行動することの重要性やメリットを理解しているので、総じて高いコミュニケーション能力を持っています。

一方で協調性がない人は人と協力することのメリットや意味を理解していないので、協調性のある人に比べてコミュニケーション能力は低い傾向にあります。

話し合うことを重視するか自分の意志を重視するか

協調性がある人と協調性がない人の3つ目の違いは、「話し合うことを重視するか自分の意志を重視するか」です。

協調性のある人は自分の意見と周りの人の意見が食い違っている時には、話し合うことでお互いが納得できる方法を探り、自分とチーム全体が完全に納得できている状態で物事を進めることを考えています。

一方で協調性がない人は自分と周りの人の意見が違う場合に、話し合うのではなく「価値観が違う」と思っていたり、そもそも話し合う必要はないと考えるので、意見の食い違いを正すよりもやるべきことを進めようとします。

PR広告

協調性がない人の対処法【家族など身近な人の場合】

次は、周りに協調性がない人がいる場合の、その人との付き合い方や対処法を見ていきましょう。 まずは家族や身近な人に協調性がない人がいる場合の対処法について見てみます。

ここで紹介するのはプライベートで関わる人なので、基本的にはその人の好きなようにさせるという対処法になります。

協調性以外の長所を見つけて認める

身近にいる協調性がない人の1つ目の対処法は、「協調性以外の長所を見つけて認める」ことです。

プライベートで関わる人はチームで1つの目標を追うチームメイトではないので、基本的に相手に負担をかけたり行動を改めることを考えるよりも、協調性のない人をを受け入れることを考える方が良いです。

そのため、協調性がない部分はその人の人間性として受け入れて、その他にそのひとに長所がないかを考えてみましょう。

受け流す

身近にいる協調性がない人の2つ目の対処法は、「受け流す」ことです。 プライベートであなたの周囲に協調性がない人がいる場合には、その人の発言や行動を受け流すことも必要です。その人の傍若無人な行動をいちいち真に受けていては、あなたがイライラするだけです。

協調性のない人の行動にいちいち腹をたてるのではなく、何か言われたりあなたからの協力要請に従ってくれなくても、受け流したり「他の人に頼めばいいや」と考えてまともに取り合わないようにしましょう。

好きにやらせる

身近にいる協調性がない人の3つ目の対処法は、「好きにやらせる」ことです。 協調性がない人は、自分の興味のあることだけをやりたいと考えている人もたくさんいます。

仕事の場面で好き勝手動かれてしまえば会社として追っている目標を達成できなくなってしまいますが、プライベートはそういう場ではないので好きにさせましょう。

協調性のない人が明らかにあなたや周囲にいる人にとって迷惑がかかることをするようであればはっきりと指摘すべきですが、そうでもない限りはあなたから相手を縛ることはせず好きにさせておきましょう。

PR広告

協調性がない人の対処法【部下などの仕事仲間の場合】

次も協調性がない人の対処法ですが、こちらでは「部下や仕事仲間」という仕事で関わる人が協調性がない人の場合の付き合い方です。

プライベートでは好きにさせていてもまだ問題はありませんが、仕事場では協調性がない人にも協力すべきことは協力して、やるべきことはやるように意識してもらいましょう。

なぜ協調性がない行動を取るのか確認する

部下や仕事仲間に協調性がない場合の1つ目の対処法は、「なぜ協調性がない行動を取るのか確認する」ことです。 仕事はほとんどの場合1人でやるものではなく、チームで行ったり取引先と協力する必要があります。つまり一切人とかかわらずに仕事ができることはほとんどありません。

そんな仕事の場面で協調性がない行動を続ける人がいた場合には、まずその人と話し合う機会を設けて「なぜそうした行動を取るのか?」を確認しましょう。これをしないままいくら対処法を探しても、一向に相手の行動は改善しない可能性があります。

明らかにチームの輪を乱している時は改善するように求める

部下や仕事仲間に協調性がない場合の2つ目の対処法は、「明らかにチームの輪を乱している時は改善するように求める」ことです。 協調性がない人が明らかにチームの輪を乱している場合には、仕事の効率や生産性を高めるために、その人に行動を改めて貰う必要があります。

協調性がない人に上司からの指示に従わない・与えられた仕事をこなさない・仕事中の態度に明らかに問題があるなど問題点が明確な場合には、人事考課面談のタイミングでその改善についても話し合いましょう。

協調して仕事がしやすくなる環境を整えてあげる

部下や仕事仲間に協調性がない場合の3つ目の対処法は、「協調して仕事がしやすくなる環境を整えてあげる」ことです。 部下や仕事仲間が協調性がないのは、その人自身の資質ではなく職場環境にも問題がある可能性があります。その人の性格と周りにいる人が性格的に合わない・職場の空気感が思い・職場全体に協力する空気が作られていないなども考えられます。

協調性のない人にこうした原因がある場合は管理職者の人物がチーム全体の空気感や職場環境を作り直し、新しくチームに入ってきた人や今協調性が感じられない人も、すぐに周りの人と協力して仕事に取り組みやすい環境を作ってあげましょう。

協調することで仕事の質とスピードが向上することを理解してもらう

部下や仕事仲間に協調性がない場合の4つ目の対処法は、「協調することで仕事の質とスピードが向上することを理解してもらう」ことです。 この方法は協調性のない人を変える一番難しい方法と言えます。現時点で人と協力することのメリットや意味を理解していない人にそれを理解してもらうという方法だからです。

この方法を実現するためには、協調性のない人に協力することで仕事の質もスピードも向上することを説明して理解してもらうという方法の他には、社内研修でこうしたメリットが体感できるプログラムを導入して協力することの重要性を体感してもらうなどが考えられます。

PR広告

協調性診断!あなたには協調性がある?

ここでは、あなたに協調性があるかどうかを診断してみます。

10個の質問から構成される「協調性診断」を用意しています。当てはまる個数が多いほど協調性が高いと言えます。

  • チームで協力して物事に取り組むことは大切だと思う。
  • 周りにいる人とは仲良くなりたいと思う
  • 初対面の人とも簡単に仲良くなれる。
  • 自分を表現したり意見を通すのが苦手だ
  • 言われたことに従うのは組織人として当然だと思う
  • 意見の食い違いがある時には必ず話し合う必要があると思う。
  • 周りに困っている人がいないかよく気にかけている。
  • チームの空気はひとりひとりのこころがけから生まれると思う
  • マイペースでいることよりもチーム全体のペースに合わせたい。
  • 何事にも比較的柔軟に対応できる方だ

PR広告

協調性がない性格や行動は改善できる?協調性がある人になる方法

「協調性診断」の結果はいかがだったでしょうか?

この見出しで紹介する方法は協調性を身につけた方が良いと感じている方のための、協調性を身につけるための方法を紹介します。

人の話を最後まで聞く

協調性がある人になるための1つ目の方法は、「人の話を最後まで聞く」ことです。 協調性がない人は周囲の人の話に興味がなく、自分のやりたいようにやろうとしたり人の話を決めつけて聞いていることがあります。

協調性がない人がこれを解消するためには人の話を最後まで聞き、その人が意図していることを今まで以上に正確に汲み取ろうとしてみることです。じっくり相手の話に耳を傾けてみることで新しい気付きがあるかも知れません。

積極的に人と会話をするようにする

協調性がある人になるための2つ目の方法は、「積極的に人と会話をするようにする」ことです。 協調性がない方の中にはコミュニケーション能力に問題がある方もいるとお伝えしました。この「積極的に人と会話をするようにする」という方法はそうした方向けの協調性の改善方法です。

コミュニケーションが苦手な人は本当は協力しているつもりでも、それに周りの人が気づかずに損をしてしまっていることも考えられます。そうならないためにも協調性がない人は苦手であっても積極的に人と会話ができるようになるように、練習をしてみましょう。

周りの人や物事に興味を持つ

協調性がある人になるための3つ目の方法は、「周りの人や物事に興味を持つ」ことです。 協調性がない人の典型的なパターンは周りに興味が無いことです。

自分がやるべきことにだけ意識が向いていて、自分が持っている能力があれば簡単に解決できることについても協力しようとしません。

人はすべてのことを完ぺきにこなすことはできません。周りにはあなたの力があればすぐに解決できることが苦手な人もいます。そんな人を見かけたら見て見ぬふりをするのではなく、協調性がない人が協力して解決してあげましょう。

PR広告

協調性がないことにも長所はある?

ここまでは協調性がない人にその解決方法を紹介してきました。 しかし協調性がないことは必ずしも悪いことではありません。良い部分もあるので、その点を最後に確認しておきましょう。

責任感が強くなる

協調性がないことの1つ目の長所は、「責任感が強くなる」ことです。 協調性がない場合には、多くのことを自分一人でこなす必要が出てきます。

つまり自分の仕事に対する全責任を自分一人で負うことになります。 そのため、協調性がない人は自然と自己責任に対する意識が強くなり、自分が任された仕事に対する責任感が強くなります。

その結果仕事でミスが減り、なんでも卒なくこなせる人になるという長所があります。

自分の意見を持っている

協調性がないことの2つ目の長所は、「自分の意見を持っている」ことです。 協調性がある人の中には自分の意見を主張して衝突することを嫌っている人や、何も考えずに周りの人に合わせているという人もいます。

その一方で協調性がない人は、基本的に自分の考えに従って行動しているので、「自分の意見がない」ということがありません。

決断力がある

協調性がないことの3つ目の長所は、「決断力がある」ことです。 協調性がないとされている人は、自分が何をするかやどう仕事をこなすかということについては全て自分で決める必要があります。

そのため、周りの人が自分で決めて行動を進められない場合でも、協調性がない人とされている人はその人独自の判断基準で物事を決断して、どんどん先に進むことができます。

矛盾・盲点・おかしいことをはっきりと指摘できる

協調性がないことの4つ目の長所は、「矛盾・盲点・おかしいことをはっきりと指摘できる」ことです。 協調性がない人はむやみに周囲の人に意見を合わせたり、空気を読んで意見を合わせることはありません。

おかしいことはおかしいと言ったり、周りの人が決定したことについて話し合われていない点があればそれをはっきり指摘できます。

協調性がない人のこの能力は仕事の場面では特に重要で、盲点や矛盾点を認識しないまま先に進めば仕事に取り掛かってから問題が発生して、進捗が遅れたり思ったような成果が出なくなってしまうからです。

PR広告

協調性のメリット・デメリットを考えてバランスを取りましょう

協調性があることはチームの輪を乱さずに協力できる一方で、それが悪い方向に進むと馴れ合い・忖度というチーム文化を作ることになります。

その一方で協調性がないことはチームの輪を乱し、統一感のないチームになってしまいます。 協調性があることにも協調性がないことにも、メリット・デメリットがあるのでその場に応じてどちらを重視すべきかを考えて行動することも考えましょう。

PR広告

転職キャリアジャンルで参加中です

Share
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
CONTENTS