仕事が楽しくないときに楽しくする方法とは?その原因や理由を知ろう!

仕事が楽しくない

入社したての頃は全てが新鮮で仕事が楽しく感じるものです。しかし、徐々に仕事が楽しくないと感じるようになり、多くの人が悩み始めます。なぜ仕事が楽しくないのか原因と対処方法をご紹介します。仕事を楽しみより良い生活を送るため参考にしてください。

PR広告

CONTENTS

楽しくない仕事を楽しくするための方法

楽しくない仕事をすることは、ストレスが溜まるものです。楽しくない仕事を楽しめるようにできれば、毎日がとても幸せになります。仕事を楽しめない原因、仕事を楽しむための方法についてご紹介します。

PR広告

仕事は楽しくないと割り切って諦める?!

仕事を楽しめている人は少数しかいなく、大半の人は仕事を楽しめていません。なぜなら、仕事は苦労が大半を占めてしまうものだからです。そのため、無理して仕事を楽しもうとせずとも、生活さえできれば良いと考える人もいると思います。無理して楽しもうとせずに、割り切って諦めるという選択も一つです。

PR広告

仕事が楽しくないなら気分転換してリフレッシュ!

仕事が楽しくないと徐々に仕事に対するモチベーションは下がってしまいます。そして、モチベーションが下がった状態が続くと楽しめないことが仕事を辞めたい理由になってしまいます。そんな時には、思い切って気分転換をしてリフレッシュすることをおすすめします。

リフレッシュするために会社を休み時には、ある程度固まった休みを取ることで「休んだ気がしない」「前日が残業だったので寝て終わってしまった」などのリスクを回避できます。その他にも長期で休暇するメリットは、「休みまでの間モチベーションが保てる」「旅行などやりたいことができる」ため気分転換にとてもおすすめです。

PR広告

楽しくないのはスキル不足かも?楽しめない理由

未経験の仕事を任された時やいきなりハードルの高い仕事を任されることは仕事をしていると往々にしてあります。その時は、任された仕事に対するプレッシャーや辛いといった感情が生まれてしまったことが楽しめない原因になります。

任された仕事のハードルが高かったとしても先輩や上司に相談して仕事に取り組めれば良いのですが、フォローがなく押し付けられてられてしまうとストレスが溜まる理由になります。しかし、このような問題は1年ほど頑張って仕事をしていれば徐々に慣れてきます。

そして、徐々に慣れてきた経験が次のハードルが高い仕事を任された時に活かされるようになります。初めのうちはとても大変で辛いと思いますが、半年後や1年後には慣れて上司や先輩に認められている自分を想像して行動すれば自然と解決されます。

PR広告

仕事の内容に興味がないのが楽しくない理由?

全く興味のない業界に入社してしまい仕事が楽しくない原因になっている人がいます。興味がない仕事でも仕事のため、生活のためと割り切って働くことができれば問題はないと思います。しかし、仕事の内容に興味がないことが理由で仕事を辞めたいと考えてしまう場合には注意が必要です。

本当にやりたい業界で働くことは良いことですが、思っていた仕事と違ったなどの場合に同じように転職してしまう可能性があります。まずは、今の会社で一人前になることを目標にすることをおすすめします。興味がない業界で大変かもしれませんが、一人前になった経験は転職した時にも必ず活かされます。

PR広告

人間関係が上手くいかないと仕事は楽しくない

職場には色々な人がいます。学生の時であれば関わらないで済むような人でも、仕事では密なコミュニケーションを必要とすることがあります。この人間関係が上手くいかないことで悩んでいる社会人はとても多く、いつまでも悩みのタネになる可能性があります。そのため、上司と上手く人間関係を築く方法が常に書店に並び続け、転職理由の1位が人間関係となっています。

人間関係を良くする上で気をつけなければならない注意点があります。それは、自分の思いや言動です。上司や周りの人に不愉快にさせてしまうような言動をしてしまったり、無意識でも仕事が楽しくないという雰囲気が伝わってしまうことで、結果として人間関係が悪化する原因になってしまいます。

ネガティヴな雰囲気は周りに悪影響を及ぼし、職場全体の雰囲気が悪くなってしまいます。逆に、上司や周りの人がそのような言動をしていた場合には、流されないようにしなければなりません。そのような場合には、上司や周りの人に対してポジティブな言動や良い雰囲気で接することを意識して人間関係を変えていく必要があります。

苦手な上司や周りの人に対してポジティブな言動や良い雰囲気で接することはとても大変なことです。しかし、人間関係の問題はどこの会社に転職しても変わりません。人間関係に悩んでいるのであればパワハラやセクハラなどが理由でない限り転職しても同じ問題が発生することを念頭に置くことが大切です。

PR広告

マンネリを解消!仕事を楽しむ対処方法

どのような仕事でも、続けていくと同じことを繰り返していきマンネリ化してきます。マンネリ化してくると刺激がなく退屈な仕事に変わってしまい、モチベーションを保つのがとても難しくなってしまいます。そんな時には、今からご紹介する方法でマンネリ脱出してください。

1つ目の方法は、毎日の仕事を付箋などに洗い出してどれだけの仕事をこなしたのか「見える化」します。見える化することにより毎日の繰り返していた作業を終えることに達成感を感じることができます。例えマンネリ化した仕事でも漠然と作業するよりもやりがいが出てきます。

2つ目の方法は、デスク周りを整理整頓することです。デスク周りを整理整頓することで頭の中もすっきりし気持ちも良くなります。また、デスク周りの小物を一新することでも気分転換になり会社に来るのが楽しくなります。会社用にちょっとした隙間時間に読む本などを置いておくのもおすすめです。

最後は部署異動を申請する方法です。新しい仕事にチャレンジすることでキャリアアップを目指すのも一つです。仕事は一から覚え直さなければなりませんが、他部署との交流も深まり会社へ行くのが楽しみになります。また、上司にキャリアアップするために足りない点を確認するなど同じ部署で役職を上げるために努力することも良いでしょう。

PR広告

楽しくないことでも自分で自分を褒めて仕事を楽しむ!

仕事をしていると様々なストレスがかかってきます。そんな時には、自分を褒めるようにしてみると気分が変わってきます。何かタスクを終えたら自分を褒め、上司に嫌味を言われたら自分の良い点を洗い出し、仕事を終えたらビールを飲むなどです。

なかなか上司や先輩が認めてくれない時などに自分を褒めてあげることができないとモチベーションを維持することは難しいです。そして、徐々にモチベーションは下がり続け辞めたい原因になってしまいます。そのために、自分の良い点を自分で見つけ褒めるということを行いモチベーション維持をしていきましょう。

PR広告

仕事が楽しくないなら上司に悩みを打ち明けよう

上司には、部下のモチベーションを管理するという重要な仕事があります。その上司に仕事が楽しくない理由を相談するのが一番の近道です。言葉を選ぶ必要はありますが、「なにが仕事を楽しくない原因なのか」「その原因に対してどうしたいのか」「その理由」の3点を中心にできるだけ細かく伝えるようにしてください。

上司に相談できない環境の人もいると思います。しかし、周りの人や同僚に悩みを相談し、解決しようとしても上手くいかないことが多くおすすめできません。理由は、周りの人や同僚に相談すると、その悩みは歪曲され人伝に上司の耳に届いてしまうことがあります。歪曲された悩みは上司からの評判を下げることになり人間関係などにも影響を及ぼします。

周りの人や同僚に仕事の愚痴をもらすことはストレス発散になり必要な行動です。しかし、ストレス発散のためなのか、現状を変えたいという悩みなのか目的を混同せず、目的に合った人に話すことが大切です。そして、上司には楽しくないというだけでなく「どうしていきたいのか」という前向きな話をすることで徐々に環境は変わっていきます。

PR広告

仕事が楽しくないなら辞める準備をしてみよう

仕事が楽しくない時は、一度退職するための準備をしてみましょう。自分に与えられている仕事のマニュアル作成をしてみたり、辞表を書いてみます。そうすることで、辞めたいと思ったら辞められるという安心感のようなものを感じられるようになります。

注意しておく点としては、当たり前ですが辞表は見えないところに置くようにしましょう。デスク周りでも良いですが、通勤用のバックなどに入れておくと見られる心配がないので安心です。また、転職先を検討したりすることも気分転換になりますのでおすすめです。

PR広告

待遇が悪くて仕事が楽しくない時の対処法

毎月の給与や残業代などの待遇が悪いことで仕事に対するモチベーションが保てなくなります。待遇に関しては、それぞれ会社の規定があることが理由で転職することが主な解決策になります。しかし、その前に給与交渉を行なってみたり、給与以外の面での不満や良い点を洗い出すべきです。

転職をすることで待遇が良くなった代わりに職場の雰囲気がギスギスしたところに入社してしまい後悔する人や、給与も対して変わらずに仕事量がとても増えたりして後悔している人もいます。不満の出ない職場はありません。自分が会社に一番求めているものは何なのかを熟考し転職すべきか判断すると良いでしょう。

PR広告

転職も?楽しくない仕事より楽しい仕事を

仕事が楽しくない、辞めたいと感じた時にまず頭に浮かぶのが転職です。仕事が楽しくないことが原因で転職する人の割合はとても高く、毎年大勢の人がそれを理由に転職しています。しかし、仕事が楽しくないことを理由に転職することは良いのでしょうか。

社会人生活は約40年あり、人生の大半は仕事をすることになります。その40年間を楽しくないからと我慢し続けるのはとても大変です。しかし、転職をすることで理想の職場に出会えることができれば40年間をやりがいに満ちた40年間に変えることができます。

しかし、転職をすることで成功する人がいる一方で、転職をしたことを後悔している人もいます。一体何が原因なのかご紹介します。

転職で失敗しないために何を注意する?

転職を失敗してしまう人には共通の原因があります。1つ目は、仕事が楽しくない原因を会社や人間関係のせいにしてしまっていることです。環境によって仕事の楽しさは変わってくることは多々あります。しかし、その中で自分の反省点や何を努力してきたのかを振り返る必要があります。この作業をしないで転職するといずれ同じことが原因で仕事を辞めたいと思うようになります。

2つ目は、まだ今の仕事で何も成し遂げていない人です。今の仕事で成し遂げた経験がない人は転職しても、成し遂げる前に辞めたい楽しくないといった状況に陥ります。何かを成し遂げることで仕事は楽しくなります。転職を行う前に、今の仕事で何か成し遂げた経験をすることで次の会社でも自信を持って楽しく仕事ができるようになります。

最後は、自発的に行動することができない人です。仕事は与えられるものもありますが、やらされている仕事をしていてもモチベーション維持をすることはできません。自分で与えられた仕事にやりがいを探し、自発的に行動できなければ転職しても状況は変わりません。

この3つの特徴を踏まえて自分がなぜ転職をしたいと思っているのか、なぜ辞めたいと思ったのか分析することで転職先に求める条件が見えてきます。転職は一つの選択肢でしかなく、今の会社で働き続けることも視野に入れて何が正しいのか冷静に検討しなければなりません。

また、どんな仕事でも興味があることだけを仕事にできるわけではありません。仮に興味のある業界に転職したとしても仕事の内容が思っていた仕事と違ったり、人間関係や待遇が悪くなる可能性もあります。焦って転職をせずにしっかりと業種や会社について調べた上で転職するようにしましょう。

これで頑張れる!楽しくない仕事を乗り切る方法

楽しくない仕事をしていると、仕事を辞めたいといったネガティヴな感情が出てきてしまい考える力がなくなってしまいます。そんな時には、仕事を頑張るための目標を作ることが有効です。目標を作ることで仕事に対してやる気が出てきます。

新人のころは仕事を覚えたり、同期よりも仕事を早く終わらせるなどの目標があってやる気に満ちていたのではないでしょうか。いつしかその目標がなくなってしまい、仕事に楽しみを見出すことができなくなったことが原因で辞めたいといった気持ちが出てきてしまいます。これからは、その目標の作り方についてご紹介します。

目標を作って楽しくない仕事を楽しむ!

目標を作る上で重要なこととして、初めのうちは簡単で1日で達成できる目標を作ることがあげられます。例えば、「30分早く出勤してデスク周りを整理する」「同じ部署の人全員に挨拶をする」などです。毎日、簡単な目標を達成することで次の日も目標を作ることが楽しくなります。

毎日の簡単な目標を継続できるようになった段階で、「いつまでに何をするのか」という数日に渡る目標を設定します。この時の目標設定は数字を用いて具体的な数字をすることが重要です。いきなり、ハードルの高い目標を設定してしまうと達成することができず、目標設定が定着しなくなってしまうので徐々にハードルを上げるようにします。

数日に渡る目標が継続できるようになったら今度は中長期的な目標を設定します。この時も重要なことは数字を用いて目標設定することです。この目標は自分のためだけではなく、上司の期待に応えるためといった誰かのためにやるといった内容も含むものを目標にすると効果的です。例えば「1年以内に業務に必要な資格を取る」などがあげられます。

また、長期的な目標を設定する際には、最低限と最高の基準を設けるとより良いです。先ほどの例で言うと最低限の目標は「2年以内に資格を取る」最高の目標は「半年以内に資格を取り、2年以内に上位資格を取る」といった形です。

長期的な目標の場合、掲げた目標を達成することが難しいことがあります。掲げた目標を達成できないことでモチベーションが下がってしまっては本末転倒になってしまいますので2つの基準で目標を設定すると良いでしょう。

楽しくない時ほど未来の自分のために仕事をする理由

仕事が辛い、辞めたいと考えている時には将来どのようになっていたいのかイメージします。そして、身近な人と照らし合わせることで自分に足りないものを探します。そして、その人はどのような考え方を持っていて仕事を行なっているのか勉強します。

積極的に目標とする人と接して仕事のやり方や考え方を真似してみましょう。目標とする人の真似をしていくとその人の考え方ややり方が自分のやり方になります。その頃には、辞めたいと考えていた時の気持ちはなくなっています。

そして、目標とする人を超えるために自分が何をするべきなのか、考えることができるようになれば仕事はとても楽しいものになってきます。自己啓発本を読み知識を増やすことも大事です。様々なセミナーに通って仕事に活かせるノウハウを学ぶのも良いでしょう。ぜひ、身近に目標とする人を作るようにしてみてください。

仕事を楽しむ努力こそ仕事が楽しくなる秘訣

仕事を辞めたいと考えてしまうことは長い社会人生活において多々ある問題です。しかし、その時に仕事を楽しくする方法を実践することでモチベーションは上がり、毎日の仕事が楽しく変わります。それは、仕事を楽しむ努力こそが仕事を楽しむ秘訣だからです。ぜひ仕事が楽しくない社会人の方は仕事を辞めたいから仕事を楽しむという考え方にシフトしてください。

PR広告

Share
  • URLをコピーしました!

PR広告

PR広告

Amazon オーディブル

  • 今なら2ヶ月間無料で体験
  • プライム会員以外は30日間無料
  • 12万冊以上が聴き放題
  • オフラインで再生可能
  • プロ声優や俳優の朗読も
  • オリジナルコンテンツ多数

PR広告

Amazon オーディブル

PR広告

CONTENTS