MENU
Amazonプライムデー先行セール 7/11~

礼儀正しいの意味|礼儀正しい人の特徴6つ・礼儀正しくなる方法

  • URLをコピーしました!

礼儀正しい人は周りからの評価も高くなります。「礼」に則って相手を思いやる態度は、見ていてとても気持ちの良いものです。では、礼儀正しい人はどのような人を指すのでしょうか。礼儀正しい人の特徴や、礼儀正しくなる方法などをご紹介します。

目次

礼儀正しいとは

礼儀正しいとは作法や礼儀に則った行動ができている人のことをさします。礼儀正しさとは、一朝一夕で身につくものではありませんが、ちょっとした心遣いや、口調や姿勢などに気をつけると、「礼儀正しい」印象を人に与えることができます。また礼儀正しさは「品の高さ」にも繋がります。

意味

礼儀とは、社会の決まりにかなう人の行動や作法のことで、相手を敬う気持ちを表します。人間関係や社会生活の秩序を維持するために守られるべき行動や発言のことを言い、「マナー」「作法」「エチケット」とも言います。

礼儀正しい人の特徴

「礼儀正しい」とは、礼儀に則った立ち振る舞いのことを言いますが、「礼儀正しい人」はどのような人を指すのでしょうか。礼儀を重んじるだけではなく、場の状況に合わせた対応を取れ、また人との距離感が正しく取れる人が「礼儀正しい」と評価されます。

礼儀正しい人は、仕事上の評価が高いだけでなく、誰からも好かれ、信頼されることが多いでしょう。

特徴1:きちんとした挨拶ができる

人と交わる時に必ず必要となる「挨拶」は最も基本的な礼儀です。挨拶は日常生活に欠かせない、人と人とが気持ちよく生活するための言葉で、対人関係や社会生活を円滑にする作法です。

場にあった挨拶はもちろん、挨拶をするときの表情や口調も大切です。また積極的に気持ちの良い挨拶をする人には、「礼儀正しい」という印象を持ちます。

相手を見て明るい口調でにこやかにする挨拶は、好印象を与えます。

特徴2:正しい敬語が使える

敬語を正しく使いこなせる人は「礼儀正しい人」と呼ばれます。敬語は、対人関係をわきまえた、相手に敬意を示す言葉遣いです。敬語は、相手を敬う気持ちを表現します。

礼儀正しい人は、丁寧な言葉遣いをするので人に不快感を与えません。フランクな関係でも、多少、砕けた言い方にはなるものの、下品な言動や乱暴な言葉遣いはしません。

言葉遣いの丁寧さや、必要に応じた敬語の正しさは「礼儀正しい」印象に直結します。

特徴3:落ち着いている

礼儀正しい人は、冷静に対処します。いつもにこやかで、どんな状況下でも表情を変えずに周りを気遣える人は、「礼儀正しい」と言われます。言葉遣いや仕草も丁寧で、粗野にはなりません。

落ち着いて行動する人は、先の見通しを立てることで時間的な余裕を生み、また周りの状況を的確に察知しますし、対処する能力に長けています。

行いが落ち着いている人からは、上品で丁寧な印象を受け、「礼儀正しい」人という評価に繋がります。

特徴4:相手の立場に立って考えることができる

礼儀正しい人は、客観的に状況を判断することができます。相手の立場に立って、相手がどんなことを求めているのかを察し、それに沿うように行動します。底辺にあるのは、相手を気遣う優しさです。

相手が社会的に自分よりも上であろうと、下であろうと、態度を変えることなく、相手に敬意を持って接することを心がけているので、人を不快にする言動はしません。

相手の立場に立った気遣いは、相手を丁寧に接するという気持ちを感じさせ、礼儀正しい印象を与えます。

特徴5:常識がある

常識とは、普通に持つべき知識や思慮分別のことを言います。知識の一つであり、一般的に受け入れられる社会的な価値観や判断力を持つ人は、客観的に周りを見渡し、状況にあった判断や行動を起こします。

常識は、「マナー」「エチケット」とも言われ、相手を不快にしない動作のことをさします。一般の社会人が共通に持つ知識や思慮分別に外れない行動は、人の目に「礼儀正しい」と映ります。

特徴6:お礼をきちんと言える

お礼は、挨拶と同様、最も基本的な儀礼の一つです。お礼とは感謝の意を相手に伝えることで、大切なのは心を込めて伝えることです。お礼は早めに、相手への感謝の意を込めて伝えます。お礼をおろそかにしてしまうと、それまで築いてきた信頼関係をも壊すことになりかねません。

心を込めたお礼は、相手へ礼を尽くすだけでなく、相手への感謝を細やかに伝えることで良い印象を与えることができます。

礼儀正しい立ち振る舞いの参考になる一冊

¥1,350 (2023/12/08 16:48時点 | Amazon調べ)
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

日常の中で、ふとした所作が美しくなるために役立つ一冊です。女性らしい仕草や、道具の扱い方など、ちょっとした気遣いで立ち振る舞いは驚くほど美しくなります。礼儀正しい人の立ち振る舞いは美しいと再認識させてくれます。

今更人には聞けないちょっとしたことや、普段の生活で役立つふるまい方が紹介されている美しく、役に立つマナー本です。

礼儀正しくなる方法

礼儀正しくなる方法は、ズバリ「相手を慮る心を大切にすること」です。礼儀とは、礼を尽くして相手に敬いの気持ちを伝えることです。相手を敬い大切に扱うことで、自然と言葉遣いや接し方も丁寧になり、「礼儀正しい」印象を与えることができます。

また、背中に芯が通っている美しい姿勢は美しい所作を生みます。猫背や、粗野な動作からは礼儀正しいという評価は生まれません。周りからどう見られるかなど、客観的な視野が大切です。

方法1:相手のことを敬う気持ちを持つ

礼儀正しいの「礼儀」は相手に対する敬う気持ちのことです。礼とは、「思いやりの気持ち」を表す礼儀作法のこと、儀は作法に乗っ取ることです。

相手のことを敬い、思いやる気持ちを持って丁寧に接することで、おのずと「礼儀正しい」所作が身につきます。

また、相手を敬う気持ちを持つことで、自然に適度な距離感がつかめるようになります。相手との程よい距離を保ちつつ、相手に不快にさせないように思いやる気持ちを持ちましょう。

方法2:正しい挨拶を心がける

挨拶は、最も基本的な儀礼の一つです。挨拶は「相手との結びつき」を大切にしたい気持ちと、「親しみ」を表すための大切なツールです。挨拶をするときの口調や表情も大切です。正しい挨拶を口にしても無表情で暗く沈んだ声では、相手に不快感を与えかねません。

挨拶とは、相手に対する思いやりを表します。誰にでも分け隔てなく明るい表情や、はっきりとした口調を心がけましょう。

方法3:常識を身につける

常識とは、一般の人が共通して持つべき知識や思慮分別のことです。社会の中で人々の間で前提として承認されて、「当然持っている」と考えられる知識や判断力を指し、それらは共通認識として認知されます。

常識は、人とコミュニケーションをとる上で必要な最低限の礼儀や知識のことを指しています。そのため、「礼儀をわきまえている=常識を身につけている」と繋がり、常識的な行動をする人は「礼儀正しい人」と認知されます。

方法4:空気を読む

空気を読む、というのは「場の状況を的確に把握できる」ことです。状況を的確に把握し、場面にあった行動を取り、普段から周りをよく観察し、冷静な対処を取れるということです。

客観的な視野を持ち、落ち着いて状況に合わせた対応ができ、どんな時でも冷静に相手を気遣う心配りができると、周りからの印象は非常に良くなります。

方法5:言葉遣いや姿勢に注意する

礼儀正しい人、という評価を受ける人は、凛とした背中を持っている場合が多いです。芯が一本通ったような、美しい姿勢からは美しい所作が生まれます。

礼儀とは、相手を慮る気持ちから生まれます。相手を思えばおのずと言葉は丁寧になり、動作も失礼がないように、自然と落ち着いたものになるでしょう。

礼儀正しく行動して周りと上手に付き合おう

礼儀とは、人を思いやる気持ちから生まれる所作や作法のことをさします。礼儀の「礼」の根本は、「人を思いやる気持ち」です。礼儀の「儀」だけをマスターしても、「礼」である「心」がないとただのマニュアルどおりの動きになり、「礼儀正しい人」という評価には結びつきません。

礼儀正しい人は、周りを見渡す力があり、さらに人を思いやる気持ちに長けている人です。まずは、相手を思いやる気持ちを大切に行動をしてみましょう。

親しき中にも礼儀ありな態度とは

親しき中にも礼儀あり、というのは「仲の良さに甘えて、度をすぎて礼を欠く行動はいけない」という意味の故事です。「礼」は「和」を産みます。「礼儀」をおろそかにすると、「和」は脆く崩れます。親しくなった人にこそ、適切で程よい距離と、さらに深い思いやりが求められます。

親しい間柄であっても、相手を思いやる気持ちを忘れずに気遣いの一言を言い添え、思いやりを示し、また自分勝手な振る舞いは控えましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

MIKURI(ミクリ)は「厳選したおすすめ商品を紹介するWEBマガジン」です。あなたの毎日がより豊かになるよう高品質な記事ををお届けします。

目次