恩恵の意味と使い方をわかりやすく解説!恩恵(おんけい)を使った例文も紹介


恩恵という言葉はご存知でしょうか。

恩恵(おんけい)とは「めぐみ。なさけ。」という意味があります。

よく使われる言葉ですが、意味を間違って理解して使っている方もいます。

ちなみに「恩恵を授かる」という文章は誤った使い方ですので注意しましょう!

この機会に恩恵の読み方や意味を確認して使い方を習得しましょう。

それでは恩恵の意味や用法について深掘りしていきましょう!

PR広告

CONTENTS

恩恵の意味と読み方

恩恵の意味

恩恵(おんけい)とは「めぐみ。なさけ。」という意味です。

よく「恩恵を授かる」と使う人がいますが、実は誤った使い方なんです!

正しくは「恩恵に与る(あずかる)」です。

それでは、それぞれの漢字の意味をみていきましょう。

・・・めぐむ。なさけをかける。受けた方でありがたく思うべき行為。

・・・とぼしい人に物を与える。恩を施してかわいがる。めぐみ。

どちらの漢字にも「めぐむ・めぐみ」といった意味の言葉が使用されていることがわかります。

また、情けをかける乏しい人に物を与えるという意味もあるように「人間に救済をもたらす神の恵みのたまもの」という意味が恩恵には込められています。

PR広告

恩恵の正しい使い方

では、恩恵(おんけい)はどういう時に使うのでしょうか。

恩恵の正しい使い方について解説します。

先ほど「恩恵に授かる」は誤用で、正しくは「恩恵に与る」ですと解説しました。

恩恵は「授かる」ものではなく、「与る」ものであるため、「恩恵に与る」が正しい使い方になります。

PR広告

恩恵の類義語・同義語

恩恵(おんけい)の類義語・同義語にはどのようなものがあるでしょうか?

恩恵の類義語・同義語

  • 恵み(めぐみ)・・・とぼしい人に物を与える。恩を施してかわいがる。めぐみ。
  • 恩徳(おんとく)・・・恵み。情け。恩恵。
  • 恵沢(けいたく)・・・めぐみ。なさけ。
  • 恩沢(おんたく)・・・人や物に利益や幸いをもたらすこと。
  • 特恵(とっけい)・・・特に有利な待遇。特別の恩恵。

PR広告

恩恵の対義語・反対語

他にも恩恵(おんけい)の対義語・反対語をいくつかご紹介します。

恩恵の対義語・反対語

  • 損害(そんがい)・・・事故などによって受ける不利益。失われた利益。
  • 害悪(がいあく)・・・害となる悪いこと。
  • 危害(きがい)・・・身体や生命に及ぼす危険・損害。
  • 厄難(やくなん)・・・わざわい。災難。
  • 禍害(かがい)・・・わざわい。災難。

PR広告

恩恵を使った例文

恩恵(おんけい)はどのように使うのでしょうか。

以下に恩恵を使った例文を挙げてみました。

彼は多大なる恩恵に感謝したであろう。

充分な恩恵を甘受するに値する。

死んでもそんな奴の恩恵にはあずかりたくない。

誰もが自然の恩恵を受けている。

PR広告

恩恵の意味まとめ

以上、恩恵(おんけい)の意味や用法について深掘りしてみました。

この機会に恩恵という言葉を使って見てください!

この記事が少しでもあなたのお役に立てば嬉しいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

PR広告

転職キャリアジャンルで参加中です

Share
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
CONTENTS