「鬱屈(うっくつ)」の意味をわかりやすく解説!「鬱屈」を使った例文も紹介


この記事では「鬱屈」の意味や使い方など例文を用いて解説します。

それでは「鬱屈」という言葉の意味に関して深掘りしてみましょう!

PR広告

CONTENTS

「鬱屈」の意味・読み方

鬱屈は「うっ-くつ」と読みます。

鬱屈の意味ですが、わかりやすくそれぞれの文字の意味を紐解いてみましょう。

「鬱」・・・ふさがる。心持が晴れ晴れしない。

「屈」・・・折れまがって伸びない。かがむ。へこむ。くじける。へりくだる。

の意味は字義通りに捉えると「気が晴れないでふさぎこむこと。」という意味になります。

「鬱屈」の意味=気が晴れないでふさぎこむこと。

PR広告

「鬱屈」の使い方

鬱屈の使い方は、意味の通り「気が晴れず溜まっている感情」を表現する際に用いいます。

気が晴れないでふさぎこんでいる感情が爆発した様子を「彼の鬱屈していたものが爆発した。」と表現することができます。

PR広告

「鬱屈」の類義語・同義語

「鬱屈(うっくつ)」の類義語・同義語には、どのような言葉があるでしょうか。

鬱屈の意味には「気が晴れないでふさぎこむこと」という意味があり、この意味をもつ言葉が鬱屈の類義語・同義語に当てはまると言えます。

鬱屈には下記のような言葉が類義語・同義語として挙げられます。

  • 鬱積(うっせき)・・・不平・不満が晴らされずに次々と、心に一杯たまること。
  • 悩み事(なやみごと)・・・心を苦しめるような、つらい事柄
  • 困りごと(こまりごと)・・・こまり事対処の手段が容易に見つからず、心を苦しめたり、混乱を生じたりするような事柄
  • 心配ごと(しんぱいごと)・・・心配なこと。気がかりな事柄。
  • 欲求不満(よっきゅうふまん)・・・心の中や外からの力のために、欲求がみたされないで、楽しくない状態。

PR広告

「鬱屈」の対義語・反対語

「鬱屈(うっくつ)」の対義語・反対語にはどのようなものがあるでしょうか。

鬱屈には明確な対義語というのはありませんが「気が晴れないでふさぎこむこと」という意味に対しての対義語・反対語の意味をもつ言葉は鬱屈の対義語・反対語と言えます。

鬱屈には下記のような言葉が対義語・反対語として挙げられます。

  • 解放(かいほう)・・・体や心の束縛や制限などをとり除いて自由にすること。
  • 爽快(そうかい)・・・さわやかで気持がよいこと。
  • 清々しい(すがすがしい)・・・心地よくさわやかだ。さっぱりしていて気持ちがよい。
  • 清涼(せいりょう)・・・さわやかですずしいこと。
  • 清新(せいしん)・・・さわやかな感じを与えるほど新しみがあるさま。

PR広告

「鬱屈」を使った例文

「鬱屈(うっくつ)」はどのように使うのでしょうか。例文を使ってご紹介します。

彼の鬱屈していたものが爆発した。

彼は鬱屈した怒りの持っていく場所がなくて苛立っていた。

彼の心には鬱屈したものが溜っていったのであろう。

彼らは鬱屈した希望のない日々を送ってきたのだ。

昨日までの鬱屈していた気分が、嘘のように吹っ飛んでいった。

PR広告

「鬱屈」の意味まとめ

「鬱屈(うっくつ)」の言葉の意味や用法について深掘りしてみました。

この言い回しを身に着けて、表現の幅を広げていただければと思います。

この記事が少しでもあなたのお役に立てば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

PR広告

転職キャリアジャンルで参加中です

Share
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
CONTENTS