21歳男女が未来のためにすべきこと!仕事や恋愛に悩んだときの解決策も!

  • URLをコピーしました!

21歳は、学生生活の追い込みや、社会人としての真新しい生活や、人によって慌ただしく将来を考え葛藤が生まれる年齢でしょう。足並み揃えていた若者が、それぞれの人生を歩み始めるとき、21歳は未来のためになにをすべきなのでしょうか。大人としての様々な悩みも考えていきます!

目次

21歳の今考えるべきことは?

21歳は、成人として新鮮な気持ちの20歳を終えて、自分の人生を考えながら将来に歩み始める年齢です。歩む人生によって、学生として追い込みをかける人もいて、社会人として奮闘している人もいるでしょう。自分と他人の人生の違いも、この年齢でみえてきます。 自分がやりたいことをやっているはずなのに、同じ21歳を見てなぜか不安やさみしさを感じることもあるのではないでしょうか。21歳は立派な大人です。戸惑いに追いついていけない人のために、21歳が考えるべきことをご紹介していきます!

21歳が人生にとって大事な1年である理由

21歳といえば、様々な葛藤が生まれる1年でしょう。同じ時間を過ごしていた仲間はそれぞれの道へ向かい、周囲からは大人として扱われます。20歳になりたての「成人した」興奮から冷静さを取り戻し、現実を直視する1年でもあります。 その流れに、気持ちが追いついていかないことも事実ですよね。21歳は精神面で自立したと思って過ごしても、社会の荒波はそれまでの人生における定義を変えていきます。ここを乗り越えて、自他ともに認める「大人」へと成長する大事な1年なのです。 21歳の1年が、あなたの未来を作っていくと考えてもいいでしょう。なんとなく過ごしても、将来を意識して過ごしても、そこで形成されたすべてのことが未来で「当たり前」になっていきます。この1年で、大人としての自覚を持ちながら、人生の基盤を作っていくのです。

未来のために21歳の今したいこと

21歳になって、未来のために今したいことはなんでしょうか。願望も義務もひっくるめて、未来に影響していきます。「もう子供じゃないんだから」という気持ちがプレッシャーとしてのしかかっているでしょうが、そのプレッシャーに飲まれてしまうと未来を明るいと思えなくなります。 21歳になり、責任能力も求められ、人へ迷惑をかけずに充実した未来をおくるためにも、未来のために今しておくことを考えてみましょう。

健康管理を徹底する

21歳で健康状態について、深く考えることはあまりないでしょう。しかし、この時期だからこそ自分の健康に気を付けることが大切になってきます。健康でいることは、自分の人生だけではなく、自分の人生に関わる全ての人にたいして影響することを覚えておきましょう。 自分が社会に出始めると、今度は両親が引退を考え始める年齢です。自分の体調が崩れやすいと、せっかく勤め始めた仕事にも穴を空けやすくなってしまいます。何よりも、自分が健康でいることで新しい生活を充実したものにできるのです。

内面から美しくなる

外見の美しさに磨きをかけることも大切ですが、内面の美しさを磨くことも大切です。外見と違って、内面の美しさは自然と滲み出てくるものです。礼儀作法や普段のマナーをきちんと覚えて、内面を磨く努力をしましょう。 内面から美しくなると、外見の美しさでは補えない部分が出て来ます。21歳だからこその振る舞いや普段のさりげない行動も、周りの人はみています。知らないうちに恥をかいていたことよりも、日頃からの自分に自信をもてるようにしましょう。

色んな経験をする

21歳は社会に出て間もない時期です。いろんなことを経験して、自分の可能性をどんどん広げていきましょう。成人した大人ですから、親の許可や社会の制限を考えることもなく「やってみよう」と思えることに踏み出せます。経験を積むことは、大きな財産となります。 自分の将来が見えていなくても、経験を積んでおくだけで助かる場面はたくさんあります。目の前のことに一生懸命になるのは素晴らしいですが、他にもやってみたいことがないか考えてみましょう。

知識をつける

たくさんの本を読んだりして、いろんな知識を身につけておくと、その分自分の力となっていきます。学生と社会人の大きな違いは、決まった答えがないことです。困るごとに対策を講じるよりも、いろんな知識を吸収しておきましょう。 知識をつけることは、自分の力になるだけでなく、人の力になることもできます。21歳になって社会人の仲間入りをすると自分のことだけを考えているわけにもいかず、他人が必ず関わってきます。無知でいると人の迷惑になることもあるので、一つでも多く知識をつけておきましょう。

一人で判断する

21歳は社会人としては、まだ頼りなく、周囲から評価されることもそれほどないでしょう。ただし、現実問題として年齢は成人をしているので、責任能力は求められてしまいます。社会人として認めてくれないこともあるのに、「いつまでも子供じゃないんだから」と責任を求められることはあるのです。 周囲からの扱いが中途半端で、戸惑うことも多いかもしれませんが、21歳は自分で責任をとっていかなくてはいけないことも事実です。誰かに頼らず、一人で判断することを増やしてみましょう。自分で決めたことだと意識するためにも、判断をする際には慎重さを忘れないでくださいね。

強い信頼関係を築く

友人や恋人など、外の世界での人間関係で強い信頼関係を築ける人はいますか?学生の間は、同じ立場で同じ目標に向かっている仲間の中で過ごします。21歳になって社会に出てみると、周囲の人は立場も目標もそれぞれで違います。 だからこそ、信頼できる存在はとても大切です。悩んだりした時にも、状況を読んでくれて親身になって話を聞いてくれる人は、あなたを助けるアドバイスをしてくれます。昔からの付き合いの人でも、新しい環境で知り合った人でも、自分には信頼関係を築ける人がいるのかよく考えてみましょう。

人の気持ちを察する

21歳に出ると、世の中でいろんな立場の人と接する機会も増えていきます。プライベートの面でも、仕事の面でも、自分の意思を優先していては社会人失格となることもあります。自分が我慢すると同時に、人の気持ちを察することができるようにしましょう。 人の気持ちを察することができると、21歳という年齢以上に大人として認められることが増えるでしょう。人から言われる前に、状況や人の反応を見て自分で考えることはとても大切です。人と接触するときには「この人はどう思っているんだろう」と考える癖をつけましょう。

将来設計を考える

21歳といえども、将来設計を考えてみてもいい年齢です。やりたいことがある人は、その目標に向かって、自分の人生をどのようにしていくかじっくり考えてみましょう。これからやりたいことをみつけていく人は、ざっくりとでもいいので、自分の人生を考えてみましょう。 将来設計をたててみると、重ねていく年齢を考えながら目標をたてることができます。「何歳までにこれをやる」など、具体的な目標がみえてくるのです。目標がみえると、自分のやるべきこともはっきりしてきます。一度将来設計を書き出してみてはどうでしょうか。21歳の今だからこそやっておくことも見えてきますよ。

チャレンジ精神をもつ

色んな経験をすることでも書きましたが、「やってみよう」というチャレンジ精神はどんな場面でも重要です。改まって経験を重ねていくのとは別に、日頃からチャレンジする意識を持ちます。21歳という年齢で、チャレンジできることは山ほどあります。 新しい生活で悩むことが増えると「もういやだな」と考えてしまいますよね。チャレンジ精神があれば、「もう少しだけ踏ん張ってみよう」と思うこともできます。チャレンジ精神は、自分の精神面の安定や成長に大きく影響してくれるのです。

笑顔を忘れない

21歳で仏頂面をしていると、それだけで損をします。笑顔は自分の気持ちを落ち着かせ、周囲を明るい気持ちにさせてくれます。どんなにへこたれそうでも笑顔を忘れないでいると、周囲が親身になってくれて力を貸してくれることもあります。 ただ、いつでも笑顔でいることは大切ですが、時と場合を考える必要もあります。反省を求められる場面で笑顔でいても「へらへらしている」と、今度はマイナスな印象を与えます。そういった状況を除けば、笑顔はあなたや周囲の人を助けてくれるでしょう。

仕事で悩む21歳が考えるべきこと

21歳で、既に社会に出て働いている人もいますし、学生生活を送っていても働いている人はいます。10代でバイトをしていた経験がある人は、いつまでも同じ扱いを受けられないことを実感しているのではないでしょうか。既に社会人として働いている人は、大人なのに大人扱いされないことを不服に思っていませんか? 21歳は、社会では中途半端な年齢でもあります。あなた自身の意識と、周囲の認識がずれると仕事では様々な悩みが生じます。仕事をするうえで生じた悩みに対して、21歳が考えるべきことはなんでしょう。

他人よりも自分に注目してみて

21歳で仕事を始めてみると、学生の頃とは全く組織であることを実感するのではないでしょうか。学生のころは、周りと比較して自分の励みにすることもあったかと思います。ですが、仕事をする上では他人よりも自分のことに注目してみましょう。 自分の仕事が未熟で、他人の仕事を参考にしようと思っていると、自分の仕事は疎かにしたままになってしまいます。まだ、いろんなことを吸収して、仕事の基礎を作る期間です。他人よりも自分に注目して、仕事の基礎を作っていきましょう。

向上心と忍耐力を習得してみて

社会人として仕事を始めて、慣れないことだらけで自分の能力に悩んで「もう辞めちゃおうかな」と考えることも、実は21歳にはよくあることです。可能性を秘めている年齢は「自分には他の仕事が向いている」という自信と希望があるからです。 ですが、ここで向上心と忍耐力をつけるとことでも、大人としてのステップアップができるのです。現状を打破するための向上心や、「きついけどもう少し続けよう」という忍耐力は、自信にもなり周囲からの評価アップに確実に繋がります。

ハングリー精神を忘れないで

仕事をする上で21歳はまだまだ下っ端といえます。ですが、野心という名のハングリー精神をもつことで仕事に対して意欲的になれます。意欲的になると、仕事で悩んだとしてもその悩みを乗り越えよという気持ちが湧いてきます。 「負けたくない」という意思は、立派な大人への成長の兆しです。自分の仕事にプライドをもつこともできるので、悩むことがあってもそれすら自分のスキルに変えていくでしょう。21歳でも、組織の一員です。仕事に対して貪欲に、意欲的になって悩みを打ち破っていきましょう。

恋愛で悩む21歳が考えるべきこと

21歳の恋愛は、そこに大人としての責任や品位が必要になってきます。いつまでも10代の頃のような恋愛をしていると、世間では非常識になってしまうこともあります。早い人は人生設計を視野に入れている人もいますね。21歳の恋愛は、子供としてではなく、大人の自覚をもって楽しみましょう。 10代の頃の恋愛と違って、21歳の中では価値観も変わっていきます。恋愛関係に感じるもの、相手に感じるもの、これらは21歳の世界で感じているものがすべて反映されます。恋愛に悩む21歳が考えるべきことは、なんでしょう。

自分とパートナーのどちらも犠牲にしない関係を

10代のころの恋愛と、21歳での恋愛は主張観の違いが目立ってくるでしょう。大人として相手を見ますし、自分も大人として認めて欲しいと思うことが増えてきます。そのため、お互いに我慢を要求したり、無理に背伸びをすることも少なくありません。 21歳の恋愛は、燃えるような恋愛よりも穏やかに長く一緒にいるための、お互いを犠牲にしない恋愛を意識してみましょう。どちらかを犠牲にしてしまうと、無理していることを実感して、お互いに想う気持ちが見えなくなってしまいます。

忙しい時間の合間に安らげるような関係を

21歳は生活の変化とともに、人間関係の変化も出て来ます。自由の利く時間でいろんな人と過ごすこともありますし、仕事や新しい生活で忙しさが一向に落ち着かない日々が続くでしょう。そんな時こそ、恋人と過ごす時間は安らげる時間なのです。 新しい生活になっても、恋人という存在は立場も関係性も変則的にはなりません。恋人という特別な立場でもあるので、忙しくて気が張っていると言う状況でも気を抜きやすくなれるはずです。お互いに気持ちが休まる関係ができているか、見直してみましょう。

「子供」と「大人」の違いを意識した関係を

21歳は、子供ではなく大人です。それでも、恋愛に対してはまだまだ10代のころのように情熱ばかりを求めることもあるでしょう。恋に恋したり、漫画やドラマのような恋愛を夢見る思考もなかなかすぐには切り替えられないこともあります。 恋愛で悩んだときに「大人の恋愛ってこれでいいのかな」と考えてみましょう。極端な言い方をすれば、子供の恋愛は自分の都合部分も出て来ます。大人の恋愛は、相手のことを思いやった上で自分の気持ちを伝えていきます。21歳は大人の恋愛と区別をするだけでも、抱える悩みは解消できるでしょう。

21歳は立派な大人の仲間入り!

21歳という数字は、人によっては「まだまだ子供」であったり「充分に大人でしょう」であったり、認識が中途半端な時期です。法的な数字でみれば成人でも、本人の意識がまだ少し周囲に甘えたり頼ったりしていれば、成人としての認識も薄くなっていきます。 「まだ21歳」と考えるのか「もう21歳」と考えるのか、それだけでも境界線が変わってくる難しい年齢ではあります。ですが、ここから大人としての可能性を広げ始める時期なのも確かです。いろんなことに思い悩みながらも、一人の立派な大人として自分の人生を考えてみましょう。 これまでには感じなかった悩みが生じるのも、大人になったからのことです。子供と大人の葛藤で頭を抱えることもありますが、大人として始まったばかりの21歳の人生をぜひ楽しんでみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

MIKURI(ミクリ)は「厳選したおすすめ商品を紹介するWEBマガジン」です。あなたの毎日がより豊かになるよう高品質な記事ををお届けします。

目次