MENU
Amazonプライムデー先行セール 7/11~

18歳のうちにすべき14つのこと!深夜バイトやホテル宿泊はできる?

  • URLをコピーしました!

2022年4月より、成年年齢引き下げにより「大人」として扱われるようになった18歳。実はこの18歳、人生にとって非常に大事な時期だとご存知ですか?そんな18歳のうちにすべきことはたくさん!後悔のない18歳を過ごすために、すべきことをカテゴリー分けして詳しくご紹介します。

目次

2022年4月から18歳は「大人」!

成年年齢の引き下げにより、2022年4月から「大人」となった18歳。これからは18歳でも選挙、ローンを組むこと、クレジットカードを作ることなどが可能になりました。 そんな重要な変化を前にした18歳は、人生にとって非常に大事な年齢でもあります。では一体、18歳はどのように大切で、どんなことをして過ごせばいいのでしょうか? 18歳の時にすべきことを、人生編、コミュニケーション編、生活スキル編、勉強編の4つの視点からお届けします。

18歳が人生にとって大事な年齢である理由とは?

18歳は、人生にとって一番自由で、非常に大切な時期です。最初に触れたように、2022年の4月から成人として扱われている18歳。つまり、子どもと大人のちょうど狭間の時期だといえます。 一般的には高校を卒業し、進学や就職で環境がガラッと変わる時期。一人暮らしを始める人も多くいるでしょう。18歳とは、今までなんとなく存在していた枠から飛び出し、自分の力で人生を切り開いていける時なのです。 成年年齢が引き下げられ、ローンを組むことも可能になりました。今までとは違い、18歳という年齢には自身の決断力、そして責任能力が必要になってきます。

その一方で、18歳という時期はとにかく可能性に満ちていて、これからなんにでもなることができます。失敗しても、いくらでもやり直すこともできます。もっと年を重ねてしまえば、失敗のダメージもそこからの立ち直りも、もっと時間と労力がかかるようになるのです。 17歳ではまだまだできないことも多く、19歳になり、18歳から選んだ環境に慣れてしまうと動きにくくなることもあります。 この時期に、生きる力を蓄えること、そしてじっくり腰を据えて考え、行動することが非常に重要だといえるのです。将来「18歳の時にあれをやっていれば…」と後悔しないよう、できることから取り組んでいきましょう。

18歳のうちにやっておきたいこと【人生編】

では具体的に、18歳のうちになにをやっておけばいいのでしょうか?ここからはさまざまなカテゴリーに分け、18歳のうちにやっておきたいことをご紹介します。まずは人生編を5つ。これからの人生をより豊かにするために、いまやるべきことはなんなのでしょうか。

1:一生の友達を作る

18歳のうちにやっておきたいこと【人生編】の1つめは、一生の友達を作ることです。「友達なんて、大人になってからでも作れるでしょ?」18歳の時期にはそう思うかもしれません。 しかし、歳を重ねるにつれ時間は確実になくなります。仕事の時間は増え、家庭を持ち、それに反比例して、友達のために割ける時間はどんどん減っていくのです。

人間は年齢が上がるにつれ、付き合う人の数は減り、反対に若い頃からの友人とはより深く付き合うようになるという研究結果があります。 つまり、一生付き合える友達を作るなら若いうちにやるべきということ。そしてなるべくならより自由な18歳という今、挑戦すべきだということです。なんとなく付き合っている多くの仲間の中から、本当に信頼できる友達を見つけ出しましょう。

2:将来の自分や目標を真面目に考える

18歳のうちにやっておきたいこと【人生編】の2つめは、将来の自分や目標を真面目に考えることです。また、そこに辿り着くための方法も具体的に考え始める必要があります。 この先、学校や仕事に縛られながら自己分析をし、目標設定をするのは大変なことです。時間のない中で焦ってやるよりも、18歳のいま、じっくりを思いを巡らせてみましょう。 まったくイメージが湧かない人は、興味のあるアルバイトに片っ端から挑戦してみるのもいいでしょう。幼い頃に夢中になったものを思い返し、同じことに再挑戦してみるのも手です。

3:たくさんの人生があると知る

18歳のうちにやっておきたいこと【人生編】の3つめは、たくさんの人生があると知ることです。18歳という年齢は、まだまだ小さな世界の中で暮らしています。 家族、学校、友人…どうしても、自分の周りの価値観がすべてだと思いがち。そして、無意識にそこに自分をはめて将来を考えがちです。 しかし、人生というのは非常に多様なもの。世界中で、見たこともないような人生を生きている人がたくさんいるのです。

現代は幸いなことに、本や雑誌、ネット上ですぐに人の人生に触れることができます。また、アルバイト先や親戚など、身近なところでも意外と波乱万丈な生き方をしてきた人もいるものです。 そのような人生を、積極的に多く知りましょう。それはあなたの人生の選択肢を増やし、今後、必ず役に立つ時が来ます。

4:自分の好きなものを知る

18歳のうちにやっておきたいこと【人生編】の4つめは、自分の好きなものを知ることです。これからの指針として、前述した将来の自分や目標もとても大切です。しかし、それだけでは時に道に迷ってしまうこともあります。 例えば将来や目標のためにがんばろうと思える時はいいですが、自分が心底疲れてしまった時はどうしたらいいでしょうか。そんな時助けになるのは、自分は何が好きなのかということ。これがしっかりと把握できている人は強いです。 あなたは自分の好きなものを、30個以上言うことができますか?意外とこれができない大人も多いもの。どうか選択肢の広がる18歳という年齢から、自分の好みをよく観察し、把握していってください。

5:失敗をする

18歳のうちにやっておきたいこと【人生編】の5つめは、失敗をすることです。意外に思うかもしれませんが、18歳のこの時期、たくさんの失敗を経験しておくことは非常に重要です。 無難な道を選び失敗の少ない人生は、舗装された道路のようなもの。それよりも、でこぼこ道を転びながら自分なりに歩いてきた人のほうが将来、人間に厚みが出るのです。 実は、大人たちは口をそろえて「若い頃に失敗しておいてよかった」といいます。それは、失敗は自分を成長させるものだと身を持って知ったから。

失敗をすれば、人の痛みを知ることもできます。失敗をすれば、次はどうしたら失敗しないか考えることもできます。失敗から立ち直ったことで、自信もつくでしょう。 人は無意識のうちに「失敗しないように」と生きています。しかし、失敗は悪いものではありません。 もちろん犯罪や命に関わることはしてはいけません。しかし、それ以外なら失敗を恐れず、積極的に生きましょう。そうして得たものは、すべてあなたの財産になります。

18歳のうちにやっておきたいこと【コミュニケーション編】

ここからは、18歳のうちにやっておきたいこと、コミュニケーション編を3つご紹介します。人生にとってコミュニケーションとは非常に大切で、大きな時間やエネルギーを費やすものです。 18歳のうちからコミュニケーションを意識して行動することで、歳を重ねた時に他の人と差がつきます。

1:自分の言葉で自分の意思を発信できるようにする

18歳のうちにやっておきたいこと【コミュニケーション編】の1つめは、自分の言葉で自分の意思を発信できるようにすることです。自分の言葉を使うことはとても重要です。なぜかというと、人から聞いたままの言葉では自分の本当の意思が伝わらないからです。 日頃、なんとなく人から聞いた価値観をそのまま口に出していませんか?社会で求められるのは、自分の意思をきちんと自分の言葉で言える人。今一度、自分の意思、そしてそれを伝える時の言葉を見直してみましょう。 18歳から意識していれば、歳を重ねるごとに自然とその力がついてきます。そしてその力は、この先いつでもあなたを助けてくれるのです。

2:全力で恋愛をする

18歳のうちにやっておきたいこと【コミュニケーション編】の2つめは、全力で恋愛をすることです。恋愛というものは、非常に多くの労力を使います。誰もが大人になるにつれ、恋愛もつい省エネになってしまいがちなのです。 18歳の今、自分の思うままに全力で恋愛をしておきましょう。その中でたくさんの感情を経験すれば、これから人の気持ちを考えられる人間になれます。

また、将来どんな人と結婚し、どのような結婚生活がしたいのかも同時に考えることができます。例えば、自分はクールな人が好みだと思っていたけど、実際に付き合ってみたらなんだか疲れた…というような気づきも得ることができるでしょう。 それが分かれば、将来結婚を考えた時に失敗しにくくなります。恋愛は、人生にとって大きなテーマです。18歳の今、遠慮せずに精いっぱい恋をしましょう。

3:大人の言うことを疑ってみる

18歳のうちにやっておきたいこと【コミュニケーション編】の3つめは、大人の言うことを疑ってみることです。今までは、大人に教えられたことを守りながら生きてきました。しかし、これからは自分の意思でさまざまな選択をしていかなければいけません。 あなたの周りの大人が言っていることは、本当に正しいのでしょうか?大人でも間違うこと、考えが偏っていることはたくさんあります。あなたは本当はどう思っていて、どう行動したいですか? 人の意見は一度素直に聞き入れ、その上で自分はこう思う、こう考えていると確認するクセをつけましょう。そうすることで、誰かに依存せずに自分の道を歩いていく力が育てられます。

18歳のうちにやっておきたいこと【生活スキル編】

ここからは、18歳のうちにやっておきたいこと、生活スキル編を3つご紹介します。これからさまざまな環境に身を置く中で、自分で自分の世話をする場面は必ず出てきます。18歳という時期から少しずつ生活スキルを磨けば、無理なく身につけることができるのです。

1:料理を覚える

18歳のうちにやっておきたいこと【生活スキル編】の1つめは、料理を覚えることです。食事は私達の毎日に欠かせないもの。食事なんて、レトルトや外食でいいやと思う人もいるかもしれません。しかし旬の素材から自分で作る料理は、心身の健康に欠かせません。 新しい環境に飛び込めば、日々慣れない中でいちから料理を覚えることはなかなか難しくなります。また、これから将来に向けてお金を大切にしていく意味でも、自炊は大切になってきます。 18歳である今のうちに、少しでも料理を覚えておきましょう。また、洗濯、掃除などの家事の基本も学んでおくと後々役立ちます。生活力は、つけて困ることはありません。自分の取り組めそうなものから、楽しんで覚えていけるといいですね。

2:運動習慣をつける

18歳のうちにやっておきたいこと【生活スキル編】の2つめは、運動習慣をつけることです。18歳という今はなかなか意識できませんが、歳を重ねるにつれ、健康を維持していくということは非常に大切になってきます。 今は無理がきいても、20代、30代と年齢が上がる度に免疫力、回復力は確実に落ちていきます。習慣は、一日では作られません。18歳のうちから定期的な運動習慣をつけましょう。持久力、筋力をつけておけば、比較的楽に健康維持ができます。 身体を壊せばお金もかかります。歳をとってから後悔しないように、ぜひ運動習慣をつけましょう。

3:お金のやりくりを学ぶ

18歳のうちにやっておきたいこと【生活スキル編】の3つめは、お金のやりくりを学ぶことです。あなたが月に自由に遣えるお金はいくらですか?それを、無駄なく有効に使えていると思いますか? 一度、ひと月のお金の遣い方を確認しましょう。支出を書き出し、遣いすぎや足りない部分を探しましょう。そして、無駄のないように使い道をよく考えましょう。また、少しずつでいいので貯金を始めておくと将来必ず役に立ちます。 限られた支出の中からやりくりをすることは、大人にとって必須です。生きている限り毎月続いていくのがお金のやりくりなのです。浪費しないために、人生の中で大切なものに投資するために。18歳の今から、お金と上手に付き合っていきましょう。

18歳のうちにやっておきたいこと【勉強編】

18歳のうちにやっておきたいこと、勉強編を3つご紹介します。学生のうちしかできない勉強。歳を重ねるごとに、勉強に使える時間もどんどん減っていきます。 しかし、人間の厚みは勉強からも出るものです。18歳という時期から、できることをコツコツとやっていきましょう。

1:社会のお金のしくみを学ぶ

18歳のうちにやっておきたいこと【勉強編】の1つめは、社会のお金のしくみを学ぶことです。社会のお金のしくみを学ぶことは、大人になるために不可欠です。 お金はどうすれば得られて、どのように消費されるのか。もっとお金を増やす手段はないのか。お金をなくさないためにはどうしたらいいのか。18歳の今から、それらをきちんと理解しておく必要があります。 また、2022年4月からは、18歳もクレジットカードの契約ができるようになりました。不要な被害に合わないように、カードの正しい使い方もきちんと学んでおきましょう。

自分の人生設計と照らし合わせ、いつまでにいくら貯めればいいのか、その金額はどう算出すればいいのかを勉強することもとても大切です。 結婚、出産などのライフイベントを書き出し、それぞれに平均いくらかかるのかを調べましょう。18歳のうちに社会のお金のしくみを学んでおけば、この先必ずあなたの強みになります。

2:第二外国語を習得する

18歳のうちにやっておきたいこと【勉強編】の2つめは、第二外国語を習得することです。第二外国語とは、その人が習う「二番目の外国語」という意味。つまり、義務教育中に英語を習う日本人にとって、多くが英語以外の外国語が第二外国語となります。 大学に入れば第二外国語の授業として、ドイツ語、フランス語、中国語などの講義を取ることができます。しかし実は、18歳のうちに第二外国語を学び始める方が有利なのです。

アメリカのマサチューセッツ工科大学が67万人を対象におこなった研究では「新しい言語を学ぶ技術に長けているのは18歳まで」という結果が出ています。つまり、習得したい言語があるなら、18歳のこの時期までに学ぶのが一番いいということになります。 また、第二外国語の勉強は脳全体にメリットがあることも研究により明らかになっています。いつか行ってみたい国、今後役に立ちそうな言語を、まだ時間のある18歳のうちにぜひ習得してみてください。

3:一生ものの作品に出会う

18歳のうちにやっておきたいこと【勉強編】の3つめは、一生ものの作品に出会うことです。これは本、映画、音楽、絵…なんでもよいのです。 これからどんどん忙しくなっていく中で、芸術や文化に触れる時間も減っていきます。また、忙しくなるほど、芸術を理解できる感性も衰えていくでしょう。18歳という多感な今、時間をかけて創作物、芸術作品に触れてみましょう。

そしてその中から、人生に大切な魂を学ぶこともできます。小説には憧れるような印象深いキャラクターが、映画には美しい風景や多くの感情があります。 音楽もロック、ポップス、クラシックなどそれぞれに伝えたいメッセージがあり、絵画にはひとめで心を打たれるようなインパクトやそれが描かれた背景が存在します。 出会った瞬間に感動するほど大好きな作品は、この先、あなたを支える力強い味方になってくれます。誰かに裏切られても、作品はいつでも変わらずそこにあるからです。どうか、強い感受性を持つ18歳のうちに、多くの芸術作品に触れてください。

2022年4月に法改正!18歳でできるようになること

2022年4月、民法改正により成年年齢が引き下げられ、18歳が「大人」として扱われるようになりました。では、その結果18歳は何ができるようになったのでしょうか?ここでは、法改正後に18歳ができるようになったことをご紹介します。

18歳は賃貸契約やクレジット契約が可能に

18歳になると、賃貸契約やクレジット契約が可能になります。これらの契約は、今まで親の同意が必要でした。 しかし成年年齢には「ひとりで契約ができる年齢」、そして「親の親権に服さなくなる年齢」という意味があります。つまり、法改正後の18歳は、自分が望めば色々な契約を結ぶことが可能なのです。 また上記以外にも、携帯電話の契約や、ローンを組むことも可能となります。しかしここには重要な注意点も存在します。それは、18歳を狙う悪徳業者の存在です。

成年年齢引き下げ後、制度が変わっても18歳の若者の意識はすぐには変わらないでしょう。今まで18歳未満が悪徳商法などに引っ掛かり契約をしてしまった場合、親の同意を得ていなければ民法の「未成年者取消権」によって契約を破棄することができました。 2022年4月以降、もちろん18歳はこの民法が行使できなりました。そこを狙い、まだまだ成人としての経験や意識が少ない18歳を騙そうとする業者が増える可能性も考えられます。大きな契約は、一度立ち止まってよく考えてからにしましょう。

18歳は結婚が可能になる

18歳になると、結婚が可能になります。これは女性の結婚できる年齢が、16歳から18歳に引き上げられるためです。男性は元々18歳だったので、2022年4月からは、男女ともに18歳での結婚ができるようになったのです。 また、これまで20歳未満の場合は結婚の際に保護者の同意が必要でした。しかし今後はそれも必要なくなりました。高校生同士でも、お互いの意思さえあれば結婚が可能になったのです。 しかし、早い結婚にはデメリットも存在します。まだまだ貯金も社会経験も乏しい18歳同士の結婚は、20代での結婚に比べ金銭的な余裕、心の余裕が少ないといえます。そのため、強い覚悟を持って臨む必要があります。

一方メリットとしては、なんといっても体力があること。結婚生活や育児は体力勝負。結婚後すぐに子どもを授かることができれば、体力的に余裕がある中で子育てをすることができます。 35歳以上の高齢出産者が体力や老化を理由に第2子、第3子を諦める中、これは大きな利点です。また、早くに子どもを生めば自分の孫、ひ孫の顔を見ることもできますね。 後悔をしないために、結婚生活後への心構え、人生設計はきちんとしておきましょう。今までよりも幸せになる手段として、18歳で結婚可能というのはとても嬉しい知らせだといえます。

18歳は国家資格の取得が可能になる

18歳になると、国家資格の取得が可能になります。国家資格とは、国が試験を実施し、その結果認定される資格のこと。国家資格は非常に効力が強く、あるかどうかで仕事内容や給与などが変わるため、持っていると有利に働きます。 例えば医師免許、古物商許可資格なども国家資格に当たります。今まで、医師法、古物営業法などでは、未成年者は免許取得ができないと定められていました。しかし、18歳が成人として扱われることで、これらの資格、免許取得が可能となりました。

他にも公認会計士、行政書士や司法書士、社会保険労務士などは、資格取得の最低年齢を20歳から18歳へ引き下げることが決まっています。 ただ、医師の国家試験を受けるためには大学で6年間の課程修了が必要。実際、18歳で医師の資格を取得することは難しいともいえます。 このような制約がありながらも、18歳にとっては非常に可能性の広がる国家資格取得の緩和。これを上手く利用し、将来に活かす選択をしていきましょう。

18歳の高校生はアルバイトやホテル宿泊は可能?

2022年4月以降「大人」となった18歳ですが、深夜のアルバイトやホテルの宿泊は可能なのでしょうか? 18歳と一口に言っても、高校に通っているかどうかで条件が変わってきます。ここでは、18歳の高校生は深夜アルバイトができるのか、高校生だけでホテルに宿泊しても問題ないのかを解説します。

深夜アルバイトは高校生でも18歳ならOK

深夜アルバイトは、高校生でも18歳以上ならOKです。これは現在の法律でも同じで、18歳になれば、労働基準法で午後10時から午前5時までの深夜労働は認められています。その場合は学校、企業両方が許可しているかを必ず確認しましょう。 深夜労働をすると通常のお給料の25%が上乗せして支払われるため、「やりたい!」と思う人も多くいます。しかし忘れないでほしいのは、高校生、つまり学生が一番にやるべきなのは勉強だということです。

深夜アルバイトをしたばかりに日中の勉強に身が入らなくなっては本末転倒。そのようなことを懸念して、実は学校側、企業側共に高校生の深夜アルバイトにはあまり積極的ではありません。 住んでいる自治体によっても高校生の深夜アルバイトを禁止しているところも見られますので、一度すべての条件がクリアできているか確認をしましょう。その上で、必ず学業に支障が出ないようにすることが大切です。

高校生のみの宿泊可否はホテルによる

高校生のみでの宿泊は、そのホテルによります。現在も、18歳の高校生に対し本人の予約だけでよいホテル、親の同伴や同意書が必要なホテル、親に電話での確認を求めるホテルなど、さまざまな対応をするホテルが存在します。 これは2022年4月以降も同じです。では、なぜホテルにより対応が違うのでしょうか。それは、ホテルを運営する際に守らねばならない旅館業法に、学生のホテル宿泊についての項目が存在しないからです。 法律になにも記載がない以上、各宿泊施設が事前にトラブルを防ぐために対策することが必要となるのです。

例えば学生の意思のみで宿泊させた時になにか事件や事故が起これば、ホテル側は学校や家族から責任を追及されるかもしれません。また、18歳のみでの宿泊も自治体によっては禁止されている場合があります。 18歳でも高校生のみでホテルに泊まりたい場合は、事前にホテル側へ電話で確認をしましょう。

18歳という時を大切に過ごして

2022年4月の法改正を機に、18歳のうちにすべきこと、18歳になったらできることをご紹介しました。まだまだ若い18歳は、とにかく行動をすることが大切です。動き出さなければ、なにかを変えることはできません。 がんばった経験は、大人になってから必ずあなたを助けてくれるでしょう。それはひとつも無駄になることはありません。 心身の健康にだけは気を付けながら、何よりも今を楽しむこと。限りある時間の中で自分のしたいこと、すべきことを考え、ひとつひとつ実行していけたらいいですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

MIKURI(ミクリ)は「厳選したおすすめ商品を紹介するWEBマガジン」です。あなたの毎日がより豊かになるよう高品質な記事ををお届けします。

目次