ポートフォリオの自己紹介のコツとは?書き方や例文を紹介!注意点も

  • URLをコピーしました!

ポートフォリオは、自身のスキルや経験をアピールする際に欠かせない存在となっています。また、自身の魅力をより一層伝えるためには、自己紹介の書き方に工夫を凝らすことも重要です。今回は、ポートフォリオの自己紹介のコツから、書き方や注意点などについてまとめています。

目次

ポートフォリオの自己紹介のコツ

自己紹介文は難しい

自身のスキルや経験をアピールする際に欠かせないポートフォリオは、就職や転職などさまざまな場面で重要な役割を担っています。また、自己紹介文を書くケースでは、文章力の向上が必要不可欠となってきますが、相手に自分の能力を最大限伝える文章を書くのは非常に難しいとも言われています。そのため、ポートフォリオの自己紹介文を書くコツを身に付けることが重要なポイントとなります。

コツ①作品

ポートフォリオの自己紹介における主なコツとしては、自身の作品を伝えるという方法が挙げられます。就職や転職先となる企業に自分の能力を伝えるためには、これまでの作品をピックアップして相手側にアピールすることが大切です。また、作品をポートフォリオに載せる場合は、作品数を10点から20点ほどに厳選することも重要と言われています。さらに、作品の写真を添えるという方法も、非常に有効となってきます。

コツ②特技・趣味

作品を載せるという方法と同様に、自分の特技や趣味を伝えるといった方法も、ポートフォリオの自己紹介におけるコツとして挙げられます。ポートフォリオは、スキルや経験に加えて、応募者の人柄やコミュニケーション能力などを見極める際にも、重要な役割を果たしています。そのため、自己紹介文を書く場合には、特技や趣味を分かりやすく記載するといった書き方を身に付けることもポイントとなってきます。

コツ③プロフィール

ポートフォリオの自己紹介におけるコツとして、プロフィールページの書き方に工夫を凝らすといった方法も挙げられます。自己アピールに欠かせないポートフォリオは、文章力の向上に加えて相手側の興味を惹くようなデザインを施すことも非常に重要となってきます。また、プロフィール項目は相手側が最初に目にするページでもあるので、自己紹介文の中でも特に重要視しておく必要があると言われています。

コツ④写真

プロフィールページに工夫を凝らすといった方法と同様に、自身の写真を載せるといった方法も、ポートフォリオの自己紹介におけるコツとして挙げられます。ポートフォリオを作成する際には、相手側に強い印象を残すことが重要となってきます。また、履歴書などで使用した写真ではなく、普段の自分が垣間見えるような写真を使うことで、相手側に好印象を与えるケースもあると言われています。

コツ⑤果たした役割を記入

ポートフォリオの自己紹介におけるコツとして、これまでに果たしてきた役割を記入するといった方法も挙げられます。ポートフォリオに自身の作品を載せる際には、果たした役割を伝える文章を添えることで、自分の向き不向きやスキルの高さをアピールすることが可能となってきます。また、採用後の実際の業務で、自身の能力が最大限発揮できる仕事を数多く任されるきっかけになることもあります。

ポートフォリオの自己紹介の書き方

シーン別①学生

自身の魅力を最大限アピールするポートフォリオを作成するためには、さまざまなシーンに応じて自己紹介文の書き方を変えていくことも非常に重要となってきます。例えば、自身が学生の場合には、学校で勉強している分野に関する詳しい内容を記入することや、将来の目標や展望などを載せるといった書き方をすることで、相手側に良い印象を与えることとなるため、事前に文章構成を決めておくことが大切です。

シーン別②就活

就活というシーンにおいても、ポートフォリオにおける自己紹介の書き方に工夫を凝らす必要があります。就活にとってポートフォリオの第一印象は、採用結果に大きな影響を与えると言われています。また、就活の場面では数多くの人々が、自身が希望する企業に応募することとなるため、プロフィールページに自身の出身大学や得意分野などを分かりやすく記入して、企業側の目に留まるようにすることも重要となってきます。

シーン別③未経験者

さまざまなシーンの中でも特に未経験の業界に就職する場合は、ポートフォリオの作成や自己紹介の書き方に創意工夫を凝らす必要があると言われています。例えば、Webデザインなどといった専門的なスキルが必須となる職業に就職するケースでは、ポートフォリオに自身の作品を載せることが必要不可欠となってきます。また、高い意識を持ってスキル向上に努めていることもアピールする必要があります。

シーン別④転職

未経験者と同様に転職というシーンにおいても、ポートフォリオの自己紹介の書き方を変えていくことが重要となります。例えば、転職の際にはこれまでに自身が経験してきた業務やプロジェクトの内容に加えて、勤めていた企業名も伝えることで、相手側に即戦力として非常に重宝されるといったケースも少なくありません。また、プロフィールや作品などの構成バランスにも配慮する必要があります。

職業別①開発系

ポートフォリオにおける自己紹介の書き方は、さまざまなシーンに加えて、業界や職業によっても変えていくことが重要となってきます。例えば、開発系の職業に就く際には、自身の知識やスキルを詳細に伝えることが必須となります。特に、プログラマーなどといった職業の場合は、実際の業務でどれくらいの言語が扱えるかなどを具体的にアピールすることで、企業側へ強い印象を残すケースも少なくありません。

職業別②マネジメント系

開発系と同様にマネジメント系の職業の際にも、ポートフォリオにおける自己紹介の書き方を変えていく必要があります。マネジメント系の職業にはさまざまな種類があり、ディレクターやプロデューサーなどといった役職によっても書き方にやや違いが生じることとなります。例えば、Webディレクターという職業では、企画立案の実績なども重要視される傾向にあるため、プロフィールに自身の経歴を載せることが必須となってきます。

職業別③クリエイティブ系

デザイナーやイラストレーターなどといったクリエイティブ系の職業では、ポートフォリオの自己紹介文に、自身が使えるソフトを記載することが必要不可欠と言われています。また、使用できるソフトの熟練度を伝えるために、自身の経験年数を伝えることも重要となってきます。さらに、プロフィールページでは、どのような意志を持って仕事に取り組んできたのかを書くことで、自身の個性をアピールすることができます。

職業別④Webデザイン系

クリエイティブ系と同様にWebデザイン系の職業においても、ポートフォリオの自己紹介文で自身のスキルや実績を記入することが必要不可欠となってきます。Webデザイナー系の職業では、他の業種に比べてポートフォリオを特に重要視する傾向にあるため、自身の作品を載せて、しっかりと自己アピールをしていくことも重要です。また、作品がない場合には、まず数点ほど作成してからポートフォリオをまとめる必要があります。

ポートフォリオの自己紹介の書く内容

書く内容①経歴

ポートフォリオの自己紹介を書く場合は、その内容についても注意が必要となってきます。例えば、自身の経歴をポートフォリオの自己紹介に書く際には、文章のバランスを重視してシンプルにまとめることが大切です。また、経験の浅い未経験者や学生などの場合は、自身の特技や趣味に加えて、得意なジャンルなどを書いておくことで、相手側に良い印象を与えるケースも少なくありません。

書く内容②受賞歴

受賞歴をポートフォリオの自己紹介に書く場合においても、いくつかの注意点があります。受賞歴は、自身のスキルや実績をアピールする際にとても効果を発揮するものと言われており、分かりやすくまとめて記載することで、さらに相手側への印象を良くする傾向にあります。しかし、複数の受賞歴がある場合には、リスト形式にまとめて記入する必要があるので注意してください。

書く内容③スキル

ポートフォリオの自己紹介に自身のスキルを書く場合は、スキルの種類を分かりやすく記入することが重要となってきます。例えば、プログラミングスキルをアピールする時は、その言語に加えて経験年数などを添えることで、自身の熟練度を明確にすることができます。また、グラフなどの図形を使って自身のスキルをまとめるといった方法も、非常に効果的とされています。

ポートフォリオの自己紹介の例文

例文①エンジニア

ポートフォリオの自己紹介やプロフィールを書く際には、いくつかの例文を参考にすることで、自身の魅力を相手側に伝えるための文章構成が立てやすくなります。例えば、エンジニアの仕事をしていく場合における例文としては、「大学時代から知人の紹介でエンジニアの仕事を行ってきました。その会社では、システムの構築や修正などの業務に携わっており、さまざまなスキルを学ぶことができました。」といった例文が挙げられます。

例文②デザイン

ポートフォリオの自己紹介やプロフィールを書く際には、デザイン系の仕事をしていく場合の例文も覚えておく必要があります。主な例文としては、「これまでに企業向けのWebデザインに関する仕事を行ってきました。また、その経験の中で、他社との差別化を図るノウハウを身に付けることができました。」といった例文が挙げられます。また、ポートフォリオに自身の作品を載せる方法も、非常に有効となってきます。

例文③建築デザイン

建築デザインに関するポートフォリオの自己紹介や、プロフィールを書く場合に有効となる主な例文としては、「以前勤めていた会社では、フィールドワークやプログラムといったノウハウに加えて、顧客のニーズに合った設計を学びました。そのような過程を経て、大規模な建築デザインも任されるようになりました。」といった例文が挙げられます。また、自身の作品をポートフォリオに載せることで、より魅力が伝わりやすくなります。

例文④ディレクター

ポートフォリオの自己紹介やプロフィールを書く際には、ディレクターの仕事をしていく場合の例文も覚えておく必要があります。主な例文としては、「学生時代にアルバイトとして、Webディレクターの仕事を行ってきました。そこでは、企画運営のスキルやコミュニケーション能力を培うことができました。どのような人にも優れている自信があるので、今後もディレクター業務に携わっていく所存です。」といった例文が挙げられます。

例文⑤箇条書き

自身の長所が相手側に伝わりやすいポートフォリオの自己紹介やプロフィールを書く場合は、箇条書きという方法がおすすめとされています。特に、過去の実績やスキルなどの詳細を記入する場面で、非常に効果を発揮する方法と言われています。また、箇条書きを使う際には、伝えたい内容を一行ごとにまとめて、簡潔に記載することも重要なポイントとなってきます。

ポートフォリオの自己紹介の注意点

注意点①読み手の立場で考える

ポートフォリオの自己紹介を書く際には、いくつかの注意点についても把握しておくことが重要となります。また、ポートフォリオの自己紹介における主な注意点としては、読み手の立場になって文章を書くといった点が挙げられます。また、ポートフォリオの自己紹介では、読みやすい文章やデザインを構築することが必須と言われているため、一貫した考え方がしっかりと伝わる書き方を心掛けることもポイントとなります。

注意点②志望の企業に合う内容か

志望の企業に合う内容かどうかを考えることも、ポートフォリオの自己紹介における注意点のひとつとして挙げられます。特に、学生や未経験者の場合は、初めてポートフォリオの自己紹介を作成するといったケースも珍しくないため、自身のアピールポイントが、企業側が求めている人材と一致しているかどうかという点についても十分に考慮したうえで、ポートフォリオの自己紹介を書いていく必要があります。

注意点③工夫しているか

ポートフォリオの自己紹介を書く場合には、文章の構成やデザインに工夫を凝らしているかどうかについても注意しておく必要があります。自身のスキルや実績を伝えるために欠かせないポートフォリオは、相手側に強い印象を与えることが非常に重要となってきます。そのため、見栄えを考慮して、使用する写真の画質を高解像度にすることや、要点をまとめた文章を書くといった工夫が重要となります。

注意点④読みやすさ

工夫を凝らすといった点に加えて、読みやすさを考慮するといった点も、ポートフォリオの自己紹介を書く場合における注意点のひとつとして挙げられます。ポートフォリオでは、強い印象を与える文章構成や見栄えの良いデザインと同様に、相手側の立場になって読みやすい構成を心掛けることも重要です。そのため、グラフなどの図形を使って、視覚的に捉えやすい内容にするといった方法も非常に有効となってきます。

注意点⑤誤字脱字の確認

ポートフォリオの自己紹介を書く場合は、誤字脱字の確認を怠らないことも非常に重要なポイントとなってきます。特に、プロフィールページは相手側が自身のポートフォリオに興味を惹くかどうかに大きな影響を与えるケースも少なくないため、しっかりと確認しておく必要があります。また、自己紹介文を書く際には、自身を誇張する表現をしないことも大切と言われています。

注意点⑥バランスが合っているか

バランスが合っているかどうかを確認するといった点も、ポートフォリオの自己紹介における注意点のひとつとして挙げられます。例えば、ポートフォリオに自身の情報を数多く記載すると、相手側に「程度が過ぎるアピール」と捉えられてしまうケースがあるので、自身のアピールポイントをある程度厳選して記載することが重要となってきます。

注意点⑦コンセプトが合っているか

バランスに加えてコンセプトが合っているかどうかを確認するといった点も、ポートフォリオの自己紹介における注意点として挙げられます。また、ポートフォリオを作成する際には、どのような考えを持って経験を積み重ねてきたのかという点も簡潔にまとめる必要があります。そのため、自身の作品を載せる場合は、一貫したコンセプトを書いておくこともポイントとなってきます。

ポートフォリオの自己紹介のコツまとめ

ポートフォリオにおける自己紹介の書き方や、プロフィールページなどの作成時に関する注意点について紹介してきました。いかがでしたでしょうか?就活や転職などさまざまなシーンで重要な役割を担っているポートフォリオは、自身の能力や経験をアピールするために欠かせない存在となっています。今回紹介したポートフォリオの自己紹介の情報を参考に、正しい書き方を身に付けていただけると幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

MIKURI(ミクリ)は「厳選したおすすめ商品を紹介するWEBマガジン」です。あなたの毎日がより豊かになるよう高品質な記事ををお届けします。

目次