【Amazon】人気の母の日ギフトを探す

みっともない人の特徴とその心理的共通点は?みっともなくならないためには?

  • URLをコピーしました!

みっともない人という言葉は日常的に使ういますが、具体的にはどのような人のことを指すのでしょうか?みっともない人の特徴を、女性、男性、職場の上司、同僚、友人などに分けて紹介します。また、みっともなくならない方法も併せて解説するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

みっともないの意味とは?みっともない人ってどんな人?

みっともないという言い方や、みっともない人という表現は日常的によく使う表現ですが、具体的な意味はご存じですか?みっともないの言葉の意味は、人が見たくないと思うような様子のことを指す言葉です。つまり、みっともない人というのは、見苦しいことをする人ということになります。 それでは、みっともない人の特徴を、男性から見た女性、女性から見た男性、上司、同僚、友達とそれぞれ分けながら、どのような行為が見苦しいのかを紹介します。さらに、みっともない人の特徴や、みっともない人にならないための方法まで、詳しく解説します。

みっともない人の特徴【男性から見た女性編】

男性から見た女性のみっともない行為について紹介します。男性にとって、どのような行為がみっともないか、女性の人はぜひ知ってみてくださいね。

1.言葉遣いが汚い

まず、第一に挙げられるのが言葉遣いが汚い女性は男性から見たらみっともない人だと思われることが多いです。大人になっても子供のような言葉遣いや適切じゃない言葉遣いは分別のない人だと思われてしまうのは必然です。 言葉遣いはその人を判断する基準にもなり得ます。言葉遣いがその場に応じたものでない人とはあまり関わりたくないという実際の意見も多いです。

2.人の悪口を言う

男性から見た女性のみっともない行動には、人の悪口を言うことが挙げられます。誰しも嫌いな人はいて、嫌なことはありますが、それを堂々と言うのは大人としてはやめるべき行動です。特に公の場では人の悪口を言うのはみっともないと感じる人が多いです。

3.服装がだらしない

男性から見た女性のみっともない行動には、服装がだらしない人も挙げられます。人は見た目が9割と言うこともあるくらい、男性、女性に関わらず、人の見た目は重要です。 以下にも紹介する通り、見た目ばかりに気を遣うのも逆にみっともないことと思われてしまいますが、清潔さを感じさせる服装であることは大変重要なことです。

4.外面ばかりに気を遣う

男性から見た女性のみっともない行動の中には、外面ばかりに気を遣うという行動も入ります。化粧や、服装は大切ですが、その場その場に応じたものが重要になってきます。 具体的には、キャンプなどの時に動くことができる格好ではなく歩きにくい靴や服装をしている場合などがみっともないと思われます。自分を良く華やかに見せたいと言う心理はわかりますが、時と場合に応じた適切な服装にすることを心がけましょう。

みっともない人の特徴【女性から見た男性編】

男性から見た女性のみっともない人の特徴について紹介していましたが、女性から見た男性のみっともない行為についても紹介します。女性にとって、どのような行為がみっともないか、男性の人はぜひ知ってみてくださいね。

1.飲み癖が悪い

女性から見た男性のみっともない人の特徴でまず挙げられるのが酒癖が悪いということです。普段は良い人でもお酒が入ると大きな態度を取る人は女性からだけではなく他の男性にも不快感を与えます。 自分で自分の酒量を管理できない人は、自己管理ができないと思われるのでみっともない人と周りは感じます。さらに、酒癖の悪い男性はDVなどのイメージもあります。現在取り締まりが厳しくなっている中、時代に逆行しているように周りから思われます。 酒癖が悪い男性は、色々な意味でみっともない人です。

2.服装がダサい

女性から見た男性のみっともない特徴の一つには、服装がダサいことが挙げられます。男性の中には、大人になっても服装に全く関心のない人はいますよね。人は見た目じゃないとは言いながらも、全く何も考えないような服装をしていると、あまり良い印象を周りに与えはしません。 ダサい服装は、周りからはみっともないと思われてしまいます。

3.見栄を張る

また、女性から見た男性のみっともない特徴の一つとしてあげられるのは、見栄を張るような行動です。見栄を張る男性は実際に一定数いるものです。このような、見栄を張る男性は自分を実力よりもできる人間だと思われたいという承認欲求が強いです。 しかし、実際はいくら見栄を張ったところで、周りの人からは虚しい人だ、みっともない人だと思われます。さらに、見栄を張る人の周りはその人に対してとても気を遣うことになるので、その現場の雰囲気を知った第三者からも、見栄を張った人はみっともないと思われます。

4.上から物事を言ってくる

これは見栄を張る男性に多いことかもしれませんが、女性から見た男性のみっともない行動の特徴として何事も上から物事を言ってくるということも挙げられます。最近具体的に増えてきているのは、特に再雇用で働く男性です。 働く意欲のある人が働くのはとても良いことですが、定年より前のように何事も偉そうに上から言ってくる人が多いのも現状です。年の功という言い方もありますが、世の中のやり方は常に新しくなり、日々それに応じた対応が必要になってきます。 それにも関わらず、いつになっても自分の昔のやり方を貫くのはみっともないと感じる人が多いです。

みっともない人の特徴【職場の上司・同僚編】

職場にもみっともない人は一定数いますよね。ここではそんな職場の上司や同僚などのみっともない人の特徴を紹介します。自分にみっともないところがないか、ぜひ確認しながら読んでみてくださいね。

1.間違えたことを謝らない

職場のみっともない人の特徴としてあげられるのが、特に上司の人が部下の人に対して何か間違えたことがあったとしても謝らないことが挙げられます。このような、上司が部下に謝らないということは行動の原因は、上司のプライドが邪魔をするというケースが多々挙げられます。 謝るのはダサいという考え方があるのかもしれませんが、謝るべきところで謝ることができないのはみっともない人だと思われます。きちんと謝ることができてこそ、部下からの信頼も得られます。 みっともない人にならないためにも、部下からの信頼を得るためにも、謝るべきところはプライドを持たずきちんと謝りましょう。

2.人の功績を自分のものにする

職場のみっともない人の特徴として次にあげられるのが、同僚や上司の人が部下や誰かの功績を横取りして自分のものにすることです。人の功績を自分のものにするのは、みっともないということ以前に、人の恨みを買うことで、絶対にしてはならないことです。 人間として分別を持っていないという点でも、人の功績を自分のものにするのはみっともないことです。人の功績を自分のものにしても、悪い事は必ず誰かに暴かれます。

3.仕事を途中で放り投げる

職場のみっともない人の特徴として次にあげられるのが、仕事を途中で誰かに放り投げてしまうことです。仕事を途中で放り投げてしまうのは、みっともないだけでなく大人としての社会的責任を持っているのかという点でも疑われてしまいます。 大人として社会に出ている以上、その責任はきちんと果たすことが大切です。もし、自分にできないと感じた場合は誰かに放り投げるのではなく、誰かに助けを求める形で行うようにしましょう。

4.古い価値観を部下に押し付ける

職場のみっともない人の特徴として最後にあげられるのが、古い自分の価値観を部下に押し付けることです。物事は常に新しくなるものです。特に、最近は情報社会になり、昔とはシステムや方法が変わってきました。 それにもかかわらず、新しいやり方についていくことができずに古いやり方にこだわって、他を認めない人が一定数います。伝統を守ることは大切ですが、古いやり方にこだわることは別であり、みっともないことです。 しかし、常に新しいやり方についていくのも難しい部分はあります。もし、自分が新しい物事についていくことはできなくても、部下が新しいやり方で物事を進めた場合、きちんと認めてあげられるような上司になりましょう。

みっともない人の特徴【友人編】

みっともない友人もある一定数いますよね。ここではみっともない友人の特徴を紹介します。自分にも当てはまることがないか、確認してみてくださいね。

1.待ち合わせ時間に常に遅れる

みっともない友人の特徴として一番にあげられるのが、待ち合わせ時間に常に遅れる人です。人と待ち合わせることは苦手だという人ももちろんいます。しかし、一般的な意見としては、時間を守ることができないのは社会のルールを守ることができない人だと思われるのが基本です。 そして、社会のルールを大人になっても守ることができないのはみっともないことであると思われることが多いです。さらに、相手のことを考えられない人であると思われます。 待ち合わせがどうしても苦手だという人は時間にゆとりを持って準備することを心がけたり、相手にどこかカフェなどで待っててもらうなど、相手にきちんと気遣うことを心がけましょう。

2.空気を読まない行動や発言をする

みっともない友人の特徴として次にあげられるのが、空気を読まない行動や行いです。空気を読まない発言や行いは、相手を不快にさせるだけではなく、社会的常識がない人であると思われてしまいます。 子供の頃は、空気を読めない行動や発言をしても子供だからと許されるのでみっともないと言われることは少ないですが、大人になっても空気を読めない行動などが直らないと、みっともないと思われます。 常に完璧に空気を読むことは難しいことです。しかし、いつも少しでも相手のことを考えて、空気を読んだ発言をするように心がけましょう。

3.何事も自分中心に考える

みっともない友人の特徴としてあげられるのが、何事も自分中心に考えてしまう人です。何事も自分中心に考える人は子供の中でもみっともないと嫌われる傾向があります。 子供の頃は、誰か大人や友人が注意してくれることはあり得ますが、大人になっても自己中心的な場合はスルーされてしまうのが当たり前になってしまいます。自己中心的な人を周りはみっともないと思うものの、注意するとややこしい何か文句を言われてしまうのではないかとそのまま避けてしまいます。 何事も自己中心的になってしまうことに思い当たることがある場合は、きちんと自分で自分自身を振り返ってみてくださいね。

4.自分の感情をコントロールできない

みっともない友人の特徴として最後にあげられるのが、自分の感情をコントロールできない人です。子供の頃は誰もが自分の感情をコントロールできないものですが、大人になるにつれてコントロールができるようになるものです。 しかし、大人になっても自分の感情のコントロールができない、うまくできない人は一定数います。特に怒りの感情を抑えることができない人はみっともないとどうしても思われてしまいます。 感情のコントロールができないことは完全にいけないことであるとは言えませんが怒りや妬みなどの負の感情は感情のコントロールが苦手な人は、少しずつでいいので、すぐに感情を表に出しすぎないように気をつけましょう。

みっともない人の共通点は?

みっともない人の共通点を紹介します。みっともない人の共通点をあげ、その心理も解説します。周りにみっともない人がいて困っている人場合は、ぜひこれを活かしてみてくださいね。

1.自分の行動や発言が全て正しいと思っている

みっともない人の特徴としてまず最初に挙げられるのが、自分の行動や発言が全て正しいと思っている人です。ある程度常に正しい行動をすることはできても、人間はどこか欠けてしまう部分はある生き物です。 それにもかからず、みっともない人は自分の言ってること、行なっていることは全て正しいと思っている傾向があります。自分の発言や行動が全て正しいと思っている人の心理としては、主に自己承認欲求の高さが伺えます。自己承認欲求とは自分を認めて欲しい、褒めて欲しいという欲求のことです。 誰しもが一定の自己承認欲求は持って当然なのです。しかし、自分の行動や発言がずべて正しいと思うくらい自己承認欲求が高いのはあまりよろしくないです。 周りがみっともないと感じるほど自己承認欲求が高い人に対しては、基本的にはなんでも褒めてあげることが当たり障りない対応だと言えます。

2.他人に気を配ることができない

みっともない人の共通点として次に挙げられるのが、自己中心的なため、相手に気を配ることができない部分です。なんでも自分中心に社会が回っていると考えてしまうので、周りにいる人に対してあまり興味がないと言えます。 他人に気を配ることができない人の中には、そもそも気を配るという意識がない人もいます。この傾向は周りから地位やほやされて育った人に、よく見られます。 友人や職場の部下などであまり他人に気を配ることができない人に対しては、きちんと他人に気を配れないことがなぜみっともないと思われるのか、や、どのようにすれば良いのかを教えてあげることも重要です。

3.思いやりの心を持っていない

みっともない人の共通点として他人に気を配れないい人とセットとしてよく言われるのが、みっともない人は思いやりの心を持っていないということです。思いやりの心は人に痛いしてではなく物に対してもあります。 みっともない人は自分の感情のコントロールが苦手だったり、他人の気持ちを考えられないという点もあるので、嫌なことがあったら物に当たったり、全然関係のない他人に八つ当たりをすることがあります。 このような行動こそ本当にみっともないと思われるものばかりですが、その根底にあるのが思いやりの心を持っていないということです。しかし、相手を思いやるということは習慣で身についていくもので、誰かがきちんと教えてあげないと気づくのが難しい部分でもあります。 もし、自分の子供や、職場の部下などで上記に当てはまることがあるなという場合は、一度きちんと諭してあげましょう。

4.プライドが高い

みっともない人の共通点として最後に挙げられるのが、プライドが高いということです。もちろん、自分の仕事ややることにとことんこだわりを持つというプライドの場合は良いです。 しかし、ここでいうプライドは、自己評価だけが一人歩きをしていたり、それによって相手に迷惑をかけている場合のプライドの高さのことを指します。プライドが高いと周りの人の注意が素直に聞けなかったり、自分のやり方に悪い意味でこだわってしてしまったりします。 その結果、周りの人が大迷惑をするということになってしまうので、もし、自分の子供や、職場の年若い部下などで上記に当てはまることがあるなという場合は、一度きちんと諭してあげましょう。

みっともない人にならないためには?

自分がみっともない人にならないための注意点をを紹介します。みっともない部分があるのではないかと自信がない人やこれからみっともない遠も思われるような態度を取らないようにするためにも、ぜひ活かしてみてくださいね。

1.他人の気持ちを考える

みっともない人にならないためには、まず、他人の気持ちを考えることが大切です。 具体的には普段の生活の中で自分の行動や発言で相手を傷つけないかをきちんと考えてから実行することや、傷ついている相手がいる場合きちんと寄り添い、相手のことを考えた言葉をかける、などです。 しかし、他人に気持ちを完全に理解することはできません。自分が他人のことを考えられる人間だと驕らないことも大切です。だからこそ、どれだけ他人に共感し、考えられるかが大切になります。

2.自分の年齢にあった行動や発言をする

みっともない人にならないようにするためには、自分の年齢に見合った行動や発言をするように心がけることも大切です。まだ小さい子供がわがままを言ってグズったり、自分勝手なことをしても許されますが、それも大人になると許されません。 特に社会的な地位が高くなるにつれて責任も増加します。責任が増加するとそれにつれて発言や行動も気をつけなればなりません。社会的地位が高いのに子供のように幼稚な行動をしてしまうと、職場の部下をはじめ多くの人が迷惑をします。 また、親が子供に対して行動や発言をきちんと考えてから行うことも大切です。最近は児童虐待がよくニュースになるような時代になりましたが、大人が力のない子供を虐待するのは犯罪で、とてもみっともないことです。 大人、とりわけその年齢が高くなるにつれ自覚と責任を持った行いは本当に大切です。

3.公の場で人の悪口を言わないようにする

みっともない人にならないようにするためには、具体的にはなりますが、公の場で人の悪口を言わないことも大切です。嫌いな人がいても、公の場で悪口を言ってしまうとすぐに広まってしまいます。いくら内緒事だと言っても、内緒を守らない人もいるのが現実です。 口は災いの元ということもあるくらい、言葉には気をつけないといけません。大人になっても悪口を公の場で言ってしまう人は、これらのことを前もって考えられない人、みっともない人という印象を与える結果になります。 公の場では悪口を言うのではなく、誰かを褒めることを心がけましょう。

みっともない人にならないように気をつけよう

みっともない人について、女性、男性、職場の同僚や上司、友人など様々にジャンル分けして紹介してきました。自分では気づいていないだけでみっともないと周りから思われてしまうような行動は意外に多くあります。 この記事を参考に、みっともない行動を少しでもへらせられるようにぜひ、心がけてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

MIKURI(ミクリ)は「厳選したおすすめ商品を紹介するWEBマガジン」です。あなたの毎日がより豊かになるよう高品質な記事ををお届けします。

目次