「感傷に浸る」の意味や感傷に浸る人の特徴や心理!直し方も!

  • URLをコピーしました!

すぐに感傷に浸る人、あなたの周りにいませんか?あなた自身が感傷に浸ることが日常化していることもあるでしょう。なぜ感傷に浸ってしまうのか?心理や、浸る人の特徴についてもご紹介します。もう感傷に浸りたくない人のために治し方もご紹介しています。

目次

感傷に浸るの意味とは?

感傷に浸るとはどのような意味があるのでしょうか?詳しく感傷に浸るの意味について見ていきましょう。

感傷に浸るの使い方・例文

例えば恋愛物の映画を見た後に、主人公の気持ちに共感して悲しい気持ちを引きずっている時などに「いつまで感傷に浸っているんだ」というように使います。感傷に浸るは悲しい気持ちに浸っている状態なので、その世界から元に戻れない状況について使います。 町中でカップルを見かけるだけで、別れた人のことを思い出して感傷に浸る自分がいる。というような使い方をします。別れた人のことが忘れられなくて、カップルを見るだけで悲しい気持ちになってしまうという状況のときにも使います。

感傷に浸るの類語

感傷に浸るという意味は、傷ついていたり、悲しい気持ちになっている時に使う言葉です。感傷に浸るの類語としては、心が痛む、感情がもろくなるなどが上げられます。 心が痛むくらいに悲しい状況になっている、感情がもろくなってしまうくらいに心が死んでいることを意味します。

「感傷に浸る」と「感傷にふける」の違いは?

感傷に浸ると同じ意味で、感傷にふけるという言葉もあります。その二つの違いとは一体何なのか?感傷に浸るは感傷という、悲しい状態に浸っている、つまり体ごとハマってしまっている状態を表しています。 感傷にふけるのふけるとは、物事に没頭している状態を表しています。つまりふけっている状態は、自分が外側にいる状態からその状況に対して悲しみを抱いているという状態なので、感傷に浸っているよりも外にいる状態です。 ただ、意味としてはほとんど同じなので同じように使われることが多いです。ニュアンスとしては、感傷に浸るのがその中にいる時、感傷にふけるのが少し抜けた状態というように使い分けるとわかりやすいですよ。

感傷に浸るの対義語

感情に流されないという対義語があります。感傷に浸るが悲しいという感情に浸っている状態です。その反対となると、悲しい感情にも流されずに自分の意志を持つ意味が上げられます。

感傷に浸るの英語表現

英語ではbe sentimentalと表現します。センチメルは悲しい気持ち、感傷的という言葉を表します。感傷に浸ると使う時は、be sentimentalと使うのが一般的です。

感傷に浸るのが好きな人の特徴

感傷に浸ることが好きで、何かとちょっとしたことで感傷に浸る人がいます。どういう人が感傷に浸りやすいのか?特徴を見ていきましょう。

特徴1:小説や映画・ドラマの世界が好き

小説や映画など、物語の世界が好きな人は感傷に浸るのが好きな傾向にあります。物語の世界が好きな人というのは、物語を見て感傷に浸るのが好きな人でもあります。特に感動系が好きな人は、主人公と重ね合わせて感傷に浸ることができます。 感動系のものの主人公自体も、物語の中で感傷に浸ることがたくさんあります。そのシーンを見て、感傷に浸る人に憧れを抱いている場合があります。確かに物語のように、何かのことを真剣に考えるのって、なんとなく得をした気持ちになりますよね。

特徴2:ロマンチスト

ロマンチストな人も感傷に浸るのが好きです。ロマンチストな人というのは、理想を掲げてそれに向かって行動をすることが好きな人です。ロマンチストと聞くと、ただ理想を掲げているだけに思えるかもしれません。 しかし実際は、理想を現実にするために努力ができる人なのです。ただ、周りから見たら明らかに叶わないような夢を掲げていることが多いです。実際ロマンチストな人も、理想を掲げて進んでいる時は楽しくてやる気にも満ち溢れています。 しかしやり続けているうちに、途中で挫折する出来事があったり、できないと気づく時があります。その時に、夢を諦めなければいけないということと、「自分何していたんだろう?」という気持ちになってしまいます。その結果感傷に浸ることになるのです。

特徴3:小さなことにも感動する人

小さなことにも感動する人は、感情の揺れ動きが激しいです。道端に咲いている花を見て「キレイだなー」と感動できたり、子供が遊んでいる姿を見て「元気でいいなー」と思えたりです。 そういう感情が動きやすい人は、感傷に浸る機会も多くなります。小さなことに心が動いてしまうので、悲しいことが起きると、この世のどん底のように悲しい気持ちをいつまでも引きずってしまいます。

特徴4:傷つきやすい

感傷に浸る人は、傷つきやすい人です。繊細で小さなことも気になってしまうために、感傷に浸りやすくなるのです。感傷に浸る人は、普通の人だったら気づかないような小さな違いに気づくようになります。 その小さな違いを敏感に感じ取ってしまうがために、「嫌われているのではないか?」「この場所は怪しいのではないか?」という気持ちに駆られてしまいます。その結果「自分何かしたかな?」「どうして今日はこうなんだろう?」と考えるようになります。 考える機会が多いと、感傷に浸ることが多くなります。傷つきやすい人は、感じる機会が多いために感傷に浸ることが自然と多くなってしまうのです。自分では感傷に浸る時間が嫌いと思いながらも、気になって仕方なくなってしまうのです。

特徴5:悲劇のヒロインになりたい

感傷に浸るのが好きな人は、悲劇のヒロインになりたい人です。ヒロインというのはいつも困難に立ち向かい、悩み傷つき、その上で挑戦をして進んでいきます。そういう悲劇のヒロインに憧れるあまりに、ちょっとしたことでも感傷に浸るのです。 感傷に浸る時は、自分だけに集中できる時間でもあります。そして、感傷に浸るときは周りにも心配してもらえます。自分に注目してほしいという気持ちがあると、感傷に浸る時間が多くなります。

特徴6:時間がありすぎる

感傷に浸る時というのは、それ以外に何もしなくていい時間があるということです。仕事に追われて忙しい時、毎日やることが多い状態だと感傷に浸る暇がありません。自分のためだけに使える、ぼーっとできる時間が多いと人は自然と感傷に浸るようになります。 暇な状態だと、人はその時間を何かしら有効活用しようとします。やりたいことがない、特にやるべきことがない時にぼーっとしていると面白くないですよね。悩んでいる時間は何かを考えているために有効活用できているような気分になります。 感傷に浸るのが好きな人は、悩むことが好きな人です。考え事をすることで時間を使って、自分はしっかりと考えることができる人だ、人生が充実しているという実感を得たいのです。

感傷に浸るのが好きな人の心理

感傷に浸るのが好きな人の心理とは?感傷に浸るのが好きな人の心理について見ていきましょう。

心理1:悲しみや傷を癒やしたい

感傷に浸る人の心理は、単純に悲しみや傷を癒やしたいという気持ちがあります。自分の悲しみを癒やすために、感傷に浸るのです。人とというのは悲しいことをずっと考え続けたり、悲しいことが「そんなに考える必要もなかった」と思えると悲しくなくなります。 考えないようにして、全く別のことをして傷を癒やす人もいあれば、飽きるほど考えて心から消す人とがいます。感傷に浸るのが好きな人は、考えて考えた末でなければ消えないタイプの人です。このタイプの人は、忘れるために好きで感傷に浸る人です。

心理2:寂しい

感傷に浸るのが好きな人は、寂しい気持ちを癒やしたい人です。人は寂しくなると、自分の寂しさを埋めるために何かをしようとします。特に家で一人でいる時などは、人に寂しさを求めることができません。 その時に、自分のことだけを考えて自分の寂しさを癒せるのが「感傷に浸ること」です。最近の出来事を振り返って、あの時こうすればよかったなと思ったり、今自分がこうできているのはこれのおかげだな、ということに気づけたりします。 普段忙しいと感傷に浸ることや、考えることって中々ないですよね。寂しい気持ちが大きいと、自然と寂しいを埋めるために感傷に浸るのです。そうして、発見をできたことに満足して充実した時間が使えたと満足するのです。

心理3:不安や心配事がある

感傷に浸ることが多い人は、不安や心配事が常にある人です。不安なことがあると、人はそのことで頭が占領されてしまいます。不安を解消したい、心配事を解消したいという気持ちからそのことばかり意識するようになります。 その結果、本当は考えたくないのに周りから見たら好きで感傷に浸る人に見えてしまいます。心配事はそれが解決しないと、考え込むままになるんですよね。ただ、その内容がすぐには解消されないことだと、感傷に浸る時間が長くなってしまいます。

心理4:懐かしい気持ちを思い出したい

感傷に浸る人の中には、昔の懐かしい気持ちを思い出したくて感傷に浸っている人もいます。例えば昔の悲しい恋愛だったり、別れた元恋人のことに思いを馳せたりです。今まで考えていなかったのに、ふいに思い返してしまう人もいることでしょう。 懐かしい気持ちに浸りたい人というのは、現状が上手く行っていない人です。今辛いことがあったり、昔に戻りたいと思うほどに今が嫌だと感傷に浸ることが多くなります。感傷に浸ることで、当時に戻った気持ちに浸るためです。

心理5:思い出を美化したい

例えば元恋人と別れた時のことを思い出しているとしましょう。別れることになったということは、必ずそれまでにも問題があり、そして恋人にも不満があったはずです。しかし自分の過去の恋が悪かったというだけで終わらしたくないという気持ちもあります。 その結果、最終別れてしまったけれど、だけどいい人と付き合えたということを感じたくて感傷に浸る人もいます。思い出は美化することができます。自分がいい部分だけを切り取って考えれば、嫌なことは記憶から自然と消えていきます。 そうして自分の過去を全ていいものだけで塗り固めれば、自分の人生は幸せばかりだったと思うことができます。感傷に浸る人は記憶を書き換えることが好きな人ともいえます。

感傷に浸る瞬間ってどんな時?

感傷に浸ることが多い瞬間はどういう時か?感傷に浸る瞬間を見ていきましょう。

瞬間1:卒業など人生の節目を迎える時

学生であれば卒業の時など、人生の節目を迎える時に感傷に浸る人が増えます。終わってしまう時だからこそ、今まで当たり前に思っていたことのありがたさを感じるようになるのです。もう毎日のように通っていた学校に行くことも、友達と会うこともなくなります。 大人になれば会社を転職する時になった時や、一人暮らしをする時なども感傷に浸ることになるでしょう。人は今までいた環境から離れる時、その場所が特別に思えて悲しくなってしまいます。 もう行くことはない、もう戻ることがないという現実が悲しい気持ちにさせるのでしょう。結婚をする時など家を出る時もそうです。楽しい未来が待っていても、これまでの親との生活を思い返して感傷に浸ることになるのです。

瞬間2:懐かしい人や物に出くわした時

学生自体の先生と出会ったり、小学生以来会っていない同級生と出会ったりなど、懐かしい人に出会うと感傷に浸るようになります。今まで忘れていた当時の記憶が、その人に出会うことによって思い起こすことになるからです。 また、小さい頃に自分が住んでいた街に行くことになったり、昔遊んでいたおもちゃを目にしたりすると感傷に浸るきっかけとなります。それに出会うだけで、その当時のことが鮮明に思い出せてしまうから不思議ですよね。

瞬間3:辛い出来事をふいに思い出した時

例えば何かちょっとした嫌なことが起きた時などに、人は連鎖して過去の辛い出来事を思い出してしまいがちです。上司に怒られたのをきっかけに、昔親に怒られた嫌なことを思い出したり、友達と喧嘩したのをきっかけに昔いじめられていたことを思い出したりです。 辛い出来事をふいに思い出すと、昔のことなのに今その状況に戻ってしまったかのように感傷に浸ることもあります。とことん自分を追い詰めてしまうこともあるので、この感傷に浸るやり方は危険です。 一人でふさぎ込んでしまい、現在は何か特別に辛いことをされたわけでもないのに心が病んでしまうこともあります。辛い出来事をふいに思い出したら、感傷に浸るのを無理にでも止められるようにしましょう。

瞬間4:夜にふいに寂しくなった時

夜になると、何かあるわけでもないのにふいに寂しくなってしまうこともあるでしょう。特に女性はこういった夜を過ごすことが多くなります。理由は特にないけれど、一人でいることが寂しくなるのです。 そんな時に「自分は孤独なんだ」「自分なんて誰にも必要とされていないんだ」と感傷に浸ることがあります。こうした場合、だいたいが朝になったら夜に感じた感情は全て消え去っています。 夜に感傷に浸る時は、とことん浸って、泣きたくなった時はとことん泣くのも一つです。自分の中に溜まっている感情を吐き出すことで、明るい気持ちで進めることもあります。感傷に浸ることは悪いことではありません。

瞬間5:思い出の曲を聞いた時

人には思い出の曲というものがあります。昔片思いしていた時に聞いていた曲、失恋した時に聞いていた曲など、曲を聞いて気持ちを紛らわそうとしたことがあるはずです。その時に聞いていた曲が流れていると、感傷に浸りたくなりますよね。 「あの時聞いていた曲だ」と思うと、曲を聞くだけでその時の気持ちも鮮明に思い出すことができます。お店に入ったら曲が流れていた、友達が思い出の曲をカラオケで歌っていた時などに思い出してしまいます。

瞬間6:悲しいニュースを見た時

殺人事件のニュースを見た時や、子供が誘拐されたなどの悲しいニュースを見た時にも感傷に浸りたくなります。ニュース自体が悲しいというよりかは、被害者が可哀想と思いながらも、自分の身近な人がそういう目にあったらどうしようと感傷に浸ってしまいます。 想像力が豊かな人であれば、ニュースを見ただけで自分の家族や友達が巻き込まれた時のことを鮮明に想像してしまいます。それで余計に、起こってもいないのに悲しくなってしまうことがあります。

感傷に浸ることは悪いの?感傷に浸るメリット・デメリット

感傷に浸ることは悪いことなのか?感傷に浸ることで生じるメリットとデメリットをそれぞれ見ていきましょう。

感傷に浸るメリット

感傷に浸ることで、どのようなメリットが得られるのか?2つご紹介します。

メリット1:自分の気持ちを整理できる

感傷に浸るということは、自分自身に一心に向き合えるということでもあります。自分が今何に対して悲しくなっているのか、自分が今どういう気持ちを抱いているのかを知ることができます。 感傷に浸る時は、次々と自分の頭の中にあることを出すことができます。人によっては同じことをずっと考えている人もいれば、連想ゲームのように色んなことを考える人もいるでしょう。 普段は忙しさに駆られて、自分が何を考えて日々何を感じているかを知る機会は少ないです。感傷に浸ることで、そんな自分と向き合えるために自分の気持ちを整理することができます。気持ちが整理できれば、すっきりとした気持ちで前に進むことができます。

メリット2:モヤモヤした気持ちを吐き出せる

感傷に浸ることの一番のメリットは、モヤモヤした気持ちを吐き出せることです。感傷に浸る間は、嫌なことを様々に思い起こしています。「なんで自分はこうなんだ」「本当あの時最悪だったな」というのを考えているうちにどんどんマイナスが吐き出されます。 何かイライラした時に、愚痴を言えばはっきりとするように自分の中だけでも感傷に浸って考えることで気持ちは吐き出せるものです。感傷に浸って、涙を流すと余計にすっきりとします。心の中のデトックスの時間だと考えてください。

メリット3:大切なものに気づくことができる

感傷に浸る時に辛いことばかりを思い出すこともありますが、ドラマや日常で感動したこと悲しいことを思い出して感傷に浸ることもあります。日常の些細なことで感傷に浸れるのはある意味才能です。 小さな変化、小さなことへの尊さに気づけるということです。親の大切さ、自分の周りにいる人への感謝の気持ちなど、普段は中々気づけないものに気づくことができます。感傷に浸る時間は大切な時間でもあります。

感傷に浸るデメリット

感傷に浸ることのデメリットは何があるのか?感傷に浸るデメリットを見ていきましょう。

デメリット1:いつまでも過去にとらわれる

感傷に浸ることで、すっきりとした気持ちにはできます。しかし感傷に浸る時間が長すぎると、いつまでも過去にとらわれることになってしまいます。感傷に浸る自分が好き、過去を思い出すのが好きになってしまうと危険です。 過去にとらわれすぎてしまうと、未来へと踏み出すことができません。明るい未来を想像できないので、過去にしがみついて何も新しいことができなくなってしまいます。時間が止まったようになってしまうので、成長することもチャレンジすることもできません。 感傷に浸る時は、過去は過去、今は今と割り切って考えることが大切になります。そうすれば、感傷に浸ることも危険ではなくなります。

デメリット2:殻に閉じこもってしまう

感傷に浸る時間が長いと、自分で自分のことを考える時間が増えることになります。自分のことを考えるのはいいことですが、その時間が長すぎると「誰とも会いたくない」「誰とも話したくない」と考えるようになってしまいます。 感傷に浸る時間が一番楽しいと考えてしまうと、そっとしておいてほしいと考えるようになってしまいます。殻に閉じこもってしまうと、コミュニケーションも取れなくなってしまい、そのまま鬱っぽくなってしまうこともあります。 感傷に浸る時間を長く持ちすぎないようにしましょう。人に会いたくないと思うようになっても、誰か一人でもいいので無理でも会いに行くようにしてください。そうすれば殻に閉じこもって出られなくなる心配がなくなります。

感傷に浸る性格は改善できる?感傷に浸る癖の治し方

気づけば感傷に浸ってしまい、浸りたくないのに感傷に浸ることが癖になってしまうあなた!感傷に浸る癖の治し方を知って、感傷に浸る性格を改善しましょう。

方法1:楽しい予定で未来を埋める

感傷に浸る人は、過去にとらわれてしまっている人です。いつもやることがなくて、感傷に浸ることで、予定を入れたくなくなってしまっている状態でもあります。そういう人は、楽しい予定を埋めるようにしましょう。 感傷に浸る暇を与えないくらいに、友達との楽しい予定を埋めてしまいましょう。うきうきした時間を過ごせるようになれば、気づけば感傷に浸ることなどなくなっています。友達と遊んだ後の時間って楽しい気持ちで眠れますよね。 うきうきする毎日は自分で作れます。友達と予定が合わない時は、自分一人でも楽しいことをして大丈夫です。できるだけ人と関わるような予定がいいですが、一人で楽しめる予定でもうきうきできれば大丈夫です。先にスケジュール帳をわくわくで埋めちゃいましょう。

方法2:夜遅くまで無駄に起きない

感傷に浸る人は、夜遅くまでダラダラ起きている人です。夜寝る前というのは、一番感傷に浸りやすい時間です。夜遅くまで起きている時ほど、妙に寂しくなったりしますよね?夜は眠って休息を取ることが大切です。 ベッドに入ってからもダラダラとスマホをいじらずに、眠るモードに入ったらとことん寝る体勢に入りましょう。ストレッチをしたり、ハーブティーを飲んで落ち着いたりして、ぐっすりと眠れる状態を作りましょう。

方法3:定期的に自分の感情を吐き出す

感傷に浸る人は、昔の気持ちにとらわれてしまうことが多いです。それは、今の状態に満足していなかったり、不満があることが原因として上げられます。定期的に自分の嫌な感情を吐き出すことで、感傷に浸る機会をなくすことができます。 例えば週の終わりに自分の一週間のことを書き出すなどしましょう。書き出すのはなんでもいいです。この一週間嬉しかったこと、悲しかったこと、今不安に思っていることなど自分が思い浮かんだことを乱雑に書いてみましょう。 定期的にすることで、自分の安定を保てます。勿論その時に不満がありすぎて、心配事がありすぎて潰れそうなこともあるでしょう。そんな時はどうして心配か何が心配かを深掘りして、原因を探るのも一つです。ポイントは書き出すことです。

感傷に浸りたいときにおすすめの曲3選

感傷に浸りたい時に、どのような曲を聞けばいいのか?おすすめの曲を見ていきましょう。

曲1:贈る言葉

海援隊の贈る言葉は、人気ドラマ「金八先生」の曲としても使われています。学生時代を思い出したり、卒業の時期に聞くと感傷的になります。大人になってからも、聞くと卒業式の日のことを思い出して感傷に浸ることができます。

曲2:奏

泣ける曲といえば、スキマスイッチの奏です。悲しい曲として、泣きたい時に聞く人がたくさんいます。お互い好き同士なのに離れなければいけなくなった二人、失恋をした時や恋が上手くいっていない時に聞くのがいいです。 昔の恋人を思い出して、昔の恋愛を思い出して感傷に浸ることができます。心温まる曲でありながらも、自分と重ね合わせることで涙が出てきます。

曲3:夏祭り

夏の定番の曲といえば夏祭りです。夏祭りは夏の思い出をポップに歌っている曲です。しかし歌詞の中にも「君がいた夏は、遠い夢の中」というように昔の夏を思い出している歌でもあります。 青春時代の夏の記憶を思い出したり、夏の終わりに聞くことで感傷に浸ることができる曲です。夏になると歌いたくなるいつまでもみんなの記憶に残り続ける曲です。

感傷に浸る心理や特徴を知って自分の気持ちと向き合おう

感傷に浸ることは決して悪いことではありません。しかし感傷に浸るのが好きな人だと認知されると、人から悪い印象を抱かれることもあります。また、浸りすぎることで感傷に浸る自分に満足して未来が見えなくなることもあります。 なぜ自分が感傷に浸ってしまうのか?感傷に浸る心理を理解して、自分は感傷に浸らないほうがいいと感じるのであれば、感傷に浸る癖を治すようにしましょう。 自分の気持ちと向き合う時間や、自分の心のもやもやを吐き出す方法は他にもあります。定期的に自分の気持ち、自分の心の中を見直して感傷に浸る自分とはおさらばするようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

MIKURI(ミクリ)は「厳選したおすすめ商品を紹介するWEBマガジン」です。あなたの毎日がより豊かになるよう高品質な記事ををお届けします。

目次