切ない気持ちを感じる時!恋愛や友達、仕事など場合別の解消法!

  • URLをコピーしました!

みなさんはどんなとき「切ない気持ち」になりますか?ふと気が抜けたときやひとりになったときなど切ない気持ちになるときは人それぞれ違います。

周囲から見ると“そんなことで?”というときに切ない気持ちを感じたりする人もいます。そこで今回は切ないときの心理状態や感じる瞬間をシチュエーションごとにご紹介していきます。

目次

切ない気持ちの時の心理状態

心理① 胸が苦しい

出来事やたくさんのものごとが入り混じることで気持ちが整理できず胸が苦しくなります。自らの気持ちが整理できていないことが心の状態の悪化へと繋がります。

心の状態が悪いことで、いつもなら何も思わないことに対しても不信感を抱くようになりものごとを素直に受け止めることができなくなります。

そして人に当たってしまったり、相手に対して不信感を与えてしまったりすることがあります。

心理② 孤独を感じる

人がとても恐れるものは“孤独”です。一人が好きという人でも“独り”は嫌いです。少しの孤独を感じるだけでも一気に不安に駆られてしまうものです。

そんな不安な思いから、もしかすると周囲で自らの味方になってくれる人がいないのではないか、誰からも必要とされていないのではないかと考えてしまい切ない気持ちを感じてしまいます。

心理③ うまくいかない

ものごとがなにもかもうまくいかないときは心が自暴自棄の状態になります。うまくいかないならどうなっていいと考えてしまい全て投げ出してしまうことがあります。

投げ出したあとに「一体何をしているのだ」と切ない気持ちになります。また、なんでこんなにもうまくいかないのだろうと考えてしまい「それは自らが劣っているからだ」と答えを出すことで劣等感にかられ切なく感じてしまいます。

心理④ 理想を描きすぎている

こうあるべきだという理想を持ちすぎている人は、理想と現実の違いをうまく受け止めることができません。理想と現実は必ずしも一緒ではありません。

理想が高すぎることから自らがかなり劣っていると感じてしまうことがあります。こうでなければならないと自らを縛り付けてしまうことで心の状態が不安定になっています。

心理⑤ 夢中になるものがない

なにかに夢中になっているときはものごとを考える時間がありません。夢中になっていることが楽しくてただひたすらに取り組むため、自らのことを考えたり他人のことを考えたりする時間はありません。

反対に夢中になるものがなければものごとを考える時間ができます。その時間にいろんなことを考えるようになり切ない気持ちを感じることがあります。

心理⑥ 我慢している

なにかを我慢しているとき“我慢=ストレス”となり心が弱った状態になっているため切ない気持ちを感じやすくなっています。

例えば、遊びに行きたいのに仕事が忙しくて遊べなかったり、欲しいものがあるのに出費が重なり買わなかったりするなど“我慢”する場面はさまざまです。我慢が重なるとさらに心を弱らせてしまいます。

心理⑦ 周囲との違いを感じる

周囲の優れている人と自らを比べてしまうことで劣っていると考えてしまうことがあります。なぜあの人にできて自分にはできないのだろうと自らの至らない点について深堀してしまいます。

深堀がどんどん進んでいくにつれて至らない点が増えていき、自らは周囲に比べかなり劣っていると感じ切なくなってしまいます。

心理⑧ 深く考えてしまう

切なさを感じるときは何でもないことでも深く考えすぎてしまう傾向にあります。いつもならサラッと流せることや同じことを言われたとき、心の状態によって流せないときもあります。

いつも以上に深く考えてしまい言葉や行動の裏を読んでしまいます。深く考えすぎてしまうことで切ないと感じやすくなります。

心理⑨ 緊張が解ける

緊張が解けるとピンと張っていた糸がきれるかのように気持ちが途切れます。これまで張りつめていたものが一気に切れてしまうため心が動揺し、気持ちに変化が起こりやすいです。

緊張がなくなったことに気持ちが追い付かず喪失感となってあらわれることで切なくなりやすいです。

心理⑩ ふと我に返る

仕事が忙しくバタバタしていたり、毎日遊びまわっていたりするなどものごとを考える時間がない生活から解放されてふと我に返ったときに切ないと感じやすくなります。

忙しい日々を送っているときはなかなか感じられませんが、忙しいなりに充実していることが多いです。

その生活から解き放たれることでこれまで充実していた分どこか物足りないと感じ切なくなることがあります。

切ない気持ちを感じることは誰にでもある

「切ない気持ち」を感じることは誰にだってあります。いつもは何とも思わないことや流せていたことでも心の状態によって“切なさ”となって受け止めてしまうのです。

そうすることで孤独を感じ、とてつもなく不安になることがあります。しかし、それはその瞬間だけのものです。そのときの心の状態が良くないことで不安に感じてしまっているだけなのです。

心が元気になっていくことで自然と“切ない”と感じることが減ってくるはずです。一時期の心の弱さに負けてしまわないようにしましょう。また、切なくなってしまうことは決して悪いことばかりではありません。

切ない気持ちを体感することで、切なさとはどんな感情のものであるかを知ることが出来ます。その感情を知っていることで相手の「切ない気持ち」を理解することができます。

自らが体感している思いだからこそ、相手の立場に寄り添って切なさを解消する手助けをすることができます。“切なさ”というのはときに自らを成長させてくれるものでもあります。

切なくなってしまっている自らに負い目を感じるのではなく、自らの成長する過程に大切なものであると考えを改めてみると心が軽くなるでしょう。

切ない気持ちを感じるときとは?~恋愛編~

切ない気持ちを感じるとき① 返事がこないとき

好きな人や彼氏彼女から返事がこないとき、さみしさから切ない気持ちを感じることがあります。

たとえ時間がたったの五分ほどしか経っていなくても、とても時間が経っているのに返事が来ていないかのように感じてしまうことがあります。

返事がきていない間、相手が何かしていることがあるから返事がこないのか、それともあえて返事をしないようにしているのかなどいろんな場合を想像してしまうことでさらに切なく感じてしまいます。

切ない気持ちを感じるとき② 別れ際

デートをした後の別れ際はとても切ないものです。また会えるとわかっていてもバイバイするのは苦手という人は多いのではないでしょうか。

もう少し一緒にいたいと伝えるのも恥ずかしいものです。そういったもどかしさがあり別れた後に切ない気持ちになってしまいます。

また、付き合っていたカップルが破局するときの別れ際はさらに大きな切なさが込み上げてきます。今まで付き合っていたときの思い出が頭の中でよみがえり、デートの場所や喧嘩したことなどさまざまなことを思い出します。

大切なものをなくした喪失感から心にぽっかりと穴が開いた状態となり切なくなってしまいます。

切ない気持ちを感じるとき③ 叶わないと分かったとき

自らの恋が叶わないと分かったとき、切ない気持ちが押し寄せてきます。好きな人に彼氏や彼女がいたり、告白したけど振られてしまったりするなど自らの恋は叶わないものであると分かったとき活力を失ったかのように切なく感じます。

今まで恋が実るようにと行動してきたことが無駄に感じてしまうこともあります。

また、なかなか切り替えることができずに好きな気持ちがより大きなものになっていくこともあります。このような喪失感や歯がゆい思いが切なさを生み出しているのです。

切ない気持ちを感じるとき④ 会えないとき

好きな人や彼氏彼女に会えないときは寂しくなります。特に動き回ることのない夜に会いたい気持ちを抑え込むことはとても難しいです。

昼間であれば気分転換しやすいですが、夜は孤独を感じやすく切ない気持ちが大きくなります。会いたくても会えないというもどかしさが嫌になるときがあります。

切ない気持ちを感じるとき⑤ 自分を見てくれていないとき

好きな人が自らのことを好きではないと感じたときは切なくなります。今までは恋に恋して生活をしていたためそれがなくなることで一気に切なさが襲ってきます。

また、彼氏彼女がいる場合は相手が上の空だったり、自らに対して興味を持たなくなってきたと感じたりすると切なくなります。

予定を決めるときは「なんでもいい」ばかり、連絡や会う回数が減ってきたとなると自らだけが恋愛気分な気がして、どうして付き合っているのだろうと考えてしまいます。

相手が自らのことを見ていないと感じるときはいつも以上に切ない気持ちになってしまいます。

切ない気持ちを感じるときとは?~友達編~

切ない気持ちを感じるとき① 一人になったとき

友達と遊んだあと一人になると急に切なくなるときがあります。友達といる時間はとても楽しいものです。なにげなく笑っている時間でも心の栄養になっています。

また、友達といるときは一人ではないと肌で感じることができます。友達がいる、みんながいるとひしひしと体感することができます。

そんな時間から解放されたことで一気に寂しさが込み上げ"切ない気持ち"を感じてしまうのです。

切ない気持ちを感じるとき② 予定が合わなかったとき

大人数で遊んだり、旅行に行ったりすると予定が合わなければ参加することができません。

大人数となるとなかなか日にちを合わせることが難しく、一人が参加できないからと言って違う日に変更するなんてことはほとんどありません。

自らが参加できなかったイベントなどで友達がみんな楽しんでいることで羨ましい気持ちが生まれ"独り"であると感じてしまうことがあります。

切ない気持ちを感じるとき③ 友達が落ち込んでいるとき

友達が落ち込んでいると一緒になって気分が落ちてしまうということがあります。感情移入が激しい人はこのパターンです。友達から聞いた話を自らに当てはめて考えることで落ち込んでしまいます。

また、落ち込んでいる友達を励まそうとしたことが空回りして切ない気持ちになることもあります。自らが力になってあげられないというもどかしさが心にダメージを与えます。

切ない気持ちを感じるとき④ 進む道がちがうとき

人は年齢を重ねていくごとにそれぞれ進む道が違います。小学校や中学校など義務教育が終わるとみんながみんな同じ道を進むことはありません。

大人になっていくことで今までのように毎日会わなくなったり、会いたいときに会えなくなったりします。これは仕方のないことですが、今までの友達との関係のあり方が変化することに切ない気持ちが生じます。

切ない気持ちを感じるとき⑤ 友達と比べてしまったとき

友達というのは自らにとても近い存在です。自らが欠点だと思っていることを友達がサラッとやってのけたりすると一気に自らは劣っていると考えてしまいます。

より近い存在であるからこそ比べてしまいがちです。より近い存在の友達と自らを比べてしまうことで劣等感を持ってしまいます。

<下に続く>

切ない気持ちを感じるときとは?~仕事編~

切ない気持ちを感じるとき① 飲み会のあと

会社の飲み会の後など、大勢でワイワイしたあとは切ない気持ちを感じやすくなります。

あまり気持ちが乗っていない飲み会だったとしても、賑やかだった場所から解き放たれたことで自然と切なさがやってきます。

切ない気持ちを感じるとき② 異動や退職があるとき

人事異動があったり、寿退社や自主退職があったりと職場の人がいなくなるときはどこか切ない気持ちになります。

今まで仲良くしていた人やお世話になった人、よく叱られた人でいい思い出がない場合でもいなくなるのは寂しいものです。

また、自らがなんらかの理由で退職したときもふとした瞬間に切なく感じるときがあります。今まで働いてきたところには多かれ少なかれ思い出があるものです。

切ない気持ちを感じるとき③ 嫉妬してしまうとき

職場で仕事ができる人や愛嬌のある人に嫉妬してしまい、自らが無力であると劣等感に襲われたときは切ない気持ちになります。

職場でもその人が気になり、どんな行動をしているのかなどよく見るようになります。そしてまた自らと比べてしまい、あんな風にはなれないと劣等感が生まれてしまいます。なぜあの人はできるのかと考えだすとキリがありません。

切ない気持ちを感じるとき④ 頼られていないと感じたとき

仕事を進めて行く中で周囲から頼られていないと感じてしまうと気分が乗らなくなります。

頼られないと思い出すと、自らは仕事ができないのではないかと考え出します。例えば、スピード感が求められる仕事であれば自らは遅いのではないかと考えます。

正確さが求められる仕事では、間違えていたり雑だったりするのではないかと考えます。その考えが邪魔し、いつもより仕事の質が下がることがあります。

切ない気持ちを感じるとき⑤ 仕事がはかどらないとき

自らが必死に頑張っているときでもなかなか仕事が捗らないときがあります。仕事の量が多かったり、思った通りにことが進まなかったり捗らない理由はさまざまです。

たとえ捗らない原因が自らになかったとしても、自らのせいで捗らないと考えてしまうことで心身ともに疲れさせてしまいます。

切ない気持ちを感じている時の解消法を紹介

解消法① 気分転換する

切ない気持ちを解消するためには気分転換をすることが大切です。自らの好きなことや楽しいと思うことをしたり、友達などに自らの気持ちを素直に吐き出してみたりと自らにあった気分転換の方法を見つけましょう。

また、切ない気持ちの上に“違う気持ち”を覆いかぶせることで気持ちを隠してしまうことも一つの転換法です。

なにかドキドキしたりソワソワしたりすることの出来るものことを思い浮かべて“切ない”という気持ちを隠してみましょう。

解消法② 生活に集中してみる

いつもは何気なく過ごしている日常の一つひとつに集中して生活することで、余計なことを考える時間が減ります。

例えば、歯磨きをするときどこの歯をみがいているか考えながら磨くことで余計なことを考える時間が減ります。

ご飯を食べるときは何回噛んだか、歩いているときは何歩あるいたかということを意識するだけでも余計なことを考える時間は減ります。

日常の中で集中するものごとは、なんでも・いつでもいいので意識するようにしてみましょう。

解消法③ 思いっきり何かしてみる

切ない気持ちをなくす方法は、思いっきり何かすることです。思いっきり走ったり、歌ったり、叫んだりなど何かを“思いっきり”してみましょう。今までに出したことが無いくらいの力を出せるように取り組みましょう。

このとき自らの中にある気持ちや感情を全て吐き出したり、放りしたりするようにイメージしながらするとよりスッキリするはずです。なにかを思いっきりすることで自らの中にたまったものが一気に解放されます。

解消法④ 時間配分を変える

自らの生活の時間配分を変えることも効果的です。また、起きる時間や寝る時間、ご飯を食べる時間など一日の流れを変えることで日々に新鮮さが戻ってきます。

あまり大きく変えられないときは少しでも暇な時間をなくすことです。ぼーっとする時間を作ってしまうとどうしても考え事をしてしまいます。

暇だと感じたときは何か行動を起こしましょう。運動してみたり本を読んでみたり、とにかく何もしない時間をあまり作らないようにしましょう。

解消法⑤ 熱中できるものを見つける

時間を忘れるくらい無我夢中に取り組むことができるものごとを見つけましょう。どんなことでもいいので熱中できるものごとが見つかるまでは幅広くいろんなことに挑戦してみましょう。

いつどんなときに自らにピタッとはまるものがあるか分かりません。どうせこんなものには熱中しないと切り捨ててしまうのではなく、もしかしたらはまるかもしれないとワクワク感を持って取り組むようにしてみましょう。

解消法⑥ 書き出してみる

“切ない“と感じたときや感じたものを一から十まですべてメモに書き出してみましょう。書き出す癖をつけて、次に切ないと感じたときにメモを見返してみます。

そうすると時間が経っていることもあり「こんなことで落ち込んでいたのだ」とちっぽけだと思えるようになります。これを繰り返していくことで切ない気持ちを感じたとき深く考えず流せるようになるはずです。

解消法⑦ とにかく寝る

切なくなってしまったときはとにかく寝て忘れましょう。寝ている間はものごとを考えることはありません。少しでも考えないで済むように寝ることをおすすめします。

なかなか眠りにつけないときは羊を数えたり、寝たふりをしたりするなどして眠れるように取り組みましょう。

解消法⑧ 真正面から受け止める

“切ない”と感じた気持ちをすんなりと真正面から受け止めてみましょう。切ないと感じている気持ちを無理に隠そうとすると余計に大きくなってしまいます。

なぜ切ないのかを突き詰めるのではなく、自分はいま切ないと感じていると容認し考えを深めていかないようにしましょう。

解消法⑨ 身近な人を頼ってみる

寂しいと感じることにより“切なさ”があふれ出します。一人でいることが切なさを募らせています。そんなときは家族や友達など身近な人に助けを求めましょう。

家族は何も言わずとも暖かい雰囲気で包み込んでくれます。友達には素直に助けを求めてみると必ず力になってくれるでしょう。電話をしてみたり直接会いに行ってみたり、とにかく周囲の人を頼りましょう。

解消法⑩ 笑ってみる

切なくてどうしようもないときは鏡に向かって“笑顔”を作ってみましょう。無理にでも笑ってみることで気持ちが明るくなります。

一人で鏡に向かって笑いかけるのが恥ずかしい場合は、自らが面白いと思って笑えるものを見てみましょう。

とにかく笑うことが大切です。声を出して笑うようにするとさらに元気になれるかもしれません。自らにあった方法で笑ってみましょう。

解消法⑪ あえて一人になってみる

周囲の人と比べてしまったりするなど人との付き合いが煩わしく感じ切なくなっている場合もあります。

周囲の人はとても充実しているのになぜ自らは充実していないのだろうと考えてしまうことで“切ない”という気持ちを作り出します。

周囲の人と少し距離を取りあえて一人になってみることで自らの気持ちを整理することができます。

解消法⑫ とことん切なくなってみる

一度切ないと感じてしまったらとことん追求してみるのも一つの解消法です。今自らが置かれている状況を整理して、なぜ切ないと感じているのか、どうすれば切なさが消えるかなどとことん気持ちに向き合い切なくなってみましょう。

追求していくうちにどうでもよくなってくるはずです。考えていることに疲れたり、どうでもよくなったりして切ない気持ちが吹き飛ぶことがあります。

解消法⑬ 自分を褒める

人と比べてしまうことで“劣等感”を持ち切なくなってしまうことがあります。劣等感は心を傷つけてしまいます。

もしほかの人よりも劣っていると感じてしまったなら、自らの誇れる部分や良いところを書き出したり思い出したりして褒めてみましょう。

自らの力では褒める部分が見つからないと思ったときは、家族や友達など周囲の人に聞いてみるのも一つの手です。周囲の人から褒められたことは信ぴょう性があり褒めるものとしてはとても効果的です。

誰にでも必ず良いところはあります。人と比べることをやめ、しっかりと自分自身を褒めてあげるようにしましょう。

切ない気持ちを感じる時!恋愛や友達、仕事など場合別の解消法!のまとめ

切ない気持ちになるときは必ず心の健康状態が関係しています。心が弱っているときにこそ“切ない”と感じてしまうことが多いです。

人によって切なく感じるシチュエーションは違いますが根本となるものは、寂しさや悔しさなどほとんど同じ感情です。切なくなってしまうシチュエーションを知っているだけでも深刻に考えることが減るはずです。

あわせて対処法を知っておくだけで気持ちがとても楽になります。切なくなってしまったときは上記でご紹介したような解消法などを試してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

MIKURI(ミクリ)は「厳選したおすすめ商品を紹介するWEBマガジン」です。あなたの毎日がより豊かになるよう高品質な記事ををお届けします。

目次