【Amazon】人気の母の日ギフトを探す

憂慮とは?正しい使い方と例文!懸念や危惧との違いを解説

  • URLをコピーしました!

『憂慮する』という表現を見聞きしたことがあると思います。この『憂慮』とは一体どういう意味の言葉でしょうか。

『憂慮』の語源から探り、類語や対義語にどのようなものがあるかを見ていくことで、この言葉をより深く理解したいと思います。具体的な使い方については例文をたくさん設けて分かりやすく解説します。

目次

憂慮とは?

意味

『ゆうりょ』と読みます。
『とても心配すること』『不安に思うこと』『思いわずらうこと』を意味します。

漢字の通り、『憂い(うれい)、慮る(おもんぱかる)』ことを表しているのです。

語源

『憂』の字は、『不安に思い、心を痛める』という意味を持ちます。
この漢字は、上から『頭』『心』『足』をそれぞれ表しています。

不安があって上手く歩けていない状態を表す漢字なのです。

『慮』という字は、『思いめぐらす』という意味があり、訓読みの『おもんぱかる』の通りです。
この字は、『囲む』と『思い』を組み合わせてできた漢字だと言われています。

つまり、『思いを囲む』ということは、一つの物事に複数の思いや考えを抱くということです。
そんな二つの漢字が合わさった『憂慮』は、『思いを巡らせて不安で心を痛める』という意味を表していることになります。

使い方

『憂慮』は名詞です。
『深い憂慮』のように、修飾する形容詞としては『深い』が良く使われ、『憂慮を口にする』や『憂慮を伝える』、『憂慮を生み出す』など『憂慮』が名詞として使われる場合にはこのような動詞が対となって用いられることが多いです。

『憂慮』はほとんどの場合、『憂慮する』という動詞の形で使われます。
『憂慮している』や『憂慮される』のように文末で使われることもあれば、『憂慮する声』のように文中で名詞を修飾する形で使われることもあります。

具体的な使い方については、後ほど例文をたくさん設けて分かりやすく解説します。

類義語

『危惧』や『懸念』が類語として挙げられます。
この二つに関しては、後ほど別見出しでコーナーを設けて、どのあたりに意味の違いがあるのかを解説します。

他にも『心配』は類語だと言えるでしょう。
冒頭の意味の解説の通りです。

他にも『憂懼(ゆうく)』や『憂惧(ゆうぐ)』などの類語があります。
どちらも『心配し恐れること』を表します。

『煩慮(はんりょ)』も類語です。
『あれこれと心配すること』や『いろいろ思いわずらうこと』を表します。

『気がかり』も類語です。
『気になって心配すること』や『心に引っかかるものや事柄』を表します。

対義語

『憂慮』の対義語として、例えば心配という意味で言えば、その反対は『安心』ということになります。
『安堵』も対義語です。

また、悪いことばかりに思いめぐらせて不安になるという意味で言えば、『期待』も対義語です。

英語

先に『憂慮する』という動詞の英語表現をご紹介しますが、『concern』や『worry』などと訳すことができます。
『concern about ~』と、後ろに憂慮の対象となる名詞をを持ってきます。

この『concern』という動詞に名詞を作る接尾辞『-ment』がくっついてできた言葉が『concernment』で、『憂慮』を意味する名詞です。
しかしながら、日本語でも英語でも『憂慮する』や『concern』という動詞の形で使われることが主なので、あまり使われることはありません。

『憂慮』と『懸念』、『危惧』、『考慮』との違い

『懸念』との違い

『懸念』の念は『気』を表します。
つまり、『気に懸かる(きにかかる)』ことを表していて、『気になって心から離れないこと』を表します。

『懸念』は、実際にはまだ起きていないし、今後実際に起きるかは確かではないものの、悪いことが起こるのではないかと気になることを意味します。
これに対して『憂慮』は、もう実際に起きていることが更に危険な状態になりそうであることを心配することを意味するところが大きく違います。

『危惧』との違い

『危ぶみ(あやぶみ)』『惧れる(おそれる)』と書いて『危惧』ですが、『きぐ』と読みます。
物事が悪い方向へ進むのではないかと危ぶんだり恐れたりすることを表します。

じゃっかんニュアンスが違うところとして『危惧』は、物事が思った通りに悪い方向に進みそうなのを恐れるという意味です。

『考慮』との違い

『考慮』は『慮』の字が入っていますので、類語のように思われがちですが、全く違います。
『考慮』は単に判断や行動の前に色々な要素を考え合わせることを表します。

悪い方向に進みそうとか、何かを心配したり、心を痛めたり、不安になったりという意味合いは全くありません。
『思慮』と類義語と言われますが、『思慮』の方がある物事について個人的にあれこれ思いを巡らせることを表すのに対し、『考慮』は人や組織が物事を判断する時に様々な要素を考え合わせることを表します。

『憂慮』の例文

以下の10個について取り上げます。

  1. 憂慮する
  2. 憂慮している
  3. 憂慮される
  4. 憂慮すべき
  5. 事態
  6. 現状
  7. 状況
  8. 深い・深く
  9. しながらも

では詳しく見ていきましょう。

例文①:憂慮する

やはり『憂慮する』という動詞の形で使われることが多いです。

『中小企業のほとんどが後継者問題に悩んでいることを憂慮する。』
このように動詞の形をとって文末で使われます。

『サマータイムの導入には、準備期間が乏しいことや対応コストを憂慮する意見が多い。』
『憂慮する○○』のように、直後に来る名詞を修飾する形です。

例文②:憂慮している

動詞の形としては『憂慮している』で使われることが最も多いです。

『関税の引き上げで、持続的な輸出被害を憂慮している。』
文末で使われることが多いです。

『彼が今最も憂慮しているのは、感染症の世界的拡大だ。』
このように文中で使われることもあります。

例文③:憂慮される

『憂慮される』という使い方もされます。

『改憲を巡っての世論がどちらに傾くか、護憲派にとっては憂慮される。』
動詞ですから、このように文末で使われることが多いです。

『特定の人種を差別したり蔑視したりする兆候が出てきているのは、極めて憂慮される現象だ。』
このように『憂慮される○○』という形を取って、直後に来る名詞を修飾します。

例文④:憂慮すべき

『憂慮すべき』という使い方をされることも多いです。

『世界的な右傾化や行き過ぎた自国第一主義を憂慮すべきだ。』
『憂慮すべきだ』や『憂慮すべきである』のような形で、文末で使われる例です。

『世界の核保有数は減ってきてはいるが、その規模や破壊力は憂慮すべきレベルにある。』
『憂慮すべき○○』のように、直後に来る名詞を修飾します。

例文⑤:声

『憂慮する声』や『憂慮の声』という表現も使われます。

『今年の夏は酷暑だったこともあり、同じ時期に開催される東京オリンピックのコンディションを憂慮する声も聞こえてくる。』
声が上がるとか、声が出る、声が出始める、声もあるなど色々な動詞が後に続きます。

『両国政府の対立の激化に憂慮の声も聞こえてくる。』
『憂慮の声』という使い方もされます。

例文⑥:事態

『事態を憂慮する』とか『憂慮すべき事態』のような表現もよく見聞きします。

『今回の事態を憂慮して、両国政府が連携して調査に乗り出す意向を示した。』
『風評被害によって観光客のキャンセルが相次いでいるのは、大変憂慮すべき事態です。』

例文⑦:現状

『現状を憂慮』という使い方もされます。

『我が国において偏向報道が蔓延している現状を憂慮しています。』

例文⑧:状況

現状と同じような意味ですが、『状況』という言葉もよく『憂慮』とセットで用いられます。

こうした状況を憂慮した総務省は2017年度に豪華な返礼品を控えるよう、各自治体に通知しました。

出典元:東京へのふるさと納税額大きく増加。それでも制度に一貫して反対する理由|Yahoo!ニュース(THE PAGE)

例文⑨:深い・深く

名詞の『憂慮』を修飾する形容詞としては、『深い』が圧倒的な頻度で使われます。
また、『憂慮する』という動詞を修飾するのは、『深く』という副詞です。

『政府は深い憂慮を伝えたことを明らかにした。』
『全ての国民はこの決定を深く憂慮すべきだ。』

例文⑩:しながらも

『憂慮しながらも』や『憂慮があるとしながらも』という表現も使われ、不安はあるものの、こういった行動に出ているのだと後の文章へと続いていくことになります。

『投資家は米中の貿易摩擦を憂慮しながらも、堅調に推移する経済などの好材料もあると考えている。』
前半部分は心配や不安を述べていますが、後半部分ではポジティブな表現になっています。

司令官は、撤収は多少の憂慮があるとしながらも、南北間の緊張緩和と信頼醸成に役立つと述べた。

出典元:非武装地帯の見張り所撤収は「信頼醸成に役立つ」 在韓米軍司令官
|Yahoo!ニュース(WoW!Korea)

『憂慮』の意味と使い方を正しく理解しよう

『憂慮』の意味や語源、類語や使い方について詳しく述べてきました。
たくさんの類語がありましたが、その意味においてそれぞれ微妙な差異がありますので、しっかり区別して理解しましょう。

『憂慮』という名詞のままではなく、『憂慮する』という動詞の形として使われることが大変多いです。
状況に応じて、伝えたい内容に合わせて、上手く『憂慮』とその類語とを使い分けることで、表現の幅を広げましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

MIKURI(ミクリ)は「厳選したおすすめ商品を紹介するWEBマガジン」です。あなたの毎日がより豊かになるよう高品質な記事ををお届けします。

目次