【Amazon】人気の母の日ギフトを探す

世渡り下手の人の特徴とあるあるな失敗!世渡り上手な人になるには?

  • URLをコピーしました!

世渡り上手という人もいれば、その真逆の世渡り下手な人もいます。これは性格や育った環境も関係してきますが、世渡り上手な人が順調に楽しく生活する野とは裏腹に、世渡り下手な人は、何をしてもうまくいかず、何をしても楽しくないというあまり嬉しくない状況を作ってしまいます。

気の持ちよう、という部分もありますが世渡り上手に特徴があるように、世渡り下手と言われる人にもいくつか共通した特徴があります。その名の通り世の中をうまく渡れないので失敗なども多々あります。しかし世渡り下手な人も、ちょっと考え方や見る角度、物事を考える角度を変えることで、世渡り上手になることができるのです。そのためにはどうしたらいいのでしょうか?世渡り下手の特徴や、世渡り上手になるコツをお教えします。

目次

世渡り下手な人の特徴

特徴1.白黒はっきりしないと気が済まない

よく言えば生真面目な傾向があるので、中途半端なことを嫌うのが世渡り下手の特徴と言ってもいいくらいです。世の中にはいろいろなことがあり、中には良いことと悪いことがはっきり区別されそれを認識しているということもありますが、時にあやふやなままにしておく方が都合がいいこともあります。

世渡り下手な人は変に生真面目で頑固なところがあるので、なんとなくあやふやにしておく方がいいシーンでも、白黒はっきりさせようとするので、時に周囲がドン引きしてしまうことがあります。ほどほどにというのができないのです。

特徴2.空気を読まない

たとえ正しい意見であってもそれが時に場の空気を一瞬にして凍らせてしまうことがあります。世渡り上手な人は、場の空気を読むのが得意なので、こういう時にこう言わない方がいいというのを即在察知できますが、世渡り下手な人は自分の意見を通そうとすることが多いので、場の空気を読まず周囲を不快にさせたり、ドン引きさせたりしてしまうがちです。

空気を読まないばかりに、出しゃばり、自分勝手、自己中心的などなど常に悪いイメージがつきまとうようになり、周囲から嫌われたり、煙たがられたりしてしまいます。

特徴3.ネガティブ

ネガティブ思考の人がいると、どうしても暗い雰囲気に包まれてしまいます。その人が居るだけでなんとなくどんよりとした空気が流れるので、周囲の人はできるだけ近づきたくない、関わりたくないと思ってしまうのです。雰囲気だけでなく、発言や考え方もネガティブになるため、暗く陰湿な印象を与えてしまいます。ポジティブな人はいい影響を受けることも多く一緒にいても楽しいので好かれやすいのですが、ネガティブな人は、意図しなくても人を遠ざけてしまう傾向があります。

特徴4.人に合わせることができないor合わせない

世渡り下手な人は、生真面目で頑固な人が多いため、頑ななまでに意見を曲げない傾向があります。多数決などで、少数か1人だけという場合、大抵は空気を読んで意見を変え周囲似合わせ丸く収めようとしますが、世渡り下手な人はこういう時融通が利かないので、多数決で1人だけになっても意見を曲げない傾向があります。全員一致にならないと解決市内という場合は、非常に厄介な存在となってしまいます。

特徴5.遊び心がない

チャラチャラとふざけてばかりの人は、軽率で信用できないイメージです。しかし世渡り下手な人は、生真面目な頑固一徹タイプが多いので、何事も全力投球です。これは悪いことではないのですが、人はどこかで力を抜かないと息切れしてしまいます。頑張りすぎると周囲もそれに合わせないといけないので、適度に遊び心を持っていないと、めんどくさい奴というレッテルを貼られてしまうでしょう。

ふざけるのではなく、ところどこかで遊び心とユーモアを持つことも大切です。

特徴6.被害妄想が強い

遊び心を持っていない人は、どんなことも全力で取り組みます。これも悪いことではありませんが、冗談が通じないので、からかわれるとそれを間に受けてしまいがちです。遊び心がない人は、心に余裕が持てません。人が何か話していると自分の悪口を行っているのではないか?と疑心暗鬼になりがちです。

実際に人が誰かと話をしていても、その人の悪口など言っていないのに、被害妄想がひどくなるとますます孤立してしまいます。ちょっと相手がふざけて冗談を行っても、それを間に受けてしまいがちです。

特徴7.何をやっても遅い

真面目なのはいいことですが、要領よく時にうまく手抜きをして物事を進めるということが苦手なので、何をやっても終わらせるまでに時間がかかります。自分の帰りが遅くなるだけなら、まだいいのですが、その人がやった後に何かをしなければいけないという場合は、人にも迷惑をかけてしまいます。

特徴8.要領が悪い

要領が悪いのは全てに共通しているので、とにかく何をやってもうまくいきません。学校でグループを作り何かを分担してやるにしても、仕事を任せられても要領が悪いので、周囲に迷惑をかけたり、不快な思いをさせたりすることが多くなります。言い方を変えると、人をイラつかせることが多くなってしまうのです。

特徴9.人付き合いが苦手or下手

要領が悪く融通が利かないので、当然人付き合いもうまくいきません。グループの輪に溶け込みたいと果敢に挑戦したとしても、空気が読めない、要領が悪いなど周囲にも嫌がられることが多くなるので、人付き合いが苦手になってしまいます。無理に溶け込もうとしても、空回りする一方なので、ひどい場合は嫌われてしまうこともあります。

特徴10.なにか言われても言い返せない

なにか言われたり、物事を頼まれたりすると、自分に予定があってもうまく言い返せないので、結局嫌な仕事を押し付けられたり、面倒なことをさせられたりという貧乏くじを引いてしまいがちなのも、世渡り下手に多く見られる特徴です。

世渡り下手の人の失敗例~職場編~

例1.応用が利かない

ある意味真面目なのですが、臨機応変な対応ができないため、なんでもマニュアル通りにこなそうとする傾向があります。もちろんマニュアルも時には役立ちますが、なんでもマニュアル通りに行かないこともあります。変なところが頑固な傾向があるため、応用が必要な時に臨機応変な対応ができないため、それが失敗や周囲に迷惑をかける原因となってしまうのです。

例2.信頼されないので頼りにされない

本人は悪気は無いのですが、何をやっても要領が悪くうまくいかない、常に全力なのに空回りということが多いので、ミスも多くなります。そのため仕事ができないダメな人という印象を与えてしまいます。そのため、誰からも信用されなくなるので、何かあっても世渡り下手な人に頼みごとを使用とは思われなくなってしまいます。しかし要領のいい人には都合よく面倒なことを押し付けられるという厄介事が増えるのも多いかもしれません。

例3.うっかりミスが多い

真剣にやっているつもりでも、どこか今ひとつ要領が悪くうまくこなせないので、それがミスにつながることがあります。冷静になって考えれば分かりそうなことも、常に余裕がなく焦ってしまうと、ますます空回りをしてミスが多くなります。ミスをしていても余裕がなく気づかないままでいると、他の人に迷惑をかけることも多くなり、仕事ができないダメ人間のレッテルを貼られてしまいます。

例4.うまく手抜きができない

生真面目で頑固なところがあるので、こうと決めたら猪突猛進タイプが多いのも世渡り下手の特徴です。いい意味で捉えることもできますが、真面目すぎて適度に手を抜くことができません。こうなると自分も余裕がなくなりますし、時に周囲をも巻き込み迷惑な存在となってしまうことがあります。

例5.常に手一杯で余裕がない

世渡り上手な人はその場の空気を読み、常に最適な選択ができます。しかし世渡り下手な人は自分に余裕がないので、空気を読む余裕などもなく、傍から見ていてもなんだかいつも焦っていて失敗ばかりする人に見えてしまいます。そんなに焦らなくてもいいことも、焦ってしまうので時にうまく手を抜かないと自分が参ってしまいます。

例6.仕事が遅い

適度に手を抜くことをしないのに、要領が悪いので仕事をしても時間がかかる傾向があります。世渡り上手や要領のいい人が同じ仕事をしたら、1時間程度で終わるような内容でも、世渡り下手な人は余計な時間がかかりすぎるので、倍以上の時間が必要になります。急ぎではないならそれもいいかもしれませんが、急ぎの仕事の場合は時間内に終わらないということもあります。

例7.同僚や上司から嫌われやすい

何をやってもダメ、空気が読めない、冗談が通じないというのを悪い言い方をするとどんくさい、クソ真面目な奴になります。こういう人が職場にいると、なんとなくその場の雰囲気が悪くなるので、同僚や上司に嫌われがちです。部下ができても、要領が悪くミスばかりする上司は尊敬してもらえないので、馬鹿にされがちです。

例8.空気が読めないから雰囲気が悪くなる

自分に余裕がなく常に必死になる傾向があるので、場の空気を読む余裕などありません。しかし仕事場で皆が協力してこなさないといけないプロジェクトの場合、1人でも空気が読めない人が居ると皆に迷惑をかけてしまいます。悪気は無いのですが、気づくと場の雰囲気が悪くなってしまうのです。

例9.約束やルールを守れない

余裕がないから、何時までに、何日までにと期日が決められた仕事をしていても、要領が悪く失敗してもそれを修正するのに時間が掛かり、時に決められた時間や日にちまでに終わらないことがあります。誰でも失敗はありますが、余裕がないので焦ってしまいどんどん悪い方向に進んでしまいます。悪気は無いのですが、ルールが守れないだらしない人という印象を与えてしまいます。

例10.人を不快にさせてしまう

本人は一生懸命真面目に取り組んでいるつもりでも、いつの間にか周囲と違う悪い意味で目立ってしまうので、何をやっても人をイラつかせる存在となってしまいがちです。謝ろうとしても、うまく言葉に出せないのでどうしていいか分からず自分の殻に閉じこもってしまいます。これでますます孤立してしまうのです。

世渡り下手の人の失敗例~学校編~

例1.友達と同じことができない

学校では集団生活を送ることも学びます。勉強は授業に集中していればなんとかついていけますが、休み時間やクラスメイトと何かを協力し合って行うような場合、普通の生徒が当たり前にできるようなことも、要領が悪いのでできないことが多々あります。

例2.遊んでいてもどんくさい奴と思われる

休み時間に遊んでいても、要領が悪いのでついていけなかったり、転んだりしてどんくさい奴と思われがちです。遊んでいてもつまらないので、誘われなくなり孤立する傾向があります。

例3.友達ができない

要領が悪く思っていることをうまく伝えられないので、仲良くしたいと思ってもなかなかそれができません。相手が優しい子で、根気よく付き合ってくれるなら友達もできますが、子供には難しいことも多いので、友達ができにくくなります。

例4.いじめられやすい

子供は思ったことをストレートに言ってしまうので、トロイ、要領が悪い、どんくさいなどマイナス面が目立つと、それが時にいじめの対象になることがあります。

例5.都合よく使われる

子供でも世渡り上手な要領のいい子はいますから、そういう子に都合良く使われることがあります。嫌だと思ってもそれがうまく言えないので、仲間はずれにされたくないという一心で従ってしまいがちです。

例6.団体行動が苦手

普通の子が簡単にできるようなことでも、ちょっと要領が悪い世渡り下手な子にとっては、難しくハードルが高いことは多々あります。団体行動をとらなければいけない時、それができないのでダメな子という印象を与えてしまいます。

例7.優柔不断

はっきり物事が言えないので、モジモジとしてしまい、何か決断したり選んだりしなければいけない時も、グズグズしがちです。要領がいいせっかちな子には、どんくさいと言われ時に周囲をイラつかせることもあります。

例8.暗くなりがち

何をやっても思い通りに行かないので、子供ながら気持ちが沈みがちです。楽しいことが減ってしまえば、暗くなってしまうのも仕方ないでしょう。

例9.空気が読めない

空気が読めないのは世渡り下手に多く見られる傾向です。特にこどものうちはオブラートに包むということができないので、悪気がなく言った一言が相手を深く傷つけてしまったり、怒りを買ってしまったりします。

例10.顔に出やすい

世渡り上手は常に笑顔を絶やさず人を不快にさせないよう気配りをします。しかし世渡り下手はうまくできないので、何かあるとすぐ顔に出てしまいます。あ!っと気づいた時には時すでに遅しというのも珍しくありません。

世渡り下手の人が世渡り上手になるには?

方法1.できないことを認め人に頼る

生真面目で頑固なところがあると、自分の非を認めそれを受け入れることが難しくなります。しかしできないものはどう頑張ってもできないのですから、それを認め人に頼ってみましょう。正直に言えば意外と力になってくれる人は多いはずです。

方法2.考え方を少し見直す

白黒はっきりさせないと気がすまないのは、時と場合によりそれが人に迷惑をかけることもあります。今まで思い当たることがあるなら、それを振り返り、考え方を少しずつ変える努力をしましょう。

方法3.発言する前にひと呼吸おく

場の空気を読まずに思ったことを言ってしまうと、空気が凍りつくこともあります。何か言いたいことがあっても、今それを言ったらその場にいる人がどう思うか一度頭で考えてみましょう。過去に場の空気を凍らせたことがあるなら、言わない方がいいこともあると戒めにします。

方法4.気まずくなった時その原因を考える

場の雰囲気を悪くしてしまい気まずくなった時は、その原因を確認しましょう。大抵は自分の言動に原因があるはずです。非があったら認め謝罪することも大切です。

方法5.わからないことは教えてもらう&メモを取る

どうしたらいいか考えてもわからない時は、勇気を出して人に尋ねましょう。きつい一言もあるかもしれませんが、自分の悪いところに気づくことができるかもしれません。そういうことがあった時はメモを取り、常に頭に叩き込み同じ失敗を繰り返さないようにします。

方法6.できるだけ笑顔を意識する

余裕がないと顔に出るのは仕方ありません。そういう時は一息入れて、鏡の前で笑顔を作る練習をしてみましょう。

方法7.うまく手を抜くコツを探る

いつも全力だと疲れてしまいます。世渡り上手な人はうまく手抜きをしているので、なんでも要領よくこなせるのです。時々でいいので休憩してみましょう。

方法8.ミスをしたら次はしないよう注意する

ミスをしたら原因と解決法をノートに書いておきます。毎日それを見直すことで、次のミスが防げるかもしれません。

方法9.無理をしない程度に周囲に馴染む努力をする

無理をしてもできないものはできませんが、周囲に馴染むよう何かしら努力をしてみることも大切です。共通の話題があったら、勇気を出して話しかけてみましょう。

方法10.感謝を忘れない

世渡り上手な人はきちんと感謝の気持ちを伝えるので、人にいい印象を与えます。口下手でもありがとうやごめんなさいの一言は常に言えるよう心がけましょう。

世渡り下手の人の特徴とあるあるな失敗!世渡り上手な人になるには?のまとめ

いかがでしょうか?自分のことってなかなか気づかないものです。人に言われて初めて理解できること、謎が解けることも多いので、何か思い当たることがあったらもしかしたら世渡り下手なのかもしれません。解決策はありますから、焦らずゆっくり改善していきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

MIKURI(ミクリ)は「厳選したおすすめ商品を紹介するWEBマガジン」です。あなたの毎日がより豊かになるよう高品質な記事ををお届けします。

目次