【Amazon】人気の母の日ギフトを探す

誰からも愛されない女の特徴!男性や恋人に愛されないのはなぜ?

  • URLをコピーしました!

女性の皆さん、恋人や異性から自分は「愛されない」と思ったことはありませんか。誰からも愛されない女でいることは辛いですよね。

彼氏に愛されないという現状を改善するためにはどのようなことが必要なのか、愛されない人の特徴も併せてご紹介していきます。

目次

恋人に愛されない女性の特徴

特徴①束縛が激しい

愛されない女は、自分に自信がないことが多く自分を高めることを考えるよりも「どうしたら相手が離れていかないか」「浮気をさせないためにはどうしたら良いか」といった方向で考えてしまう傾向があります。

相手を束縛して、自由をなくしてしまうことで窮屈さを感じさせてしまうため、相手は余計に「他の場所に自分の心の休まる場所」を作ろうとします。

束縛しているから浮気は出来ないという事はありません。浮気しようと思えばいくらでも出来る中で、あなたを選んで一緒に居るという相手の気持ちが大切なのです。

束縛するほど相手は離れていくものですので、束縛したい気持ちがあったとしても我慢をするべきです。束縛するよりも相手の気持ちを惹きつける努力が必要となります。

特徴②嫉妬深い

よく「嫉妬深い女は嫌われる」という言葉は耳にしますよね。自分が相手の立場になって考えてみると、分かりやすいかもしれません。

例え異性だったとしても、あなたと出会う前から仲の良かった友達や職場の仲間など、それなりに付き合いが必要なこともあります。

嫉妬されるようなことはしてないという人の場合、執拗に異性との接触を非難したりすることは嫌われる要因となってしまいます。

特徴③相手に依存してしまう

愛されない女は「この人がいないと私は生きていけない」といったように、相手がいてこその自分と考えがちなところがあります。自分の生き方をすべて相手に合わせてしまうのは良いとは言えません。

愛される女は「この人がいないと私は生きていけない」という考えを持ってはいません。あくまで「この人がいることで私の人生はより良いものになる」といった考え方をした方が良いでしょう。

「あなたがいなければ私は死んでしまう」といったようなメンヘラ
的な考えでいると、相手にとっても負担となり愛想を尽かされてしまう可能性があります。

永く寄り添いあって生きている人たちは、依存心を持っているのではありません。より良い今後の為にお互いに対等の立場で話し合い、支えあって共に生きることを望んだ結果です。

特徴④ネガティブである

これは男女ともに言える事ですが、ネガティブな人と一緒にいると自分まで気分が下がってしまうので、一緒にいる時間を極力減らそうとします。

一緒に暮らしていれば、相手がなかなか帰ってこなくなったり友人と出掛けることが多くなったりして、自分と一緒に過ごす時間が短くなっていると感じるかもしれません。

お互いに一緒にいることで、癒し癒され穏やかな時間を過ごせるように心がけることが大切です。相手に会うたびに、愚痴や不満を聞いてもらっているとだんだんと相手も嫌になってしまいます。

反対にポジティブな人と一緒に居ると、自分も気分が良くなり楽しいと感じますよね。ツライ時でも無理して笑っていれば、気付いた時には心から笑えるようになるのと一緒です。

人は相手の影響を受けてしまうので、マイナス面が強い人と一緒にいることを本能的に避けようとします。自分はネガティブだと感じたら、ポジティブになる努力が必要です。

特徴⑤自分の話ばかりしてしまう

女性は特に「もっと私の事を知ってほしい」「理解してほしい」と自分の話をしたがる傾向がありますが、男性も自分の話を聞いてくれて共感してくれることを望んでいます。

愛される女は、しっかりと相手の話を聞いて意見を述べてあげたり、労いの言葉を掛けてあげることも出来ます。。相手の事をしっかりと想ってあげられることが愛される女のポイントとなります。

愛されない女は、自分の話ばかりをして相手の話をさえぎってしまうことが多いので気を付けるべきポイントとも言えます。

相手の話をしっかりと聞くことでより相手を理解し、求めている言葉を掛けてあげることで「この人は自分を1番分かってくれている」とかけがえのない存在となるでしょう。

男に「愛されない女」と「愛される女」の違い

違い①自信を持っている

男に愛される女は、自分に自信を持っていて堂々としています。自信があるからこそ、嫉妬深くなったり変に相手を束縛することもなく良い関係が築けるため、結果的に愛されます。

自信に溢れた女性というのは、男女どちらから見ても自立した大人な女性として魅力を感じるものです。

「私なんて」「私には出来ない」と自信のない姿は魅力的とは言えませんので、自信を持てるように努力することも大切になってきます。

違い②自分の時間を大切に出来ている

どこに行くにも一緒に行動しているカップルは、一見ラブラブで羨ましいと思うかもしれません。ですが、常にずっと一緒にいるという関係は決して良いとは言えません。

仕事に専念したり別々の趣味を持つことによって、自分の時間というものを大切にすることが出来ます。いつも一緒にいれば、日常がマンネリ化してしまい倦怠期に陥ってしまいます。

違い③相手に依存していない

愛される女は「この人がいないと私は生きていけない」という考えを持ってはいません。あくまで「この人がいることで私の人生はより良いものになる」といった考え方のほうが相手にとっても負担となりません。

お互いに一緒に居ることで向上しあえるように努めることが、今後より良い関係性を保っていくことが出来るポイントとなります。足を引っ張りあう関係では、お互いに負担となってしまいます。

違い④キラキラ輝いている

お互いに自分の時間を大切にすることで、自分磨きに費やすことも出来たり、二人でいるとなかなか自分のケアに時間が掛けられないといったこともなくなります。

スキンケア程度なら良くても除毛やストレッチ等、美容に必死になっている姿を相手に見せると幻滅されてしまうこともありますので、一人の時にこっそり自分磨きをするのもおすすめです。

長く愛される女でいるためには、美しくあることも大切です。美しさとは、顔のパーツだけではありません。内面や肌のケア・髪のケアをしたり、丁寧な言葉遣い、所作を丁寧にするだけでも美しくなれるものです。

違い⑤聞き上手である

愛される女は、しっかりと相手の話を聞いて意見を述べてあげたり、労いの言葉を掛けてあげることも出来ます。

相手の話をしっかりと聞くことでより相手を理解し、求めている言葉を掛けてあげることで「この人は自分を1番分かってくれている」とかけがえのない存在となるでしょう。

女性は特に「もっと私の事を知ってほしい」「理解してほしい」と自分の話をしたがる傾向がありますが、男性も自分の話を聞いてくれて共感して欲しいと思っています。

自分の事より、相手の事を想ってあげられることが愛される女のポイントとなります。

違い⑥思いやりがある

心に余裕があることで相手の事を想い、自然と優しく接することが出来ます。愛されるために行動をするのではなく、相手を愛する気持ちをもって接することが大切です。

反対に愛されない女は自分の事しか考えていません。「どうしたら愛してもらえるのか」「どうしたら私の事だけを想ってくれるのか」という点についてしか考えない為、視野が狭くなってしまいます。

結果、愛されたいのに愛されないといった不満が募り募って爆発し、相手にぶつけてしまうことで、余計に相手の気持ちが離れていってしまいます。

誰からも愛されないと感じる理由

理由①一人の時間を充実できていないこと

一人の時間を充実させることによって、「愛されること」に執拗にこだわることがなくなります。相手に愛されることが生きる全てではありません。

一人の時間を大切にすることで、自分磨きに費やすことが出来るため自分を高めることが可能になります。新しく習い事を始めてみるのも良いかもしれません。

例えば、料理を趣味にすると作っている時間は「愛されること」に意識することはなくなりますが、結果として料理上手になることで相手の胃袋をつかみ、かけがえのない存在になることが出来ます。

理由② 相手にどう思われているかを気にしすぎること

必要以上に相手にどう思われているかを気にする必要はありません。自分が相手を愛しているならそれで良いのです。それに伴って相手もあなたを想ってくれるなら相思相愛と言えるでしょう。

あなたが寛容な心で相手に接し愛を伝えても、相手があなたを愛してくれないのなら、一緒にいるべき存在ではないのです。気を楽にして、自分の人生をメインに考えると上手くいくはずです。

理由③自分より仕事が大事?

大切な約束の日に、急な仕事が入ってしまいショックを受けることもあるかもしれませんが、自分と仕事を比較してしまうことで「愛されていない」と思うことは良くありません。

稀に「自分より仕事を優先される」といった不満の声を聞くこともあります。もちろん、相手もあなたと一緒に居たいという気持ちはあるはずですが、仕事あってこその私生活です。

結婚をしているとしても、いずれ結婚をするとしても、仕事を全う出来ない人は家庭を守ることも出来ません。女性が仕事を大事にする以上に男性は仕事を大切に思っています。

仕事をしている時間は、睡眠時間を除いたとして人生の中で多くを占める割合になります。その仕事をおざなりにしてしまうと、今後の人生を過ごしにくいものにしてしまうでしょう。

理由④相手の態度が冷たい

なぜ相手の態度が冷たいと思うのでしょうか?いつも連絡を取っている時は絵文字がついているのについていない、会って話していても言葉のトーンが低いなど冷たいと感じる要素は色々あります。

もしかすると人と会っていたり仕事の合間を縫って、忙しい中で返事をしてくれているのかもしれませんし、具合が悪かったり元気がないのに無理して会ってくれているのかもしれません。

自分の目線で考えるのではなく、相手の目線に立って考えることで「愛されていない」と嘆くことが少なくなるはずです。

理由⑤傷つくようなことを言われる

相手が悪気もなしに傷つくようなことを言ってくるなら、それは愛されていないと嘆くのではなく、話し合うことが必要です。自分はこういわれて傷ついていると伝えることで相手も気づき改善することが出来ます。

わざと嫌味で言ってきているなら、あなた自身が相手に同じことをしていないか今一度振り返ってみる必要があります。お互いに、仕返しのように傷つく言葉を投げ合っているのなら、しっかりと改善することが大切です。

愛されない自分をやめて愛される方法

方法①見返りを求めない

「私はこれだけあなたを愛しているのにあなたは全然、私を愛してくれない」等、自分が相手を愛することで相手も必ず返してくれると思うのは間違いです。

見返りを求めて相手を愛するのではなく、相手を愛するのはあくまで自分が好きだからという理由になります。相手があなたを好きでいてくれるように自分が努力をしなければ、相思相愛であることは難しいと言えます。

自分は愛されるために相手を愛しているという考えは、根本的に間違っています。色々なまわりの方に相談したりアドバイスをもらうことで改善できるでしょう。

方法②自分に自信を持つ

男に愛される女は、自分に自信を持っていて堂々としています。自信があるからこそ、嫉妬深くなったり変に相手を束縛することもなく良い関係が築けるため、結果的に愛されます。

自分に自信がなければ、「いつ相手が浮気するかわからない」「いつ捨てられるかわからない」といった不安を抱えた毎日を送ることになります。

そんな不安を抱えて毎日を過ごす時間はとてももったいないです。悩む時間があるなら、自分に自信が持てる何かを見つけて習得するべきであると言えます。

方法③束縛をしない

愛されない女は、自分に自信がないことが多く自分を高めることを考えるよりも「どうしたら相手が離れていかないか」「浮気をさせないためにはどうしたら良いか」といった方向で考えてしまう傾向があります。

相手を束縛して、自由をなくしてしまうことで窮屈さを感じさせてしまうため、相手は余計に「他の場所に自分の心の休まる場所」を作ろうとします。

それでは本末転倒となってしまいますので、相手を信じる事や自分に自信を持つことによって、束縛をしないようにすることが大切です。

方法④自分の時間を大切にする

例え長く一緒にいる二人でも、過ごしてきた家庭環境などは違います。それぞれ違う趣味を持っていれば、お互いに自分の時間を大切にすることも大切となってきます。

たまには、お互いの趣味に付き合うことも良いと思いますが、常に一緒に過ごしていては本当にやりたいことを我慢してしまうことにもなりますので、充実感を得るためにも自分の時間を持つことは良いことです。

また、会っていないときに「会いたい」と思うことも大切で、常に一緒にいると「会いたい」と思うこともありませんよね。そういった気持ちを実感するきっかけともなります。

方法⑤女であることを忘れない

男性はいくら言葉で「ありのままの君が好きだ」と言っていても、だらしのない姿を決して素敵だとは思いません。清潔さはもちろんですが、魅力を磨くことも必要です。

しっかりと自分を磨き美しくあることで、愛され続けることが出来たり、他の女性より自分の方が良い女だと自信を持つことが出来るはずです。

他の女性に目移りさせない為にも、自分を磨いたり変化を付けることで飽きさせないことが重要となってきます。ファッションに興味がなくても、季節やTPOに合わせた洋服を着ることも大事です。

例えば、毎日のヘアーアレンジを変えてみたり、髪色を変えてみたり、メイクの仕方を変えるだけでも、ぐっと印象は変わります。

香りを付けたり、ネイルなどをしてみても良いかもしれません。魅力をアップする方法はたくさんありますので、ひとつずつ挑戦してみては如何でしょうか?

愛されないという思い込みを捨てる方法

方法①物事をポジティブに考える

これは男女ともに言える事ですが、ネガティブな人と一緒にいると自分まで気分が下がってしまいます。お互いに一緒に居ることで、癒し癒され穏やかな時間を過ごせるように心がけることが大切です。

愛されないという思い込みは既にネガティブな考えであると言えますので、ポジティブ変換することで良い結果に繋がることがあります。

扱いが雑であったり大切にされていないということは、相手はあなたに気を許していているという事です。一緒に居ることが当たり前の存在だと思うほどにあなたを信頼している証拠です。

愛されていないと嘆くよりも「初心を思い出すためにはどうしたら良いか」といった方向で考える方が賢明だと言えます。

方法② 自分に自信を持つ

自分に自信を持つことによって、愛されていないといった思い込みに悩むことはなくなります。

男に愛される女は、自分に自信を持っていて堂々としています。自信があるからこそ、嫉妬深くなったり変に相手を束縛することもなく良い関係が築けるため、結果的に愛されます。

自信に溢れた女性というのは、男女どちらから見ても自立した大人な女性として魅力を感じるものです。

愛されるためには精神面や外見面など様々な場面で、それなりの努力が必要という事です。その努力を公にせず、内に秘めておくことでより一層魅力が引き立てられます。

方法③潔く愛されていないと認める

いっそのこと潔く愛されていないと認めるのも一つの手です。愛されていない現状を理解して、愛されるために努力をすることが改善策となります。

あえて自分にツライ現状を突きつけ、自分磨きに精を出すといった方法もあると言えます。

誰からも愛されない女の特徴とは?彼氏や恋人に愛されないのはなぜ?のまとめ

自信を持つために自分の時間を大切にして魅力を磨く

自分に自信を持つことによって、堂々とすることが出来るため自立した立派な女性として魅力的に見せることが出来ます。仕事に専念したり、趣味を持つことによって自分の時間を有意義に過ごすことが大切です。

自信があるからこそ、嫉妬深くなったり変に相手を束縛することもなく良い関係が築けるため、結果的に愛されることになります。

自信に溢れた女性というのは、男女どちらから見ても魅力を感じるものです。「私なんて」と自信のない姿は魅力的とは言えませんので、自信を持てるように努力することが大切になってきます。

お互いに自分の時間を大切にすることで、自分磨きに費やすことも出来たり、二人でいるとなかなか自分のケアに時間が掛けられないといったこともなくなります。

長く愛される女でいるためには、美しくあることも大切です。美しさとは、顔のパーツだけではありません。内面や肌のケア・髪のケアをしたり、丁寧な言葉遣い、所作を丁寧にするだけでも美しくなれるものです。

相手に依存することをやめて束縛や嫉妬や束縛をしない

愛される女は「この人がいないと私は生きていけない」という考えを持っておらず、「この人がいることで私の人生はより良いものになる」といった考えている方が多いです。

お互いに一緒に居ることで向上しあえるように努めることが、今後より良い関係性を保っていくことが出来るポイントとなります。足を引っ張りあう関係では、お互いに負担となってしまいます。

相手を束縛して、自由をなくしてしまうことで窮屈さを感じさせてしまうため、相手は余計に「他の場所に自分の心の休まる場所」を作ろうとします。

愛されることより愛することを考えるべき

愛される女は、しっかりと相手の話を聞いて意見を述べてあげたり、労いの言葉を掛けてあげることも出来ます。相手の事をしっかりと想ってあげられることが愛される女のポイントとなります。

相手の話をしっかりと聞くことでより相手を理解し、求めている言葉を掛けてあげることで「この人は自分を1番分かってくれている」とかけがえのない存在となるでしょう。

心に余裕があることで相手の事を想い、自然と優しく接することが出来ます。愛されるために行動をするのではなく、相手を愛する気持ちをもって接することが大切です。

愛されたいのに愛されないといった考えを持っていると不満が募り募って爆発し、相手にぶつけてしまうことで、余計に相手の気持ちが離れていってしまいます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

MIKURI(ミクリ)は「厳選したおすすめ商品を紹介するWEBマガジン」です。あなたの毎日がより豊かになるよう高品質な記事ををお届けします。

目次