【Amazon】人気の母の日ギフトを探す

【男性・女性・タイプ別】ストレス発散方法・解消法

  • URLをコピーしました!

ストレス発散はいろいろな方法があります。自分に最適な方法を見つけ出してストレスを発散しましょう。

運動をしたり、音楽を聴いたりストレスの発散方法はたくさんあります。男女別でストレス発散方法は違うのでそれも考えていきたいですね。仕事をしながらできるストレス発散方法もあります。

現代はストレス社会。自分に合った方法が見つかれば、より快適な生活が送れるはずです。

目次

ストレスマップで適切な発散方法を見極める

まず白い紙を用意してください。その紙になんでもいいので自分がストレスに思っていることをどんどんかきなぐってください。ストレスに感じた言葉や、ストレスな人の名前。いやなことがあった時期など考えるよりも先に、文字にしてみてください。そうすると自分のストレスを可視化することができます。

そのストレスを項目にまとめて整理してみてください。そのマインドマップはあなたが抱えているすべての問題の指標です。これをみれば、あなたのストレスの元凶が見えてくるはずなのです。

頭でぐるぐる考えているだけだと、ストレスの原因は案外わからないもの。書いた瞬間に見つかるかもしれません。

ストレスマップは定期的に書いてみてください。あなたは生活しているとさまざまな問題に直面します。ストレスが解消しているかもしれないし、さらに悪化しているかもしれない。それを可視化することによって対策が取れるのです。

もし抱えきれないストレスがあったら、一度紙に書き殴ってみてください。それだけであなたのストレスはふっと軽くなるはずです。

ストレスマップが完成したら、簡単なものから解決していきましょう。問題の大きさ別に整理するのもありだと思います。一つ問題が解決すると、あなたの中にいい流れができます。すぐに可決できる問題を解消したら、運気が上がってあなたの問題はどんどん解決に向かっていくかもしれません。

ひとつストレスが解消したら、元気になります。ネガティブな気持ちがポジティブな気持ちに変われば、あなたはどんどん元気になれるはずです。

大きな問題に立ち向かうのは、強い力が必要です。ストレスが溜まって弱っていたら、あなたは大きな問題に立ち向かう力が残っていません。小さなストレスが原因で、大きな問題に立ち向かえないのです。

整理をしたら小さな問題から解決します。そうすればどんどんストレスが軽くなっていきます。重いストレスを一気に解消しようとすると、失敗してしまいます。できることからコツコツとストレスを解消していきましょう。

ストレスマップはストレス解消への近道を教えてくれます。ごちゃごちゃになったものを適当にやっつけていては、いいことはひとつもないのです。ストレスマップをうまく使って、自分の頭を整理しましょう。

ストレス発散方法:動的・発散系

方法①:ボクササイズ

スポーツはストレス発散にとても効果的です。特にボクササイズは殴る動作があるので気分は爽快。運動量が多いので思いっきり汗をかくことができます。

ボクササイズは有酸素運動と無酸素運動を繰り返すのでより効果的なダイエットになると言います。体を限界まで動かして汗をいっぱいかくので、体の中からデトックスもできます。

殴る動作はストレス発散にとても効果的。嫌な人やストレスの原因になっている人の顔を思い浮かべながらパンチを繰り出せば、心がすっと軽くなるのがわかるはずです。

もし何か運動を始めたい、ストレスフルの職場で働いている人は、ボクササイズを検討してみてください。いっぱい汗もかけるし、心がすっと軽くなります。ものを殴る経験はなかなかできません。ボクササイズは心と体を同時に軽くしてくれる一石二鳥のエクササイズなのです。

方法②:カラオケ

カラオケが大好きで、友達と歌いに行ったらマイクを離さない。そんなカラオケ大好きの人は、カラオケでストレスを発散しましょう。

歌うことは大きな声で腹から声を出すことです。音楽を聴くことはストレス発散になります。それ以上に自分で歌を歌うことはストレス発散になるのです。

歌には歌詞がついています。もしストレスフルの状態だったら、悲しいバラードではなく、アクティブな元気な歌詞を歌うとより元気になれます。高いキーを無理して歌うとそれがストレスになるので、歌いやすい曲を思いっきり歌うのもおすすめです。

人とカラオケに行くのもいいけど、ストレス発散には一人カラオケがおすすめ。自分の好きな曲を心の底から歌うことができます。一人カラオケは個室になっているので、何をしても誰からも見られません。思いっきり踊りながら歌を歌えばすっきりします。

方法③:クラブに踊りにいく

大きな音の中でお酒を飲みながら踊る。何かむしゃくしゃすることがあったら、クラブに行って踊りましょう。個々の魅力は暗いこと。明るいと視界に人の目が入って思いっきり踊れません。視界を失くすことで、より自分に集中できます。

大きな音の中で踊ると、気分が高揚します。お酒も手伝って、心の底から楽しむことができます。そこで新しい出会いがあったり、友達と朝まで騒げば嫌なことなんて忘れてしまうかもしれません。

お酒をしこたま飲んで失敗したり、クラブで朝まで踊り狂ったり。毎日そんな生活ではよくないですが、たまにはめをはずすのはとてもいいストレス発散方法になります。一つお気に入りのクラブを作っておくと、嫌なことがあってもそこに行けば大丈夫。自分の避難所を作っておけば、人は強くなれます。

クラブな限らず、自分が大好きな場所をひとつ作って避難所にしてください。それがあるだけで、あなたはストレスに強くなります。

方法④:ランニング

ビジネスパーソンはランニングを日課にしている人がたくさんいます。ランニングは道具もいらず、ランニングシューズさえ手に入れば、すぐにはじめられる気軽なスポーツです。

ランニングを続けていると、どんどん長く走れるようになってきます。今日はこれしか走れなかったのに、今日はこんな長い時間走ることができた。なにかを達成する喜びと、自分を褒めることができるのです。何かを達成すると脳の中でいい反応が生まれます。自分で自分にご褒美を与え、ストレスが解消されるのです。

筋肉がついて長く走れるようになった貴方は、走ることがドーパミンを生むことを知ります。しばらく苦しいけど、走っていると脳内麻薬が分泌して快感に変わっていくのです。ランニングにハマっている人は、このために長い距離を走ります。ストレス解消に効果的。たまったストレスが一回のランニングでゼロになります。

ランニングは、あまり無理をするとひざを痛めます。普通の靴でもランニングはできますが、ひとつお気に入りのランニングシューズを買って、足を労わってください。いろいろな種類があり、デザイン性に富んだものもあるので、見ているだけで楽しいと思います。ランニングウェアを買うのもいいきっかけになるはずです。

ストレス発散方法:静的・発散系

方法①:友達と気がすむまで喋る

何か嫌なことがあったら、友達と気が済むまでおしゃべりしましょう。親友に相談するのもいいし、ひたすら愚痴るのもありです。相手に自分の悩みを吐き出すことで、心の底からすっきりします。困ったときはお互い様。もしあなたが愚痴を聞いてもらったら、人の愚痴を聞いてあげましょう。

どんなことでも話せる友達を一人でも持つことは大事です。悲しいときや辛いとき、その友達は無償の愛で寄り添ってくれます。その人がいるから、あなたは普段苦しいことでも我慢してがんばれるのです。親友でもいいし、恋人でも大丈夫。世界中にひとり見つけ出してください。

いっぱいはなしたら心がすっとするはずです。何か解決したわけでもないのに心が軽くなるのは、だれかにストレスを打ち明けることによって、心が軽くなるからです。自分の心の重りを言葉にして吐き出しているのです。

方法②:ひたすら泣く

悲しいことつらいこと。大きなストレスを感じたら涙が枯れるまで泣いてください。泣くことは非常に良いストレス解消法になります。目から流れ出る涙はストレスの塊です。ゼロになるまで流してしまいましょう。

泣けない人は、泣ける映画やドラマを見たり、感動できる場所に行って無理やり泣いてください。泣けない人は自制心で心に栓を作っている状態です。それを解放してあげないと、無意識のうちに心にストレスが溜まっています。泣くことは悪いことではありません。ストレス解消に泣くことが効果的だと化学的に証明されているのです。

次の日に目が晴れようと関係ないです。思いっきり泣いてください。涙は心のデトックスになります。辛い気持ちがすっと消えていることに気づくはずです。

女性は目が晴れてしまうとそれがストレスになりますよね。泣く前に大きめのスプーンを冷蔵庫で冷やしておいてください。存分に泣いたら冷えたスプーンで目元を冷やすと、翌日の目の腫れが軽減されます。

方法③:ノートにストレスを書きなぐる

ノートに嫌なことや他人の悪口を書きなぐるとすっきりします。人は自分の脳内で考えることを文章にして書くと、脳内が整理されてすっきりします。ストレスの整頓ができるのです。

嫌なことがあると頭の中でぐるぐるしてしまって、眠れなかったりしませんか?もし眠れなかったら白い紙をだして、頭の中に浮かぶ言葉を書きなぐってください。ポイントは手を止めないこと。文章を考えずに思ったことを瞬間的に吐き出すのがポイントです。

その文章を読んでみると、思わぬ心の声が聞こえてくるかもしれません。可視化することによって、ストレスの核が見えてくるのです。ストレスの原因を突き止めることができます。

方法④:温泉とサウナ

温泉は命の洗濯です。週末に気心の知れた友達と少し遠くに温泉旅行。身も心もすっきりします。日本には四季があります。どんな季節に行ってもその季節のいいものが堪能できます。露天風呂につかりながら紅葉を眺めたり、雪の季節に行くのもいいかもしれません。温泉は心も体もあたためてくれます。

ストレスは体の芯から冷やしてしまします。ストレスによって健康を害するきっかけになるのです。体温が低いと、美容にも影響します。温泉は体を芯からあっためてくれるので、ストレスにとても効果的です。ストレスだけでなく、美容健康同時にケアできます。

温泉についているサウナ。ここでストレスと汗を出しましょう。サウナは強制的に体をあっためて、汗を出してくれます。汗もストレスの塊です。これを出してしまえば体の中の老廃物と一緒に、心のストレスもすっきり消えるはず。

サウナで汗をかいてデトックスしたら、温泉に入っていい成分を肌に入れてください。あなたの肌はつるつるになるはずです。

ストレス発散方法:動的・浄化系

方法①:旅行に行く

旅行に行くと現実逃避にもなり、気分がリセットされます。国内旅行なら日帰りでリーズナブルに行けるバスツアーもあります。何かに煮詰まったら、どこか遠くに行ってリラックスすることも肝心です。自分のテリトリーの中でいつまでも悩んでいたら、何も解決しません。

友人との旅もいいけど、一人旅もおすすめです。自分の好きなところばかり選んでいくことができます。一人旅は人を強くしてくれます。国内旅行ならどこでも日本語で書かれていますが、海外はトラブル続きです。そのトラブルも言葉が通じない国で、自分で解決しなければなりません。

普段の生活ではできない体験をすると、別のことに意識が行って、嫌なことを一瞬でも忘れてしまいます。海外で道に迷ったら、それどころではありませんよね?ストレスを一瞬忘れると、思わぬところで突破口が見つかるかもしれません。

方法②:掃除する

ストレスが溜まっていると、びっくりするほど部屋が汚れます。心の乱れがそのまま部屋に反映されている状態です。部屋が汚いとそれだけでストレスが溜まります。部屋をすっきりすればストレスは半減します。

何か大きな悩みを抱えたら、思い切っていらないものを捨ててしまいましょう。断捨離は、生活からいらないものを消してくれます。着ない服やタンスの奥に眠っているものを引っ張り出して、思いっきり捨ててしまいましょう

捨てるという行為はそれだけでストレスの発散になります。すっきりした空間を眺めていたら、思考もシンプルになり、トラブルの解決法がすんなり解決できるかもしれません。

もしあなたが交友関係に悩んでいたら、その交友関係を解消してしまいましょう。それによって寂しい気持ちになったり、孤独になってしまうかもしれません。でも人間関係のわずらわしさから解放されます。

自分にストレスを与える存在は、あなたにとっていいものではないはずです。それがどんなに好きな恋人でも同じです。悪い人間関係を解消したら、新しい人間関係を作ることができます。それがより良いものになるように、努力していきましょう。

方法③:ぺットと遊ぶ

動物に触れあうと心が癒されます。あいくるしい姿でもこもこの体。あたたかい体に触れていると心から癒されます。

ペットはあなたの生活に潤いをくれます。もし悲しいことがあったら、あなたの気持ちに気づいて、そっと寄り添ってくれるのです。

生き物を育てることは、とても大事なことです。ペットはあなたがお世話をしないと死んでしまいます。生き物を買うと、責任感が生まれます。それが心を強くしてくれるのです。

何か嫌なことがあったら、もこもこの体に触れてみましょう。体温はあなたに安らぎをくれます。ペットの体に触れるだけで、ストレスが解消されるのです。

散歩でウォーキングをすれば、運動不足解消になります。一人で歩くのはつまらないけれど、ペットと歩けば寂しくありません。走ったり飛び跳ねたりあなたを楽しませてくれます。

方法④:食べ歩き

グルメなあなたは食べることが大好きです。そんな人は、ストレスがたまったらどこかおいしいものを求めて出かけましょう。世界にはいろんなおいしいものがあります。食べすぎは健康を害するけど、たまにおなか一杯好きなものを食べることは、心の健康維持に大切です。

ラーメンが大好きな人は新幹線に乗って究極のラーメンを食べに行きましょう。長い時間をかけてたどり着いたラーメンの味は絶品です。話題のシェフのお店の絶品スイーツを食べるのもいいかもしれません。甘いものは、幸福物質を脳内に与えてくれます

人はストレスがかかるとついつい食べ過ぎてしまいます。食べることは、一時的に嫌なことを忘れさせてくれます。太っている人は、幸福度が低いと言われています。自分の体系を維持できないほど、食べてしまうのはストレスの度合いが大きいからです。

たまに暴飲暴食はいいかもしれませんが、それが続くと健康を害してしまいます。女性は太ってしまうと、それがストレスになってしまいますよね。ストレス発散のための食事はほどほどに。

ストレス発散方法:静的・浄化系

方法①:マッサージに行く

ストレスがたまると、体が固まります。そんなときは自分にご褒美を与えてください。マッサージは定期的に通うと、体のメンテナンスになります。体がゆがんでいると、体が固まりやすくなります

マッサージ師は体のプロです。自分が気付かなかった体の問題を探し出してくれます。そこをしっかりほぐしてもらうと体が軽くなって気分は爽快です。

若干お金はかかってしまいますが、自分へのご褒美を作るのは大事です。週末にマッサージを予約しておけば、それを楽しみにいくらでもがんばれるはずです。

方法②:とことん眠る

とことん眠ることは、ストレス発散方法になります。睡眠不足はあなたのいろんなところに害を及ぼします。睡眠不足になると、脳が全く働きません。仕事がなかなか進まずにイライラ。睡眠不足は健康を害し、効率を落とし、ストレスを増大させます。

忙しい人は睡眠不足になりがちです。しかし、睡眠が不足すると大きな病気につながります。寝ていない時間がそのまま脳のダメージになるのです。

ストレスがたまると、眠りが浅くなります。これも体を壊す原因になります。質のいい睡眠はいい生活を作ります。もしあなたの睡眠が崩れてきたら要注意。ストレスが溜まっている証拠です。

眠るのが大好きな人は、休日にとことん眠りましょう。そうすれば朝起きた時ストレスもなくすっきり起きれるはずです。

方法③:瞑想する

ストレスを感じたら、目を閉じて心を無にしてみてください。瞑想をすることは、心の浄化につながります。

仕事ができるビジネスパーソンは、瞑想を日課にしています。心を空っぽにすることによって、ストレスをリセットすることができるそうです。これはトレーニングすればだれにでもできるようにできています。

瞑想は教室で教えてくれます。おいしいお菓子を食べながらフランクに教えてくれる気軽なものもあるそうです。瞑想ができるようになれば、強い心を作ることができます。女性なら、ヨガをするのもいいかもしれません。

目を閉じて瞑想すると自分の問題が見えてきます。それを突き止めたら、最善の解決方法が導き出せるはずです。

方法④:お気に入りの場所に行く

あなたにはお気に入りの場所がありますか?お気に入りの場所を一つ作るということは、あなたに避難所ができるということ。会社に近くの公園でもいいし、お気に入りのカフェでも大丈夫です。そこで大好きなケーキを食べれば、気分がすっきりします。自分の避難所ができるということは、ストレスに打ち勝つ大きな手助けとなるはずです。

会社のトイレが自分の避難所という人がいます。トイレは個室なので、一人の時間を楽しめます。その中でおもいっきり泣いても大丈夫。そうしたら平気なふりをして仕事場に戻りましょう。

男女で適したストレスの発散方法は違う?

男性と女性ではストレスの発散方法は大きく違ってきます。男性はなるべく動かないのがストレス発散方法です。休日のお父さんがパジャマを着たままテレビを見てごろごろするのは、ストレス発散方法なのです。それに対してお母さんはがみがみ。たまにはそっとしておいてあげましょう。お母さんが怒るのは、男性と女性でストレスの発散方法が異なるからかもしれません。

女性は男性に反して、おしゃべりをすることでストレスを発散しています。女性のおしゃべりを聞いていると、自分の言いたいことだけを言って、全くつじつまが合ってません。それでもコミュニケーションが取れるのは、女性のコミュニケーション能力が高いからだと言えます。

ひたすらだらだらするのもよし。友達とおいしいものを食べながらおしゃべるするのもよし。男女別でいろいろなストレス発散方法があります。男と女は全く違う生き物。理解できない部分もいっぱいありますが、優しい目で見てあげましょう。

男性におすすめのストレス発散方法

方法①:寝る

男性は寝るのが大好きです。男性特有のストレス発散方法と言えます。男性はストレスを回復するのに、何も考えずじっと動かないのを得意とする生き物と言われています。動きを止めて思考を停止することによって、体と心を休めるのです。

なにかしなきゃと焦ると、それがさらなるストレスになります。寝ることが大好きな人は、それに没頭してください。一日寝てしまうと一日が無駄になってしまいます。でもそれがあなたにとって最適な方法なら、一日中ダラダラするのもありです。

方法②:スポーツ観戦

スポーツ観戦は、みんなでお酒を飲みながら大声で声援したり、スポーツバーに行ったり、集団でできるストレス発散方法です。

なにかスポーツをしていた人は、自分が好きなスポーツを一つ選んで、誰か友人を誘ってみましょう。はじめは戸惑いがちだったあなたも、得点が入るたびに試合にどんどんのめりこんでいきます。

気づいたら大きく手を上げたり、全く知らない人と抱き合ったり、大きな声援を送っているあなたに気づくはずです。

スポーツ観戦は、コミュニケーションと同時にみんなで楽しむ行為です。人と一緒になにかを応援すると人は心に元気をもらえます。大きな声を出すこともストレス発散に効果的です。

方法③:お酒

気心の知れた友達とお酒を飲みながら食事をするのは、いいストレス発散方法になります。お酒を飲むと体や心が緩み、楽しい気分になります。

お酒を飲みながらだと、気分が解放されて言いづらかったことも相談できるかもしれません。ストレスがたまると気分が張り詰めて、体が緊張します。そうすると、体も心もダメージをくらい、傷がついてしまいます。お酒は緊張を柔らかく弛緩して楽しい気持ちにさせてくれます

しかし、お酒は飲みすぎに注意してください。お酒は飲みすぎると大きな失敗につながります。自制心がなくなりストッパーがなくなってしまうのです。アルコール中毒はストレスがきっかけです。アルコールを飲むことによって一時的に嫌な気持ちから解放されます。それが癖になると、アルコールが手放せなくなってしまうのです。

アルコールはストレス発散に効果的ですが、飲みすぎは禁物です。自分をしっかり保ちながら、ほどほどに楽しみましょう。

方法④:激しいスポーツ

男性は体力があります。その体力を使って激しいスポーツをすると嫌なことを一時的に忘れることができます。ハードなトレーニングをすると苦しいですよね。そのとき同時に悩み事を頭で考えることはできないはずです。その瞬間だけストレスから開放されます。

激しいトレーニングはストレス解消だけでなく、あなたに幸福物質を与えてくれます。それに味を占めると、トレーニングをしないと落ち着かなくなります。

体に筋肉がつくと、体が頑丈になります。体が軽くなり、嫌な気分もすっきりです。体を鍛えると、心も鍛えられます。体を鍛えて筋肉をつけることは、心に筋肉をつけることと同じなのです。

激しいトレーニングは苦しみを伴います。それを乗り越えると、同時に心も鍛えられるのです。筋肉と心の強さは比例します。

何か大きい悩みを抱えていたら、とにかく筋肉をきたえてください。そうすれば大きい問題に立ち向かう強い心が作れます。徹底的に鍛えあげたら、あなたのストレスはいつのまにかゼロになっているかも。

女性におすすめのストレス発散方法

方法①:たまにどか食い

チョコレートを大量に買ってきて、大量に食べてしまった。そんな経験は女性なら誰しもあるはずです。チョコレートは、体に幸福物質をくれます。嫌なことを一瞬で忘れさせてくれる食べ物なのです。

ビジネス用のチョコレートが販売されていますが、これは、脳に栄養を送ってくれるからです。チョコレートは糖分です。これはストレス発散だけでなく、頭の回転を手助けしてくれるマルチな食品ともいえます。

大きなストレスを受けたら、コンビニに行ってお菓子をいっぱい買い込んでしまった。気づいたらあなたの周りにはお菓子のごみが散乱している。信じられない量を食べてしまう人もいます。しかし、これはストレス解消に効果的。嫌な気持ちが吹きとびます。

毎回はだめだけど、たまには自分を甘やかしてあげましょう。罪悪感なく思いっきり食べることもたまには必要なのです。

方法②:ウィンドウショッピング

ストレスがたまったら、ウィンドウショッピングに出かけましょう。自分の好きな洋服は眺めているだけで幸せな気持ちになれます。

綺麗な服や化粧品は女子の原動力です。これを買うためにどんなストレスも我慢して働けます。

ウインドウショッピングでかわいい服を見つけたら、すぐ買わず、一旦考えましょう。ストレスでものを買うと必要なものではなかったり、自分に似合わない服を買ってしまいます。ストレスがある状態の買い物は平常心ではありません。衝動買いはなるべく避けましょう。

自分のご褒美に大きい買い物をするのはありです。そのために一生懸命頑張れば、仕事の能率も上がります。ストレスに勝つためにご褒美を導入してみてください。そうすればあなたは強くなれるはずです。

方法③:友達とどこかにでかける

ストレスがたまったら、気心の知れた友達を誘ってどこかに出かけましょう。友人としゃべったり、どこかに遊びに行くことは、とてもいい気分転換になります。

旅行でもいいし、近くの公園に散歩するのでも大丈夫。一旦その問題から逃げてしまいましょう。逃げ続けるといつまでも問題は解決しません。しかし、その問題から一瞬逃げることは、あたらしい解決方法の糸口になるかもしれません。

友達としゃべっていて、何気ない一言が問題解決のヒントになるかもしれません。一人で悩んでいたら、一人のアイディアしかありませんが、たくさんの人に相談すればそれ分アイディアが生まれます。友達に話すことで、簡単に問題が解決してしまうこともあるのです。

友達がいたら、どんどん頼ってください。友達は楽しいことも悲しいことも常に共有してくれます。とっておきの友達が見つかれば、あなたは強くなれるはずです。

仕事中やその場でできるストレス発散方法

方法①:デスク上で伸びをする

仕事中はあまり大きなアクションはできませんよね。一瞬手を止めて体いっぱいにのびをしてみてください。5秒だけでも大丈夫。それが大きなストレス発散につながります。

体を伸ばすと、コリがほぐれます。血流がよくなって、頭に血が巡り、頭の回転がスムーズになります。この一呼吸が大事です。時間をかけてずっと机ににかじりついていると、効率はどんどん下がっていきます。一瞬でも動いて血流をよくすることによって、下がった作業効率を正常な状態に戻すことができるのです。

方法②:ガムを噛む・フリスクを食べる

何かを噛むと言うことは、おおきなストレス発散になります。ガムを噛む人と、噛まない人にはおおきな差があります。ガムはストレスです。それを一度噛むとストレスが噛みつぶされます。仕事をしながら同時にストレスを解消してくれるのです。

ものを噛む行為は頭の回転を助けてくれます。噛む行為によって仕事の手を止めずに、ストレスを解消することができるのです。

ガムのリラックス効果は科学的に解消されています。ガムを噛みながら仕事ができる人は、噛みながら作業をしてみてください。それができない人は、一日一個口に入れて噛んでみましょう。継続すれば、細かくストレス解消が可能です。

方法③:音楽を1曲聞く

仕事にはメリハリが大事です。1時間に一回は休憩しましょう。そのタイミングに自分の大好きな曲を一曲聞くことをお勧めします。作業しながら音楽を聴いている人は、とっておきの一曲はそこに入れないでください。1時間頑張った自分にご褒美ソングを用意しておくのです。

音楽は心に癒しをくれます。元気が出る歌詞やメロディーを聞いたら、テンションが上がるはずです。気分を高めてから仕事をすれば、作業能率があがるはずです。ご褒美ソングはぜひ試してみてください。

方法④:自分のお気に入りの写真を眺める

デスクに一枚あなたの大好きな人の写真を飾ってください。旅行の記念写真でもいいし、好きな芸能人の写真でも大丈夫。もし嫌なことがあったら、それを眺めてください。その写真を眺めることによって、一瞬ストレスから解放されます。

目で好きなものを見ると、あなたの心が一瞬軽くなる感覚を味わえるはず。大好きな人の顔を見れば、辛い仕事も乗り越えられるはずです。

ご褒美の写真を待ち受けにしておいて、スマホを見るたびにそれが目に飛び込んでくるのもいいかもしれません。スマホを見るたびに強制的に自分を鼓舞することができます。

いろいろな方法があるので、写真を使って、様々な方法を試してみましょう。あなたにピッタリな写真が一枚あるはずです。

家族がいる人は、家族の写真を飾りましょう。愛する家族のためなら、あなたは精一杯がんばれるはず。ちょっとした現実逃避になるので、写真を眺める行為はおすすめです。

【男性・女性・タイプ別】ストレス発散方法・解消法のまとめ

ストレス社会に生きているあなたは常に心にストレスを抱えています。それは睡眠不足だったり、甘いものをドカ食いしてしまったり、ゆがんだ形で現れてきます。

ずっとストレスにさらされている心は、突然壊れたりします。ストレスは大きな病気のトリガーになってしまうのです。たかがストレスと思っていても、その蓄積は心と体に大きなダメージを与えてしまいます。

ストレスがたまったら、すぐに解消しましょう。我慢をしたら、どんどんストレスが溜まってしまいます。それを解消するには大きな力が必要です。

ストレスは万病のもとです。放置していると体だけでなく心も侵されてしまいます。一度壊れてしまった心はなかなか治りません。回復に何年もかかってしまうのです。

ストレスに壊れそうになったら、いろいろな方法を試して解消してください。それが新たな楽しみを生むきっかけになるかもしれません。

ストレスから解放されれば、よりよい生活が手に入ります。毎日爽快な気分で仕事ができれば、作業能率も上がるはずです。強い心はなかなか手に入りませんが、ストレス解消法は簡単に試せます。ぜひトライしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

MIKURI(ミクリ)は「厳選したおすすめ商品を紹介するWEBマガジン」です。あなたの毎日がより豊かになるよう高品質な記事ををお届けします。

目次