【Amazon】人気の母の日ギフトを探す

定性的とは?意味や使い方、定量的との違い!

  • URLをコピーしました!

ビジネスの世界では、「定性的」「定量的」という言葉を使う機会があります。しかし、この言葉を正確に説明することができる人は多くはありません。

今回は「定性的」という言葉に焦点を当て、その例や「定性的に説明するとは」「定性的評価」「定性的目標」など、その使い方について詳しく解説していきます。

目次

定性的の意味

「定性的に説明せよ」「定性的目標を立てなさい」など、仕事においてしばしば「定性的」という言葉が用いられます。

この定性という言葉はもともと「物事の本質が何であるかを定めること」という意味があり理系の分野で利用されていた言葉になります。

そのようなところから派生して、ビジネス上では数字上のデータということではなく、対象となる事柄についてその本質や性質を現すものとして用いられることが大半です。

つまり、その事柄を数字で表すのではなく、主観的に見てどのように感じているかや、どのように見えているか等をあらわすことが定性的と言い換えることができます。

例えば、対象となる商品に対し、「ユーザーがどのように感じているかを定性的に報告しなさい」という指示があった場合、その感想を○%等の数字で表すのではなく、ユーザーの生の意見や使用した感想などを収集し報告することになります。

定性的と定量的の違いとは

「定性的」という言葉に似た言葉で「定量的」という言葉があります。しかし、この二つの言葉はまったく別の意味を持っています。

「定性的」という言葉が対象となる事柄についてその本質や性質を現すもの手あるのに対し、「定量的」とは対象となる事柄について数字を使って具体的にあらわすものになります。

たとえば、「ユーザーがどのように感じているかを定量的に報告しなさい」という指示があった場合、××と感じている人の割合が◯%、△△と感じている人の割合が◯%といった報告の仕方になります。

このように大きな違いのある「定性的」と「定量的」という言葉ですが、この二つは合わせて使われることが多くあります。なぜなら、どちらか片方だけしか見ていない場合、どうしても片手落ちになるからです。

定性的にしか見ていない場合、その事象がどれくらいの規模でおきているのかが分かりません。一つの意見が大きく捉えられ過ぎてしまったり、小さくみられて見過ごされることもありえます。

反対に、数字だけで見てしまった場合、その数字が小さいばかりに、重大事象につながりかねないことが見過ごされることもありえます。

そういった点から見ても、定性的な側面と定量的な側面の両方を同時に注目していくことが重要な意味を持つケースも少なくありません。

定性的、定量的の使い方の例

「定性的」と「定量的」の意味はある程度理解できていても、具体的な使い方や使い分けがわからない場合もあります。ここからはそれぞれの使い方例について説明していきます。

定性的

定性的は「物事の本質が何であるかを定めること」という意味があります。その意味を考えると次のような使い方があります。

たとえば、「この商品についてモニター使用した人の感想を定性的に報告します。モニター使用した感想として一番多かったのが、◯◯といったものです。次に多いのが××でした。△△といった感想もみられました。」といった具合です。

また、「この商品の販売目法達成の要因を定性的に分析してみると、◯◯という他社製品にはない特徴が認められた点がもっとも大きな要因といえます。また、△△といった点も大きくはありませんが、一つの要因ではあります。」というような使い方もできます。

定量的

定量的は「対象となる事柄について数字を使って具体的にあらわす」ということになります。そういった意味で次のような使い方になります。

たとえば、「この商品についてモニター使用した人の感想を定量的に報告します。◯◯という感想を持った人が全体の◯%です。××という感想を持った人が×%でした。△△といった感想もみられましたがこれは△%程度でした。」といった具合です。

また、「この商品の販売目標達成の要因を定量的に分析してみますと、○○という他社製品にはない機能に興味を持って購入したという人が◯%と、最も大きい要因となっています。△△と言う人は△%でそれほど大きな要因とはなっていません。」というような使い方もできます。

定性的なデータを取る調査、定量的なデータを取る調査の違い

ビジネスにおいてデータ収集をする場合、定量的なデータがほしい場合と、定量的なデータがほしい場合ではその調査方法も違ってきます。ここからは、定性的調査と定量的調査についてその違いや特徴をご紹介します。

定性調査

定性調査とは、商品や物事における本質的な部分を知ろうとする調査ということができます。そのため、企業側が消費者やモニターと直接面接したり、話をして意見を吸い上げる調査となります。

こういった手法により、単純に数字やグラフには表すことのできないその行動や感想に至った背景を調査することができます。

つまり、「はい」か「いいえ」などでは答えることができない本質的な意見や、感情や心理的な要素などを加味した一人ひとりの個別の意見を収集することができます。

定量調査

定量調査は、商品や物事にける数値的なデータを知ろうとする調査です。アンケート調査がその代表的な方法です。

基本的には「はい」か「いいえ」で答えられる質問に対する回答を収集し、その回答数を分析することによって得られる数値を元に検討していくためのデータ収集となります。

定量調査を行うためには、「はい」か「いいえ」で答えられるような質問を作る必要があり、そのために定性調査をあらかじめ行うような場合もあります。

ビジネスでは定性的よりも定量的に表すことが求められる

ビジネスの現場においては、口頭での報告はもちろんのこと、報告書や企画書・会議の資料・プレゼンテーション資料等さまざまな場面において定性的な表現よりも定量的な表現が好まれるケースが多くあります。

これは、定性的な表現よりも定量的な表現のほうが、誰にでも分かりやすく共通の情報として伝わりやすくなるためです。

たとえば、複数の相手に同時に情報を伝える場合、定性的な表現では捉える側の捉え方もさまざまになるため、さらにややこしいことになります。定量的な表現であれば、そういったことも避けることができます。

また、定性的な表現の場合は、その情報を出す側の先入観や個人的な感情が含まれることが考えられますが、定量的なデータとしての表現であれば、客観的なものになります。

そういった意味から、ビジネスの現場においては定量的な表現が求められるのです。しかし、何もかもが定量的な表現で良いかといえばそうではありません。

定量的な表現であるからといって、その数字(データ)が確実にそのものの本質をあらわしているとは限らないからです。定量的な数字やデータを保管する意味合いで定性的な情報も合わせて必要となる場合があります。

定性的から定量的に表現を変えるポイント

ビジネスの場で定量的な表現を求められた場合、定性的な表現の資料等を1から作り直す必要はありません。ここからは、定性的から定量的に表現を変えるポイントをご紹介します。

ポイント①:数字を用いて表現する

定性的な表現というのは、その物事や商品の本質やそれに対する考え方を示すものです。これを定量的な表現に変更したい場合は、数字を用いて表現するというのが1番のポイントです。

定量的な表現内容について、「そう考えている人が全体の何%になるのか」「その意見を反映させることによって売り上げが何%アップするのか」といった具合です。

このように数字を用いて表現することにより、情報を出す側にとっても受け取る側にとっても、先入観を排除することができ、より共通した情報になります。

また、数字化するということは、分析のためのデータとしても使えることになり、切り口を変えてみる等の新しいアプローチが生まれることもあります。

ポイント②:過去の実績やデータを用いる

今後の予測等を示す場合、定性的な表現では希望的観測と捉えられかねません。そこで、過去の実績等の定量的なデータを盛り込むことにより、定量的な表現にすることができます。

たとえば、「この商品の第二段を出すにあたり、◯◯という特徴を追加したことにより、売り上げが○%アップしました。今回の第三弾では、さらに△△という機能を追加しております。そのことから、△%の売り上アップに寄与するものと考えます。」といった具合です。

ポイント③:チェックリストを活用する

定性的なデータをうまく活用するという意味で、チェックリストを作成し活用するという方法があります。これは、定性的に把握しているデータを羅列し、それに対してどれくらい合致しているかによって定量的なデータに変えるものです。

定性的な特徴の中で、ユーザーの好みや要望は人それぞれですが、その特徴を羅列したばあい、一つでも多く含まれているものがより多くのユーザーに好まれるということは予想できます。

この方法を使い、どれだけ多くのユーザーの好みや要望がその商品等に合致しているかを示すことにより、定性的なものを定量的な表現に変えることにつながります。

情報を見極める上でも定性的よりも定量的かどうかがポイント

自分が情報を出す側の場合もそうですが、受け取る側になった場合にも定量的にその情報を受け取り見極めていくことが大切になる場合が多くあります。

情報を受け取る側になると、つい自分の感情や先入観というフィルターが働いてしまい、その事柄を冷静に判断できないことがあります。

そういったことを極力避ける意味でも、定性的な情報だけを鵜呑みにするのではなく、定量的な情報を多く収集することが大切です。

情報の出して側にも、できるだけ定量的な情報を出してもらうようにし、冷静な判断や分析につなげていくことが重要です。

逆に、定量的なデータが出てこない場合は、多少その真偽について疑ってかかるくらいの注意深さも必要になります。

定性的とは?意味や使い方、定量的との違い!のまとめ

ビジネスの現場においては、物事の本質をあらわすような「定性的」といわれる表現よりも、物事の具体性を数字を使ってあらわす「定量的」な表現が好まれますし、よく用いられます。

いかに定量的な表現を心がけていくかや、定性的な内容を定量的な表現に変えていけるかは、できるビジネスマンにとって重要なスキルとなります。

定性的と定量的の違いをきちんと理解し、一段階上のビジネスマンを目指しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

MIKURI(ミクリ)は「厳選したおすすめ商品を紹介するWEBマガジン」です。あなたの毎日がより豊かになるよう高品質な記事ををお届けします。

目次